allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マウス・オブ・マッドネス(1994)

IN THE MOUTH OF MADNESS
JOHN CARPENTER'S IN THE MOUTH OF MADNESS

メディア映画
上映時間96分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(松竹富士)
初公開年月1995/05/13
ジャンルホラー
マウス・オブ・マッドネス [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 952
USED価格:¥ 1,180
amazon.co.jpへ

【解説】
 人気ホラー作家の行方を追う内に、有史以来存在する邪悪なものと自身の運命を知ってしまった保険調査員の恐怖を描いたサイコ・ホラー。直接的な関係は無いものの、明らかにH・P・ラヴクラフトの“クトゥルー神話”を下敷きにしており、同趣向の作品群の中では秀でたものになっている。悪夢や既視感の描写を多用し、無限ループとも思えるような構成を目指した脚本・演出共にユニークで、いたるところに設置された伏線やギミックなど語るべき部分も多い作品。トータルの完成度に疑問が残るものの、一部に熱狂的なファンも生んでいる。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
435 8.75
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2015-12-31 16:51:35
監督をはじめスタッフの恐怖映画への愛を感じます。
サム・ニールがとてもいい。
チャールトン・ヘストンやデヴィッド・ワーナーの
出演も懐かしくてうれしいです。
カーペンター監督は才能の一部をひっかいただけで、
まだまだ描ききっていないように感じられ
もう一度輝きを取り戻したこの監督の作品を
みたいと思いました。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-30 11:14:25
サム・ニールが良いです。
投稿者:マジャール投稿日:2015-03-15 12:30:06
アッパレ、S・ニールの顔芸に拍手!!!不気味で怪しくて、ホント笑える。

老ヘストンも好演。

レンタルDVDにて鑑賞。面白かったです。
投稿者:ASH投稿日:2014-01-25 09:05:02
【ネタバレ注意】

 触手みたいんがピュルピュル蠢くとこなんざ、「物体X」。

投稿者:MAKO投稿日:2012-12-09 22:57:24
【ネタバレ注意】

むかーし見て、あまり感心しなかったが、カーペンターブームが自分の中で
盛り上がったので、再び鑑賞。約9年ぶりくらい?
んで驚いた。すごく面白かった。なぜか昔見たときは、怪物が迫ってくる
所で記憶が途切れていた。ラストは今見るとすごい。
オチは言えないけれどすごい。映画の構造とは何かと考えさせられる。

全体的にじわじわくる恐怖と、物体Xバリの怪物のちょっとユーモラスな感じ
が調和して、奇妙な空間を醸成している。静かな夜に、部屋の電気を消して
鑑賞する映画ですね。

投稿者:にゃんにゃん投稿日:2010-08-26 00:06:56
だんだんと頭がおかしくなる主人公。
もはや現実と作り話の区別が出来なくなり、彼の周りには
変なクリーチャーや次元を超えた奇妙な出来事が起こり始める。
クローネンバーグの「ビデオドローム」なんかのテイストにも似てる感じがしたが、
こちらはさらに演出や特殊効果に技巧を凝らし、思っていた以上に楽しめるものになっていた。

前半は特に素晴らしいと思う。
だんだんと周りに異変が起こる辺りや、主人公がだんだんとおかしくなっていくあたりがうまく描かれている。
村に向かうまでの奇妙な道のりや、ホテルでの奇怪な出来事の数々は
大げさな特殊効果など使わずとも、とっても薄気味悪いものになっている。
なんだかんだいって才能ある監督なんじゃないかと見直した(失礼)。

ところが後半になるといつもの癖なのかちょいとやりすぎかな、と思う場面も。
演出も次第に過剰になり、薄気味悪さはどこかへ消えていった。

ラストが衝撃的で、ここで終わるんだ、と違う意味でびっくりした。
まあでも、満足したよ私は。
投稿者:FFF投稿日:2008-08-19 14:48:30
カーペンターがクリーチャーにCG使ったら興醒めや。オープニングのギャグから中途半端な終わり方も含めて傑作。
投稿者:bond投稿日:2007-05-19 13:11:49
やっぱHPLへのオマージュだろうな。内容は好きだけど、クリーチャーがB級なんだな。CGでリメイクしたらどうだ。
投稿者:フェニックス投稿日:2007-01-28 22:00:46
「想像力が豊か過ぎた」作家の悪夢の世界に紛れ込んだ保険外交員の話だけど、ビジネスライクに徹する役でサム・ニールはピッタリ。映像的にはどぎついというよりも、本当に夢の中にいるような異様な世界が展開しているのは面白いと思った。
投稿者:call_me_snake投稿日:2006-03-31 06:16:49
ラヴクラフト的であろうと無かろうと、そんな事はどうでも良くて、
実はカーペンター作品の中でも5本の指に入る映画だって事ですよ。

OPの曲がエンター・サンドマンに似てるって指摘もありましたが、
そりゃ勘違い。
あんなコード進行、どこにでも転がってる普通の進行。
逆にメタリカが、そういう進行の曲を作ったって事。
カーペンターをバカにすんなー。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-09 14:10:43
良かった。
投稿者:eiji_in_uk投稿日:2004-06-15 01:47:11
辻褄の合わない訳の判らない悪夢的な世界がすべてラブクラフトと言われてもねえ。
投稿者:ご飯投稿日:2004-02-12 11:49:48
「2001年宇宙の旅」がSF映画の金字塔になったように、本作でホラー映画の金字塔を目指すと、カーペンター監督は意気込んでいたらしいのだが・・・。雰囲気だけで恐怖感を盛り上げようとしている演出は良いのだが、芸術的な域まで高めようとしていてもいつものカーペンターらしくゆるい演出でひきつけられる場面無し。「シャイニング」で思いっきり臭い演技のジャック・ニコルスンほどのあくどさはないサム・ニールが次第に狂気の世界に入っていくのはとても健闘しているといえる。でも、あくどくないだけに軽い印象だ。
投稿者:hat投稿日:2003-12-25 15:31:58
ホラー映画の佳作です。狂気におちいるサム・ニールの演技も冴え(ちょっとイベントホライゾンにも通じます)、なかなか良質、つまり嫌な雰囲気の映画でした。グロテスクなわけでなく、悪夢的世界を感じさせる話なので、スプラッタ嫌いにもお勧めしたいです。あの「スターウォーズ エピソード2」の主役アナキンを演じたハイデン・クリスチャンセンのデビュー作でもあります。(探してもわかんないかな?)個人的には大好きです。
投稿者:リザード夫婦投稿日:2003-11-04 19:58:13
ラヴクラフトの映画で「ダゴン」観てないな。インスマウスの影らしい。
ただ、雰囲気は出てたんでは?「フロムビヨンド」他作品に比べて。
投稿者:メロトロン星人投稿日:2003-07-21 13:08:03
ラヴクラフトの原作ではないけれども、それっぽいお話ということですが、ま、確かにね。けど、自分が思ったにはラヴクラフトと同じくらいにスティーヴン・キングも入ってますよ、これ。純粋にラヴクラフトにはしたくなかったんでしょうね、きっと。まー、キングも「クラウチ・エンドの怪」とか「霧」とかクトゥルー神話物も書いてますからね。けども、どーかなぁラヴクラフト歴20年以上の自分には色々と疑問も残った映画でした、ハイ・・・。それからー、本作のメインタイトル曲ってメタリカの「エンター・サンドマン」を臆面もなくパクッてますね。パクッてるなんて物じゃなくて瓜二つです。へたすりゃ訴えられるかもよ・・・。
投稿者:トレマー図投稿日:2003-04-24 01:59:52
もっと作りこめば、より面白くなりそう。
投稿者:桃太郎投稿日:2002-10-25 22:11:00
 現実の世界と空想の世界の区別がつかなくなっていくサムニールの演技が見もの。暗闇に浮かぶセンターライン、すれ違う自転車の老人と少年、コミック的な怪物B級の匂いが漂ってくるカーペンターらしい作品。いいですね!!
投稿者:mao投稿日:2000-06-04 02:05:40
ラブクラフトが好きな私は
この作品を見て、すぐその世界だと分かった程
ラブクラフト的作品。
今までにも映画化した物はあったが、
これほどイメージを映像化した作品は初めてだと思う。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】マウス・オブ・マッドネス2013/11/06\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】マウス・オブ・マッドネス <dts版>2001/05/21\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】マウス・オブ・マッドネス <dts版>レンタル有り
 【VIDEO】マウス・オブ・マッドネスレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION