allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マッケンナの黄金(1969)

MACKENNA'S GOLD

メディア映画
上映時間132分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COL)
初公開年月1969/04/05
リバイバル→COL-75.3
ジャンル西部劇/アドベンチャー
轟音と共に断崖がまっぷたつ!大スクリーンを打ち破り 黄金の謎を追った男たちが見せる空前の超スペクタクル巨篇!(リバイバル時)
マッケンナの黄金 [DVD]
参考価格:¥ 1,512
価格:¥ 991
USED価格:¥ 542
amazon.co.jpへ

【解説】
 アパッチ族が隠した大量の黄金をめぐって、さまざまな男たちが争い合う冒険アクション。老アパッチが隠し持っていた、黄金のありかを示す地図。それを目にした保安官が、無法者に捕らえられて案内をさせられる。だが同時に、その黄金を求めて男たちが群がってくる……。雰囲気豊かな主題歌にのせてはじまる大秘境冒険西部劇大作。クライマックスの一大スペクタクルは度肝抜くこと間違いなし!
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
541 8.20
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Bava44投稿日:2010-07-04 06:20:32
ご都合主義的な大作アドベンチャーなんだけど、なかなか面白かった。後半になってようやく登場するテリー・サヴァラスが一番魅力的で、もっと活躍してもらいたかった。

副次的なテーマとして、金に魅了され理性を失う人間が描かれており、それが受けたのか、当時、共産圏でも公開されて人気を博した。個人的にはそれをもっと掘り下げて、疑心暗鬼や裏切りのサスペンスを構築すれば良かったと思うが、60年代では無理か。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-03-18 23:11:26
伝説化したアパッチ族の秘密の黄金を中心に拮抗する男達の西部劇風アドベンチャーアクションです。

黄金のある場所を記した地図、それを追っていたグループと偶然地図を手にした保安官、そこに絡む軍隊と関わるキャラクターが広がっていく脚本は良かったですね。
ただ・・・秘密の場所へと導く保安官が何度か逃げ出そうとする展開や保安官に夢中の女の嫌がらせなどは同じ事の繰り返しのようでゲンナリしました。
このあたりはもっとスマートに処理していただきたかったです。
伝説の黄金に目がくらみ集まり出す男たちにもう少しスポットを当てても良かったでしょうね。
町の権力者から学者と助手風のペアまで個性的な集まりだったので彼らの背景や思惑などを描きこむと面白みが増したと思います。

終盤の黄金の光景など壮大な見せ場はあるものの、そこまでの流れにコレといった盛り上がりがないのが惜しいトコロ。
ストーリー的な盛り上がりがないのであれば、アクションなどで見せる工夫があると気分良く鑑賞できたでしょうね。

規模の大きさを感じられるロケーションは素晴らしかったですし、グレゴリー・ペックとオマー・シャリフの共演も見応えがありました。
特にオマー・シャリフの悪人っぷりはステキでしたよ♪
投稿者:bond投稿日:2010-03-15 10:14:48
トレジャーウェスタンとしての傑作もの。ラストシーンはセット?本物?
投稿者:uptail投稿日:2010-03-10 23:19:21
エドワード・G・ロビンソン
投稿者:ハッピーm投稿日:2008-11-29 23:53:24
【ネタバレ注意】

保安官として誇りと正義感を持つマッケンナと、荒くれ者のコロラドの冒険はまさに男の夢とロマンといった感じ。  黄金を求め次々と野心家が集まっては裏切りと原住民のアパッチ族にやられて消えていく、、、
最後に黄金までたどり着けたのはほんの数人だが、さらにアパッチ族の呪いも待ち構えていた、、、昔の冒険映画の礎というか、きっとこういう作品を見て多くの人が心を躍らせて夢を見たんだろうなって言う事が分かる感じだった。 悪党の名を馳せるコロラドの億万長者になった後の夢がパリでの生活・・・って面白い。 この作品で特筆すべきはやっぱり後半の落盤を初めとする特撮だろう。  序盤の橋が揺れるシーンは子供騙しに過ぎないが、他は迫力もあり見ごたえがある。  保安官役のグレゴリーがカッコイイ!
常にクールで最後まで頼れる存在。ローマの休日でも思ったけど、惚れ惚れするカッコよさ!

投稿者:nabeka投稿日:2006-08-28 16:49:37
冒険活劇映画の基本になった映画ですよ、これは。スピルバーグも、ルーカスもこの映画を見なかったらインディージョーンズも、スターウォーズも何にも無かったかもしれませんね。私は公開当時シネラマの大画面で見たんですが、素晴らしかった。当時こんなすごい映画は無かったんですよ。ホセ・フェリシアーノの唄が、いや、うなりが大画面のハゲタカの目から見た景色に不気味に聞こえるほど印象的で、それ以来ホセの大ファンにもなってしまいました。クインシー・ジョーンズが音楽を担当したせいか、音楽も、ほんとに素晴らしいですよ。
投稿者:まっどぼんば投稿日:2006-06-27 00:43:12
グランド・キャニオンの景観も最後の大崩壊も素晴らしい。
話的にはそれほど面白いわけでもないが、西部劇で特撮は数少ないので
子供が見てもずっと印象に残る映画。オマー・シャリフは凶悪なのに
気さくという妙なキャラ。原作小説があるせいかもしれないが登場人物は
少々多すぎるかも。それぞれキャラは立ってるし豪華キャストなのに
あっさりと次々死んでいく。

DVDには新吹替が収録されているが、当然ながら昔のTV吹替の方が
出来が良い。でも吹替を制作してくれただけでも有り難い。雄大な景観は
大画面向きな映画だが、シネスコなのにTV用にトリミングされる事を
前提として撮影してるのか人物を真ん中に寄せた構図が多くて残念。
TVではカットされていたが、水場のお色気シーンは良かった。
投稿者:徘徊爺投稿日:2003-02-01 09:23:21
テレビモニターで観たからそうでもなかったけど、劇場くらいの大画面とサウンドで観たら迫力だろうね、あのグランドキャニオンの岸壁が崩れ落ちるクライマックスは。
でも、お話しはグランドキャニオンの景観に食われてしまっていたね。
【レンタル】
 【DVD】マッケンナの黄金レンタル有り
 【VIDEO】マッケンナの黄金レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION