allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ボーイズ・ライフ(1993)

THIS BOY'S LIFE

メディア映画
上映時間115分
製作国アメリカ
初公開年月1993/11/06
ジャンルドラマ
やがい少年は大人になる。 あの日のことを胸に残して…
超一流のスタッフとキャストが、 あなたの心に愛と勇気を贈る!
ボーイズ・ライフ [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 1,140
USED価格:¥ 900
amazon.co.jpへ

【解説】
 50年代アメリカを舞台に、暴力的な継父の下、苦しみながらも成長していく少年の姿を描いたヒューマン・ドラマ。憎まれ役の継父に扮するのはR・デ・ニーロ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1186 7.82
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-11-30 22:05:31
ディカプリオの演技(特に表情)はこの頃とあまり変わって無い気がする。エレン・バーキンは目以外はキャメロン・ディアスに似てる。勉強をしてないディカプリオが奨学金を得る過程に説得力が無いし、ホモの友達の役割もイマイチだし、デ・ニーロも山奥の労働者というのはちょっと違う気もした。ほぼ一気に観れたけど、散漫な出来だったので星二つ半。
投稿者:こじか投稿日:2010-04-16 00:58:51
場面として描かれない母子それぞれの失望や葛藤が絵に浮かぶ。
それを醸し出したエレン・バーキンの存在は貴重だった。

うっ血したデカプーの死にそうな顔、うま過ぎ!
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-25 22:54:29
デニーロは悪役やらせたらホントうまい。いや、善人やってもうまいんだけどね(^u^)
実話だしリアリティはあるが、映画としては普通。
投稿者:POCHI投稿日:2006-05-17 18:59:28
ロバート・デ・ニーロの演技力は認めるが、ストーリーが今一つ・・・

単にわがままな子供が家を出て行くだけの話で、成長もなければ感動もない。それに原作の自伝からして、自伝でもっとも出来の悪い「自分が正しくまわりの他人が悪い」と言う考え方が露骨に出ていて、観るに耐えない作品になっている。

実際、当時高価だったであろう他人の車を平気で壊したり、書類を偽造して不正入学を企んだり。普通なら刑事責任を追及されてもしかたないぐらいの犯罪を犯している子供に対して、連れ子だからと無視するより、あの継父みたいに教育しようとした方が遥かに正当だと思うが如何な物か。
確かにその方法に問題はあったかも知れないが、作者が本人であるため、かなり父親の行動は誇張されて描かれていると思う。逆に本人の行動は美化しているのでは?

母親と自分は可哀想で、父親は悪者と言いたいのだろうが、とんでもない話だ。犯罪者の子供と現実を知らない無知な母親を助けようとして裏切られた父親の話だと思う。
まぁ、実話だからリアリティーはあるが、現実はこんな物なのかと逆の意味で納得してしまうところが悲しい。

それより、トビー”スパイダー”マグアイアはどこに出ていたんだろう?
投稿者:真尋投稿日:2002-12-26 18:45:47
最後で自伝だと分かり、正直驚いた。
主人公は最後まで自分の魂を売らず、
父親の暴力、というより虐待と言ったほうがいいかもしれないけれど、
父親から不当な扱いを受けても、負けなかった。
もちろん、多少は非行に走ったりして、紆余曲折があったけれど。
傍には主人公を見守ってくれる人々がいた。
だから、彼はあの地獄から抜け出すことができたのだと思う。
自分を理解してくれる人と出会うこと、
そして、自分もまた彼らを大事に思うことが揃ったからこそだと思う。



投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-06-17 00:21:06
 こういうのを「端正な演出」と言ってはいけないのだと思う。単に「正確なフ
レーミング」「適正なシナリオ処理」というだけだ。デビッド・ワトキンの美し
い撮影やデ・ニーロやエレン・バーキンの個性的な演技、そして、この監督の何
とも生真面目な演出。演出力を感じさせないわけではない。フォードやホークス
の失われたがゆえの諦念と愛も感じさせる。しかし生真面目過ぎる。もっと言え
ば、「教育」も「成長」も描かないのはある種の冒涜だろう。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:山田奈緒子投稿日:2000-09-22 22:29:00
かわいそう、かわいそう、なだけではなくタフさも見せるディカプリオがいとおしい。
デニーロは最初いいひとかと思ったら、実はとんでもないやつだった、という設定なのに出てきた瞬間からヤバい雰囲気なんでちょっと。。。 最近はずっとこんな演技ばっかり。
投稿者:もっち投稿日:2000-07-07 18:28:23
やばいけど、ロバート・デニーロが嫌いになりました。一瞬にして。
でも、自分を悪役に仕立てたデニーロ。すごすぎ。
ディカプリオもまだ子どもだしーー。
母親役の方、かわいらしかったですよ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ニュー・ジェネレーション賞レオナルド・ディカプリオ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ボーイズ・ライフ2012/07/13\1,429amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ボーイズ・ライフレンタル有り
 【VIDEO】ボーイズ・ライフレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION