allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

インド夜想曲(1988)

NOCTURNE INDIEN

メディア映画
上映時間110分
製作国フランス
公開情報劇場公開(アルシネテラン=丸紅)
初公開年月1991/06/08
ジャンルドラマ
まやかしの夜、うたかたの夢。かの地に迷った眩惑の旅人。
インド夜想曲 [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 6,500
USED価格:¥ 3,650
amazon.co.jpへ

【解説】
 友人の行方を捜してインドへとやって来たロシニョルは、そこで彼が病気にかかっていた事や、神智学協会とかかわりのあった事を突き止める。そして彼は協会へと赴くが……。この映画での、主人公の魂の紀行を追って描くという一つのテーマを表現するのに、本作の舞台であるインドという街は非常にマッチしていて興味深さを増している。なんともあやしい街の雰囲気と、主人公の心の揺れ動きが印象的な佳作。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
219 9.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:TNO投稿日:2015-02-25 23:59:43
娼婦も医者もユダヤ人も教授も女学生まで、出てくる人出てくる人皆禅問答。主人公も本気で捜索する気はないとしか思えない。こういう映画だと割り切ってみるしかない。インドには行ったことがないので、独特の文化やら風俗やらも、どこまで正直に伝えているのかも判断しかねる。
投稿者:ヤース投稿日:2003-04-10 01:43:31
多くの人々がいつの日かインドの暑くて肥沃すぎて緑色の葉や草が焼印のように残像し牛ウンコ臭くてインドインドインドとインドてんこ盛り胡散臭いヒトいきれ濛濛立ち上がる大地を踏むことを心待ちにしているが西洋人にとっても東亜細亜人にとっても印度は紛う事無く「外(よそ)」であり誰でもいつか他所(よそ)は訪れねばならないのだとジャポネのインド経験者は熱く語るが、これは失踪した友人を探しに自分の国や世界とは悉く異質過ぎるインディアを訪れたアングラード扮するポルトガル人が結局自分の根っこアイデンティティを独り静かに再発見する物語だ。アングラードは、英語ポルトガル語フランス語を操りながら、ボンベイ、マドラス、ゴアと経巡り、弛緩しきって気だるいような彷徨の旅を続ける。傑作とは到底云えないけれど浮遊感覚が心地よく、ウィスキーでも飲みながら蕩けるにはもってこいの映画。あの「草」があればもっといいのだけれど。
投稿者:pukaki投稿日:2002-08-05 21:53:59
同感です↓何といっても一番印象に残ったのは、全篇に流れるシューベルト。主人公の内面を効果的に音楽化してましたね。私はこれ見た後、即CD買ってしまいました。
インド好きな私としましては、これはちょっとインド人に失礼じゃないかーってな部分も多々ありました。でも、ヨーロッパ人の過剰なインド幻想にそこそこのれたら、イケるかと思います。
タブッキの原作は後で読みました。かなり雰囲気つかんでましたね。
投稿者:さんとう投稿日:2000-03-23 22:11:51
これほどシューベルトの音楽を効果的に使った映画はありません
西洋人である主人公が東洋を放浪する、、、シューベルトも東洋的な諦観に満ちて
聞こえます、、、
まるでちょっとした海外旅行に行ってきたような気持ちが残る傑作ですhttp://www.bekkoame.ne.jp/ha/jio/santho/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 撮影賞イヴ・アンジェロ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】インド夜想曲2012/05/09\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】インド夜想曲 <初回限定生産>2009/11/06\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】インド夜想曲 <初回限定生産>2008/11/13\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】インド夜想曲2003/10/31\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】インド夜想曲レンタル有り
 【VIDEO】インド夜想曲レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION