allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ホーリー・マウンテン(1973)

THE HOLY MOUNTAIN

メディア映画
上映時間117分
製作国メキシコ/アメリカ
初公開年月1988/04/30
リバイバル→ロングライド=ハピネット-2010.11.20(デジタルリマスター版)
ジャンルドラマ/モンド
映倫R15+
ホーリー・マウンテン HDリマスター版 [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 12,010
USED価格:¥ 8,717
amazon.co.jpへ

 Photos
ホーリー・マウンテンホーリー・マウンテンホーリー・マウンテン

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
428 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-30 08:11:15
難解すぎます。でも何回も観ちゃう。
投稿者:ローランド投稿日:2015-05-25 23:09:16
  よくもまぁこんな公序良俗に反したことに気味悪いことに恐ろしそうなこと、それに嫌らしいことに面白いこと可笑しなことを次から次へと思いついて映像化したものだと、あきれ返って顔をしかめてしまい・・・ はしませんでして、パゾリーニやフェリーニにこんなのなかったっけ?と思わせるところもあるけど、それらをはるかに超えてしまって全編刺激に満ち溢れていて、意味を考えさせる前に神経を擦りあげてイマジネーションの限界枠を開放させようってことなのかなって気がしてしまいます。  

  禅や茶道があったりイエス・キリストが出てきたりジェノサイドがあったりソドムの市があったりで、たいした考えもなしに思い付くまま気の向くままに意味なく刺激的なイメージを繋げて行ったみたいでいながらも仕上がりは十分牋嫐ある甍賈椶砲覆辰討い襪茲Δ亡兔えるのは、ここまで思い切ったことをやれる監督に対する共感が作用したせいかもしれない。  

  しかし、面白さが増すと思った二度目の観賞で少し退屈してしまったのは、連想したターセム・シン監督の作品と比較したわけではないのだけど美術や物語性が不足しているってことなのかなって気がしますが、ま、これだけいろんなものを盛り込んだら仕方ないですね。  1間30分経過したあたりに朗読される詩の牴燭盪とうと思うな、所有は苦痛を伴う瓩法△修Δ、そういう深い深い意味のある哲学を語っていたのかと考えさせておいて、爐海寮験茲聾充造世蹐Δ、違う、これは映画だ瓩辰董∈埜紊魯灰瓮妊ーにして着地してしまったようなのは、なにかハチャメチャをやった言い訳をしているように思えてしまいました。 ・・・でも、これくらい奇想天外なことをやれるのは映画ならではのことなんだよってメッセージかなって気も。
投稿者:FFF投稿日:2014-01-06 23:36:53
メッセージはいたってシンプル。
しかし塔のシーンは映像よりも登ってる事実に驚愕。
今年新作公開!?
投稿者:こじか投稿日:2010-05-23 21:24:23
エル・トポよりもさらにユーモア率増幅。
つい半笑いで眼を見開いてしまう、
そんな刺激のオンパレード。
こりゃ誰も勝てないはずだ。
投稿者:クリモフ投稿日:2010-02-02 23:22:45
冒頭のマリリン・モンロー風の二人の女性と怪しげな男のカット一発で、あぁこの監督なんか凄い、と思わせるぶっ飛んだ不気味さがありました。ホドロフスキーのことはあまり知らないのでなんともいえませんが、クリエイティビティと具体化してしまうバイタリティに感心してしまいました。
エロやらグロやらフリークスやらでてくる割にはなんか静謐な印象漂うのも凄いですが、観念的やら皮肉やらを感じるをすっ飛ばしてもう笑ってしまいます。亀の出し物やらサイケギターウエポンなど可笑しくて。あとセックスマシーン(笑)キューブリック、タルコフスキー、フェリーニなどの巨匠のイメージと共にロジェ・ヴァディム的アホさもあると思います。それに土着的なアーシーさが加わった感じ。
まぁそんだけ強烈なヴィジュアルを見せておきながら最後30分の物語のしぼみ方はなんか残念(普通に山登りするのは笑えたけど)。オチも個人的には好きじゃないです。話はなんだかわからんが前半のパワーのままザクっと終わって欲しかった。
爆発力のある変な映画。でもこの時代だから出来たっていうのも感じるかな。
投稿者:ミッチェル五郎投稿日:2007-04-05 18:29:26
抜かれました
投稿者:takac投稿日:2006-06-17 19:23:45
サイケな世界に圧倒されました。ドンチェリーの音楽も使われてたりして、
作ってる人はリアルヒッピーでしょう
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-10 12:19:15
フリークスとかバイオレンスとか、分かりやすいカルト。
投稿者:higeoyazi投稿日:2003-07-11 22:09:01
 フェリーニとパゾリーニの後継者なのかも・・
チンパンジーを連れた女性の描き方に この監督の優しさを感じてしまいます。
投稿者:ホドロフスキー投稿日:2003-06-06 20:38:01
発売されるDVDを見たら、LDが欲しくなり購入しました。

やはりホドロフスキーの顔に勝るジャケットは無い!

クリムゾンのファーストLPジャケットでも敵わない。(笑)
投稿者:トリガー投稿日:2003-02-23 02:25:45
「エル・トポ」で人気を博したアレハンドロ・ホドロフスキーが更なるカルト的要素を含み、世に繰り出した衝撃作。一言でこの映画の表層を言い表すのなら”異常”、その真髄を言い表すのなら”美”。正常とは遠くかけ離れた、異常ながら神秘的な映像で自己の哲学を語りまくる。これこそがホドロフスキー映画の真髄なり。一瞬すら正常な映像を映さない凄みがそのメッセージの奥深さを感じさせる。精進するために賢者を制すというプロットは「エル・トポ」と全く同じであるが、完成度はこちらのほうが遙かに上。コミカル、ファンタスティックな物語を心理的迷宮に迷い込んだような異常性たっぷりに描きだす作風はさすがだ。だが、そこから上手くメッセージを掴み取れなければ、もはやただの化石。そういった意味ではタルコフスキーに似ている。映像はフェリーニ似か。それまでに語ったものを特異な方法ながら一般化するラストを個人的には薦めたい。初めてホドロフスキーの映画を観た人なら彼を”異常”だの”狂人”だの言うかもしれないが、彼こそ誰よりもこの世界の精神そのものを知り尽くし、冷静に哲学した哲学者であり、巧みに観客の心を操り、その麻薬的な映像に惚れこませる心理学者であり、そして偉大な芸術家なのだ。尊敬する。
投稿者:メタルヘッド投稿日:2002-12-12 15:12:18
初っ端からホドロフスキー節が炸裂、特に街のシーンの映像でノックアウト寸前。次々と出てくる変な人達。ホドロフスキーの世界を見るだけで楽しい。こんな映画を作れるのはホドロフスキーだけでしょう。それにしても彼の世界には動物は必要不可欠ですねえ。
投稿者:00777投稿日:2002-11-29 18:28:22
これぞ、20世紀最高のカルト作品
ブルーブルベットの100倍は凄い
グロで、エロで、すき放題の演出
でも、グイグイ見せる映像には脱帽
ラストのオチも凄い、しょせん男の妄想か?http://www.bonoru.com/movie22.htm
投稿者:ryoryo投稿日:2002-06-29 03:52:08
イレイザーヘッドの1000倍はいい!
1分間の映像のなかでこれでもかというアイデアがつまって
120分間終始押し寄せてくる。
今まで見た映画で一番の映画です。
投稿者:pinecopter投稿日:2002-06-03 19:44:08
 むかーし、深夜番組で紹介されていて、その時からずーっと気になっていて、近くのレンタル屋で発見して、観ました。
 ものすごいショックを受ける映画です。こんなにすき放題やっていいんだろうか?ホドロフスキーだからいいんだろうな。中盤、延々と仲間たちのエピソードが語られるけど、その内容のイメージの豊富さに脱帽です。それらがまったく複線になってない、というか、それだけがストーリー?らしきもののすべてだったり。
 テーマとかそういうものはよくわからないけど、強烈なイメージに触れて何かしらインスパイアされれば、ホドロフスキーの「詩」に出会った価値はあると思う。
投稿者:シルヤブ投稿日:2001-09-26 23:05:02
すっごく濃い映画です。
まず、登場人物がすごい。男のキン○マを1000個も集めてる男や、人糞を金に変える錬金術師などなど。
そして、カエルとカメレオンのサーカスや、キリスト教徒専用の銃など、ヘンテコなものがたくさん登場します。
個人的におかしかったのは「ラヴ・マシーン」(ちょっとやってみたかった)
他にも修行のシーンや、建物の中もすごくエキゾチックで不思議な感じです。
ラストは意見分かれそうだけど、気にならなかったです。
とにかく、一生に一度は観ることをオススメします。
投稿者:iceman投稿日:2000-05-31 03:42:38
これはすごくいい!映像の美しさ色の使い方なんかはキューブリックに近いものがあるように思える。カエルのサーカスのシーンや目玉を取り出すところなんかはすごい。テーマも皮肉っぽくていい。このラストで拍子抜けさせないだけの妙な説得力がある。必見!!
【ミュージック】
【CD】 ホーリー・マウンテン:オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,700
4新品:¥ 2,478より   3中古品¥ 1,850より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION