allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981)

RAIDERS OF THE LOST ARK
INDIANA JONES AND THE RAIDERS OF THE LOST ARK

インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク《聖櫃》(新題)

メディア映画
上映時間115分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Par=CIC)
初公開年月1981/12/
ジャンルアクション/アドベンチャー
映倫G
インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク(聖櫃) [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,391
USED価格:¥ 1,130
amazon.co.jpへ

 Photos
レイダース/失われたアーク《聖櫃》

【解説】
 神秘的な力を宿していると言う十戒の破片を納めた聖櫃をめぐって、ナチスと対決する考古学者インディアナ・ジョーンズの冒険を描いた超娯楽作。スピルバーグとルーカスが初めて手を組んで作り上げた作品で、「ガンガ・ディン」を始め往年の冒険映画のエッセンスを全て注ぎ込んだその内容(ストーリー原案はフィリップ・カウフマン、脚本はローレンス・カスダン)とフォード扮するインディのキャラクター、息つく暇もない展開は絶品で、当然のごとく「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」の2本の続編が作られた。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ガンガ・ディン(1939)
レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981)シリーズ第1作
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984)シリーズ第2作
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(1989)シリーズ第3作
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008)シリーズ第4作
インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険(1992〜1993)TVシリーズ
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aインディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 (1984)
[002]Aインディ・ジョーンズ/最後の聖戦 (1989)
[003]Aターミネーター2 (1991)
[004]A羊たちの沈黙 (1990)
[005]Aバック・トゥ・ザ・フューチャー (1985)
[006]Aターミネーター (1984)
[007]AゴッドファーザーPART II (1974)
[008]Aマトリックス (1999)
[009]Aスタンド・バイ・ミー (1986)
[010]Aシックス・センス (1999)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
35291 8.31
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2017-05-17 21:25:30
考古学者インディはライバルのベロッグに何時も目当ての品を奪われていた。
アーク探索を依頼されたインディはかつての恋人マリオンを言いくるめ探索し発見に至るのだが、又もやベロッグとナチスの軍隊に奪われてしまう・・・。

大ヒットしたスピルバーグ監督のアドベンチャー巨編第1作。
冒頭からスリル満載で目を離せない展開なのだが今回、19年振りに鑑賞したのだが大味で前に見た程面白く感じなかった。
ビデオは懐かしきCIC・ビクタービデオからリリースされていたがスタンダードのドルサラ収録だった。
後にニューマスターLDがレンタルされて鑑賞したがようやくシネスコになるがドルサラ収録。
DVDになりようやくスクイーズ収録の5.1chになる。
BDにて鑑賞したが画質も音質も良く臨場感に溢れていた。

ノヴェライズ「レイダース 失われたアーク」(キャンベル・ブラック・ハヤカワ文庫・評価1・5)は映画同様の大味。
投稿者:ダイナマイト・ギャル投稿日:2016-08-01 21:33:09
【ネタバレ注意】

■「インディ・ジョーンズ」を見てわくわくしない人間はいない

「インディ・ジョーンズ」を見てわくわくしない人間はいない。これほどまでに男女を問わず愛された映画は少ない。製作されてから30年以上経つ現代でも「インディ・ジョーンズ」の名前を知らない人間はいないほどだ。その魅力は今も色褪せない。女性には「理想の男性像」として、男性には「憧れの生き方」として、ジョーンズ博士(ハリソン・フォード)は現実の日常で絶対体験できない冒険の世界に観客をトリップさせる。

■「冒険映画」の原点

サイレント映画の時代から「冒険映画」は数多く作られたが、「インディ・ジョーンズ」4部作が「冒険映画」の「原点」のように認識されるのは、現代の「CG」技術の「原点」である「SFX」技術の「原点」の映画だからだろう。『スター・ウォーズ』シリーズのジョージ・ルーカス監督。『未知との遭遇』のスティーブン・スピルバーグ監督。二人が手を組んだことは当時大きい方がパンツにつくほど映画界の衝撃事件だった。二人の創作活動が「SFX」を発展させ、現代の「CG」を生み出した。「インディ・ジョーンズ」4部作は「冒険映画」に初めて「SFX」を導入した衝撃的映画だった。現代では「当たり前」な「CG」を使用した映画作りの「原点」が『スター・ウォーズ』や『レイダース 失われた聖櫃』だった。以後「インディ・ジョーンズ」に影響を受けた「冒険映画」は現代に至るまで後を絶たない。「冒険映画」の原点のような認識の「偉大」な理由がここにある。

■第1作目『レイダース 失われた聖櫃』

「インディ・ジョーンズ」4部作の僕のベスト1は第1作目『レイダース 失われた聖櫃』。「聖書」「モーゼの十戒」という「史実」の引用から生み出された創作の面白さはシリーズベスト1。「本当のこと」にまで思えるほど「説得力」がある。「宝探し」や「冒険」が「本当のこと」に見える “本気” の創作は感情移入せずにいられない。スピルバーグとルーカスの「偉大」な映画作りの根元は、「大人が楽しめるSF映画」だった。二人はかつて子供向けの冒険活劇に恐るべき「極限のくそリアリズム」を導入した開拓者だった。今でも『レイダース 失われた聖櫃』を見ると「聖櫃」が本当に「実在」するように見える。「インディ・ジョーンズ」を見てわくわくしない人間はいない本当の恐ろしさがここにある。

『やりすぎ限界映画入門』http://ameblo.jp/rocky-balboa-1976/

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-05-11 21:44:54
シリーズではこれが一番。
投稿者:カール犬投稿日:2015-10-11 11:21:57
【ネタバレ注意】

当時絶好調だった
スティーヴン・スピルバーグと
ジョージ・ルーカスが組んでわくわく感たっぷりの冒険活劇。

面白くないわけがないのだ。

でもインディがいなければ、、
ナチスはマリオン殺してでも杖飾りのメダルを手に入れるだろうし、
それによってアークの場所を間違えることなく掘り出せるだろうし、
そのままドイツに持ち帰って総統に見せようが、
その前に自発的に島に行って聖櫃開けようが、当然勝手に自滅するのだ。

なので、ナチの動きに並走しながらアクションやドンパチを巻き起こす
主役のインディがいなくても別に問題ないんじゃない?という
恐ろしいトラップつきの筋立てだったりする。 さすがスピルー(略)

聖櫃の研究も政府に取り上げられ、
インディが手に入れたのは元カノとの復縁のみ。

げにめでたき哉 冒険活劇。

投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-30 01:03:39
この頃のハリソン・フォードがまたカッコいいのよ。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-10-05 00:55:03
ガキの頃ドキドキワクワクしながら観たもんだ。
ラストのゴーストのシーンなんて、親の背中に隠れながら観たなあ。
投稿者:sachi823投稿日:2013-12-24 00:10:47
ディズニーランドのアトラクションのような面白さです。
次から次へといろんな手を考えるものですね。
劇場にいる時間楽しい思いができました。
監督も楽しんでつくっている感じが伝わってきます。
この続きは次回でと。
投稿者:o.o投稿日:2013-03-18 02:29:06
おかしいです。スピルバーグ映画と言えば、文句なしに面白いはずであるべきなのに、あんまり面白くありません。はい次、お次はこれと、段取り的に見せられる数々の見せ場は、テーマパークの冒険アトラクションでも眺めているようです。特殊撮影も今の目で見ると全然物足りません。古き良き冒険活劇を現代に甦らせようという意図は分かるのですが、古き良き冒険活劇はもっと面白いよなあと思ってしまいます。もっともこれだけ世界中で大ヒットしたわけだから、自分ごときが文句を付けても仕方のないことかもしれませんが。

主人公インディアナ・ジョーンズのキャラクターも十分発揮されているとは言い難く、なんとなく輪郭がぼんやりしているように思えるのは自分だけでしょうか。ヒロインとの面白おかしいやり取りが 1 つのポイントだと思いますが、離ればなれになってしまうことが多いので、それもかないません。それにしても、勝気でやかましく、自分が美人であることに気付いていない風のヒロインが、最後は自分よりたくましい主人公に助けられて惚れてしまうというじゃじゃ馬ならし的展開が、英米人たちは本当に好きなんだなあと思います。

ところで、この映画にはドイツの潜水艦 U ボートが出てきます。比べる必要はぜんぜんないのですが、ちょうど先日、同じ年に公開されたドイツ映画である『U ボート』(1981) というシリアスな映画をたまたま見ていたので、この映画のお気楽さとのギャップに、「戦勝国っていいよなあ」とつい思ってしまいました。ところがなんと、この映画に出てくる U ボート、まさにその『U ボート』の撮影に使用されたものなのだとか。ちょっとびっくりです。

見終わった後、「で、何だレイダースって」と疑問を感じ確認したところ、原題は『Raiders of the Lost Ark』(失われた聖櫃を強奪する者たち) で、この「Raiders」には主人公も含まれているのだと思います。ドイツ軍の手から聖櫃を奪い返したインディもまたアメリカ陸軍の片棒を担いでいた訳で、あれだけ苦労して手に入れた聖櫃がつまらぬ木箱に収められ、同じような木箱が大量に保管されている広大な倉庫に運ばれていくというラスト シーンは、インディの命がけの大冒険も国家から見れば「よくあるオペレーション」の 1 つでしかなかったというオチというか、皮肉だと思います。

スピルバーグよ、もっと面白いものを見せてみろという感想です。
投稿者:いまそのとき投稿日:2011-12-19 23:15:17
歴史ミステリーファンタジー活劇の超大ヒット作。ルーカスとスピルバーグ当然若くそしてカスダンの脚本。確かに練られたスチュエーション。キング・ソロモンあたりの先人映画も十分研究されて、プロットも踏襲している。でも少し平板過ぎやしないか。追うトラック。前を走るナチのお気楽さ加減。ベロックがお宝掠め取るのが癪だし、アークの魔力がジョーンズ博士たち2人に被害を及ぼさないのは変だとかつまらん事を考えてしまう。確かに当時はコミカルファンタジーとしても楽しめたが、余計なことが気になった分、今回は冷めて見てしまった。
投稿者:こじか投稿日:2010-11-23 19:01:21
軽快でミステリックな展開は素晴らしいの一言です。
スターウォーズが宇宙モノなら、レイダース〜魔宮の伝説あたりは
冒険活劇に大革命を起こした作品ですね。クリスタルスカルもいいけど、
後世の皆さんにはぜひこの2作で感激していただきたい。
投稿者:has42120投稿日:2010-08-04 01:43:19
ハリソン・フォード
投稿者:Marcel投稿日:2010-03-21 03:02:51
当日ハリソン・フォードの体調が悪かったからということになっているのだが、剣を持った男相手に鞭ではなくて拳銃で向かうのは、恥ずべきことであり、決して自慢出来るものではないだろう。しかし、メイキングなどを見ると、あろうことか、それを称賛するように扱っていて呆れてしまう。騎士道や。まして武士道とは無縁の国家である、アメリカの映画であるから仕方がないか。面白い娯楽映画ではあるけれど、このシーンだけは受け容れ難い。
投稿者:ジーナ投稿日:2009-07-20 02:59:30
たぶん・・・いや確実に大丈夫なんだけどインディのピンチにハラハラ(笑)
テンポの良さもGOODですが、なんと言っても程よいユーモアが魅力的ですね。
コントを見ているような滑稽な演出、喜劇的なアクション、愛らしい三枚目なキャラクターたちと軽口の叩き合いなど笑いどころが満載です。
個人的にはハンガーがお気に入り☆
なんの人物説明も無いままストーリー展開しているのですが、なんとなく背景は見えてくるし説明不足が気にならないほどキャラが際立っていますね。

ストーリーや映像などゴテゴテしすぎないシンプルさも好感が持てます。
次から次へとシーンが切り替わっていきますが、印象に残るシーンがたくさんあります。
記憶に残ると言うよりは、思い出に残るって言い方のほうが合っている作品ですね。
スピルバーグ+ジョン・ウィリアムズの音楽も最高にマッチングしています。

細かい事を気にしていては全く楽しめない娯楽映画の代表であり、これぞアドベンチャームービーなのでしょう。
人がバタバタ死のうが発掘した遺跡をバンバン壊そうが気にせず楽しんで下さい(爆)

余談;ハリソン・フォードは好きじゃないのですが、インディ・ジョーンズのハリソンはとても好き♪
投稿者:歌王投稿日:2009-07-14 11:25:18
【ネタバレ注意】

人気シリーズの場合、徐々に主人公のキャラが丸くなるのはしょうがないところ。
このシリーズだと、映画的な面白さは全作最高レベルで甲乙つけがたいですが、インディのダーティー・ヒーロー然としたキャラが立っている点で、僅差ながらこの一作目が最高でしょう。

カレン・アレンはどうも人気ないようですが、じゃあ2、3作目の美人がいいのかというと、やはりインディの相手はマリオンで決定なわけですよ。続編には出ない(確か喧嘩別れだったような)と聞いて、当時はがっかりしたもんです。
でも4作目ではちょっと太くはなったものの、ハツラツとした姿を見せてくれてうれしかったです。

現在のブロックバスター映画の先駆けとなった作品だと思いますが、同時に頭カラッポ映画の先駆けにもなってしまったのは、功罪大きいかも。まあそんなことも、この面白さの前にはどうでもいいことなんですけどね。

投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-23 05:41:44
『インディ・ジョーンズ』シリーズ第一作目。

安心して楽しめるGOOD MOVIE。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-22 14:50:50
演出:9
演技:9
脚本:8
音響:9
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2008-10-19 01:15:21
【ネタバレ注意】

カレンアレン…「飲み比べ」もワイルド。「ドレス」も浮いてます…逆にボロボロになってからの方が似合ってるような。その癖、優しくてピンチに心細くなったりもするのだが、ハリソン(お父様の友達?憧れの人?)、思いっきり「置き去り」にします。

考古学者=怪しい宝探し野郎、って訳でもないのだろうが、ストーリーも明快であっさりと単純(それも名作の要素)…その分(ブラックジョーク?も有りな)コメディなエピソード、ロマンスな口唇誘導、そして何より危機一髪なエピソード満載。2の「解毒剤とダイヤ」に相当するジョークがカレンの「篭」ですかね。
原住民とか…オカルトなエピソードからトラップだらけの宝探し。ライバルな男が事ある毎に絡んできます。
僕もアクションの掟破りな「拳銃」は好きだな…何か笑える。

〜あの手のひらの火傷と、何よりラストのアーク(神がモーセに授けた十の契約が刻まれた石を入れた箱)がインパクト有り〜しかしアークの行き着く先があんな所とはね!…このラストがジェットコースターな冒険ギャグムービーをビシッと締めてるかも?
(とはいえ、僕は3が好きな異端児だけどね…って言うと「それは異端児や」って言われた…個人的には絶対に3が「名作」だと思ってる)

http://dateiwao.fc2web.com/arkoftheconvenant.htmhttp://allabout.co.jp/travel/worldheritage/closeup/CU20080623A/index3.htm

投稿者:NYY投稿日:2008-06-10 23:13:20
【ネタバレ注意】

廉価版の再発売(?)の3枚組買ってきたw。
4作目の公開終了後、直ぐに4枚組が出るから、待った方が良い
と言われたんだけど・・・
待てない、待てない!。 
           o(*・∀・)o    
やっぱり面白い。
今見ても昔のまま。
あのテーマ曲が流れるだけで、もう満足。
トラックに乗り込んで、運転手と目が合ってニコッとしてからぶ
ん殴るって、お約束も良いw。
刀を持った、やる気満々のオッサンをパーン!ってのは、最高に
イケてるw。
スパイのサルが、毒味までしてくれるとは、頭のいいサルですね〜w。
 
↓に書いてる方もいるけど、ヒロインらしき女優さんが、今見る
とあんまりキレイじゃないのが難かな・・・
昔はキレイに見えた気がしたんだけどな〜。 
って、い暴个襪里・・・ 
老けて更にキレイじゃなくなってるのを見るのは辛いかも。
 
 
ラストで「見るなー!」って言われても、映画見てるこっちは見
ちゃいけないもんを見ちゃってるんですけど・・・ 
 
           (*゜0゜)

投稿者:なちら投稿日:2007-11-18 23:13:55
インディは永遠のヒーローだ!

それにしても、改めて見返すと子供の頃の印象と違うなぁ。
ヘビが怖かったりキスをねだったり、インディったら、ちょっとカワイイじゃないの!
内容もお子様には難しいんだね。どうりでイマイチ付いて行けてなかった訳だ。

だけど、何よりも気になったのは、マリオン役のK・アレン!
かっこいいインディの相手役に相応しい印象だったのに、何だか声はガサガサしてるし、
そんなに美人でもないし、お色気がない!
おかしいな?変だな?
うーん、知らなくて良かった事を知って、若干がっかり。。。
投稿者:藤本周平。投稿日:2007-05-03 17:16:40
やはりこの一作目でしょうね。最高です。
投稿者:taunya投稿日:2007-01-13 01:40:51
【ネタバレ注意】

十人に見せれば十人が面白いと答える活劇の定番。21世紀の今ではすでにクラシック。大戦前夜を舞台に世界を股にかけるスケールのでかさ。危機また危機の見せ場の連続でありながら、敵味方にまたがる三角関係を軸にロマンスを構築する脚本の緻密さ。さらには凝りに凝ったアクション演出!いずれも舌を巻く出来映えである。しかし本当の見所は別にある。西洋人がどんな傍若無人をやらかそうと第三世界ではすべてが「無礼講」であるという点。どんなに素晴らしい映画であろうとも、『レイダース』は結局のところ楽しいホラ話に過ぎない。しかし、この点だけはなぜか史実に忠実なのである。

投稿者:フェニックス投稿日:2006-11-30 06:38:02
やはり最初の洞窟の宝物を取りにいくところが面白かったかな。あとも面白いけど、どっちかというと普通のアクション映画かな、と思う。
最後はホラー。ちょっと怖いので、ホラーが苦手な人はダメでしょう。
毒ナツメを食べて死ぬ猿はちょっと可哀想でしたが。
投稿者:IM投稿日:2006-08-19 01:04:56
DVDコンプリートBOX買って3本たて続けに観たので3本まとめてレビューだ。
力を入れるタイミング、抜くタイミング、テンポの速さ、音楽、どれも1級品。
ただバタバタ走り回ってるだけじゃなく物語の背景もしっかりしてる。
冒険活劇不朽の名作であろう。
投稿者:ASH投稿日:2006-04-30 20:15:04
【ネタバレ注意】

チャチャポヤン寺院のガイドが今をときめくアルフレッド・モリーナだったとは!しかも、シッカリと役名まであったとは!

スピルバーグとルーカスの合体企画、面白くないわけがない。たたみかけるようなアクションの連続には手に汗握ること必至だ。まず、何がいいかといえば、時代設定を1930年代にしたということ。往年のハリウッド製冒険活劇の復活なのだ。もちろん、映画におけるテクノロジーの最先端を使ってきた2人がタッグを組むのだからSFXの見せ場も半端じゃないのだ。冒頭の石の玉コロコロもすごいが、ナチス親衛隊がアークを開けたときの恐怖も素晴らしい。「マリオン、見るな!」とインディは叫ぶが、櫃を開けたらどうなるかをなぜ知ってたのか。野暮な疑問は置いといてと。

投稿者:メカゴジラ投稿日:2006-02-02 18:49:31
 
シリーズの三本とも水準以上の出来だと思いますが、少々お子様向けの楽しい映画になってしまった二作目以降よりも、ダークな印象のある本作が最高の出来だと思っています。
いつ見ても何度見ても面白い最高の映画の一本です。
投稿者:Tom投稿日:2005-06-26 20:15:28
ラストのパンドラの箱はもちろんアルドリッチの『キッスで殺せ』からのいたたきでしょう。まさにいろんな映画からのアイデアのごちゃまぜでそこがいいね。追跡シーンの迫力も『駅馬車』を凌駕している。
投稿者:jyonji投稿日:2005-05-16 23:09:24
【ネタバレ注意】

インディ・ジョーンズのシリーズ第一作目ですが、見たのは『魔宮の伝説』の後になります。
『魔宮の伝説』が非常に面白かったので期待大で見たのですが展開が遅く感じられ、インディーのテンションも『魔宮の伝説』に比べると低く感じました(そういえばハリソン・フォードはスター・ウォーズでも第一作はテンション低かった)。
アドベンチャー色も『魔宮の伝説』程ではありません。
見たのが子供の頃だったので、もっとワクワクドキドキを期待していました。
でもラストのアークが開放されるシーンは必見です。
あのE.T.のスピルバーグがこんな残酷な映画も造るんだと少々ショックも受けましたが、スピルバーグ作品の幅の広さを実感した作品です。http://saltsaltsalt.hp.infoseek.co.jp/

投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-11 19:07:13
「キングソロモンの秘宝」から入ったクチです(汗)。
投稿者:Johnny投稿日:2004-01-30 22:58:19
スピルバーグ&ルーカスの最強コンビが放つ
壮大なアクションアドベンチャー!
ハリソン・フォードには悪いけど、
ハマリ役で一生この役を越える役はなさそう。
マジで、フォードを見るなら
『インディ・ジョーンズ』シリーズで決まりです!
中でも『レイダース』と『魔宮の伝説』の二つが好きです。

帽子をかぶったあのスタイル!必要不可欠のムチ!
そして冒険心をくすぐる曲!
すべてにおいて最強のアドベンチャー作品に仕上がってます。
見てるだけで楽しくなれ、冒険した気分になれます。
聖戦では少年時代の役をリバー・フェニックスがやっていて、
お父さん役をショーン・コネリーとは、なんと!豪華な!

聖戦は、年齢的にギリギリだったんで(アクションも少なめ)
『インディ・ジョーンズ4』はどうなるんだろう?
『レイダース』『魔宮の伝説』の
アクションを期待するのは酷なのかな…。
インディアナ・ジョーンズと言う人物は見れるのだが…。
観に行くか迷います。
投稿者:ジョジョ投稿日:2003-06-28 00:38:52
面白い!
けど時々残酷なシーンがあるのが気になる。次回作の「魔宮の伝説」でも気になった。スピルバーグの、子供が残酷に虫を殺すような無邪気さが表れているようで恐い。
ただ、アークを開いたシーンはゾクゾクしたけど。
投稿者:hosei投稿日:2003-01-02 14:16:23
 この映画を最初に観た時は驚きだった。だから2、3作目は、物足らなさを感じた。
投稿者:quadrant投稿日:2002-12-31 14:36:10
【ネタバレ注意】

・・一撃で倒すシーン、ロバート・ゼメキス氏発案らしいですよ。
新世代冒険活劇物の金字塔。オファーを断ったトム・セレック、逃した魚は・・
10点です。SFXは今観ると・・でも面白い!

投稿者:eddie投稿日:2002-08-05 23:53:43
公開当時は、正直言ってよくわからなかったけど、今観ると興味深い。
私はキリスト教信者じゃないので、描写の深い部分まではわからないが、エチオピアにあるのでは、と言われる聖櫃の神秘性は、確かに魅力的な素材ですね。
投稿者:タルチュフ投稿日:2001-07-10 01:07:58
ちょっと暗いけど.
でも、続編がやたら明るいのでOK.
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 監督賞スティーヴン・スピルバーグ 
 □ 撮影賞ダグラス・スローカム 
 □ 作曲賞ジョン・ウィリアムズ 
 ■ 美術監督・装置Leslie Dilley美術
  Norman Reynolds美術
  Michael Ford装置
 ■ 視覚効果賞ジョー・ジョンストン 
  キット・ウェスト 
  リチャード・エドランド 
  Bruce Nicholson 
 ■ 音響賞Roy Charman 
  Gregg Landaker 
  Bill Varney 
  Steve Maslow 
 ■ 編集賞マイケル・カーン 
 ■ 特別業績賞Richard L.Anderson音響効果編集
  ベン・バート音響効果編集
□ 作品賞 
 □ 助演男優賞デンホルム・エリオット 
 □ 作曲賞(アンソニー・アスクィス映画音楽賞)ジョン・ウィリアムズ 
 □ 撮影賞ダグラス・スローカム 
 ■ プロダクションデザイン賞 
■ 新規登録作品 
【ニュース】
Blu-rayリリース情報:「インディ・ジョーンズ コンプリート・アドベンチャーズ [Blu-ray]」2012/06/26
DVDリリース情報:「モーテル」「鞍馬天狗」etc.2008/03/14
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」、特報2008/02/14
「インディ・ジョーンズ4」、カレン・アレンが再登場へ2007/07/27
「インディ・ジョーンズ4」、ショーン・コネリーは出演せず2007/06/08
「インディ・ジョーンズ4」、シア・ラブーフが息子役で出演か?2007/02/20
「インディ・ジョーンズ4」、全米公開日が決定2007/02/06
「インディ・ジョーンズ4」、ついに6月撮影開始へ2007/01/05
N・ポートマン、インディの娘役で「インディ4」に登場???2006/07/12
「インディ・ジョーンズ4」、いよいよ脚本完成か2005/05/30
「インディ・ジョーンズ4」、新たな脚本家の起用決まる2004/10/27
サターン賞結果発表2004/05/12
ドン・コルレオーネがNo.1映画キャラクターに2004/04/15
「インディ・ジョーンズ4」、脚本書き直しへ?2004/02/05
「インディ・ジョーンズ4」、脚本は完成2004/01/30
スピルバーグ、「インディ4」の監督をせず???2003/07/03
「インディ」三部作DVD、北米での発売日決定か?2003/05/06
インディ・ジョーンズ三部作DVD、今年末に北米リリース?2003/02/03
J・ロウとG・パルトローがSF大作で共演?2002/12/09
インディ三部作、2003年10月に北米でDVD発売か?2002/09/13
インディ三部作、来年末に全米でDVD発売か?2002/07/30
パラマウント、“インディ4”のドメインを登録?2002/07/19
【レンタル】
 【DVD】インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク《聖櫃》レンタル有り
 【VIDEO】インディ・ジョーンズ スペシャル・コンプリート・ボックスレンタル有り
 【VIDEO】レイダース/失われたアーク《聖櫃》レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION