allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ミスター・ノーボディ(1974)

MY NAME IS NOBODY
IL MIO NOME E NESSUNO

メディア映画
上映時間115分
製作国イタリア/フランス/西ドイツ/アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=CIC)
初公開年月1975/11/08
リバイバル→バンダイビジュアル-96.3
ジャンルコメディ/西部劇
靴下は破れ 靴底は穴があき 名前もなければ金もなし 住む家なく親もなし ホレる女もいなければ 好いてくれる女もいない 何処から来て…何処へ行くのか 知っている者は誰れもいない ないないづくしの --ぶらりひょうたん 人呼んで彼の名を ミスター・ノーボディ!!
プレミアムプライス版 ミスター・ノーボディ blu-ray《数量限定版》
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,927
USED価格:¥ 2,376
amazon.co.jpへ

【解説】
 伝説の老ガンマンの前に現われた風来坊。その男はいつの日か、無敵と謳われたガンマンを自分の手で倒したい、と語りながらも、老ガンマンとの対決を何故か避けようとする。果たして、彼の真意は……? 生ける伝説のガンマンにH・フォンダ、不思議な風来坊にT・ヒルを配し、脳天気な音楽にのってほのぼのと展開するコメディである。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
433 8.25
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2015-03-17 22:35:19
テレンスヒルの憎めないガンマンぶりが目立つ。結局どうしたかったのか、よくわかんない。
投稿者:gapper投稿日:2011-10-12 22:08:48
 ヘンリー・フォンダとマリオ・ジロッティ(テレンス・ヒル)共演のマカロニ・ウエスタン。

 原作がセルジオ・レオーネとなっているが、これはテレンス・ヒルの”風来坊”シリーズに嫉妬して作成したのだとDVDにはあった。
 嫉妬というのは、言い過ぎではないかと思うが”風来坊”シリーズは面白くイタリアでは大ヒットしたのだろう。

 パロディが随所に盛り込まれているのも楽しみの一つ。
 サム・ペキンパーは、早々と墓に葬られボーレガード(ヘンリー・フォンダ)の戦う相手は”ワイルドバンチ”である。
 戦いのシーンでは、ストップモーションが多用される。
 また、自身の「ウエスタン(1968)」をもパロっている。
 冒頭では、3人の馬に乗った悪党が出てくるしあの駅の爺さんも出てくる。
 32分頃とラストの対決シーンの音楽は「ウエスタン(1968)」をもじっているとしか思えない音楽だ。
 ”ワイルドバンチ”が出てくる時の音楽には、”ワルキューレの騎行”のメロディが使われている。
 ”ワルキューレの騎行”は「地獄の黙示録 (1979)」で有名になったが、その5年も前の作品だ。

 ノーボディは、言わばガンマンの神様で”抜け出したいが抜け出せないボーレガードに救いの手を差し伸べた”そんな感じにもさせる。
 ジャキー・チェンのコミック・カンフーにも通じる感じがある。

 ”風来坊”シリーズと「ウエスタン(1968)」が好きなら必ず楽しめると思う。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:blacus投稿日:2011-06-30 14:15:24
老いて明らかに時代遅れのアメリカ的正義の体現者ヘンリー・フォンダを主人公に据えて映画を作るとしたら、これはひとつのアプローチの仕方としてはアリかもしれない。つまり、英雄化の過程自体をパロディにしてしまうのだ。フォンダを英雄に仕立て上げるミスター・ノーボディ(テレンス・ヒル)は現実にいる人間としてはあまりにもとらえどころがない。ノーボディはまさに「誰でもない」無名の人たち、英雄神話を作らずにはいられない一般の観客の欲望を体現する人物であり、そうした無形の欲望に形を与える映画製作者の戯画でもあるのだろう。
コメディの部分は爆笑というより、思わず微笑みを誘うくらいのもので、やや間延びしているのは否めない。
クライマックスのはずのフォンダと150人のガンマンとの戦いは、フォンダがやってくる男を一方的に狙い打つだけで終わりで、完全に肩透かしのアンチクライマックスというべきだろう。敵は馬に乗ってやってくる大勢の男たちというイメージのレベルにどこまでもとどまっている(しかし恐らくそれこそが作り手の狙いなのだろう)。
そんなわけなので、手放しで絶賛する気にはなれないが、かといってその底抜けの陽気さゆえに嫌いにもなれない、なんとももやもやした感じが残る映画。
投稿者:Ikeda投稿日:2009-06-26 14:27:04
マカロニ・ウエスタン最後の作品だそうで、かなり評判は良いけれども、私には面白い映画とは思えませんでした。ヘンリー・フォンダの老ガンマンぶりやテレンス・ヒルの快活振りは良いですが、コメディとしてのレベルが低いのが気に入りませんでした。
パロディだと言ってしまえばそれまでですが、やたらにクイック・モーションで早撃ちを見せたりするのが、気に入りませんでした。それに途中でグルグル回る人形が出てくる所や前立腺が悪いのではないかという公衆便所のシーンなど、それが面白くならなければ好きにはなれない作品だなと思いました。
投稿者:なちら投稿日:2008-01-22 14:52:10
生ける伝説H・フォンダのお爺ちゃんガンマンが、霞む目に老眼鏡を掛けながら、
150人のワイルドバンチと戦うシーンなんて、凄いハラハラした!
お爺ちゃん無理だよ!絶対死んじゃうよー!

重ねた人生経験に勝るものは無くて、H・フォンダの存在感は作品全体を支配している。
穏やかで明るくて、これは本当にマカロニなのかと疑ってしまう出来栄えでした。
投稿者:新・映画の都投稿日:2007-12-29 04:47:02
初老のガンマン、ジャック・ボーレガード(ヘンリー・フォンダ)が、老眼鏡をかけ、2挺のウインチェスターを持ち、150人のワイルド・バンチと対決するシーンは、何度見てもやはりカッコいい。ノーボディ(テレンス・ヒル)との友情もいいなあ。ベニート・ステファネッリ、R・Gアームストロング、ピエロ・ルッリ、ジェフリー・ルイス等、脇役も味のある役者ばかりでうれしい。ふと思い出して見たくなったりする傑作でございます。
投稿者:マジャール投稿日:2007-04-09 22:46:36
伝説のガンマン、ヘンリー・フォンダVSワイルドバンチ!かっこいい!!!
投稿者:まっどぼんば投稿日:2006-02-04 10:35:17
昔TV放映をよく見たけれど、今見ても充分面白い。ノーボディの明るさ、
若造VSベテランという普遍的なテーマ。軽快なテンポに覚えやすい音楽。
今のゴールデンタイムでの放送にも耐えられるのではないかと思う。
ちなみにTV吹き替えは二種類あって、DVDに収録されている広川・柳生版より
津嘉山&瑳川版の方が好み。
投稿者:Tom投稿日:2005-02-28 06:59:56
この映画はマカロニ・ウエスタン終焉前の最後の傑作だろう。
レオーネ、ヘンリー・フォンダ、モリコーネの最後のウエスタン・ドラマの
秀作。テレンス・ヒルはトーマス・ミリアンにないかっこよがり、ジェンマにはないユーモアのセンスがり、F・ネロにない人間味がある。
この映画はウエスタンのパロディであり、かつ消え行く西部のアウトロー達への挽歌でもある。
モリコーネのスコアは彼のキャリアでもベスト・テンに入る出来。
【レンタル】
 【Blu-ray】プレミアムプライス版 ミスター・ノーボディ HDリマスター版レンタル有り
 【Blu-ray】ミスター・ノーボディ HDリマスター版レンタル有り
 【DVD】ミスター・ノーボディ HDリマスター版レンタル有り
 【DVD】プレミアムプライス版 ミスター・ノーボディ HDリマスター版レンタル有り
 【DVD】ミスター・ノーボディレンタル有り
 【VIDEO】ミスター・ノーボディレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 ミスター・ノーボディ 【DSDリマスタリング】
新品:¥ 2,160
5新品:¥ 1,975より   1中古品¥ 1,512より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION