allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

暴力教室(1955)

BLACKBOARD JUNGLE

メディア映画
上映時間101分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM)
初公開年月1955/08/26
ジャンルドラマ/青春

【解説】
 ニューヨークの高校に赴任したダディエは、ストリート・ギャングもどきの暴力がまかり通っている凶悪なクラスを担当した。生徒たちは彼の妻にさえ、手を出そうとする。理想を追求していたダディエは、遂に暴力で以て対抗せざるを得なくなるが……。V・モローが不良生徒のボスを好演する青春ドラマ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2006-05-12 14:43:02
出演していないにも拘わらずビル・ヘイリーとコメッツの「ロック・アラウンド・ザ・クロック」がロック流行のはしりとなった映画ですが、内容もかなりショッキングな作品でした。
日本でも敗戦後、教師の権威が失墜し、教室での混乱は起きていましたが、これほどでは無かったのはアメリカほど貧富の差がなく、人種偏見もさほど無かったからだと思います。日本ではまだ、なかったストーカー行為まで出てくるのには驚きますが、銃が出てこないだけ救われます。
それにしても、自己感覚がないまま成長し、自我も持たず社会規範も解らない少年達が群れることにより、さらに良いところが失われていく状況が良く描かれている映画でした。
主役グレン・フォードがなかなかの好演ですが、生徒側のシドニー・ポワチエはまだ若いなという感じでした。この映画でデビューしたヴィック・モローは陰険な少年らしさを良く出しています。ただし、その後の作品では役割が気に入らず、MGMをやめたようですが、それがテレビの「コンバット」での成功につながったのは賢明な対応だったと思います。
投稿者:4531731投稿日:2006-03-23 22:24:03
 ジェニファーってヴィックモローの若い時にそっくり。
 それはそれとして、昔の映画のくせにかなり盛り上げてくれる。結末わかってても不覚にも泣けた。脚本、演出、俳優みんなうまい。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 脚色賞リチャード・ブルックス 
 □ 撮影賞(白黒)ラッセル・ハーラン 
 □ 美術監督・装置賞(白黒)Randall Duell美術
  Henry Grace装置
  Edwin B.Willis装置
  Cedric Gibbons美術
 □ 編集賞Ferris Webster 
【レンタル】
 【VIDEO】暴力教室レンタル有り
【その他のおすすめ】





allcinema SELECTION