allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ウィズ(1978)

THE WIZ

メディア映画
上映時間134分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=CIC)
初公開年月1979/10/06
ジャンルミュージカル/ファンタジー

【解説】
 ブロードウェイでも大ヒットしたオール黒人キャストの『オズの魔法使い』のミュージカル化。舞台ではまだ20そこそこのステファニー・ミルズが主演して当たりを取ったが、映画ではその頃もう30半ばのD・ロスがドロシーを演じるのだから無理がある。既に“虹を越えて”しまった年齢を映画で偽るのは至難の技だ。このミスキャストで映画は、キッチュな美術などそれなりに雰囲気を出しているのに、見事に沈没した。若きM・ジャクソンや往年の名花レナ・ホーンが出演しているので、黒人音楽ファンにはその点楽しめるが、映画のためには、マイケルかかしをR・プライヤー(あろう事か彼がオズを演じている!)が、ホーンの妖精をロスが演じ、主役は誰かフレッシュな素材を公募するなりで抜擢すべきであった。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
24 2.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:william投稿日:2009-09-13 12:03:15
映画自体「しょーもなー!」の一言に尽きる究極の駄作。
マイケルが映画に出ているということだけがこの映画の存在意義。
投稿者:Ikeda投稿日:2009-01-11 12:24:52
あまり、はっきりした説明がありませんので確認しておきますが、これは1939年のミュージカル映画「オズの魔法使」を使った1975年のブロードウエイのミュージカルが好評だったので、それを元にして、再び映画化したものです。
出演者がすべて黒人というのが珍しいですが、1939年版に比べればファンタジックな面が薄れていて、舞台をニューヨークに落としたという感じの映画です。謳い文句としてはダイアナ・ロスやマイケル・ジャクンン他の黒人歌手の出演という事になると思いますが、個人的にダイアナたちのシャウト唱法があまり好きではないのでミュジカル場面はあまり良いとは感じませんでした。それに、劇場で見ればまだ良いのかもしれませんが、全体的にカラーが強すぎるの気になって、特にミュージカル場面にそれを強く感じました。ただ、レナ・ホーンが唄ってくれたのが嬉しいです。
大した映画ではないと思いますが、オリジナルを想い出しながら比較して見ていると、かなり楽しめた映画でした。それでも「IMDb」のユーザー・コメントを見ると、異常に低い評価ですが、矢張り黒人映画という所に偏見を持つ人が多かったのではないかと思います。レース・フィルムという感覚なのか、劇では良いけれども、映画では顔が良く解るというためでしょうか。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-09-14 11:58:47
つまらない映画だが、マイケル・ジャクソンってやっぱり歌上手いな〜。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-04-23 10:45:08
この映画は“微妙”の一言だ!黒人スター達の『オズの魔法使い』って一体どんな感じなのかと期待して見たのだが、私的にはイマイチだった。大体ダイアナ・ロスがドロシーという設定自体が予想以上にダメだった。マイケル・ジャクソンのかかしも対して踊らないし・・・。全体的に未知の世界って感じで後半は見るのが辛かった。音楽の使い方も好きではないし、どのキャラクターにも魅力を感じなかった。でもレナ・ホーンが出ていた事だけは嬉しかった。
投稿者:karr投稿日:2006-01-09 07:04:31
アフロアメリカンのリズム感、歌唱力、表現方法の巧みさを総動員し、オリジナルを超えられると信じ一丸となって作り上げた楽しい作品。
全体的におもいっきりはじけちゃってます。なんでもありのおふざけにも真剣に取り組んでいて、逆にパワーを感じます。
白人の美意識が作り上げた「オズ」に対抗意識を燃やして作ったのかとも思ったが、何よりも楽しんで作っている感の方が強い。
個人的にはアンカラード(?)人種のミュージカルも好きなのだが、人生の本当の楽しみ方を知っているように感じさせられるアフロアメリカンのエンターテイメントには脱帽せざるを得ない。
また、主役クラスからゲストスターまで豪華絢爛、にもかかわらずかくし芸的に終わらせる事もなくまとめあげたシドニールメットの多彩さにも感心させられた。
投稿者:ASH投稿日:2003-07-06 02:34:41
【ネタバレ注意】

 映画史的には、特に取り立てて大騒ぎするようなシロモノではないけれど、音楽史的にはこれほど重要な映画もないんだよね。というのも、この映画のお陰でマイケル・ジャクソン(MJ)とクィンシー・ジョーンズ(QJ)が知り合うきっかけになったわけだからさぁ。この後、MJはQJの指揮の元、「オフ・ザ・ウォール」「スリラー」「BAD」の3部作を発表し80年代の音楽界に旋風を巻き起こしたんだから。

 ま、それと映画の出来そのものは関係ねーけどね。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 撮影賞オズワルド・モリス 
 □ 音楽(編曲・歌曲)賞クインシー・ジョーンズ 
 □ 美術監督・装置Tony Walton 
  Edward Stewart 
  Robert Drumheller 
  Philip Rosenberg 
 □ 衣装デザイン賞Tony Walton 
【レンタル】
 【DVD】ウィズレンタル有り
 【VIDEO】ウィズレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION