allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マイ・ウェイ(1975)

MY WAY
THE WINNERS

メディア映画
上映時間107分
製作国南アフリカ/イギリス
公開情報劇場公開(COL)
初公開年月1975/12/20
ジャンルドラマ
全篇に流れるヒット・メロディが高らかに謳う愛と感動の詩!
愛して 涙も知ったけれど 私はいう いつも胸を張って 私の道を歩いてきたと……

【解説】
 オリンピックでマラソンの金メダリストだった男が、事業を興して大成功を収める。彼は自分の息子たちも、スポーツの選手として育てようとしていた。しかし、その強引な教育は、息子たちを反発させるだけだった。やがて、息子たちのいずれもが、スポーツを捨てたとき、男は自らマラソン大会に出場することを決意する……。初老の男のマラソン・レースを通して、父子の愛情を描いたドラマ。主題歌はもちろんあの“マイ・ウェイ”。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2011-07-08 20:17:13
あの有名な曲をモチーフにした作品。
父親が偉大なスポーツ選手だと、父を超えるような選手になる子供ってホント少ないよね。この父親が凄く家族想いというのは伝わってくるが、あまりに勝ちに拘られると重荷になるし、結局、努力しても素質がないと父の期待には応えられないだろうね。あと、夫婦仲がいまいちしっくりいっていないのは、夜の営みがなくなったのが一因のようだが、あそこでインポ告白とは…、何か意表をつかれた(笑)。
投稿者:乱気流投稿日:2007-12-28 23:28:38
【ネタバレ注意】

前々からこの作品の存在自体は知っていましたが、
今回「吹替版」にて初めてじっくり鑑賞しました。

 鑑賞後、「何ゆえこの主人公はこの年になってまで走るのか?」
自分なりに考えてみました。
 一番の理由は「三人の息子のうち、一人は事故死、一人は
下半身不随 という不遇に見舞われてしまったことを
あたかも自分の過度な躾に起因しているものと考え、
その責任に対する罪滅ぼしのためにも自分がボロボロに
になるまで走り続けるという厳しい試練をあえて自分に課した
からなのでしょう。」
もちろん他にも「男の意地」「親父&夫してのプライド」等
理由はあったと思いますが。

 一見ありふれたドラマのようにも思えますが、
鑑賞者に「 何事も最後まであきらめるな! 」という
ストレートな強いメッセージ性を直に感じました。
 何かの目標に向かって突き進んでいた頃の「ひたむき&地道な努力」
を思い出させてくれる「心を純粋化してくれる秀作」だと思いました。

もちろん名曲「マイ・ウェイ」が作品の完成度に大きな貢献を
しているのは当然ですが。

作品のラスト、主人公が肉体&精神ボロボロになりつつも
ゴールに突き進むシーンには、やはり(いい年こいて)涙しました。
また、機会があったら再見して自分自身を鼓舞したいと
思います。

投稿者:映子投稿日:2006-11-17 22:23:59
この映画、確かに見に行ったんですよ。でもなぜか内容を全くといって覚えていないのです。解説の通り、初老のおじさんがマラソンでボロボロになってゴールインするシーンをなんとなく見たような、それにしてもストーリーが全く思い出せない。この作品を見たとき「マイ・ウェイ」ってなんて素晴らしい曲なのだろうと思った事ははっきり覚えています。別の歌手が歌っていたので、その時はそれがオリジナルだと思い、実はシナトラの歌だった事をその後知りました。
ただ、その後、この曲をカラオケで歌うおやじが嫌われるようになり、私の中から急速に興味が薄れていきましたね。・・・・
投稿者:神戸のカズ投稿日:2004-12-18 21:33:21
今まで、私が見た映画の中では最高に良い作品です。特にラストは涙が止まりません。この名作が何でDVDになっていないのか不思議でなりません。もしDVDを持っている人がいたら買い方を教えてください。
【レンタル】
 【VIDEO】マイ・ウェイレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION