allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マーフィの戦い(1971)

MURPHY'S WAR

メディア映画
上映時間110分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(東京第一)
初公開年月1972/01/22
ジャンル戦争/ドラマ
主演・「アラビアのロレンス」の名優オトゥール 監督・快作「ブリット」のピーター・イエーツ 音楽・「007」シリーズの名手ジョン・バリー 最高のトリオが堂々取組んだ-- 戦争アクションの巨大な迫力とスケール!
マーフィの戦い [DVD]
参考価格:¥ 1,620
価格:¥ 1,071
USED価格:¥ 490
amazon.co.jpへ

【解説】
 物語はいたってシンプル。第二次大戦中の南米を舞台に、独軍の凶悪なUボートに仲間を皆殺しにされた英軍の整備兵が、たった一機残った水上機グラマンJ2Fで孤独な復讐を挑むと言うお話。が、「夜の大捜査線」「タワーリング・インフェルノ」等の名ライター、S・シリファントが見事な脚本を書き上げ、また、当時「ブリット」「ホット・ロック」と次々にホームランをかっ飛ばしていたP・イエーツが監督しただけに、切れ味鋭い戦争映画の秀作に仕上がった。さえない整備兵の個人的な復讐と言う視点が実に味わい深いし、彼が苦労して修理したオンボロのグラマンが、南米の汚れた大河から初めて離水するシーンのド迫力は語り草となっている。茶と青を基調にしたD・スローカムの撮影も南米独特の風景を鮮やかに表現し(彼は後にインディ・ジョーンズ三作も担当)、P・オトゥールの静かな好演とともに長く記憶に残る作品である。必見。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
320 6.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2016-04-15 22:06:56
終戦になったのを無視して、仲間の復讐のため、オンボロの水上機やクレーン船を駆使してUボートに攻撃を仕掛けるマーフィ。それなりに面白いけど、最期、挟まれて沈んで行ってしまう辺りは、何とも言えないね。川の色など、映像的には泥くさくて、風景はイマイチだった。
投稿者:Ikeda投稿日:2012-04-29 10:54:51
一般の評価は低くはないようですが、私は好きになれない映画でした。まず、機械の知識があるとは言いながら、水上飛行機を修理し、経験もないのにそれを操縦するというのが子供だまし的で気にいりませんでした。それを強調するためなのか、オリノコ川の上空をフラフラ飛行しますが、これも長々しく撮影しているので多少退屈しました。
ストーリーとしてはかなり面白いのですが、ドイツ降伏のニュースが入っているのにも拘わらずピーター・オトゥールが潜水艦を攻撃するというのは、実際にそのような事はあるとは思いますが、国際ルール違反とも言える行動を映画で堂々と描写するのはどうかと思いました。
なお、ここで出てくるドイツのUボートはアメリカ海軍の潜水艦「タイルフィッシュ」の一部を、それらしく改造して使ったもののようです。
投稿者:三葉十四郎投稿日:2008-02-16 17:53:13
【ネタバレ注意】

KAFINさんの痛烈な「勇者たちの戦場」のコメントも含めた戦争映画への一家言が耳に痛い、痛がってばかりだ。
前に書き込まれてました"戦争映画の魔力に魅せられた擬似アメリカ人"の如く、僕も画面に映る戦争映画を娯楽に見る事を厭わない人間なんです。
それでも言い訳の一つもして置きたいところで、先般観た「ヴィーナス」のピーター・オトゥールから本作を思い出した。 痛快戦争アクションからでも、僕らの方へ寄せられるものが在る作品として何かあげられないかと考えてみたのだ。

本作は男優として世に出たからには誰しもこなしておきたい(と思うものらしい)戦争の英雄譚として始まります。
第二次大戦中、南米の河でUボートに撃沈された英国軍艦が先ず映り、隠密作戦中の潜水艦艦長は避難した水兵を皆殺しにするが、その修羅場からマーフィー(オトゥール)只一人が助かる。 彼はフランス人のルイに協力してもらい残った飛行艇で復讐を果たそうと決意する。
主人公が飛行艇の操縦を特訓するくだりは宮崎駿が作品の参考にしたのはつとに有名ですが、僕は本作はTVでの鑑賞なので一度スクリーンで見てみたいんですよ、このシーン。

このマーフィーと言う男は斜に構えた感じの人間で、助かっていた上官に不遜な態度取ったり、かと言って熱血漢でも無くて、ただの一兵卒でちょっとヒネている、思いっきり普通の男です。 と、そこで仲間の敵討ちと言う大義名分も出来て武器も揃って、英雄になれるチャンスを掴んだ。 だから見ている方も一緒に高揚してくるんですね。

いよいよ観る側の思いも乗せて飛行艇を発進、手製爆弾を見事Uボートに命中させ意気揚々と引き上げて来たマーフィー、"これでオレもヒーローだ、どんなもんだ"と得意になっていた、その矢先に艦長以下乗組員が現れて飛行艇ごと村を焼き払ってしまう。 嗚呼、利かなかったか特大火炎瓶。

さあ、面目丸潰れになったマーフィーがどうしたか、もうやけくそでクレーン船で特攻をかける。 丁度この時潜水艦内ではドイツ敗戦の報が入り、艦長が拡声器で戦う必要が無い事を呼びかけするがマーフィーは止まらない、制止を促すルイにこう言う"これは俺の戦争だ"、まさに「Murphys ,War」なのです。 英雄から滑り落ちた男がメンツを取り戻したいだけの無意味な私闘、確かに狂気じみてる。 けれど、こんなヤケの感情を僕らは誰でも持ち合わせているんじゃないか。

戦いの帰結は潜水艦と共に水中へ没してしまうマーフィーの最後で閉じますが、彼らを飲み込んだ大河はいつも通りの流れになって、フラミンゴが飛んで、これまでの話しを早くも"以前、ここでマーフィーと言う男が…"と言う昔話にしてしまった。 そんな静かな終わり方がまた好きなんです。

蛇足ながらキャストについて、
Uボート艦長のホルスト・ヤンソンはその後ハマー製ホラーの未公開作「吸血鬼ハンター キャプテン・クロノス」で再会するのですが、この早すぎたバンパイヤ・キラーは、あろうことか当時"にっかつ"で出したビデオパッケージに主役がブサイクだの吸血鬼を何度も殺そうとする所が笑えるなどと書かれていて正当な評価を受けてません。
女医のシアン・フィリップはこの作品が縁でオトゥールと結婚して、僕も感じ良い女優さんだな、と思いましたが、後年「砂の惑星」で頭と眉毛を剃った能面みたいな顔で現れた時は、変わり果てた姿に眩暈がしました。

投稿者:新・映画の都投稿日:2007-04-04 02:15:36
しかし、マーフィの戦いは終らなかった。ピーター・オトゥールの狂気を孕んだ執拗な復讐の姿が逞しくもあり、物悲しい。
咥えタバコ姿もカッコいいな。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-09 13:19:08
ノートリで見たかった…。ノートリ版のDVDも発売希望。
投稿者:Longisland投稿日:2004-11-10 01:42:32
【ネタバレ注意】

終戦間近い戦略的に何の意味も無いベネゼエラで、沈められた輸送船のしがない英国兵がUボートに復讐する・・・ストーリーは至極単純なんだが、P・オトォールの復讐に凝り固まった狂気の演技が素晴らしい。 かっこいい兵器皆無、オンボロ水上機と手作り爆弾、挙句は作業船で拾った魚雷で戦う。
確かに後味悪い感じもしないではないが、理屈では解釈できない男の意地を感じた。

投稿者:たけ@寅さん投稿日:1999-07-27 20:01:59
観る前に粗筋を知っていたので、「阿呆らしっ、どうせしょ〜もない映画やろうな、、」と思っていたのだが、観はじめてみると、これがやたらと面白い。なにせ、主人公がランボーばりのマッチョではなく、しがない整備工だったりする。汚れっぱなしの格好で、しこしこと復讐の準備をするピーター・オトゥール、、、なんだか格好良いのだか格好悪いのだかよくわからんっす。
作品としては粗い作りっすけど、娯楽性は抜群で全く退屈することはないっすよ。
ラストをのんきな曲でしめてしまうそのセンスも好きっす。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】マーフィの戦い2018/06/29\1,500amazon.co.jpへ
 【DVD】マーフィの戦い HDリマスター版2012/11/28\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】マーフィの戦い2000/02/25\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】マーフィの戦いレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION