allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

菩提樹(1956)

DIE TRAPP-FAMILIE

メディア映画
上映時間105分
製作国西ドイツ
公開情報劇場公開(新外映)
初公開年月1957/12/24
ジャンルドラマ
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
220 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2013-12-03 19:49:19
 「サウンド・オブ・ミュージック (1964)」のオリジナル。

 正確には同一手記による作品だが、マリアやトラップ男爵、婚約者のイボンヌ、そして音楽を前面に出すなど「サウンド・オブ・ミュージック (1964)」はこの作品を意識して作られていると思われるのでリメイクと考えた方がよさそう。
 邦題はシューベルトの”冬の旅”の第5曲から来ていると思われるが、作品中どこで使われたか覚えていないくらいの印象で今となっては不適切な気がする。
 「サウンド・オブ・ミュージック (1964)」と比べるとリアリティが高い感じで、やはりハリウッド物はいい意味で受けが良いように作られていることを再認識した。

 「サウンド・オブ・ミュージック (1964)」でエリノア・パーカーがトラップの婚約者を引き受けたのが、意外な感じだった。
 しかし、この作品を見ると分かった気がする。
 出番は少ないが、結構重要な役どころで演技力も必要とする。
 この作品を見ていれば、そう感じて出る気になってもおかしく無い。
投稿者:Ikeda投稿日:2010-06-09 12:55:22
オーストリアのザルツブルグの尼僧マリア(ルート・ロイヴェリック)がトラップ男爵(ハンス・ホルト)の子供7人の家庭教師に派遣され、トラップの厳格な教育に反対して歌を教えたりして自由な育て方をする。トラップも反対はしたものの、彼女のやり方に賛成するようになり、二人は結婚する。神父バスナー(ヨーゼフ・マインラット)の指導を受けた子供達は、やがて少年少女合唱団となるが、やがてオーストリアがドイツに併合され、ナチ嫌いのトラップが逮捕されそうになったので、マリアはアメリカへの亡命を勧め・・・。

「サウンド・オブ・ミュージック」と同じマリア・フォン・トラップの回想録を基にしていますが、こちらの方が先に作られ、亡命先がスイスではなくアメリカになっているので原作に近いと思います。それに綺麗な合唱が流されますが、ミュージカルとは言いにくく、音楽を含んだドラマと言った方が良いと思える作品で、違った感覚の楽しい映画です。
ストーリーの中では男爵が元潜水艦で活躍した勇士であり、貴族出身であるため、歌で稼ぐ等は家系を汚すと考えている堅物であるのが面白く描かれています。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-04-30 04:20:44
【ネタバレ注意】

後半にナチ党員が登場してから娯楽映画としての面白みが増すと言うのは皮肉。終盤の大逆転は「さみしいのはお前だけじゃない」を連想させる見事な描写だった。中盤までが平凡な展開だったので星三つ半。

投稿者:tea room投稿日:2010-04-29 15:46:58
この映画はその昔子供の頃「サウンド・オブ・ミュージック」より先に見ました。今日NHKBS2で半世紀以上経ってTVで再見。実話を元にしているので筋書きが似ているのは当然ですが、「サウンド...」と違ってこちらはトラップ家の子どもたちは最初からマリアに友好的ですね。音楽はよりクラシカル。家もオーストリア上流家庭のつつましやかさ。何より英語ではなくドイツ語を喋っているだけでもより現実味があります。それにしても歌声の美しいこと。
懐かしく楽しめました。
投稿者:ふせっち投稿日:2008-08-11 17:26:24
いいですね!この映画!
実は『サウンド・オブ・ミュージック』のオリジナル版とは知らなかったんですよ。観てビックリ!

『サウンド〜』はそれこそ子供の頃から、何十回、何百回(それはないかな・・・)観ている作品ですから、もちろん本作をすんなり受け入れられたというわけではないですね。
やっぱり違和感はありました。

しかし、やっぱり面白い!
ストーリーは既に知られているのですが、
主役のマリアを演じた女性の元気なこと!
そして行動派マリアをそっと見守る(時には振り回される)トラップ大佐の滑稽なこと!
この2人の存在感、もちろん子供たちの無垢な笑顔も素敵です!

どうやら『サウンド〜』より本作の方がより原作に忠実だそうです。
なので『サウンド〜』と見比べて見るのも面白いですね。

ちなみにどうやら日本版DVDが2008年秋に発売されるようですよ!今から楽しみですね!
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】菩提樹2010/01/27\3,500amazon.co.jpへ
 【DVD】「菩提樹」「続・菩提樹」限定生産BOX <数量完全限定生産>2008/11/11\7,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION