allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ボブ&キャロル&テッド&アリス(1969)

BOB & CAROL & TED & ALICE

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COL)
初公開年月1970/03/14
ジャンルコメディ
新しい時代の愛の世界 ラブ・イン’70 あなたも参加しませんか?
ボブ&キャロル&テッド&アリス [DVD]
参考価格:¥ 1,523
価格:¥ 1,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 ボブ(R・カルプ)とキャロル(N・ウッド)、テッド(E・グールド)とアリス(D・キャノン)の二組の若夫婦が、自由とセックスを求めて夫婦交換を行うコメディ。TV出身のP・マザースキーの劇場初監督作品で、きわどい題材を軽妙に処理しているが、やはり主演4人の魅力に負うところは大きい(特にグールド&キャノン)。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ボブ&キャロル&テッド&アリス(1969)オリジナル
陽気なカップル(1973)リメイクTVシリーズ
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2012-10-24 11:50:39
スワッピングという言葉はいつ頃から使われているのか知りませんが、昔この言葉を聞いた時、そんな事があるのかと驚いたものですが、この時代に、それをテーマにした映画があることは初めて知りました。「ウィキペディア」によると「自分の本来のパートナーが別の異性と性行為を行っているという屈辱感や嫉妬などが相乗効果となり、性行為の興奮度を高めるというもの」だそうですが、正にその通りの進行なので面白く見ることができました。
道徳的にはどうかと思える内容ですが、最初の愛の解放を教えるという研修所から始まって、性についての考えな方が色々出て来て、そんなにいやらしい映画ではなく、むしろユーモラスな感じがしました。子役時代に知ったナタリー・ウッドが、こんな役で出演しているのかと驚きましたが、最後に主役4人が何とも言えない複雑な表情でラスベガスのホテルを出て行くのが印象に残りました。
投稿者:asama投稿日:2007-03-25 21:52:52
まさに価値観の揺らぐ時代。(既婚の)男と女の自由なセックス(情事)が可能かどうかに、リアルな設定(親友の夫婦同士)で真正面から挑んだ作品。さてその結果は?自由になれたか?古い倫理観から脱却できたか?その意欲と成果は見てのお楽しみですね。
投稿者:ASH投稿日:2003-06-12 23:22:30
【ネタバレ注意】

ニューシネマの時代とはいえ、確実にアメリカ映画が変っていった時期だったということが良く分かる。言うなればスワッピングの映画を、メジャー会社が製作するということに意義がある。主演4人の演劇アンサンブルは文句ナシだが、特に女優陣2人がイイ!

【レンタル】
 【DVD】ボブ&キャロル&テッド&アリスレンタル有り
 【VIDEO】ボブ&キャロル&テッド&アリスレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION