allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ポセイドン・アドベンチャー(1972)

THE POSEIDON ADVENTURE

メディア映画
上映時間117分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1973/03/17
ジャンルパニック/アドベンチャー
映倫G
20世紀FOX映画が〈トラ・トラ・トラ!〉に続いて放つ73年最大の感動巨篇!
--これこそ映画の中の映画…UPI通信--
ポセイドン・アドベンチャー [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,057
価格:¥ 920
USED価格:¥ 2,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 大晦日の夜、パーティで賑わう豪華客船ポセイドン号を海底地震によって突然発生した大津波が襲った。一瞬の内に船は転覆。生き延びた人々は生存を賭けて、天地が逆転した船内からの脱出に挑む。転覆時のスペクタクルはもちろん、オールスター・キャストによる人間ドラマも見応え充分で、アメリカン・ニュー・シネマ全盛の公開当時、ハリウッド・エンタテインメントの真髄を見せた。70年代半ばに起きたパニック映画(ディザスター・ムービー)ブームの先駆けでもある。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ポセイドン・アドベンチャー2(1979)続編
ポセイドン(2006)リメイク
ポセイドン・アドベンチャー(2005)TVムービー
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aフォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)
[002]A大脱走 (1963)
[003]Aバック・トゥ・ザ・フューチャー (1985)
[004]Aタワーリング・インフェルノ (1974)
[005]Aゴッドファーザー (1972)
[006]Aアンタッチャブル (1987)
[007]Aスティング (1973)
[008]AゴッドファーザーPART II (1974)
[009]Aスタンド・バイ・ミー (1986)
[010]Aシックス・センス (1999)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
37322 8.70
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-06-15 15:25:25
面白いね。 脇役までキャラクターが作り込まれてる。
こういうパニックものなら最後まで観ようという気になる。
投稿者:ノブ投稿日:2014-06-08 09:09:46
【ネタバレ注意】

「ポセイドン・アドベンチャー」(監督:ロナルド・ニーム 117分)
話の内容は豪華客船が転覆しちゃった。
元娼婦と警官の夫婦というのが良かった(「商売させたくないから6回も逮捕した」とか夫が言ってる)
新年の楽しいパーティーが一転、非常ベルの音とその後の津波による船の転覆でパニックになるコントラストが良かった。
津波で豪華客船が転覆し、船内も上下ひっくり返るのが良かった。
老夫婦の肥満のおばちゃんが必死にツリーを登るのが良かった。
爆発の炎とその後の浸水でパーティー会場に残った人達がパニックになるのは迫力があった(頼みの綱の上に上がる為のツリーも我先に皆登ろうとして倒れてしまうのも良かった)。
非常用ホースでチョットした勾配を登らせる為に順番に人を引き上げている時に、浸水が徐々に静かに迫ってくるのが怖かった。
老夫婦がお互いを優しく気遣うのが、緊迫感の持続を緩和させ、ホッとさせる効果があるとボク的には思った。
床屋や便所も逆さというのが良かった。
機関室に行く時に水が激しく浸水してくるのが怖かった。
主人公が水中を潜って出口を探している時に、浮いている死体を手でどかしたり、機械に挟まれて動けなくなったり、それをいつもは足でまといの老夫婦の肥満のおばちゃん(潜水が得意という超意外性)が助けるというのがとても良かった(おばちゃんは助けた後死ぬ)
若い歌手の女がすぐ泣き崩れたり、泳げなかったりといつも足でまといになるのが緊迫感が高まって良かった(そして変人が女を慰めたり、励ましたりするのも良かった。)。
機関室は所々炎が燃え盛っているというのがシーン的に良かった。
最後主人公の牧師までが、皆を助ける為に犠牲になってあっけなく死ぬというのが「主人公が死ぬ」という「意外性」があり、ボク的には良かった。
最後に生き残った人達が救助隊に助けられるのも、素直に良かったとボク的には思った。
全般的に
助かるか助からないかの緊迫感がずっと持続するのと、主要キャストのキャラクター・人間ドラマがきちんと描かれていたのが面白かった
逆さの豪華客船の室内のセット、時に激しく時に静かに迫ってくる浸水の怖さ、燃え盛る火柱なんかが、助かるか助からないかの緊迫感をさらに強めていたのも良かった。
撮り口的に凄いシーンとかはあまり無いが、最後まで緊迫感が持続したり人間ドラマがきちんと描かれている演出は面白く、単なるスケールの大きさと迫力だけのパニック映画ではない、ボク的にはナカナカ良かったと思った作品http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:ローランド投稿日:2014-05-18 09:05:00
  6回も逮捕した過去のある女と警部補のカップルが登場する辺りでは、味付けとしての人間ドラマも面白そうだしと期待が膨らんだのだけど、始めの方にある船主の横暴が事故に結びつくわけでなかったり、いくら大きな地震があったとしても沖合いにあんな大きな波が出現わけがないが?とか、それに人間ドラマも浅くてありきたりだし、これだけ有名で人気にもなった映画にしては雑なところがあるんだなって少し冷めた気持ちで観終えましたが、船をまっ逆さまにするというアイディアや太目の体型をバカにされ自分でも恥じているようなところのあったオバサンが文字通り命がけで窮地脱出に貢献するところなど、ヒットするだけのものはあるのだから、も少し丁寧に作ってあったらなって感じました。  

  でも、ローランド・エメリッヒの「2012」はこの作品からの影響があったのかなって思わす自己犠牲場面の過剰さは、この当時ではまだ新鮮さがあったのかもしれなく、ハックマン牧師とボーグナイン警部補の過剰感ある熱演とともに好意的に受け止められたってことなのでしょうか。  

  50メートルプールを潜水したままで泳ぎきることができて比較的に水に対する恐怖心は少ない方ながら、それでも、あの水中をロープ伝いに脱出するところには無理があるな、泳げない人が見たら絶対にいやだよって思うはず、とそんな気がしたのだけど、このことを何のかんのと言うのは野暮なことなのかもしれないですね。 女性の下着姿水中ショーをサービスしたのかもしれない・・・笑。  その勇気あるサービスをしたひとりシェリー・ウィンタースが実績ある有名女優さんなんで感心したのだけど、このオバサンと過去ある女の二組の愛妻家夫婦の、どちらも指揮権が婦の方にあるのがアメリカらしいです。
投稿者:sachi823投稿日:2014-02-09 15:52:35
後にちょっとしたブームになるパニック映画の先駆的作品かと思います。
ハックマンは大変頼りがいがあり、共演者もなかなか魅力的でした。
最後はキリストみたいになってしまいましたが、
その当たりの心情はよくわかりませんでした。
天地ひっくり返っての描写は当時は大変迫力があり面白かったです。
投稿者:UFO投稿日:2013-10-21 09:02:05
十分楽しめた。
投稿者:jb投稿日:2013-04-01 00:27:07
十分楽しめた。
投稿者:namurisu投稿日:2013-01-26 13:23:55
錆びた鉄板、海水、漏れたオイル、炎、破損したパイプからの蒸気、ガス充満の機関室。
投稿者:gapper投稿日:2012-02-03 23:01:44
 興行収益(インフレ調整版)ランキング第72位(2012/06)
 「大空港(1970)」のヒットにより作られた空に対する海のパニック映画。

 「大空港(1970)」の1,000万ドルに対し半分の500万ドルで作成されていて意外と少ない。
 殆どがセット内での撮影でハックマン以外主役級の俳優が居らず「大空港(1970)」とは異なる。
 ハックマンも「フレンチ・コネクション (1971)」で認められたばかりでギャラは安かったはず。
 ここに挿入されるエピソードは、助演で活躍する俳優ばかりで、それなりに面白いが小粒感は否めない。
 その分パニックの部分に重点が置かれ、結果的には成功している。

 まるで脱出口までのロードムービーで、和気藹々で無いのが異なるが信頼を深めていくのは同じ。
 この作品の解説を聞く場合、ハックマンのスコット牧師が取り上げられることが多かったが見方を変えれば解説の必要性はそこしかない。
 スコット牧師は神の言葉よりも自ら運命を切り開くという信念のようで、この辺が神父でなく牧師にした理由ではないかと思う。
 ※神父と違い牧師は聖職者とされないことが多い。

 パニック映画の金字塔であると思うが反面、ストーリー性よりもアトラクションを前面に押し出す新しい映画のムーブメントを作った作品の一つでもあるように思う。
 クラシック作品を好きな者としては、少々複雑。

 メイキングによるとシェリー・ウィンタースは、水泳が得意。
 現実は水泳が下手だと水難事故にあいやすいのだが、役者だと水難に遇う役が多くなってしまうと言うのも映画の面白さ。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:Kircheis投稿日:2010-11-29 11:00:17
小学生の頃に見た時、終始ハラハラドキドキして23時まで夜更かししながら見た覚えがあるw
その頃の印象が強いせいで、今でも個人的に好きな映画ベスト10には必ず入る映画として残っている。

熱いジーン・ハックマンもいいけどやっぱりシェリー・ウィンタースだと思う。

彼女の演技には泣かされたよ…
投稿者:さち投稿日:2010-02-18 05:51:44
よかった
投稿者:マスターユーダ投稿日:2010-02-14 21:27:17
ジーン・ハックマンは善・悪どちらでもいいね。でも悪役の方がいいね。でもそこまで緊張感が味わえなかったな。でも家にあったら一年に一回ぐらい見ちゃうかもねぎ。
投稿者:brilliant tomorrow投稿日:2009-12-05 21:44:11
 久々に拝見。正解の分からない分かれ道を選ぶ難しさを感じます。これは人生だなぁと。
 ただ、ここのレビューで書くのもどうかと思いますが、DVDを借りて観た吹き替え派の自分としては、吹き替えと字幕がチャンポンになっていたのが気持ち悪くて…  テレビ放映時にカットされた部分には吹き替えが当たっておらず、今さら同じメンバーで付け加えられないということなのでしょうが。DVDなんだから新メンバーによるフル吹き替えバージョンも+αで入れてくれればいいのにと思いました。
投稿者:BLADE投稿日:2009-09-10 12:14:45
やっぱ良い映画って、何十年前のものでも見て面白いと思うもの。
近年のCG満載の映画を見飽きたら見るといいと思う。
CGがなくても、セットと撮影、そして出演人の頑張りで緊迫感が出るんです。
上映時間もいいし、極限状態での人の心理。
ジーン・ハックマンが先導しているからどうしても彼が主役な感じはしてしまいますが、彼が絶対に正しいってわけでもなく、どれが正しいかはいえないという。
最高です。http://ameblo.jp/blade-and-nippon-ham/
投稿者:uptail投稿日:2009-05-25 11:59:49
シェリー・ウィンタース
投稿者:ジーナ投稿日:2009-03-03 03:37:54
リメイク版の「ポセイドン」から観たので、この重厚なドラマと畳み掛ける試練の数々に魅せられました。
もちろんリメイク版はCGによってスケールの大きさを見せる事に成功しましたが、オリジナル版はCGには出せない緊迫感や臨場感を出せています。
やはりセットというのはリアリティがあって良いですね。
波に合わせて揺れるカメラ、控え目だけど後ろでなり続ける効果音なども船内の危機感を体現できるポイントになっていてGOODでした。

卓越した勇気を持つ牧師、文句ばかりの刑事、何かと足手まといのシンガー、孫に会いに行くため旅をする老夫婦、好奇心旺盛な弟とシッカリ者のお姉ちゃん、気の優しいウェイターなどなどキャラ設定が確立されているので乗客たちの脱出劇の行方をハラハラドキドキしながら見守れます。
深く描いている訳ではないですが、ちょっとしたエピソードで人々の背景を見せる人物描写の仕方は上手いですね。
それに加え、展開も速いので全く飽きる事無く鑑賞できました。
「ポセイドン」を観て、もっとドラマ性が欲しいと感じた方はオリジナル版をチェックしてみると良いでしょう。

演者たちも素晴らしく、パニックに陥った人間の心情・行動を見事に表現しています。
彼らの演技があったからこそパニック系作品の代表作として現在でも廃れない魅力を持っているのでしょう。
とりあえず熱い主人公を演じたジーン・ハックマンの顔は相当怖かったです(爆)
それとシェリー・ウィンタースの体当たり演技は必見!

豪華客船転覆・・・と言えばタイタニックですが、こちらは恋愛に重点を置いている訳では無いし、皆の目的が『脱出』というシンプルな中にある仲間意識や自己犠牲などを描いているので人間臭いドラマを存分に堪能できます。
全く古さを感じさせない作品ですので、未見の方は是非どうぞ。

余談:船首には誰も居ない・・・ってそれでイイのか?そのまま行っちゃってイイのか?!(笑)
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2008-08-30 19:52:26
【ネタバレ注意】

…に、芸達者な役者達が極限状態で、それぞれの性格・人生を感じさせる演技を展開する。
ハックマンは何者にも負けない「強さ」を証明する。力尽きるのは己の思想に殉じた「結果」に過ぎないのではないか?無理だからやらない。無駄だけどトライしてみる。己の力を信じる。あの状況でアレを止められる人間はまずいないと思うが。
ステラ・スティーヴンスの最期がアーネスト・ボーグナインを描く為に存在するような所が何かイマイチなのだが(ってか強烈な個性の割りにあっさり逝ってしまう)…水泳おばさんか〜まずあの中で水中作業が一番達者なのは彼女に違いない…が、危険な事にも違いない。己の能力が役立つから頑張る…共同作業の基本。ハックマンが特別な訳ではないと思うがね。
どういう行動が自分の命を救うか?あの状況で解る方が普通じゃない。…結果、詳しそうな人間の言動を信じる他はないわけだが…誰が詳しいか?それはあの少年だった訳だね。
雑貨店主はカナヅチなシンガーのお姉ぇちゃんと親しくなるかもだが、他はみんな大事なものを失ってしまう。
衝撃の人間が滑り落ちる映像…パニック映画の代表作品。

投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2006-12-22 13:41:36
終始引き込まれた。
30年以上前の作品だが古さは気にならなかった。
最新技術も効果的に使われなければ意味ないな〜と改めて感じる。

そして終わってみればこの人っていう主役がいたようで
いなかった事には驚かされた。
投稿者:あっきー投稿日:2006-07-11 21:06:23
2006年にリメイクされた「ポセイドン」は
映像重視のドキドキ・ハラハラ感をメインとした演出でしたが
オリジナルである本作は、人間関係をメインとした作品であります。
よって、ドキドキ・ハラハラ感は期待できないものの
涙をお求めならこちらでしょう!!

 ↓ 「映画レビュー」始めました! お気軽にコメントをどうぞ!!http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:ASH投稿日:2006-06-24 15:17:52
【ネタバレ注意】

 いや、観たことはあったよ、TVでね。でも、アルチメット版DVDでほぼ20年ぶり?ぐらいに再見したけど、まあ面白かったよ。個人的にはご都合主義の極みみたいなとこもあるけど、こういう映画は好きだな。名作とは思わんが。

投稿者:fairlane999投稿日:2006-06-17 07:28:23
シェリー・ウィンタースは『陽のあたる場所』で溺れ死んで、そのあと、
チャールズ・ロートン監督の『狩人の夜』でも湖の底に沈んでます。
よほど水難の相があるようで……。
投稿者:オミちゃん投稿日:2006-05-16 23:09:27
シェリー・ウィンタース。また水死しましたね。昔、「陽のあたる場所」でモンゴメリー・クリフトにボートから落とされて死にましたもんね。
哀悼。いい女優さんでした。
投稿者:くろばく投稿日:2006-03-17 02:56:42
【ネタバレ注意】

 ジーン・ハックマン扮する牧師は「神にすがっているだけではダメだ。人は自分で救いを勝ち取る努力をしなければならない」という異端的な考えを持っていて、どこか外国へ飛ばされるという設定です。さて船が転覆し、案の定ハックマンは「助けを待っているだけではダメで、自分から救出される場所へ行く努力をしなければ」と説きます。だが多くの人々はその場に残って助けを待つと言います。去り際にハックマンはそこに残る年長牧師アーサー・オコンネルに「私の説教の感想を聞かせてほしい」と訊ねます。オコンネルは言います。「君の考えは強い者の考え方だ。信仰は弱い者を救わなければならない」。ハックマンにはそれが理解できません。ところが船尾を求めて前へ進むうちに一人、また一人と仲間が死んでいきます。そしてついに刑事A・ボーグナインの奥さんが死に、あれほど強気だったボーグナインが泣き崩れ、牧師に恨み言を言うのを目の当たりにしてようやくハックマンはオコンネルの言っていたことを理解するのです。それは「人間というのはどうしょうもなく弱く無力だ」ということ。バルブを閉めた後、ハックマンは力尽きて落ちます。それはただ単にみんなの犠牲になったから感動的なのではなく、今まで挫けることを知らなかったハックマンが、はじめて人の弱さを知ったことが感動的なのです。つまり彼は神を認めたのです。
 脚本はスターリング・シリファントとウェンデル・メイズの共同ですが、実によく出来ていると思います。http://d.hatena.ne.jp/Kurobaku/

投稿者:nightwing投稿日:2006-01-16 21:37:13
シェリー・ウィンタースが逝ってしまった・・・・。
素晴らしい女優さんでした。
この映画の中でも光ってましたね・・。
ゆっくりお休みくださいね。
投稿者:bond投稿日:2005-12-19 11:24:31
キャスティング、脚本、全てに恵まれた秀作。
投稿者:william投稿日:2005-02-23 07:05:57
まず逆さまの巨大客船が舞台というのがおもしろい。デブのおばちゃんがハックマンを救出するのが格好良かった。
終始ハラハラさせられ楽しめる、パニック映画の布石とも言える名作。
投稿者:Ikeda投稿日:2004-11-15 15:33:33
パニック映画はあまり好きではありませんが、この映画は面白かったです。いくら重心が高いと言っても、あんな大きな船が逆さまに転覆する事は考えられませんが、それがこの映画の面白い所です。ストーリーが作られ過ぎの感はありますが、「天は自ら助けるものを助く」を強調しているのがアメリカ映画的です。
ジーン・ハックマンとアーネスト・ボーグナインの二人が好演ですが、それぞれ個性が強すぎる演出が多少気になりました。それより、すっかり太ってしまったシェリー・ウィンタースが得意の水泳を見せるのが良く、アカデミー賞にノミネートされたのも頷けます。
投稿者:godfatherpart0投稿日:2004-09-10 15:46:20
この映画、船の中なので、最初から最後まで画面が揺れているんです・・・
投稿者:Naka.d投稿日:2004-01-18 18:55:45
大掛かりなセットに圧倒される。人々が協力しあえば罵倒もしあう人間ドラマがリアル。
ハックマンはどんな役でも熱演してくれるので見応えがある。
 
驚きなのはパート2があるということだ。いくらなんでも無理があると思うが、やはり駄作らしい。観るまでもないだろうが...ちょっと観たいかも。
投稿者:ファルド投稿日:2003-12-16 21:06:16
今となっては映像的にはチープかもしれないが、生き残った人々が転覆した船内で繰広げる人間模様が感動的で、また内容も面白かったです。パニック映画の名作ですね。
投稿者:wanya投稿日:2003-08-09 17:45:13
 小学生の時初めて観て以来ビデオテープが傷んで相当すり減ってしまうほど、何回も観返しています。生死を分けるほどの窮地に陥ってしまった人たちの人間ドラマは、観た時のこころの状態がどんなものであっても常に真に迫ってくるものがあるのです。ここ最近のだたCGを駆使することだけに力を入れているパニック・ムービーでは決して味わえない感動が得られることは確かだと思いますhttp://www.myprofile.ne.jp/wanya_prof
投稿者:quadrant投稿日:2002-12-29 21:17:33
【ネタバレ注意】

・・船首を直角に当てないと。これ常識。
牧師さんじゃなく船長やってたら、やっぱ犬連れて出てたかな?
特撮は今観ると確かに緩いけど、雰囲気は十分楽しめます。
6点。これでジーン・ハックマンを知りました。

投稿者:bathory投稿日:2002-06-13 21:42:49
シェリー・ウインタースがいいね!ジーン・ハックマン若い!(って当たり前か)なんと船長がレスリー・ニールセン!これじゃ転覆するわな・・・!?ってもやっぱ怪獣顔のアーネスト・ボーグナインだな!最高!みんなキャラが濃いからドラマも熱いな。
投稿者:カイルブロフロスキー投稿日:2002-02-09 21:40:14
大津波により転覆した豪華客船
生き残り達は上を目指す。
上へ 上へ
上に行けば命がある。
例え海水が浸水してきても
行く手が炎につつまれても
生存者達は上を目指す。
でも、本当に上に行けば助かるのか?
そんな保障なんかない!
でも目指すしかない・・・
一人減り、二人減り
果たして誰が生き残れるのか?
”アドベンチャー”の行き着く果てには?
生きろ!
神は臆病者が嫌いだ!
祈るだけじゃダメだ。
生は自分で掴みとれ!!

もうボロボロ男泣き。
DVD化、とうとうされるんだな。
嬉しい。
ずっと待っていたんだ!
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-07-07 00:09:31
水泳の達者なデブのおばちゃん最高です!
投稿者:ゆきゆき投稿日:2000-12-07 05:36:04
私は個人的には、この映画が一番好きです。何も考えなくても、素直に楽しめる映画。だと思ってます。アドベンチャーだから、はらはらドキドキもあり〜の、泣きのシーンあり〜の・・・といった感じでストーリー的にもちゃんとしてるし、「えっ??あんたも死んじゃうの??」的驚きもあるし・・・。最高だと思います。
投稿者:フル・ネルソン投稿日:2000-12-05 18:50:13
船底に向けて脱出する途中、足手まといだったおばあちゃんが実は素潜りの名人で、主人公を助けて死んじゃうところなんかは「無理な展開だけど泣かせる」という超大作お約束パターンの基本を作ったのかもしれません。わからんけど。
ボーグナインいい親父。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演女優賞シェリー・ウィンタース 
 □ 撮影賞ハロルド・E・スタイン 
 □ 作曲賞ジョン・ウィリアムズ 
 ■ 歌曲賞アル・カシャ作詞・作曲『モーニング・アフター』 The Morning After
  ジョエル・ハーシュホーン作詞・作曲
 □ 美術監督・装置William Creber美術
  Raphael Bretton装置
 □ 衣装デザイン賞Paul Zastupnevich 
 ■ 特別業績賞(視覚効果)A.D.Flowers 
  L・B・アボット 
 □ 音響賞Theodore Soderberg 
  Herman Lewis 
 □ 編集賞Harold F.Kress 
■ 助演女優賞シェリー・ウィンタース 
■ 主演男優賞ジーン・ハックマン 
 □ 助演女優賞シェリー・ウィンタース 
【レンタル】
 【Blu-ray】ポセイドン・アドベンチャーレンタル有り
 【DVD】ポセイドン・アドベンチャーレンタル有り
 【VIDEO】ポセイドン・アドベンチャーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION