allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

北海ハイジャック(1980)

NORTH SEA HIJACK
FFOLKES [米]
ASSAULT FORCE [米・TV]

ロジャー・ムーアの 北海ハイジャック(ビデオ題)

メディア映画
上映時間100分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=CIC)
初公開年月1980/05/24
ジャンルアクション/サスペンス
北海ハイジャック [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 988
USED価格:¥ 471
amazon.co.jpへ

【解説】
 「ワイルド・ギース」のアンドリュー・V・マクラグレン監督、「007」シリーズのロジャー・ムーア主演による海上サスペンス。テロリストたちが北海の油田基地に爆弾を仕掛け政府相手に2500万ポンドを要求。24時間をタイムリミットに事件を収拾すべくフロッグマン・チームたちが基地に侵入。テロリストたちの制圧を試みる……。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ワイルド・ギース(1978)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
530 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ダークリーママ投稿日:2014-01-04 09:49:07
猫好きとかロジャー・ムーアのキャラ設定がおもしろい。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-07-03 02:04:31
なかなか面白かった。今だったらクレイマーの役はレイフ・ファインズだろうな。
投稿者:マジャール投稿日:2012-02-20 21:15:13
【ネタバレ注意】

オットー・リーデンブロック教授(『地底探険』、J・メイスンが演じた)やチャレンジャー教授(『失われた世界』、C・レインズが演じた)を例に挙げるまでもなく、頑固で偏屈でユーモラスな賢者というのは英国冒険譚の伝統に根差したキャラクターですが、そんな主人公をなんと<007・シリーズ>のロジャー・ムーアがせいぜい渋面を作って演じていて、そのうえ『史上最大の作戦』でケネス・モアが演じた海軍大佐みたいな顔じゅう髭だらけ(ケネス・モア大佐はイギリス海軍の象徴であるブルドッグを連れていましたが、こちらのムーアはなんと猫好きという設定)、おまけに刺繍が趣味というんですからニヤニヤさせられる。偏屈ムーアが、それでも最後、ご褒美に貰った猫ちゃんにニンマリするところなんかムーア本人の人の好さが出たみたいで観ている方もつられてニンマリ。楽しい映画です。いかにも寒々しい英国、北大西洋の曇り空、石造りの建造物といったロケーションも愉しいです。

むかし、ゴールデン洋画劇場で観たときは若山弦蔵が声を吹き替えてました、あと社会党党首(当時)の土井たか子が・・・・。

投稿者:TNO投稿日:2010-10-11 02:32:21
アンドリュー・v・マクラグレン監督が、英国で撮影したアクション映画。駄作の多い監督にしては、失礼だが意外にも結構楽しめた。犯人の首領アンソニー・パーキンスと保険会社に雇われた傭兵部隊率いるロジャー・ムーアの駆け引きが展開するところは見ごたえがあった。息絶えたかと思われたパーキンスの手が、爆破ボタンに届くかというところで、ムーアが阻止するというお約束の展開もあったりする。犯人達が何のチェックも受けずに簡単に物資輸送船に乗り込めたりする不自然さもあることはあるが。英国首相が女性で、サッチャー首相誕生の年公開だったので、モデルであることは間違いないが、決断の速さは気持ちよかった。最後の猫のプレゼントも良かった。
投稿者:NYY投稿日:2008-10-01 00:53:01
まあまあ面白かった。
海の上でドンパチってのも変わってるし。
ヒゲもじゃもじゃのロジャー・ムーアは、意外とカッコイイな。
ボンドの時よりもカッコイイじゃん。
ウエットスーツ着ると、なんかサンタさんみたいになってたけ
ど・・・
 
ん? ボンド君が女嫌いだって?
んなことあるんかいな〜。
あれかな、女とヤリ過ぎて、飽きたとか?
女で酷い目に遭ったとか?
 
まあ、ネコちゃんが貰えて良かったね。
 
北海って、なんか美味しそうなタイトルですなw。
このタイトルを聞くだけで、カニとか北海道の料理を食べに行き
たくなるな〜。 
 
投稿者:kinenchyu投稿日:2008-09-07 20:06:30
全編を通じて緊張感に満ちて、そこそこ楽しめました。女ぎらいとか、猫好きとか、人間臭さをとりこんでるのですが、ちょっと臭すぎる感じも。
投稿者:Boogeyman投稿日:2007-05-23 21:42:27
【ネタバレ注意】

 地上波でやっているのをさほど期待もせずに観たところが、結構な掘り出し物でした。タイトル(邦題)はなにやらB級アクションくさいですが、キャストもシナリオも本格派です。
 メインはR・ムーア、A・パーキンスという、別にはまり役(っていうか、はまりすぎて災いしているような役)を持つ両名ですが、ここではそれぞれ新たなキャラクターで勝負しています。特に病的でおどおどしたイメージの強いパーキンスが、迫力あるキレっぷりで新たな悪役像を披露してびっくり。この路線でもう2、3作撮って欲しかったなぁ。
 ムーアの役どころも、当たり役の国家公務員(?)などではなく、保険会社に雇われた警備コンサルタント(つまり民間人)、と、時代を先取りした大胆な設定。今でこそ、傭兵だの民間軍事会社だのを扱った作品は多いですが、この時代にこのアイデアは脱帽です。
 ストーリーも、これまた『ダイハード』を先取りしたような、駆け引きで魅せる『立てこもり』型。主人公の目論見がまんまとうまくいくかと見せかけて、悪役の機転で一転大ピンチに、と、最後までハラハラさせてくれます。

 残念なのは、主人公の病的なまでの女嫌いと、ちょっと高慢ちきな態度が災いして、いまいち感情移入できないところでしょうか。もちろん、プロフェッショナルとしての自負と自信ゆえの態度とは承知しているんですが(もっとも、最後に首相から渡された『プレゼント』に頬をゆるめる所なんかは、ちょっと微笑ましいかも)。
 油田ジャックというスケールのでかい悪事の割に、密室劇的なシーンが多くて、こぢんまりとまとまりすぎているところも惜しい。

 リメイクものは好きじゃありませんが、本作に限れば、現在の撮影技術で撮り直せば、さらに迫力ある作品に仕上がる気もします。ネタは今でも鮮度を失っていないし、いかがなもんでしょ?
 もちろん、オリジナルのままでも見応え十分、おすすめです。7点。

投稿者:bond投稿日:2006-06-08 09:58:05
小説を読むような感じで観れた。パーキンスのいじけた悪役も良かったし、 ジェームズ・メイソンがいい味出してた。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-06-04 23:01:13
すごく面白い映画なんだけど、題名が渋すぎなのがちょっともったいない。
投稿者:エース若田部投稿日:2002-12-22 13:05:14
福岡の映画館に見に行ったら俺ひとりだった。しかしおもしろかった。吹き替えは広川太一郎バージョンもあるが若山玄蔵バージョンがいい。パーキンスはどちらも野沢那知だった。
【レンタル】
 【DVD】北海ハイジャックレンタル有り
 【VIDEO】ロジャー・ムーアの 北海ハイジャックレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION