allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者たちによって演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺(1967)

THE PERSECUTION AND ASSASSINATION OF JEAN-PAUL MARAT AS PERFORMED BY THE INMATES OF THE ASYLUM OF CHARENTON UNDER THE DIRECTION OF THE MARQUIS DE SADE
MARAT/SADE

マラー/サド(別題)

メディア映画
上映時間119分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(UA=ATG)
初公開年月1968/11/23
ジャンルドラマ

【解説】
 フランスのシャラントン精神病院では、治療の一環として“心理ドラマ”が採り入れられていた。収監されていたサド侯爵は、フランス革命で活躍し後に暗殺されたマラーのドラマを演出する……。複雑なシチュエーションの実験的な作品。世界一長い映画タイトルとして知られる本作。紳士淑女の前、檻に入れられた患者たちが、看守の検閲により再三中断させられながらも演じる劇は、異様な緊張感に包まれたただならぬ力に満ち溢れ、観る者を釘付けにする。舞台劇の生々しさを損なわず、描き出された本作の迫力は正に圧巻で、鬼才P・ブルックの才気を感じずにはいられない。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION