allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マイ・ライバル(1982)

PERSONAL BEST

メディア映画
上映時間122分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1982/06/
ジャンルスポーツ/ドラマ

 Photos
マイ・ライバル

【解説】
 「チャイナタウン」などの脚本で知られるR・タウンが製作に監督も兼ねた力作。モスクワ五輪の代表権をかけて鎬を削る二人の女子選手が、友情を超え愛し合う姿を描く。ハリウッドが初めて公然とレズビアン・セックスを扱った作品で、競技シーンのスリルを含めて、見応えのあるまっとうな映画になっている。M・チャップマンの撮影がシャープだ。
<allcinema>
評価
【関連作品】
チャイナタウン(1974)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2017-05-27 10:06:21
クリス(M・ヘミングウェイ)とトリー(P・ドネリー)の心情描写はそれなりにされていたと思うが、それほど感動的ではなかった。この二人のレズシーンやサウナでのヌードシーンが印象に残るが、二人とも貧乳の上、顔がなんとなく男っぽい印象を個人的には受けたので、あまりエロさは感じなかった。
投稿者:きのこきのこ投稿日:2004-09-29 00:42:36
競技シーンでは、スローモーションを多用することによって
段々と高まっていく高揚感、焦躁感、躍動感、息遣いを
より強く感じることが出来た。こういう見せ方もまたひとつですね。
でも、全体的に今ひとつ中途半端な出来かなと。

この映画は、レズシーンのお陰?か、ごくごく一部で妙なカルト人気があったりするみたいで
まぁ、女性ばかりの映画にしてはモザイクのオンパレードです。
S・グレンの、ジェリー・ロペスのようなキノコ頭がイタダけなかった・・・似合わん。
M・ヘミングウェイって、最初は、「凄いエラの張ったゲジ眉の男顔だなぁ」と思いながら見てるのに
見れば見るほどクセになるような、目を離せなくなる可愛らしさがある不思議な女優ですね。
・・・何て言えばいいかな・・・出演作1本を見終わる頃(約2時間後)には、とても好きになってしまい
その他の出演作も見たくなってしまう不思議な魅力を持っている女優、と言えるでしょうか。
投稿者:ASH投稿日:2003-04-29 17:50:51
まっとうなスポーツ映画かと思ったら、サラリと同性愛を描いているという設定がなかなかイイ。M・ヘミングウェイの『スター80』と並ぶ数少ない代表作。
投稿者:dadada投稿日:2002-02-03 09:39:19
女性陸上選手の赤裸々な日常を描いた映画とでも言いましょうか...当時は、それなりに興味津々で観ました。
スローモーションを多用した競技シーンは美しく官能的です。
【レンタル】
 【VIDEO】マイ・ライバルレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION