allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マイ・プライベート・アイダホ(1991)

MY OWN PRIVATE IDAHO

マイ・プライベート・アイダホ/天使が夢みたセックス(ビデオ)

メディア映画
上映時間105分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1991/07/20
ジャンル青春
映倫PG12
天使たちは愛を売って幸せを探がす。
マイ・プライベート・アイダホ [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,229
価格:¥ 3,229
amazon.co.jpへ

 Photos
マイ・プライベート・アイダホ

【解説】
 鬼才ガス・ヴァン・サントの長編映画第2作。ストリート・キッズのマイクは、ポートランドの街角に立ち、体を売って日々を暮らしていた。彼には、緊張すると眠ってしまうという奇病がある。そんなマイクの親友は、ポートランド市長の息子でありながら、家を飛び出し、やはり男娼をして生きているスコット。ある日マイクは自分を捨てた母を捜す決意をし、スコットと共に、兄リチャードが暮らす故郷アイダホへと向かう。手掛かりを追ってスネーク・リバーそしてイタリアまで旅する2人。しかし2人はイタリアで、お互いの進む道の決定的な違いを知らされる……。ホモセクシャル、近親相姦という要素をバックグラウンドにし、一風変わったロード・ムービーとも言える様相を呈した本作は、“家庭”とアイデンティティを求めて旅する姿がテーマなのだ。監督のガス・ヴァン・サントは、眠りに落ちたマイクの夢に常に母親のいる優しい家の情景を登場させ、この“家への回帰”というテーマをファンタジックにかつ詩的に描いている。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1276 6.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-10-05 00:49:42
リバーとキアヌは眼福だけど、なんか退屈な話だったなー。
投稿者:4531731投稿日:2013-07-06 22:33:56
挑戦的な作風は若者ウケしそうだが、所詮ファッションに過ぎない。
監督のストーリーテリングの腕には確かなものがあるが、逆にイヤミ。
人間が描かれていない。
投稿者:TNO投稿日:2011-12-05 00:04:12
重い病気持ちで定職もなくまともな家もない状況は変わらず、産まれた地を目指して川を遡るサケ(?)のように戻る場所はない。睡眠発作で倒れれば一時的に手を貸してくれる人は現れても、根本解決にはならない。優しい母親への思いはよくわかるが、アイダホで思い出に耽っているような年でもあるまいに。こういう救いようのない結末の映画は、性に合いません。早死にしたりヴァー・フェニックスの演技が痛ましい。
投稿者:ピンクガンスモーキン投稿日:2008-07-04 13:29:32
無軌道で、無能力な若者を描く、未来の展望を欠いた、陰鬱で感傷過多の面白くない作品。
ハンサムな青年たちの姿だけは見る価値がある。
確かにゲイのカッコ良さは出ている。
しかし、ストーリー的には惹きこむものがない。

中年太りのゴロツキが、ごちゃごちゃ訳の分からないことを言う中盤で、飽き飽きしてしまい、一旦観るのを止めた。
サスペンスが全然無いのでシンドイ。
が、そこから、母を尋ねて地の果てまでも、というノリになってくれたので、多少興味を取り戻す。

だが、最初から最後まで主人公の病気(「ナルコレプシー」)を都合良くダシに使っている、という印象が拭えず、ダルい映画だとは思う。
べつに病気など持ち出さずに、普通の貧困少年の映画にしてほしかった。病気のせいで焦点がボヤけたな、と思う。
投稿者:おるず投稿日:2007-08-12 19:20:32
映画自体の造りが懲りすぎてて(というかいじりすぎて?)、イマイチ伝わるものに欠けましたが、そんな中でもリヴァーの演技はピカイチでした。親友に告白するシーンは観てるこちらまで胸が苦しくなるほど。作品としてはそれほど・・・って感じでしたが、告白のシーンだけは強烈な印象を残しました。
投稿者:投稿日:2007-06-01 18:58:54
確かにストーリーは分かりづらいですよね。叙情性ととぼけたユーモアが同居していて好きでした。中盤の怪優ウド・キアーのシーンも面白いし。
投稿者:だやん投稿日:2006-11-16 10:08:53
寒い冬の夜、なんか惹きつけられて観賞。
リバーもキアヌもとてもかっこいい。(断:俺は同姓愛ではない)
投稿者:リマ投稿日:2005-09-06 20:32:30
リバーの映画では一番好きです。
あと、ガス・ヴァン・サント監督の作品でも一番好き。
メランコリックなリバーの表情と、ファッション。とてもクールな俳優さんでした。この映画は、ドラッグや売春などのダークなテーマを扱っているのに、どこか綺麗で、切ない。こういう世界を汚いなんて、どうして言えるだろうか・・・
投稿者:spink投稿日:2005-08-21 16:12:19
ナルコレプシーなる病気をこの映画で初めて知りました。
投稿者:william投稿日:2005-05-03 15:48:05
ゲイ。ドラッグ。近親相姦。廃墟。そして荒涼としたアイダホの風景。まるでアメリカン・ニューシネマを彷彿とさせる退廃的な世界観に、言いしれぬ悲壮感と空虚感を感じた。そしてラストシーンのマイク(リバー・フェニックス)の寝顔が途方もなく切ない。
それまでアイドル的な存在感の強かったリバーとキアヌの印象を変えた、ガス・ヴァン・サント最高傑作。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-09 15:29:14
まあまあ。
投稿者:黒美君彦投稿日:2005-03-31 19:45:09
ここで何をしているのか。自分はどこから来て、どこへ行こうとしているのか。自分は何者なのか。
繰り返し自問しながら、敢えて傷つく路を選ぶ若者の姿が痛々しいまでに眩しい。
ガス・ヴァン・サントの演出は時に演劇的でありながら、映画的センスに溢れている。キアヌ・リーブス、そして夭逝したリヴァー・フェニックスがそれぞれ好演。
結局帰る場所は届かない家族への思いとセピア色の記憶。彼らは自傷行為のように街角に立つ。
脇役がそれぞれ物語と無縁のような存在感を持っているのがいい。個人的にはドイツ出身の男色家に不思議な(ヘンな意味ではない)魅力を感じた。
投稿者:さち投稿日:2005-01-26 00:17:34
良かった
投稿者:PECO投稿日:2004-11-14 22:43:35
マイクがあまりにも切ない。心が痛くなる映画でした。誰かに愛されたいって誰でも思うこと。そしてリヴァーくんはとてもよかった。すごく雰囲気のある人。存在感のある人。あーもったいない・・・。
投稿者:yamada投稿日:2004-10-20 17:43:20
最後のほうで、おっさんと抱き合ってるマイクの表情が切なかった。必死に温もりにしがみついてる感じで・・。マイクの孤独な心が癒される日が来るといいなぁ。

凛々しい顔立ちの中にも繊細さや幼さ、弱さを持ったリバー・フェニックスは本当に魅力的な俳優だったと思う。
ボブ役のウィリアム・リチャートも存在感たっぷりで良かった。
投稿者:hanoka投稿日:2004-04-29 19:39:31
映像がほんっとに素晴らしかったです。
主人公がゲイの映画ってどうも苦手なんだけど、これは良かったです。
リヴァーとキアヌの恋愛自体よりも、
どう抜け出せばいいのか、どう進めばいいのか、自分で自分がわからなくなるっていう、
このくらいの歳になると誰もが1度は感じるような気持ちに共感していた気がします。
リヴァー・フェニックスは、本当に成長した姿を見てみたいと思わせる役者さんですね。

投稿者:m-waters投稿日:2004-03-26 03:49:08
ナルコレプシ−の為、路上に何度も横たわるリヴァ−・・・
彼の最後と重なり何度観ても悲しくなってしまいます。

年齢を重ねた彼の演技を観たかった・・・ 本当に残念! 
投稿者:Carol Sakeski投稿日:2003-11-13 17:33:09
データベースさん、ポーランドじゃなくて
ポートランドが正解じゃないでしょうか?
ヨーロッパはイタリアしか出てこないですよ。
それはともかく、私の永遠のアイドル、
リヴァーの巧さがひしひしと伝わる映画です。
映画自体はシュールだけど、メッセージは
シンプル。ただ、リヴァーの上に行けないのよ、
キアヌは。この映画のせいよね(^^;;;
今は弟御のホアキンのことが大好きだけど、
この映画と“誘う女”で、フェニックス兄弟を
起用したガス・ヴァン・サントは、そこに
何を見たのか知りたいな。
それにしても似てない兄弟だわ。あごと眉毛の
下の影ぐらいしか似てないもんなぁ。
ラストの寝姿のリヴァーにはグッと来ます。http://www010.upp.so-net.ne.jp/Carol_s/
投稿者:sumred投稿日:2003-07-19 02:38:59
【ネタバレ注意】

見る度に、マイクの告白シーンは切ないなぁ〜と思ってしまいます。
お金無しでも愛する事の出来る天使が見た夢…。
望めば、地位も妻もお金も手に入れられるスコットと、何も持つ事ができないマイク。何かを手に入れても、失っても、アイダホの長い一本道がマイクの戻る場所。
今日も捨てる神あれば拾う神あり…“大丈夫悲しまなくても、きっと上手くいく”

個人的にはスコットのキャラクターが好きです。前半の楽しそうなはじけっぷりが特に。欲を言えば変身後(?)に、もう少しヒヤリとした色気が欲しかった。
嫌な奴かもしれないけれど、全て彼の計画であり、道なのだと解釈しました。
カルメラに恋をしたって言うのは本心なのか?疑問。
あと、静止画はイヤラシかったと思います。

投稿者:ゆき投稿日:2001-11-11 01:03:43
 映画公開当時、見に行きました。1回目見ている途中から「?」が一杯でした。リバーもキアヌも当時は好きだったので、これでもかって位に集中して見てましたが、いまいち理解できなかったです。悔しいのでビデオになったときはもう一度見ました。が、やっぱり理解できず、3回目には「理解できなくってもこの綺麗な二人の顔を見ているだけで幸せなのよ」と思いました。なーんもない道路にリバーが佇んでいるだけで絵になりました。ただし、もみあげは最後まで気に入らなかったけど・・・
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-10-12 20:12:23
フランス映画ばりに暗い感じがした。
マイナス思考で落ちるだけ落ちる感じでみてられない。
スコットは金の力で抜けたはいいけど、所詮心は変わっ
てないやんけ。嫌い。
投稿者:ぶひっ。投稿日:2001-07-20 00:22:52
頭の悪い私には最後まで何が何だかわかんない映画。
でもリバー・フェニックスの才能だけは痛いぐらいに感じた。
ホントになんで死んじゃったんだろう。
考えて切なくなった。
【レンタル】
 【DVD】マイ・プライベート・アイダホレンタル有り
 【VIDEO】マイ・プライベート・アイダホ/天使が夢みたセックスレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION