allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

(1954)

LA STRADA

メディア映画
上映時間115分
製作国イタリア
公開情報劇場公開(イタリフィルム=NCC)
初公開年月1957/05/25
リバイバル→NCC-74.9
ジャンルドラマ
映倫G
アカデミー最優秀 外国映画賞に輝く フェデリコ・フェリーニ監督の 最高傑作!
道 Blu-ray
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 3,663
USED価格:¥ 3,300
amazon.co.jpへ

【解説】
 怪力自慢の大道芸人ザンパノが、白痴の女ジェルソミーナを奴隷として買った。男の粗暴な振る舞いにも逆らわず、彼女は一緒に旅回りを続ける。やがて、彼女を捨てたザンパノは、ある町で彼女の口ずさんでいた歌を耳にする……。野卑な男が、僅かに残っていた人間性を蘇らせるまでを描いたフェリーニの名作。
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A七人の侍 (1954)
[002]Aカビリアの夜 (1957)
[003]A生きる (1952)
[004]A椿三十郎 (1962)
[005]A冒険者たち (1967)
[006]Aアパートの鍵貸します (1960)
[007]A用心棒 (1961)
[008]Aひまわり (1970)
[009]A東京物語 (1953)
[010]A素晴らしき哉、人生! (1946)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
49440 8.98
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2012-12-26 23:21:23
フェリーニ作品では一番好き。
(本人もそうらしい)
後期の現実や虚構や自分の郷愁もごちゃ混ぜにして
時には極彩色の強烈な演出で描くという
十八番の作品群よりも、純粋で魂の浄化を感じさせる
この作品が好きです。
自分の罪深さを知り、夜の海岸で嗚咽する場面は
映画史に残る名シーンでしょう。彼の心の中に
どんなことが起こったのか考えさせられます。
「石でも何かの役に立っている」という劇中の
言葉は名言でいろんな場面で思い出します。
投稿者:noir fleak投稿日:2012-12-10 10:03:07
ラジオ番組でよく「ジェルソミーナのテーマ」をよく聞いた。誰の演奏だったのか。サウンドトラックでもなさそうだし、スリーサンズあたりか。ニーノロータのこの曲は特に日本人に受けたのだろう。アメリカで取り上げた人は知らない。(ジャズの2枚組「アマルコルドニーノロータ」には入っていたかもしれないが。)

しかし映画自体は今まで見たことがなかった。フェリーニは沢山見たがこれだけ見ていない。どうも「もの悲しそう」という先入観があったから。

ジェルソミーナを、頭のおかしい女の子とする説明があるがとんでもない。母親がクインに売り渡す時に「ちょっと変わっている子なだけよ」と言うが、これが真実だ。Jマッシーナはまさに最高の演技だ。
クインもベースハートもいいが、イタリア語の吹き替えだから本人の声が聞けないのが難点。特にベースハートの吹き替えは本人とまるで異質なので感じが出ない。

最後、クインがさめざめと泣く場面は、「自転車泥棒」で最後に父親が泣く場面を思わせる。イタリア人の男が泣くと、強烈な印象を与える。
泣くと言えば、「愛を読む人」(バカな邦題だが)でも、ドイツ人である本人がハナの遺言を聞いて泣く。
イギリス映画で(また、ある時代までのアメリカ映画でも)男が泣くシーンというのは見たことがない。
投稿者:田舎のオジサン投稿日:2012-03-29 23:03:42
初めて観たのは高校生の時。その後テレビで3回は観ている。当時は「つまらねぇ映画だなー」という感じしか持っていなかった。最近見直したところ、いい映画だなーという風に思えるようになって来た。それだけ俺も歳とったのだ。まるでこの映画のザンパーノが過去を後悔しているのと同じだ。何が良いのかというとこの映画ほど人生というか人間の本質を分かりやすく伝えている映画は無いのじゃ無いかと思う。戦後のイタリアの貧しい生活のリアル感がたまらないものがある。このリアル感は、作って出せるものではない。今この映画を作ったらどう評価されるでしょうか?リアル感のない薄っぺらなセット撮影では、とてもこの映画の時代感はだせない。そういう意味でCGだらけの3
丁目の夕日は大嫌いである。アンソニー・クインはスゴイ。インディアンとか悪役専門だった彼がこんなにスゴイ演技力があるとは・・・。それを見抜いてキャスティングしたフェリーニもスゴイ。ジュリエッタ・マシーナとリチャード・ベイスハートの役柄はほかにもいくらでも演じられる役者はいる。しかし、ザンパーノ役はアンソニー・クインしかいない。フェリーニは海が好きなのかな。「甘い生活」のラストも海が出てきた。救いのない映画で生理的には好きでないが、名作であることは間違いない。
投稿者:kuro投稿日:2011-07-09 18:19:05
【ネタバレ注意】

日々の糧を稼ぐことで精一杯で、それしか頭になく余裕がなかった大道芸人が、もっと愛情を注げば良かった、相手の気持ちを汲んでやれがよかったと、後悔の涙を砂浜で流すラストシーンは良かったです。
冒頭のジュリエッタ・マシーナ演じるジェルソミーナが無声映画時代の女優のような大袈裟な演技で不自然さを感じました。 白痴女を演じているのだとしたら下手すぎです。
それと病気で部屋を出られない少年のベッドの脇に子供たちがジェルソミーナを連れて行き、そのことをザンパノに訴えようとするシーン。 これは不要なのではないでしょうか? 少し欲張って盛り込みすぎかなと感じました。
純粋無垢な女性を描いたのはいいが、天使のごとき存在にまでに昇華させてはつまらないです。
名作だけあって素晴らしい映画でしたが、ここが減点1点です。

投稿者:えとわーる投稿日:2011-06-22 17:23:31
粗暴でどうしようもない男ザンパノ(アンソニー・クイン)のジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)への想いと、天然無垢なジェルソミーナのザンパノへの想いが、二人の表情、台詞、行動から滲み出ていた映画でした。いい映画です。どうしようもない男が最後に何かに気付くという筋立ては映画の王道ですね。
投稿者:Bill McCreary投稿日:2011-04-02 14:18:24
この映画をはじめて見たのは正確には記憶にありませんが、あるいは90年代初めビデオ(DVDにあらず)かNHK教育(当時は衛星放送でなくここでよくやっていた)だったかもしれません。ともかく今世紀になってはじめてこの映画を見ました。映画館ではじめてです。「午前十時の映画祭」に感謝。西宮で見てしまいました。

この映画を見てつくづく感じるのは、1950年代のイタリアって貧しかったんだなってこと。主人公たちのような旅回りの芸人が街に現れて、そしてそれを通りがかりの人たちがうれしそうに見物する。そしてサーカスの存在などなど。テレビその他が発達しない時代ならではではです。ついでながら、最初のほうのシーンでエッソのガソリンスタンドがあったのが目に留まりました。この時代から、米国系のスタンドはイタリアにも進出していたんですね。

今の時代では、ザンパノのやっていることは家庭内暴力そのものだし、ジェルソミーナが福祉の世話にならなかったのもまさに時代ですね。貧しい国々では、今も多くの「ジェルソミーナ」がいるのかもしれません。

それにしても、アンソニー・クインといいリチャード・ベースハートといい米国人なわけで、あえて彼らを起用したフェリーニは、やはりこの作品に関しては並々ならぬ想いがあったのかなと感じます。アンソニー・クインも、この作品が彼の演技を一段高いレベルに上げたと思いますし。

もはや古典の作品ですから誰でもストーリーは知っているでしょうが、映画の終了後鼻をすすっている(断じて花粉症にあらず)人もいました。大きなスクリーンで見ることができてよかったと思います。

http://blog.goo.ne.jp/mccreary/
投稿者:gapper投稿日:2010-12-01 23:03:41
 ”無用の用”と”どこから来てどこに行くのか”。

 哲学における大命題では無いかと思われる2つの命題を映像化している。
 フェリーには、基本的に好きではないのだがこれは別格。

 アンソニー・クインとジュリエッタ・マシーナ両人とも演技は良いが、特にマシーナはそのキャラクタの作り方が秀逸。
 老齢のようで無垢。
 中盤まではあまりにも現代人とかけ離れ、現代ではDVともいえる二人の間は見ていられない。
 終盤突入の事件後からは、まさに名作。
投稿者:陸将投稿日:2010-11-15 19:42:34
【ネタバレ注意】

“世の中にあるものは全て何かの役に立っている。それがたとえ石ころだって。”

綱渡りの男の台詞が全てだろう。
しかも、それを失ってから初めてその存在意義や価値が分かる。
だが後悔してももうそれは戻ってこないのだ。

そんな関係だったのが、大道芸人の男と、その助手となった白痴の女である。
わがままな男と、ひたすら耐える女。
一見、彼女に悲壮感はない。
幼く見える容姿に輝く瞳。
天真爛漫という言葉がよく似合う。
よく笑い、そしてよく泣く。

だが、その純粋さ故に哀しみが上手く表現できない。
自分は誰の役に立っているのか。
何故この男と一緒にいるのか。
自分の居場所はどこなのか。
答えが出ない問いへの苛立ちや悲しみ。
そんな想いを自分の中に溜め込んでしまう。

にもかかわらず、観客の前では楽しげに曲芸を披露する。
だから、楽しげな表情を見せれば見せるほど、心の奥底の想いが垣間見えて、心苦しくなってくるのだ。

そして何といっても本作のもう1つの主役といったら、あの有名な音楽だろう。
哀愁漂うメロディーは単なる主題歌ではなく、物語の重要な要素である。
女を置いてきてから、ラストの浜辺のシーンまでの運び方の巧みさは、その旋律が2人の共通認識だったからできたことである。

そのメロディーに乗せて、アンソニー・クインが浜辺で涙する。
その悲哀といったらこの上ない。
“石ころ”だって役に立っていた。
けれど、その喪失感はもう取り返しがつかないものなのだ。

投稿者:黒津 明二郎投稿日:2010-10-03 17:37:45
マシーナの神聖なまでの演技が全てと云いたくなるが、もちろんクインとベースハートのサポート演技あってのものだし、ロータの綺麗なスコア、そしてやはりフェリーニ御大の名演出!彼の最高傑作だろう。
投稿者:きらきら投稿日:2010-07-30 23:32:11
【ネタバレ注意】

「どんなものでも意味があるんだよ」という台詞がある通り、意味をめぐる、有意味(ジェルソミーナ)と無意味(ザンパノ)の戦いの物語か。

自分がザンパノにとってどんな存在なのか、何度もその意味を問うジェルソミーナは有意味的な存在だ。それに対し、ザンパノは徹底的に答えを控え、無意味さに没しようとする。「芸」だといって見せる5ミリの鎖切りもすごいのだかなんだかよくわからない、いわば無意味の芸。
最終的に意味と無意味のこの戦いは、ジェルソミーナに「意味」を教えた男をザンパノが殺すことによって、終着点に。
追いつめられたザンパノはジェルソミーナから逃走を図るが、最後にふたたび「意味」につかまってしまう。

「意味」は勝利する、ということか。

この映画そのものはオーソドックスな説話法で、有意味に作られている。
後年のフェリーニは、この「道」という映画のパロディーかと思えるほど、無意味さに惹かれた映画を撮りはじめる。
それでいて無意味さに没入できなかったところが、有意味の呪縛(「道」という映画の呪縛)なのかもしれない。

投稿者:こじか投稿日:2010-04-05 03:41:20
名作と謳われる中で恐縮。ジェルソミーナの年齢不詳ぶりも気になるが 表情と語調と台詞(これは字幕のせいか?)に慣れることができなかった。 絶妙と言えるシーンもあるのだが、「ん?」って場面の方が多過ぎる…。 私はフェリーニとの相性がこれまでも抜群に良く無い。からっきしダメ。 「甘い生活」だけは、いつか再度観直そうようと決めているのだが なおさら遠ざかることになりそう…。
ただ喧騒と静寂から来る孤独感はやはりすごい。 これは寂しい夢を見た時の感覚にとても似ている。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2010-02-13 19:26:21
【ネタバレ注意】

ストーリーを語っても何を伝える事も出来ないムービー。(がDVD裏のあらすじは要らないだろう…)
全ては映像と役者達のセリフ〜アクティングにあって、ストーリーは単なる状況である…って事。
…ただその状況を呼び込むのが人間なんだけどね。

必要とされる所で生きてゆくのは喜びと言って良いだろう。
ただ優しくされる中で生きてゆくのも悪くない事なのかも。
って程、他の女に手を出して、ほったらかし〜トランペットは吹けないし、殴られるし…
バレなきゃお宝を頂いても他人が嘆くのは知った事じゃないだろう。
何故か精神を逆なでする様な事を言わないと済まないヤツ…いるんだよね…
そこで殴る人間が逆なで男(神なのか?やはり神は傲慢だ)より低級な訳ではないと思うが。
人間は人間で良いんだよ!

ただそんなこんなを振り返る時、何か後悔の様なものが押し寄せてくる。
いやあそこで(自分を責める声の主を)置き去りにしなかったら、彼女は今も傍にいたかも?
それよりも自分が感情的な男でなかったら、アイツが死ぬ事もなかったかも?
今日も俺は鎖を切る芸をやってる…酒場で飲んだくれている…
アイツは幸せだったのか?〜俺は…そしてアイツは…
ただ言葉にならない慟哭を見守るのは永遠に続くかの如く打ち寄せる波。

人間性に目覚める?〜彼は初めから「人間」らしい男だったと思うのだが。

投稿者:Kircheis投稿日:2009-12-20 11:38:11
巨匠フェリーニの代表作。
無駄なシーンがほとんどない、非常にまとまった映画。

綱渡り芸人は神を象徴している。
そして神を信じない獣のような男を演じたアンソニー・クインは実にハマリ役だ。

ラストのせつなさは言葉では言い表せないのでみんな見て下さい!!
投稿者:オネエ投稿日:2009-12-09 20:21:22
あたし、今まで3回これを観たのね。最初はン十年前の10代の後半。でもその時も、すっごく違和感を持ったの。これは名作ということになっていて、ジュリエッタ・マシーナが絶賛されているのだけれど、久々に観てみて、当時何に違和感を持ったかが解ったの。

別にケチつけるつもりじゃないんだけど(ってつけてるわね、ごめんなさいね)、ジュリエッタ・マシーナの演技、あれはそんなに絶賛に値するものなの?

どう見たって、あれは舞台女優の演技よ。ジュリエッタ・マシーナ以外はみんなうまいのよ。でもジュリエッタ・マシーナだけが大根なの。ジェルソミーナは、一応オツムが弱いという設定なんだけど、全然そんな風に見えない。登場した最初だけね。途中からは「演技してま〜す!」というのがミエミエで、さらには時々、素のジュリエッタ・マシーナになっちゃうのよ。大体、ジェルソミーナって少女なわけでしょう。どこをどうしたらあのオバサン顔が少女に見えるわけ? あたし最初「えっ正司歌江が出てるの?」って思ったくらいよ。
投稿者:TNO投稿日:2009-11-05 09:53:33
紛れもないフェリーニ・ワールド。どこか懐かしく哀しい旅の果てだ。ジュリエッタ・マシーナは、ともかく純情。アンソニー・クインは、一日千秋、同じ口上で同じ見世物で進歩がないのだが、その日その日を生きてゆく必死さがある。一方リチャード・、ベースハートは、経済的にはクインと大差ないはずだが、肩の力が抜けていて世渡り上手だが、楽天的で適当そうな男だ。この3人の個性がうまく描かれていて感心する。ニーノ・ロータの音楽を聴くと今も侘しくなる。あの一輪トラックは、何故壊れないのだろう。クインは、メキシコ人だが、イタリア語は吹き替えか?
投稿者:uptail投稿日:2009-05-22 11:07:10
ジュリエッタ・マシーナ
投稿者:o.o投稿日:2009-05-07 02:01:26
見ている時もさることながら、見終わってしばらくしてから、じんわりと心の中に浸透してくるような、そんな映画でした。超自然的なものなどまったく現れていないのに、どこか空想の世界のような、不思議な感覚があります。逃げだしたジェルソミーナが遭遇する教会のお祭りのシーンは、静かな道を歩いていると突然視界が開け、巨大なものが目の前をゆっくりと通り過ぎていくような、ちょっと怖いような感じを受けました。群衆が見上げる中を、壁に長い影を落としながら、ロープの上でスパゲッティを食べてみせる綱割り芸のシーンも、幻想的で心に残ります。

表情が面白いようにくるくる変化して見飽きないジェルソミーナは、ラッパも吹いていることだし、ザンパノに天から遣わされた天使だったと思えば思えなくもありません。イタリア式なのか知りませんが、別れの際に手のひらを結んでは開く仕草が妙に好きです。ザンパノは、確かに粗暴な男かもしれませんが、その顔に何とも言えない魅力があります。だからこそ女にももてるのだと思います。ジェルソミーナの末路を聞いている時の表情が実によく、また何ともせつないです。

綱渡り芸人も不思議です。ザンパノと別れ自分と一緒に来ないかとジェルソミーナを誘うシーンで、それまでおふざけ気味だったのが、「この世に無駄なものなどひとつもない」と、突如知恵ある言葉を喋りだした彼もまた、空中に浮かんで暮らしていることだし、あるいはジェルソミーナに遣わされた天使だったのかもしれません。この世にいてもよいと承認してくれた「天使」が消え、ジェルミソーナも消えた。同じように天使を失ったザンパノも、もうそれほど長くは生きてはいられないだろう。自分はそう思います。

波打ち際で始まり、波打ち際で終わる映画でした。夜の海に浮かんでは消える白い波頭が、たまらなく美しいと思った次第です。
投稿者:irony投稿日:2008-04-18 01:46:50
【ネタバレ注意】

白痴・・・辞書を引いてみた 知能の非常に低い人、ばか 新明解国語辞典第二版参照 私にはそうは見えなかったけどなぁ 
 ローザとジェルソミーナを亡くした時の感情の違いって何なんだろうね 交わして来た会話の違いかね、やっぱり(ローザは描かれてないからわからんけど) ザンパーノにも説明のつかない感情なのかもしれん それにしても彼には私が必要と思ってたのに捨てられるなんて結構キツイだろうね まるで捨て犬のように・・・狂わんばかりに感情が弾けてそれこそどうにかなっちゃうだろうね

投稿者:桃水投稿日:2008-02-04 00:11:32
海、海、海、海のシーンが何回かあったはずだ。
とりわけ冒頭の、自分が旅芸人のもとに金に売られるのをしって、海に駆け、海を見つめ、なにかを決心するように微笑むジェルソミーナは、あまりにも天使的だ。
投稿者:マジャール投稿日:2008-01-29 21:05:00
戦後イタリア映画を代表する珠玉の名編。

この『道』と『甘い生活』は、名作だと思います。
投稿者:篭瀬山投稿日:2007-12-09 22:31:07
【ネタバレ注意】

 1.死んだ姉の代わりに旅芸人の助手となる、という名目で1万リラで売り渡されたジェルソミーナ。身内と別れる辛さを湛えつつも、村の人に会うと「私、仕事するの。ローザ(死んだ姉)みたいに歌と踊りをしながら全国を巡るの」と言い触れるジェルソミーナ。人の前では気丈に振る舞う、といことを知っていたのか、揺れ動く本心があったのか。

 2.最初の晩、幌(荷台)の中に入れと言うザンパノに、「明日の晩から」と答えるが、強引に押し込まれてしまうジェルソミーナ。翌朝、まだ眠っているザンパノの横顔を眺めるジェルソミーナの表情は、画面が暗くてよくわからなかったものの、恥らいつつも幸福そうだった。

 3.町の食堂で、知人に声をかけられたザンパノは、ジェルソミーナを「俺の女房だ」と紹介する。「嘘をつけ。新しい女だろ」と知人。すぐ別の女に声を掛けるザンパノの横で、彼女なりに<貞淑で控え目な妻>を演じているように見えるジェルソミーナ。

 4.「ここで待っていろ」と言い置いて、バイクで女と出掛けてしまうザンパノ。翌朝になってもそこで待っていたジェルソミーナは、町外れの畑で男が寝ているという話を聞くと、町の人が親切でくれたスープにも手をつけずに、町外れへ走り出す。

 5.バイクを運転するザンパノに、荷台から話しかけるジェルソミーナ。「あなた女遊びするのね。ローザのときもしたの? あなた悪い人ね」。「俺と一緒にいたければ、俺のすることに口出しするな」とザンパノから言われ、黙り込んでしまう。

 人は、一人でいるから孤独を感じるのではない。ラストシーンで渚にうずくまり、嗚咽を漏らすザンパノの姿は、孤独という感情を持て余す男のそれだ。けもののような生き方をしてきた男は、自分のことしか考えてこなかった。彼は初めて他人という存在を知り、同時にそれを失ったことを知ったのだ。孤独を知る

投稿者:ito-p投稿日:2007-12-09 00:14:56
この映画のタイトルである「道」は「人が歩んで行く道」、まさに人生を表しているんだと思います。この映画の中には、人が生きて行く中で出会う様々な出来事、苦悩、幸せ、葛藤があるからです。自分の価値、生きていく意味、愛情表現、嫉妬、怒り、悲しみ、過ち、我が家(心の行き着くところとして)、生、死。これらをたった2時間弱で描ききったこの作品はまぎれもなく秀作で、フェリーには偉大な巨匠なんでしょう。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-07-21 00:03:04
フェデリコ・フェリーニ監督作の中でも特に見やすく、何度見ても感動を与え続ける永遠の名作です。
主演のジュリエッタ・マシーナは本当に素晴らしい演技で、ジェルソミーナを完璧に演じきっています。
アンソニー・クインもハマり役で、何とも嫌な役ですが、ラストの彼の姿は胸に迫ります。
白黒にもかかわらず、本当に美しい映像と俳優の演技で引き込まれるし、何度見ても新鮮さを失いません!
何一つ無駄がなく、フェリーニ作品の中でも最高ランクに入ると確信しています。
投稿者:ミッチェル五郎投稿日:2007-06-20 22:46:53
わかりやすい深さが心地よい
投稿者:william投稿日:2007-03-06 02:59:40
浜辺でザンパノが泣きながら抱いた感情は果たして愛情だったのだろうか。粗野で乱暴で人間性を持たない彼にとってはおそらく、ただ「訳の分からない感情」であったのではないだろうか。そしてこの先も彼は人に愛情を持つことは無いだろう。 
ただし、ジェルソミーナへの罪の意識は、決して彼の心の奥底からは消えることは無いだろう。それは一種、「愛情に似た感情」として、彼の心にとどまり続けるはずだから。
投稿者:HWK投稿日:2006-01-28 18:53:14
【ネタバレ注意】

「野蛮な旅芸人ザンパノが、自ら捨て去ったジェルソミーナを想い、波打ち際で号泣するラストシーン、これを見た瞬間、涙が止まらなくなった。自ら捨てた人間関係はなかったか?そんな人達が目に浮かぶ。このシーンのラストに自分自身を投影させてしまった。」 (※1)
「1度捨てた者は、もう2度と帰ってこないのだよ。」 (※2)

そんなメッセージをこの映画から受け取った。
ジェルソミーナは、家族が貧しくて無理矢理旅芸人に奴隷というか助手として売られた。しかし、同行する旅芸人ザンパノを純粋に愛するようになっていった。野蛮で女癖が悪くて、自分を大事にしてくれないのに、それでも愛していた。逃げ出したり、戻ったり、・・・。一生懸命、芸を覚えた。
ザンパノには、芸人仲間の悪友がいた。会えば、いつもからかわれる。ザンパノは旅の途中、彼に腹を立ててしまい警察に捕まる。そんな時、励ましてくれる人がいた。警察署まで送ってくれる人がいた。それが、ザンパノに会えば理由もなく、彼をいつもからかう悪友だった。
ジェルソミーナは言う。「私は生きている意味が無い。何もできない。」
しかし、ザンパノの悪友は優しく言う。
「この世に意味のないものなんてない。石ころだって何かは分からないけどきっと何かの役に立っている。神様ならそれが分かる。」
「彼が、なんで君を離さないのか分かるかい?君のことが好きだからだよ。」
ザンパノは警察署から出て、旅を始める。その悪友と、再会してしまう。再会するやいなや、彼をぶん殴る。彼は死んでしまう。彼の励ましのお陰でザンパノに付いていくことを決意したジェルソミーナは悲嘆にくれる。精神的におかしくなる。ザンパノはジェルソミーナを捨てる。ラッパと共に。
数年後、旅芸の途中の町で、聞き覚えのある鼻歌が聞こえてきた。ジェルソミーナが奏でていたラッパの曲だ。鼻歌を歌っている婦人から、この町にジェルソミーナが来たこと、その曲をいつも弾いていたこと、・・・・・・・・・そして、彼女が死んだことを聞かされる。 ( 冒頭 ※1、2 へ ↑ )
とっても心に響く映画だった。自らを、「イコール映画」だと言い切ったフェリーニ。素晴らしい作品を残してくれて、ありがとう。

投稿者:Sekino☆そら投稿日:2005-10-18 02:38:08
【ネタバレ注意】

もしボクがこれを若い時に観ていたら、
次の日から放浪の旅にでも出ていっちゃったんじゃないかと思いました。

それくらい心の底をエグルような作品です。
そしてエグッたところでどうしようもない「道」を、
人間はどうしても切り開いて生きていかなければならない運命なんだって、
サーカス小屋でのワンシーンで、
「この小石もきっと何かの役にたっている。」ってセリフがやたらシンボリックなんですが、
そう、何かの役に立っていなければ喜びも悲しみも生まれないし、
孤独を感じることやそれを一時外に追いやることもできない。

フェリーニ自身が、「映画は私だ!」ってスパッと言っているのだし、
本国イタリアは彼の生涯を称え国葬にしました。
映画によって人の道を説き、世界がそれに称賛した。

不朽の名作っていうのは、
やっぱり人間が人間にどうしても伝えたくて伝えきれない、
でも伝えなくてはならないっていうところから放出した
魂以外の何ものでもないんだなって、
つくづくそう思うのです★


Sekino☆そら
http://blog.goo.ne.jp/anndarusia2000/

投稿者:るん投稿日:2005-04-29 22:52:25
【ネタバレ注意】

この映画、軽業師はイエス・キリストを象徴していることに、一体どれだけの
人が気づいているんでしょう???登場シーンからイエスと重ねてられてます
し、天からの者であることを暗に表している羽根のついた衣装、有名な石の台
詞は石の台詞はイエスが「自分は捨てられた親石」であるとおっしゃったマタ
イ21章42節をふまえてのものであることなどなど・・。

「キ」印がジェルソミーナに「自分についてくるかい?」と尋ねるのは、
イエスが使徒に「私についてくるか?」と尋ねたことを思い起こさせます。

ザンパノとジェルソミーナがとった行動は多くの人がイエス・キリストにと
った行動と同じものでした。罪深き人間の姿です。そしてその報いをこの
映画は描いています。

本来の映画の意味から離れてこの作品が多くの“ジェルソミーナ信仰者”
を生み出してしまっていることが残念でなりません。

彼女はイエスを退けて、その報いを受ける、一人の罪深き人間にすぎない
のですから。



投稿者:ルミちゃん投稿日:2004-12-28 14:48:08
【ネタバレ注意】

ラストシーンのサンパノの慟哭、それは「私が死んだら悲しいと思う?」、荘園の納屋の中でサンパノにこう聞いたジェルソミーナの言葉と対になるものです.「私が死んだら悲しいと思う?」、描かれた通り、悲しいと思ったから泣いたのですね.
私が死んだら悲しい、少し言い換えれば、私が居なくなったら悲しい、つまりは、私と一緒に居たいか、と聞いたのです.逃げ出したジェルソミーナをサンパノは迎えに来ました.それは一緒に居たいと思ったからに他なりません.

好きならば一緒に居たい、嫌いならば一緒に居たくない、これは人の最も自然な感情です.ジェルソミーナは「旅芸人は好きだけど、あんたが嫌いだ」、こう言って逃げ出しました.この様に考える時、喧嘩騒ぎの後なぜサンパノと一緒に行くことにしたのか考える必要が出て来ます.サーカスの一団は、「来たかったら一緒に来ても良い」、この様な言い方をしました.この点は軽業師も同じようなもので、「おまえが逃げ出しても、おれはほっておく」、この様に言いました.ジェルソミーナは軽業師にとって居ても居なくてもどちらでも良い存在だった.
それに対して、サンパノは逃げ出した自分を迎えに来た.この事実はサンパノがジェルソミーナを必要としているからに他ならない.美人ではない、男を喜ばせるのは好きか?、料理は.....ジェルソミーナ自身が、自分がなんの取り柄もない女であることをよく知っていた.その自分をサンパノは迎えに来た.それは、なんの打算も無い、純粋にジェルソミーナを好きな心がサンパノにあるからであり、ジェルソミーナはこの様に理解したからこそ、それまで嫌で嫌でならなかったサンパノと一緒に行く事にした.

サーカスの一団が去った後の、軽業師とジェルソミーナの会話は理解しにくいものがありますが、誰かの役に立ちたい、あるいは誰かに必要とされたい、こうした生き甲斐という意識がものすごく重要なものであるのを語っています.軽業師はジェルソミーナに生きる夢、希望を与えた結果、心の支えとなった軽業師をジェルソミーナは好きになったと言って良い.そして、その夢、希望は、目に見える形になって現れる、荘園でのトランペットなのですね.更に続ければ、サンパノは雪山にジェルソミーナを置き去りにする時、そのトランペットを置いてくるのです.夢、希望は人を好きにさせる、あるいは、好きな心を導き出すと言って良いのでしょう.
--------------------------------------------
と、私はこんなふうに考えてきたのだけど、これは、間違っていると思う.
仕事の場合で言えば、自分を必要とする仕事に生きがいを見いだす.これが、一見正しいように思うのだけど(私は、そう思ってきた).例えば、野球で言えば、大リーグへ行けるような実力のある選手は、当然、日本の球団で必要とされる.必要とされるからと言って、そこにとどまっている事が、正しい生き方かどうかと言えば?.人それぞれなのかもしれないけれど.
軽業師か、サンパノか、迷ったジェルソミーナ.たとえ捨てられても、自分に夢、希望を与えてくれた、トランペットを教えてくれた、軽業師について行くのが正解ではないのか.
男女が一緒に暮らすことにとって、互いに優しく接する事が一番大切.いつまでも好きで居るということは、相手に優しく接する心を失わないこと.
こう考えると、この映画、男女が一緒に暮らす上で最も大切な、優しさをごまかして描いている.私は、ジュリエッタ・マシーナの見事な演技にごまかされて来たと思える.
美人ではない、男を喜ばせるのは好きか?、料理は.....つまりは、なんのとりえのないおまえを必要とするのは、サンパノだけだ、この言葉はこう言っている.冷たい言葉なのね.
フェリーニの映画は、どれをとっても、冷たい.

投稿者:阿里不哥投稿日:2004-09-08 03:23:34
うむむむむ…。これは素晴らしい。
ザンパノはどうしようもない悪党なんだけどその背中にはいつも寂しげな空気が漂っている。
そしてラストは圧巻だった。
これほどまで「人間」というものを克明に浮かび上がらせることができるのか。
投稿者:さち投稿日:2004-06-23 19:27:45
最高傑作の一つ
ジェルソミーナの純真無垢な表情と雰囲気
マイナス要素がない傑作
投稿者:Ikeda投稿日:2004-05-11 15:30:28
最初、ちょっと見ただけで、これは面白そうだと思える映画です。それはジュリエッタ・マシーナの個性にあるのではないでしょうか。いたずらっ子のような、それでいて、おばさんのような所に彼女の魅力がありました。アンソニー・クインはあまり見ていなかったので、海賊や西部劇の悪役的な印象を持っていましたが、この映画では最高の演技だと思います。かなり特殊な性格の二人を並べて、人間を描いている所にこの作品の価値があります。ラストはロッセリーニ風ですが、悪くはありません。主題曲も良いメロディーで、映画以上に流行った曲でした。
投稿者:かなりん投稿日:2004-02-15 02:51:08
日本の民法にも確か13歳未満はサーカスに売ってはだめと規定があるそうです。イタリアにしても戦後はみんな貧しかった。
自分はこの映画の10年後くらいに生まれましたが防空壕の後が近所に残っていて戦後の雰囲気はまだありました。
下にコメントされた方もいらっしゃいますが、私の祖父も妻である祖母を怒鳴ってばかり。近頃は耳も遠くなってなおさら怒鳴る声が大きい・・・。

ザンパノってあれでもジェルソミーナを愛していたのですね。戦争のためにか廃墟の村で、自分がつけた飯の味にまずいといい、ジェルソミーナの味付けに満足する。映画の出だしからザンパノは確かに変化したのだ。ジェルソミーナだっていつの間にか前向きに生きることを始め、ザンパノを愛し、トランペットや料理もできるようになったのだ。それは助言した軽業師のおかげだった。
それでもザンパノは生きるためにジェルソミーナを捨ててしまう。最後は浜で泣き叫ぶが、タフな彼のことだから3日もすれば忘れると思うな。
投稿者:ご飯投稿日:2004-02-09 10:38:56
描くのもずうずうしい気もするけど、フェリーニの作品で一番感傷的(だと思う。全作品観たわけじゃないから推測で書くけど)で大衆受けする作品かもしれない。私もラストで泣けてしょうがなかった。これがビデオで一人で観たから良いけど、映画館で観たら困ったかもしれない。今の映画と違ってエンドクレジットが延々と流れる作品じゃないので。
投稿者:MER投稿日:2003-07-17 23:23:49
海に着目された方がいらっしゃいましたが、私も同感です。
海から始まり、海で終わる、それまでの道を描くという事は
まさしく、人の生きる道を描いているのでしょうか?
この映画には色んな比喩や思想が盛り込んであるようでとても興味深かった
です。ザンパノの道、ジェルソミーナの道、それぞれの道があっても、
旅は続くのですね...。深すぎる。やっぱり、フェリーニはすごい。

投稿者:金松 朋広投稿日:2003-04-10 05:36:07
すごく感動した。ジェルソミーナ。ザンパノ。これは本当に演技か?

ほんのちょっとおかしなジェルソミーナ。でもなぜか、親近感が沸いてしまうんだよね。表情や仕草なんか本当に可愛らしいし。こういう魅力のあるキャラクターって他にない。マシーナに魅せられました。

それからラスト。すべてを失ってしまった自分へのやるせなさ、むなしさ…いなくなってから分かる人の重さ、さびしさ…
いろんな思いが、彼をおしつつみ、無骨で強情な男は、心底くやみ泣く…。それが見事にでてたと思う。
ザンパノはどうしようもない男だったけど、このシーンでは何かに共感してしまった。


正直、泣きました。いい映画です。
投稿者:トリガー投稿日:2003-02-09 14:01:23
「81/2」同様フェリーニの最高傑作と呼び名の高い歴史的名作。いくらなんでももう正当化しきれない人間関係をどう終焉まで持ち込むか気になって仕方がなかったが、映画らしい綺麗ごとで済まさないところがさすがフェリーニだ。ドラマで味付けし感動を呼び起こす常用の手法ではなく、これこそ”無垢”なそのままの人間性を描いて哀しさと切なさを引き出している。ここではフェリーニの力量よりもどうしても長所よりも欠点が前に出てしまう人間らしい人間を演じたジュリエッタ・マシーナとアンソニー・クインの演技が大きく作品に貢献しているように思える。自分自身の過去を切なさいっぱいで振り返るアンソニー・クインが海岸で泣き崩れるラストはどことなく「カサノバ」のドナルド・サザーランドが人形と踊るラストと通じるものがある。でも、これ後から同じように他の映画で生の人間性を描いたら「ああ、これフェリーニの『道』の真似だよ」って言われちゃうんだろうなぁ。70年代以降のフェリーニ作品とは雰囲気が全く違うが、幼い頃から見世物が好きだったという彼自身の思い出が全作品から伺えるのがその影響の深さを物語っている。
投稿者:round_about投稿日:2002-12-31 11:32:20
18才位の時に最初に見た時に、説明しにくい感動を覚えたことを思い出します。もう大分前の事です。それから色んな映画を見るようになった、映画好きになったきっかけの作品。
これくらい説明しにくい映画は無い。説明しないほうがいいのでしょう。
ザンパノは自分の祖父に似たものを感じ、ジェルソミーナや軽業師(キ印
と呼んでいた。)にも感情移入がたやすかった。
自分の家庭はそんなに裕福でなく、他にも結構特殊な家庭だった事も、この映画を感覚的に理解しやすくしていた。
今、思うのはここに出ているのは生身の人間、建前や見得や誇りがあまり意味の無い世界にいる(選択してではなく否応なく)人間。
自分自身もそういう世界に住んでいたはずが、今は違う世界に住んでいる。
でも虚しいことが凄く多い。
今の俺はザンパノの最後のシーンの心情が分かりすぎる。彼が虐げ虐げられる人生を送って、愛を自覚できないまま出会い別れ、そして孤独に死んでいくだろう事に... そんなに今の人間も変わっていない。孤独なのは。
アンソニー・クインは一番好きな俳優。(彼がインタビューとかNHKでやっていて、凄くインテリジェンスあふれていて魅力的な人でした。)亡くなってしまったのが凄く悲しい。この映画も一番好きです。
理屈っぽく言えば、キリスト教に関するテーマなど説明できますが、そういった映画へのアプローチって往々にして虚しい場合があります。
投稿者:投稿日:2002-12-15 01:56:52
ジェルソミーナより可愛い女は、なかなかいない。
投稿者:アインシュタインの舌投稿日:2002-11-20 17:16:21
1時間40分しかないのにこんなにのんびりやってていいのか?と思って観ていた。ジェルソミーナと別れてからのザンパノの心変わりを主にやると思っていたから。そしてそこで泣かしてくるだろうが、どうかあざとくないようにとも思っていた。
要はうまいストーリーで泣かす映画なのだろうと決め付けていたわけだ。しかしこの映画、リアルさにかけては天下一品ではないだろうか。二発なぐっただけで男が死ぬ辺りは別として。(ちなみに人を殺したことを物語の転機にするのは好きではないが)自分はザンパノに人間性を感じないということはなかった。これがリアルな人間ではないだろうか?世の中ほとんどの人が自分の思ってる以上に利己主義じゃないだろうか?しかし、それは孤独と隣り合わせなんだということ。結局ジェルソミーナを捨てて孤独を選んでしまうザンパノ。そして孤独を体現したラストのシーンのザンパノ。全くといっていいほどロマンスを感じないこの作品は観てて別に泣けはしないが、泣く以上につらい。こんな悲しい映画をフェリーニは何の為につくったんだろうと思うが、こんな映画をつくるのはフェリーニくらいいかなきゃ無理だろうな。
投稿者:映子投稿日:2002-11-14 12:05:38
もう1回よく見直してみるとザンパノにあまり怒りを感じなかった。ジェルソミーナや軽業師に比べると彼の方が当たり前の人間のように思える。純粋に生きられる人間は少ない。誰でも多かれ少なかれザンパノの性質を持っていると思う。
だからなおさらラストシーンが心に染みる。
「この世に意味のないものなんか何もない、道端の石ころにも意味がある」というセリフに感動!
投稿者:Der_Zeit投稿日:2002-10-12 20:32:05
これを最初に見たのは高校生のときだった。
同じ時期に「甘い生活」も見てて、あの「傑作」と比較した結果、この映画が
兎に角「ダメ」に見えた。今でもそのときの感想は心に刷り込まれている。
でも、あれから10年経って今見返すと、「ダメ」なのになぜか泣けてしまう。
年をとって、優しくならなければならない、というのを知ったからなのだろうか。

今「ダメ」だと思っている人も、いつかまた見返して欲しい映画だと思います。
再見のスパンが長いほど、冒頭からの涙腺が緩むと思います。
投稿者:ママ投稿日:2002-08-10 10:30:05
僕にはまだこの映画の「良さ」わかりませんでした。
孤独な二人を描き、最後のとても切なく終わってしまう。気になったのが字幕。突然ジェルソミナの言葉が乱雑になったり、それも意図的?ジェルソミナの笑顔も僕には理解できない。
でもある意味リアルな人間を描いてると思いました。ザンパノみたいな人間は多いと思います。
近年の映画の様にエンターテイメント的ではなく、より人間の真の姿を見れた気はします。ジェルソミナの母親なんかの最悪でしょ!でもこの映画をみて「清清しい」とか「良い映画だ!」とは思えない。僕もまだまだです。
投稿者:balthazar投稿日:2002-07-15 14:16:36
この映画、海に始まり海に終わるというのは以外と大きな意味があると思う
投稿者:longisland投稿日:2001-09-12 00:49:23
フェリーニすきです、ただ本作品だけは苦手・・・ なんか悲しい・切ない感じが観ていて辛いんですよ。個人的には、ラストに希望が見出せなかった。
確かに映画としては名作だと思いますが感覚的に観るのが辛い。
どっちかといえば、フェリーニの明るい感じの作品が好き。
投稿者:ドトウ投稿日:2001-06-21 05:01:44
確かに、ザンパノの短絡的な言動は、人間の本質を体現していると思う。内面に持つ感情を抑制することなく吐き出して、欲求を満たしている。どうやら本作は、そんな彼がジェルソミーナの死によって人間性を取り戻すシナリオらしい。

ラスト、ザンパノの涙について。彼が泣いた訳はなんだろう。考えられる理由の一つは、ザンパノが、人間性を甦らせたことによって過去の愚行(直接的にはジェルソミーナへの愚行)に気付き悔恨したから。そしてもう一つは、ジェルソミーナを愛していたからだと推測される。この論拠とするところは、彼が改心したのは一人目でも二人目でもなくて、ジェルソミーナの死からという点である。なぜ彼女の死が、非道な彼の心をそれ程揺さぶったのか。ここから、ジェルソミーナに特別な想いをよせていたという理由が類推できるのだ。とすると、彼女への粗暴な態度全ては「愛情の裏返し」ということになる。ということは、本作は奥手男ザンパノの「純愛物語」とみれないこともない(笑)。もしそうだとしても、愛する者が死ななきゃ分からない彼の愚鈍さに同情の念は沸かないが。

また他に浮かんだ疑問。一人の人間が理性・モラルを取り戻すのに果たして3名もの死が必要なのか。二人目を死なせても改心の気持ちが起こらないのか。人間というものは、本質・内面に狂気を抱いていても同時に理性と反省能力も内在しているものである。それらに抑止されて外見・外面が形成されてゆくのだから、
ザンパノのような結末に辿り付く事は常識的にはありえない。(いささか観念論的ですけど、普通みんなそうでしょ)だから私は彼の姿をみてリアルさを感じることはなかった。過ちを繰り返す人は大嫌いです。

まあなんにせよ、私がこう余計な推察をするのは、ザンパノの修身の態度が余りにも遅すぎるとみてとったからである。権利の自由を謳いながら、いつまでも自らの言動を律することの出来ない彼には、必然の末路の一端だと思う。
投稿者:shovel53投稿日:2001-02-08 12:59:22
随分依然に見ましたがまた見てしまいました。途中で何度主人公をぶん殴ってやろうかと思ったことか。ラストシーンはやるせなさで胸が一杯になりました。すべての人や物事に対して優しくしてあげたくなる映画です。年令が主人公に近付いてきたこともあり、より感動しました。ジェルソミナは可愛い。
投稿者:DON投稿日:2000-12-18 23:22:10
泣ける映画や何かを考えさせる映画はたくさんありますが、この映画は「泣かせてやろう」とか「これが正しいんだ」みたいな理屈や押し付けが全く感じられなくて、ある意味本当にリアルな人間の生き方を描いてると思います。だから、ほのぼのするところ、格好悪いところ、汚いところも全て入っていながら、映画としての情緒もある。見終わったときには、言葉では表せないけど心の中を何かが通りぬけて、小さいことでくよくよしていた自分を洗い流してくれたような気持ちになりました。現代映画はしばしば偏ったリアリズムやメッセージ性を出したがるけれど、こういう映画を作れる人こそ本当に映画の力を知っている人なのかなと思います。フェリーニ監督はスゴイ!そしてジュリエッタ・マシーナはキュート!
投稿者:たく投稿日:2000-09-06 01:33:09
フェリーニ作品の大ファンでもないし、古い映画が特に好きでもないのですが、
この作品は今見てもとてもすばらしいと思います。
言葉では上手くいえないけれど。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 脚本賞トゥリオ・ピネッリ 
  フェデリコ・フェリーニ 
 ■ 外国語映画賞 
■ サン・マルコ銀獅子賞フェデリコ・フェリーニ 
■ 外国映画賞 
□ 作品賞(総合) 
 □ 女優賞(国外)ジュリエッタ・マシーナ 
■ 外国作品賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】道2014/03/22\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】道2014/03/22\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】道2009/02/20\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】フェデリコ・フェリーニ パック 「道」+「魂のジュリエッタ」2005/11/25\4,699amazon.co.jpへ
 【DVD】道2002/04/25\3,500amazon.co.jpへ
 【DVD】道1998/10/25\3,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】レンタル有り
 【VIDEO】レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION