allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

右側に気をつけろ(1987)

SOIGNE TA DROITE
KEEP YOUR RIGHT UP

メディア映画
上映時間81分
製作国フランス
公開情報劇場公開(フランス映画社)
初公開年月1989/01/28
リバイバル→ハピネット・ピクチャーズ=アニー・プラネット-2003.4.5
ジャンルアート
右側に気をつけろ Blu-ray
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 12,139
USED価格:¥ 11,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 ゴダールの劇場用長編映画第6作。物語は〈地上にひとつの場を〉捜し求める異星人のような男の旅と、三つの大きな流れが、互いに独立しながら交錯していき、様々なおよそ18景の詩的ファンタジーとして、コミック漫画のように、冒険活劇のように展開してゆく。本作に意味づけやストーリー上の答えなどは一切ない。この前衛的映画にあるのは、ただただ詩的疾走のみである。監督自身、この映画は映画館を出た時などに、街を見、空を見て、理解しようなどと思わず、感じるのと同じだと答えている。
<allcinema>
評価
【関連作品】
左側に気をつけろ(1936)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
211 5.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Bill McCreary投稿日:2012-02-14 23:20:10
【ネタバレ注意】

ジェーン・バーキンが出演しています。ジェーンがゴダールの映画に出ているのはたぶんこれが最初で最後だと思うけど、ジェーン(あるいはゴダール)がゴダール(あるいはジェーン)への好意というか、1度いっしょに映画を製作したいっていう想いでもあったんですかね。で、ジェーンは1つのシーンのみ出てあとは出てきません。このへんもゴダールらしいと言えばゴダールらしいといいうべきでしょうか。http://blog.goo.ne.jp/mccreary

投稿者:きらきら投稿日:2008-09-26 10:17:55
当時「アニエスb」が公開にからんでいたせいか、オリーブ少女の観客が目立ってたのを覚えている。
そこそこお客も入ってたんじゃないだろうか。

で、映画がはじまった。

手錠でつながれた両手、そして背景に流れる木々の緑。
ゆっくりと開く窓。そしてそこから見える浜辺。
ライトのまえで身体を揺らすミュージシャン。

どれもこれも美しかった(ふだん生活のなかで「美しい」などとは感じない「鈍い」感性なんですが…)。

そして音。
リタ・ミツコのビートが刻まれると、身体が揺れてくるような感じ。
現場音(各シーンの俳優たちのせりふ、リタ・ミツコの音楽)、ナレーション、そしてばらばらにされたシチェーション、そして撮りきりのテロップ、それらがポリリックにからみあって、うねりを作り上げる。

頭のなかをこねくり回され、犯されてる感じ(笑)、とでもいいましょうかね。

これが「映画を見る」ということなのだ。
そんな気持ちになったな。

登場人物が出てきて、心理を描いて…という常套手段に慣れてるわたしをぶっ飛ばしてくれました。
こころよく。
というよりも、観客の「興奮」や「登場人物への感情移入」は一切拒否。ただただ提示することだけを目論んだ感じ(多くの映画が「説得」の文体を用いていることに注意)。

で、冒頭のオリーブ少女たち。
「わかんな〜い」
と大声で言ってました(笑)。
あの子たちももういいおばさんなんだろうな。
こっちもそうだけど(笑)

もう映画館に出かけてみることは少なくなってしまったけど、ゴダールの映画が公開される、という話を聞くと、今でもなんかときめく。
投稿者:bluesmoke投稿日:2002-05-12 15:22:11
ゴダールの「光」「物語」に対するこだわりがうかがえる作品。「リア王」と比較するのも面白い。いろんな観方ができると思うが、単純に空の美しさや馬鹿馬鹿しいエピソードやアクションを楽しめればそれでいいんじゃないだろうか。この映画を観てマルの「地下鉄のザジ」を思い出した。
投稿者:タルチュフ投稿日:2001-07-31 16:49:55
映像に導き出される脚本、映画のみで成立し得る物語論.
投稿者:N゜1投稿日:2001-05-15 04:45:21
飛び込む所を間違えたふりをして
実は確信を持ってなされた行為

髪の毛の薄い初老の男
は実は全く別人によって
演じられても構わないのだった!

足しても引いても
信念(みたいなものが)
絶対的に揺るがないという
意識によって捉えられた
ある表明


拳は右側からとは限らない
投稿者:N゜1投稿日:2001-05-15 03:14:41
全ての人に 開け放たれた扉・・・

全てが 詰まっている・・・

快楽とか・・・
幸福とか・・・

突き抜ける力!!!!!!!!!

本 能 だ け で は だ め だ

体系的に 学んできたことの す べ て が
試される場所を提供してみます・・・

そこではすべてが等価値で量られます
他の人に頼むのは 当然 無効です・・・

模範解答を望んでいるのではないと?????????

誇らしく、意図的に折り曲げられた
沢 山 の 愉 し み・・・
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-01-25 07:17:17
 ゴダールの空はいつも美しい。『気狂いピエロ』や『パッション』等々でも、
ちょっと忘れがたい空がある。『フレディ・ビアシュへの手紙』の空の美しさと
いったら!

 この映画の全般的感想を正直に言うと、ちょっと納得しがたいつまらなさ。こ
れはハメを外しすぎているんじゃないか。

【レンタル】
 【VIDEO】右側に気をつけろレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION