allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ボルサリーノ2(1974)

BORSALINO AND CO.

メディア映画
上映時間90分
製作国フランス/イタリア/西ドイツ
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1975/02/08
ジャンル犯罪
暗黒のマルセイユに復讐の一匹狼ドロンのガンが唸る!
ボルサリーノ 2 ニューマスター版 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 12,980
USED価格:¥ 6,480
amazon.co.jpへ

【解説】
 頭脳と度胸で暗黒街にのし上がったロッコとフランソワ。しかし二人の台頭を恐れた組織の大物は、フランソワを暗殺する。そして復讐に乗り込んだロッコもまた、捕らえられ、アル中に仕立てられてしまう。フランソワの忠実な部下によって助けられたロッコは、再び復讐のために立ち上がるが……。前作から引き継いだ後日談。J=P・ベルモンドがいない分、明るさが失われ、暗いタッチのギャング映画となった。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
215 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-02-08 16:04:58
【ネタバレ注意】

前作で相棒カペラ(ジャン=ポール・ベルモンド)を殺されたロック・ジフレディ(アラン・ドロン)は、復讐としてイタリアン・マフィアのヴォルポーネ兄弟の弟を殺す。しかしヴォルポーネ兄(リカルド・クッチョーラ)はさらにジフレディの一味を追い込んでいく。廃人寸前にまで陥ったジフレディだが、やがて復讐の牙を剥く…。
4年前に製作された『ボルサリーノ』が、若いチンピラふたりがのし上がっていく、ある種の青春物語だったとすれば、この作品は暗く陰湿な復讐譚に留まり、前作のような軽さは最早望むべくもない。
ま、徹頭徹尾笑顔を見せず、冷ややかに仇を殺していくアラン・ドロンがシブいっちゃあシブいのだが。
とはいえ、マフィアの殺し合いに終始した作品としては、『ゴッドファーザー供戮曚匹僚展さはない。そもそもジフレディをさっさと消せばこんな目に遭わなかったのにね、ヴォルポーネさん、と思わず突っ込んでしまう。
とはいえ、復讐を終えて宛てもなく米国に渡る船の上で、女性が彼にダンスを申し込み、アラン・ドロンが「女性から誘うのか?」と言うと「だって1937年よ」と女性がやり返すシーンはなかなかいい。ここでジフレディは笑みを初めて浮かべるのだ。

ミシェル・バックの歌う主題歌“Prends-Moi Matelot”(水夫よ私をつかまえて、くらいの意か?)は印象に残るシャンソンではある。
マルセイユを舞台にしたギャング物語はこうして幕を閉じるのでした。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-09-18 04:20:33
大らかと大雑把が紙一重だった前作の洒落た雰囲気が、ベルモンドの不在で消し飛んでしまった。色調や照明は「ゴッドファーザー」からの影響が色濃く出てる。ストーリーは「アウトレイジ ビヨンド」を思い出す復讐劇で、ドロンの一番の子分がステイサムに似てた。
投稿者:sachi823投稿日:2014-07-15 20:16:25
ベルモンドの遺影に場内から笑い。
第1作を見る前に第2作を見てしまいましたが、
アラン・ドロンが格好良く見とれてしまいました。
颯爽と歩く場面が目立ちますが少し諄いです。
名優リカルド・クッチョーラは流石に
見事な悪役ぶりです。
投稿者:ファルド投稿日:2012-08-11 19:50:15
組織の大物ボルポーネ役にR・クッチョーラが扮しているのだが、細くて背が低いので貫録がなくイマイチだった。彼がシフレディ(A・ドロン)にとったアル中にさせるというのも変だし甘いように思えた。お互い攻勢に出た時があまりに一方的な描写ばかりなので、抗争というより両者の奇襲合戦を見ているようだった。
投稿者:bond投稿日:2012-07-13 08:22:37
ドロンの哀愁はいいのだが、ベルモントがいないので、前作に比べて盛り上がらない。
投稿者:Ikeda投稿日:2008-09-12 16:56:03
正編に比べて主役がアラン・ドロン一人になり、悪役にリカルド・クッチョーラが登場するので、話はすっきりしています。ただ演出はむしろ正編の方が良い位の荒っぽさです。アル中にしてしまうというアイディアは面白いですが、ドロンが同じ仕返しをする犯行シーンはありますが、最初の方はないなどと言うのは逆です。
ストーリーが復讐に復讐を重ねる進行なので、殺伐としているのは仕方ないとして、勝つときは勝つ、負けるときは負けると、あまりにはっきりしすぎているので迫力がありません。カットのつなぎもバラバラで、漫画の本のページをめくりながら読んでいるような感じの進行でした。
なお、この作品の最後に「続く」という字幕がでてくるのも変に思いました。カトリーヌ・ルーヴェルと一緒にアメリカへ渡った後の話でも作る積もりだったのかも知れませんが、この後、続編が出たという話は聞いていません。これこそ正編の最後の言葉と逆にすればピッタリなのですが。
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2008-08-29 02:48:06
ドロン1人になり、さらには復讐劇なので前作のような楽しさはなし。
元々演出が渋い感じなので、コミカルな要素がなくなったことで前作の違和感が消えた。
(悪く言えば普通のギャング映画になったともいう)

そして今回はやたらと銃撃戦を盛り込み娯楽要素も大幅アップ。
ギャングを泥酔させるとか結構ばかばかしく感じるところも多いが、
それでも後半の巻き返しは普通に楽しめる。
そしてローラとの再会がやけに渋くて良い感じ。
そもそもボスが現場に行って銃をぶっ放すことなんてありえないのだが、
ドロンにそれをやらせたくなる気持ちはよくわかる。

明るい映画ではないが娯楽作として見れば楽しめるだろう。
投稿者:ロビーJ投稿日:2008-03-01 12:13:09
前作『ボルサリーノ』を見てやはりこの続編が気になっていました。今回やっと中古のビデオで発見できたので嬉しく鑑賞しました。もう最高に面白かったです。前作はテンポがイマイチ私には合わなかったのですが、この続編はかなり私好みな展開とテンポでラストまで十分楽しめました。
今回のアラン・ドロンは言うまでもないですが、前作で殺されてしまったジャン=ポール・ベルモンドのために部下と共に復讐を開始します。その姿はもう本当にカッコよくて素敵!前作で微妙に思ってしまったアランのヘアスタイルも今回は逆にとっても似合って見えました!悪役のリカルド・クッチョーラもとても上手くて、ラストのクチョーラの姿はいい気味ですが、やはり印象的です。銃撃戦も見応え十分でラストまでこの復讐がどうなっていくのかに目が離せませんでした。
アランは表情も素晴らしかったし、やっぱり彼は何をしてもカッコいいですね〜。なので本当に私は本作を前作の何倍も楽しめてしまいました。あの名曲も流れましたしね☆なので本当に鑑賞して良かったし、これからも何度も見たい作品となりましたよ!
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ボルサリーノ2 ニューマスター版2009/03/28\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ボルサリーノ22001/02/23\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】ボルサリーノ2レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION