allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マイ・ガール(1991)

MY GIRL

メディア映画
上映時間102分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Col=COLTRI)
初公開年月1992/03/07
ジャンルドラマ/ロマンス/ファミリー
君の笑顔、僕が守ってあげる。
ブルーレイ2枚パック  マイ・ガール/グース [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,065
価格:¥ 2,033
USED価格:¥ 3,600
amazon.co.jpへ

【解説】
 '72年、ペンシルヴェニア州マディソン。ベーダ(クラムスキー)は、葬儀屋を営むやもめ暮しのハリー(エイクロイド)と少し老人性痴呆症気味の祖母と暮らす11才の女の子。遺体に死に化粧を施すために美容師のシェリー(リー・カーティス)が雇われ、ハリーとシェリーは次第に接近して行く。近所に住む幼なじみのトーマス(カルキン)と父の恋の邪魔をするベーダだったが効果は全く無し。やがて、ベーダとトーマスの間にも恋心が芽生えるのだが……。クラムスキーと(まだギャラの高くなかった)カルキンの初々しい演技が魅力。せつない幕切れが心に残る。'93年に続編が作られた。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
760 8.57
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ハッピーm投稿日:2010-04-08 20:48:57
【ネタバレ注意】

アンナ・クラムスキー演じるベーダの演技が自然で、多感な女の子そのものを演じていて感動するばかり。  切ない初恋ものかと思ったら、家族愛あり、死とは何かを学ぶ子供の気持ちを上手く表現していました。  心で感じるとは、大人になるとは・・ 詩のクラスに最後に来たベーダはいつものポニーテールにTシャツ、ズボンではない。  髪をおろしワンピースを着た大人に変わっていた

投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-25 05:12:39
せつなすぎる映画。何回見ても泣ける。
主題歌もいい。
投稿者:inres9投稿日:2009-01-24 13:50:51
数年ぶりに観た。わかってたけど、また泣かされた。いい映画だ。
投稿者:あっこ☆★☆投稿日:2006-12-08 14:28:23
クラムスキーの演技がイイ!!
思春期の女の子の雰囲気がすごく伝わってきました。
カルキン君の、垢抜けなく幼い表情もよかったぁ〜

パパ達もいたので
大人の恋愛と子どもの恋愛、
2つの恋愛を見ることができます☆

投稿者:あぃ☆投稿日:2006-12-05 20:10:46
【ネタバレ注意】

小さな女の子アンナ・クラムスキーと男の子マコーレ・カルキンの二人のやりとりがすごくかわいいでした。
いつも強がりな感じのクラムスキーがカルキンの死に最後は寂しさをこらえ切れず、カルキンとの思い出を思い返しているシーンは涙でそうでした。
いつまでも心に残る感動する作品!!

投稿者:みず投稿日:2006-12-05 14:42:57
マコーレ・カルキンの幼い頃の映画をホームアローン意外に見るのは初めてだったのでとても新鮮だったけど、ベータとJの二人の関係がとてもAt homeな感じでよかったです。Jが亡くなって最後に「もう木登りできないね」と言った時はリアルに泣きそうでした。
投稿者:かぁこ投稿日:2006-12-05 14:41:40
【ネタバレ注意】

トーマス・Jのお葬式のときにトーマスJに寄り添って「メガネがないと見れないじゃない」と言ったときがとても悲しかったです。
シェリーやお父さんのベータに対する愛情が感じられるいい映画でした。

投稿者:いそ投稿日:2006-12-05 14:40:21
【ネタバレ注意】

アンナ・クラムスキーとマコーレー・カルキンの2人の友達以上恋人未満の関係がとっても可愛かったです。小学生くらいの年代の甘酸っぱい恋の雰囲気が出てて、見ててなんかほのぼのしました。
 最後はちょっと切なくて、思わず涙してしまいそうでしたが・・・すごく心に残る良い映画でした。

投稿者:なぁちゃん★投稿日:2006-12-05 14:37:17
【ネタバレ注意】

アンナ・クラムスキー の演技力はすげー!!!!こんな少女があんなにもステキなキスシーンを演出するとは!!!感動です☆


思春期のおんなのこのキモチ
気づいたときには遅かったキモチ
切なくかなしいSTORY
心の奥に深く小さな傷を残しながら生きていくおんなのこ・・・

人の気持ちは常に変化しているんだろうなぁっと改めておもった。
純粋なキモチ?きれいな心を思い出させる映画デス☆

MY GIRL2も是非見てみたい!!

投稿者:macky-macky投稿日:2006-12-05 14:36:25
幼い少年少女の淡い恋心や、その年頃に抱く複雑な気持ちがうまく表れていて、胸がキュンとなってしまいました。
また話が進むにつれ、思わず涙が出てしまいました。
続編もあるようなので、ぜひ見たいと思います。
投稿者:ゆー投稿日:2006-12-05 14:32:50
【ネタバレ注意】

まさに思春期に入った主人公のベーダの成長物語だと思います。
なかなか自分に起きる様々なことを受け入れられずに悩み、反抗するベータを見ていると昔自分もこうだったなあ、と思い返しました。きっと誰でも共感できる所があるはずです。
それでも最終的には正直に、そして前向きに生きていこうというべータの姿に本当に感動しました。 2も見てみたいです

投稿者:william投稿日:2005-05-23 03:59:37
ストーリー自体はアメリカの片田舎を舞台にした、ありふれた小さな恋物語なのだろうけど、随所随所の表現がすごく心に残る作品だと感じた。こういう作品は多くの人に末永く愛されていて欲しいです。
でも「2」が存在しているのは、「ある愛の詩」の続編「続・ある愛の詩」みたいでちょっと野暮ったい。何もトーマス(カルキン)の死を台無しにしてまで続編を作らなくてもねぇ・・・。
投稿者:jedi knight投稿日:2005-05-20 21:04:06
【ネタバレ注意】

 トーマスが握り締めていたトゥルーリング、色がブルーグリーンになっていましたね。彼の心を映しているようで、涙腺が緩んでしまいました。
 その後、ベーダが詩の朗読をするシーンでは元に戻ったようにも見えましたが、きっとダークブルーになっているのでしょう。トーマスの優しさのお陰で、ベーダは心の傷を癒せたのだと思います。

 吹き替えで観たのですが、「ビンゴ!」の低い声と、つられて起こる騒動に笑ってしまいました。

投稿者:ふじこ投稿日:2004-08-02 15:27:00
あぁ悲しかった、泣いた。どうしても子供ものにはとても弱い。アンナ・クラムスキーちゃんの演技が上手すぎて涙が溢れて仕方なかった。彼女は今はいくつくらいなのかな?(23くらい?)女優さんやってないんでしょうか?マイガール2ってのもあるんですね。う〜ん、、きっと観ないと思うな。でもこれは心に沁み込んだ。
投稿者:民生1973投稿日:2004-07-11 01:18:20
31歳になった今観て、この作品で感動できるかどうかは分からない。(って言うか、分からなくていいけど…)
僕の心の中では「傑作」として刻み込まれています。
投稿者:nori投稿日:2004-05-07 10:23:48

「もう木に登れないのね」

 ここで 「ダーーー」 と号泣です。。 いい映画です。
投稿者:ポクスンア投稿日:2003-04-20 20:59:18
思春期物の定番モチーフが奇麗に繋がれた作品。
忘れられないのは初潮をむかえたベーダと対比されるトーマスJrの
お子ちゃま顔。・・・可愛いです。
投稿者:ASH投稿日:2002-09-07 20:31:18
【ネタバレ注意】

 初恋モノの映画としてはよくできているね。主演のアンナ・クラムスキーの好演が光る。色々と辛い経験をして、少女はやがて大人へと成長していくわけです。

 さすがに「ホーム・アローン」で鍛えられただけに、マック・カルキンも上手い。マックって、大人をやり込めるコマッシャクレた男の子よりも、こういうちょっと朴訥とした感じの方が似合う思うんだよね。

 テンプスの歌声が、耳に染み入る。「♪まえがぁ〜、とーきんば、まぁ〜えが〜、まえがッ♪」てなもんだな。

投稿者:JH投稿日:2002-08-31 01:50:38
【ネタバレ注意】

最高でした。泣きました。
喉の針が取れたって、最後の詩の朗読、
医者に「針に刺されて胸が痛い」と泣きながら訴える主人公。
胸が痛く熱くなり、初恋の純粋さが伝わってくる。

投稿者:映子投稿日:2002-05-18 14:32:17
アナ・クラムスキーのおしゃまで多感な演技と、マコーレー・カルキンの「ホーム・アローン」とはぜんぜん違う内気な少年の自然な演技がとってもいい。
泣かせるための脚本とわかっていても泣ける。ティッシュがぐしょぐしょになった。教会の神父さんの挨拶を聞いて涙。そしてその後のベーダのせりふに涙、涙。
投稿者:月とスッポン投稿日:2001-10-02 23:42:40
これ見て泣いたの覚えています。すごい好きな作品のうちのひとつです!!
投稿者:ひびき投稿日:2001-08-07 11:54:39
初めて口紅を塗ったベーダが色気を振りまく?おしゃまな姿が可愛い。
トーマス・jrとの微妙な関係や先生への淡いあこがれ、父親の恋愛にと全てに一生懸命なベーダには心動かされた。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ キス・シーン賞アンナ・クラムスキー 
  マコーレー・カルキン 
 □ ブレイクスルー演技賞アンナ・クラムスキー 
 □ コンビ賞アンナ・クラムスキー 
  マコーレー・カルキン 
【レンタル】
 【DVD】マイ・ガールレンタル有り
 【VIDEO】マイ・ガールレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION