allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ウインズ(1992)

WIND

メディア映画
上映時間125分
製作国アメリカ/日本
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1993/06/05
ジャンル青春/スポーツ

 Photos
ウインズ

【解説】
 コッポラが製作総指揮、彼の下で「ワイルド・ブラック/少年の黒い馬」を撮ったバラード監督の、「ネバー・クライ・ウルフ」以来10年ぶりの劇場用作品。前記二本の動物映画で解るように、ロバート・フラハティ的な周到さで確かな自然描写を心がける作風がよい題材を探しあぐねるのか、寡作な彼は、世界最大のヨットレース“アメリカズ・カップ”を題材にしても、やはり人間ドラマよりレース・シーンのドキュメンタリー的興奮が印象深い。しかし脚本に、ロードムービー多かりしニューシネマの中でも、その決定打の「断絶」を書いたルディ・ワーリッツァーが参加しており、場面の自在な展開と、主人公たちのボヘミアンぶりがそれらしい。彼らがドン・キホーテよろしく、大資本が絡むチームを相手に、ほとんど自分たちの力で挑み、全米代表権を獲得するまでのくだりが特によい。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
656 9.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:taisu-k投稿日:2007-11-29 17:34:04
もう10年以上前に見た映画なので、内容は正直よく覚えていませんが、絵のきれいさ、迫力、音楽の良さを覚えています。ヨット経験者なので、今更ながら、見たい映画です。数あるくだらない映画がDVD化されているのに未だにDVD化されません。おそらく権利関係で難しいのでしょう。もったいない。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-09-15 12:58:05
 いやー、実に清々しい! 観終わった後にこんなに清々しい満足感を得る作品も珍しい。夏の季節に観る映画としても実に最適な一本だ。

 ストーリーはちゃんとあるんだけど、キャロル・バラード監督の作風は役者の演技よりも表情の方に重きを置いているようで、特に主演カップルの実によい表情を的確にカメラに捉えている事に成功している。特にジェニファー・グレイの繊細で豊かな表情や彼女のボディ・ランゲージなどが実に魅力的だ。アメリカの若い女性が持つチャーミングさがひしひしと感じられる。

 もちろんヨット・レースのシーンも凄い迫力。レースのルールはよく判らないけど、観ていると本当に過酷なスポーツだと感じるなあ。
投稿者:marty投稿日:2007-01-21 21:11:31
青春映画の最高傑作、音楽もGOOD!14フッターのレースがとてもかっこいいですね。こんな映画は2度と作られないでしょうね。
投稿者:ゆうま投稿日:2007-01-18 23:57:15
自然派バラード監督らしい、静と動の美しい自然描写の数々、ダイナミックなレースシーンの迫力(撮影はジョン・トール)で、型どおりのドラマ展開(別に悪くはないんですが)を帳消しにする、さわやかな青春スポーツドラマの快作。P・ポールドゥリスの音楽も相変わらず燃えますし、「ダーティ・ダンシング」「フェリスはある朝突然に」など当時お気に入りだったジェニファー・グレイがとってもいい!
投稿者:Randy投稿日:2000-11-17 13:02:36
かなり面白い。

静かなシーンとダイナミックなシーンの対比がいい。
敗北の焦燥感と勝利の喜び!ストーリーは非常に分かりやすい。

体育会系の部活をやっていた大人の人にお勧め。かなりの部分で
共感できるのでは?

ジェニファーグレイらぶ♪
【レンタル】
 【VIDEO】ウインズレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION