allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マルコムX(1992)

MALCOLM X

メディア映画
上映時間202分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(日本ビクター提供/UIP)
初公開年月1993/02/20
ジャンル伝記/ドラマ

【解説】
 才人スパイク・リー監督が、自身も尊敬する、近代アメリカきっての偉大な思想家であり、キング牧師と並ぶ黒人解放運動のリーダー、マルコムXの生涯を描いた伝記的作品。物語は、マルコムがチンピラだった頃から始まる。若くして窃盗罪で服役し、刑務所の中でイスラム教に改宗、出所ののち彼は、イライジャ・ムハマットの下でブラック・モスレムきっての白人を敵対視する煽動家となる。やがて組織に疑問を感じ、多人種共存の道を探ってメッカを巡礼、そしてあらゆる人種の真の友愛を悟って帰国。そしてアメリカ黒人の解放運動を今までになかった新しい理念によって大きく展開しようとした矢先の1965年2月21日、ハーレムのオーデュボン・ボールルームでの講演中に13発の銃弾を浴びて射殺されるまでの、壮絶な軌跡を克明に追う。原作は、マルコムXが著わし「ROOTS/ルーツ」のアレックス・ヘイリーがまとめた『マルコムX自伝』。D・ワシントンのパワフルな芝居とテンポの良い演出が、この長尺を一気に見せる。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ROOTS/ルーツ(1977)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
14109 7.79
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2013-11-15 12:23:41
かつて暴力的な組織と等質なイメージで捕らえられ
キング牧師の名声に対して扱いの冷たかった
マルコムXがいかなる人物であったのかがわかりました。
伝記的映画で一番大切なことは、無知で平凡な人物が
いかにして、自分の使命に目覚めていったのかを
丹念に描いて説得力をもたせることだと思うのですが、
この作品の長尺さはそのために必要だったのかと思われます。
主演のデイゼル・ワシントンの迫真の演技が素晴らしく、
巡礼の場面のロケーションは圧巻です。
イスラム教が完全に自由で平等な宗教であることがわかるし、
また、それが組織となったときの厄介さも理解出来ました。
投稿者:UFO投稿日:2013-10-21 18:00:55
十分観れる。
投稿者:jb投稿日:2012-08-02 18:44:47
すんなりいけた。
投稿者:Kircheis投稿日:2011-05-18 19:08:06
マルコムXについては興味があり多少はその思想や生き方を知っていたが、実際に彼が言ったセリフ、実際の彼の行動に忠実に描かれていて見ごたえがあった。
スパイク・リーはマルコム信者なんだね。

主演のデンゼル・ワシントンは実に名演技。彼だったからこそここまで良い作品になったのだと思う。

イスラムの聖地で大歓迎を受け、白人みんなが悪い訳ではないと多少思想を転換する部分やケネディ批判、暗殺のシーンも実際と一緒!

欲を言えばキング牧師とも一瞬会っているはずなんで、そこもうまく演出して欲しかったなぁ。
投稿者:has42120投稿日:2010-08-08 14:45:06
デンゼル・ワシントン
投稿者:TNO投稿日:2009-11-05 09:07:36
黒人差別、宗教を正面から取り上げた力作。スパイク・リーという監督は、凄みのある監督だ。黒人の理性、品性を描き、特筆されるべき作品ではなかろうか。よくありがちな、黒人は無教育で品性がなく、性的にもだらしがないというイメージどおりに描くことを拒否している。悪の道を選ぶ黒人にも理由があることを説明し、単なる悪人にはしていない。KKK団だけでなく警察や役人や裁判所等の権力は、一切黒人には否定的で、黒人は被害者であるという立場を貫く。犯罪や極貧の生活を描くことはなく、暴力シーンは必要最低限だし、節度のある生活を送る黒人が多く描かれている。緊張感を持って見る映画というよりは、安心して主張をじっくりと噛み締めるように見る映画だ。黒人とイスラム教の関係というのもこの映画で初めて認識した。主な出演者だけではなく、監督以下音楽撮影等主要スタッフも黒人で固められているデンゼル・。ワシントン、イェール大出身のアンジェラ・バッセット、デルロイ・リンド等は、好演。黒と白を辞書で調べる場面は印象に残る。映像が全体に暗いのは、監督の嗜好か撮影の嗜好か。
投稿者:クリモフ投稿日:2009-07-14 16:41:34
スパイク・リーの映画です。こういう偉人を題材にした実話モノっていうのはチョット苦手です。この映画でもマルコムXという人物を色眼鏡をかけずに描いていたかどうかというとたぶん微妙だと思います。マルコムの心情変化のきっかけなど映画的にもちょっと書き込みが浅いかなという部分もちらほら。でも、スパイク・リーってパワフルに持って行っちゃうんだなぁ、テンポもいいし。200分という尺を考えればこの時間を感じさせないキレのある演出は驚異的。まぁ面白かったという感想になってしまいます。
あとマルコム自身にスポットを当てたため、時代を象徴するカットが少なかったのは意図的にしろ少し残念です。ケネディくらいか、60年代のカウンターカルチャーの繋がりを臭わせればもっと奥行きが出たと思うんですけど。最後はもう、話関係ないです。本来こういうやり方は好きではないんですが、ここも強引に押し切られた感じ。うーん、なんだかんだで心に残る映画をつくるんだからスパイク・リーは暮れないです。ちょっと悔しいけど。
あ、でもデンゼル・ワシントンは普通に素晴らしいです。
投稿者:nanako投稿日:2007-09-21 22:26:41
実話だし、良い映画だとは思うが、
映画の題材、テーマに関心が持てず、
途中で、観るのをやめてしまった。
デンゼルは、若くて、りりしくて、
好演していましたが・・・。
白人でも、黒人でもない私にとっては、
黒人の思いや気持ちを同じ立場で理解できず、
マルコムの演説も興味を持って聞くことができなかった。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-09-15 12:35:59
【ネタバレ注意】

 スパイク・リー監督渾身の一作。3時間22分の大作だ。
 面白い! 途中一度もダレずにこの長尺を観ることが出来た。
 
 作品の出だし。ミュージカル映画のような黒人だけの派手なダンス・シーンが出てきたり、マーティン・スコセッシ映画のように黒人系チンピラが揉め事を巻き込まれるエピソードなどのにぎやかな展開が続く。スパイク・リー自身も役者としても出演。街を闊歩するその独特な歩き方がとてもユニーク。とても実録伝記映画とは信じがたい映画前半の作風。

 仲間と共に犯罪を起こして警察に捕まり刑務所に入ったマルコム。獄中で彼はある知識人の同房者からの影響でイスラム教信者に改宗する。晴れて出所後、彼の文通相手となっていたブラック・モスリムの教祖と初対面する。 この時、デンゼル・ワシントン演じるマルコムが感動で涙をボロボロ流す。アニメ「巨人の星」に出てくるシーンの様に、本当に滝のように涙を流すのだ。なんだかS・リー監督がわざと茶化しているようなオーバー演出? リー監督はマルコムXの人物像をとても尊敬はしているけど、彼がイスラム教信者と言う点までは信望してなかったのかな。

 マルコムはかつてのチンピラの面影など全く無い程に本当に人が変わる。そしてこの物語中盤を境に、画面にピーンとした緊張感が張り詰めていく。 特にマルコムXと呼ばれるようになってからのワシントンの演説シーンの演技は凄い迫力だ。
 

投稿者:けっけこ投稿日:2006-04-17 13:15:38
ちょっと長いかな・・・ワシントンは好演。
マルコムさんのそれなりの人生は分かったけど、これでも表面的なのでしょうかな。タランティーノはこれの悪口行ってた見たいだがアカンいお
投稿者:irony投稿日:2005-12-30 04:12:59
 乗り越えた結果がこれじゃ救われない。白人優位社会に於いて彼が黒人に殺される事は必然でなければならない。人種が白であれ、黒であれ、はたまた黄であれ、人が求めるのは只「幸せ」だけだ。その意味では哀しい作品。
投稿者:さとさと投稿日:2005-07-03 15:54:34
終わった瞬間にまた最初から見返したくなる。
投稿者:Naka.d投稿日:2005-04-02 21:40:19
マルコムが刑務所で改心する部分がやや短めという気もするが、あんまり長すぎるのも良くないので、あれぐらいで良かったという気もする。
マルコムが行った活動の部分ではなく、終始あくまでマルコムの人生そのものに焦点を当てた力作。撃たれる直前のマルコムが一瞬みせる意味ありげな表情が印象的だった。
特にエンディング、一人の男が与えた影響が限りないものだということを実感させられる。

ただやはり時代背景などを理解してなければ、評価は難しいかも。
とりあえず名前は知っている人のことだったので借りてみたのだが、いい勉強になったと思う。
投稿者:投稿日:2004-11-12 21:21:04
 見ごたえがあった。監督の演出力の賜物だろう。
 マルコムXが、シンパの白人女性を拒絶するシーンがあったが、晩年の彼だったらどう対応したのだろうか。
 かつて、デンゼル・ワシントンは、黒人ゆえになかなかいい役がこない、とどこか
で語っていた。彼は、どんな気持ちでこの役を演じたのだろうか。
投稿者:じるる投稿日:2003-12-04 05:44:14
マルコムXの劇的な人生をダイナミックに画いた映画で私は何度もDVDで見返してしまう作品の1つです。
テンポが良く長時間の映画なのにだれさせる所が無いのは賞賛に値すると思う
この作品に根ざしてるものなど考えずとも十分見ごたえのある作品に仕上がってる


僕、個人的には音声はオリジナルの英語派w
投稿者:hide0921投稿日:2003-11-22 12:54:32
実話ものは特に好きです。長い映画も好きです。D・ワシントンはこの映画でオスカーあげても良かったのにね!
投稿者:quadrant投稿日:2003-01-12 12:15:27
・・少なくともレイシズムを体験していない者には、スパイク・リーの眼差しの意味など永遠に理解できまい。
10点です。固い事いわずエンタテイメントとして楽しんだらいいですよ。
投稿者:拷問美女投稿日:2001-03-15 06:20:49
壮大な人間ドラマであり、我々が抱える問題、差別との戦い、正義、自由を求める
普遍的な愛のドラマ。悲しくも散った誇り高きひとりの偉人。
それにしても人類の歴史の偉人達の多くは殺されてしまう。なんとも・・・・・
投稿者:まさる投稿日:2001-03-15 01:55:36
もうオープニングから圧倒された。大作の貫禄。
スパイク・リーの色もよく出ている。デンゼル・ワシントンが凄い。
もともとキング牧師が好きでマルコムXにも興味がありちょっとだけ本で読んではいたが(実はちょっと過激なのでで危険視している部分もあった)この映画を見て納得、圧倒、凄い好きになった。自伝も読まねば。
実話であり普遍的な問題であり、遠いアメリカの過去の歴史の話ではない。
今もおこリ実は身近にもある問題。そして人間として目指す真理・・・・
私もあなたも考えなければならないこと。
ああなんか説教くさい方向へ脱線してしまいましたがぜひ観てもらいたい作品。
観るべき作品と断言したい。
睡眠不足で観たが三時間ちょっと一気に観てしまった。もちろんクレジットが終わるまで。これだけ充実した映画は久しぶりだった。

投稿者:fdtyui投稿日:2001-01-04 16:50:56
最後のシーンはほんの数秒で死んでしまうのですが3時間という長い作品にあった死に方なのかも知りませんね.スパイクリーの思惑に見事はまった感じですね.最初は、おやと思いましたが.セリフがとても長く、3時間映画では字幕を見るのに疲れてしまいます.私は吹き替えで見ましたがとても良かったです.吹き替えで見ることをオススメします.
【レンタル】
 【DVD】マルコムXレンタル有り
 【DVD】マルコムXレンタル有り
 【VIDEO】マルコムXレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION