allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マダムと泥棒(1955)

THE LADYKILLERS

メディア映画
上映時間97分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(東和)
初公開年月1957/12/24
ジャンルコメディ/犯罪
マダムと泥棒 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 3,200
USED価格:¥ 1,953
amazon.co.jpへ

【解説】
 老婦人が営む下宿に五人の男たちが部屋を借りる。彼らは楽団員でここで練習をさせてほしいというが、実は現金輸送車を狙う強盗団だった。お節介な老婦人に邪魔されながらも彼らは計画を練り、ついに実行に移すが……。
 英国の芸達者を集めて作ったコメディで、個性的などという言葉が軽すぎるくらいの曲者俳優がぶつかり合う傑作。主要人物がすべてボケとツッコミを兼ね備えたような人物ばかりで、昔の作品だからのんびりとした笑いに満ち溢れた映画かと思って油断していると強烈な一撃を食らうことになる。P・セラーズとH・ロムの顔合わせはその後「ピンク・パンサー」シリーズへと引き継がれてゆくのだが、この作品がなかったらあの傑作シリーズも生まれていなかったに違いない。
<allcinema>
評価
【関連作品】
レディ・キラーズ(2004)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
428 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-10-29 09:20:13
О・ヘンリーみたいなオチが心地いい快作。
投稿者:bond投稿日:2015-11-10 21:57:26
トムハンクス版もほぼ同じ。ピーセラ ムッチリしてたのね。
投稿者:gapper投稿日:2014-01-02 16:06:15
 コメディのグループ・ケイパームービーの元祖?

 「黄金の七人(1965)」は、「トプカピ(1964)」を参考にして作られていると思っていた。
 そして「トプカピ(1964)」は、「オーシャンと十一人の仲間(1960)」をと考えていた。
 しかし、この作品のリーダーが”教授”と呼ばれていることを考えるとこの系列の大元は、この作品と言っていいのかもしれない。

 この作品の特徴は、盗みが中盤に入るころ既に成功している所にある。
 セオリー通り結局は、”犯罪は割に合わない”なのだがそこのドラマが見どころなのだ。
 イギリスらしいブラックなところがあり楽しめる。

 格安だったので Blu-ray で見たが、独特の中間色が強調された絵作りで最初意外な感じだった。
 しかしみているとなかなか味のある色味で好ましく感じに変わった。
 思い出すと「黒水仙(1946)」などもこういった色調であったと思う。
 クラシック・イギリス映画の特徴と言えるのかもしれない。
 特典映像を見ていると傷やシミと言った問題を修正しているが、上で指摘した色味については元フィルムを忠実に再現しているようだ。

 特典映像では、イーリング・スタジオとその作品群のイーリング・コメディについての話があり興味深かった。
投稿者:uptail投稿日:2012-04-17 10:21:43
演出:8
演技:7
脚本:8
音響:7
投稿者:新・映画の都投稿日:2008-08-16 17:52:13
緻密なホンとインパクト充分で上手な出演者達のイーリングコメディの傑作。
汽車の煙を巧みに使ったシーンや、ルイ(ハーバート・ロム)が言った言葉が教授(アレック・ギネス)を怒らせ、不味い事になりそうな時にウィルパフォース夫人(ケイティ・ジョンソン)がお茶を持って部屋に入ってくるシーンなど、マッケンドリック監督の演出も冴えまくっております。
投稿者:投稿日:2005-01-22 12:59:14
たくさんの伏線がよく生かされてますね。
オウムの声がピーター・セラーズだったとは知りませんでした。
そのオウム、教授が訪ねてくる冒頭で「SОS」と鳴いてます。
モールス信号で。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2002-03-31 09:42:02
 巧い映画だ。ピーター・セラーズとハーバート・ロムが真面目なので面白くないが、アレック・ギネスは矢っ張り素晴らしい。http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:tea-cup投稿日:2001-01-03 17:32:40
半世紀近く前の作品。でも、とても新鮮です。
英国の香りと汽車のにおいが、伝わってきます。当然ながら、出演者みんなが若いのも新鮮です。A・ギネス、P・セラーズなどの若き姿を見る事ができるだけでもすごい。マダム役のケティ・ジョンソンのかわいらしいお婆ちゃんが素敵です。
ブラック・ユーモアたっぷり!(米国では成立しない映画・・・)
マダムは何も知らない・・・そして、泥棒は誰もいなくなった・・・。
現在、ソフトが何も出ていないのが信じられない傑作。
化石となってしまったVHDで出ていて、10年以上前にVHSで出たきりの作品。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 脚本賞ウィリアム・ローズ 
□ 作品賞(総合) 
 □ 作品賞(国内) 
 ■ 女優賞(国内)ケティ・ジョンソン 
 ■ 脚本賞ウィリアム・ローズ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】マダムと泥棒2012/04/13\1,886amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】マダムと泥棒2011/06/08\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】マダムと泥棒2016/11/18\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】マダムと泥棒2004/11/05\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】マダムと泥棒レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION