allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

密殺集団(1983)

THE STAR CHAMBER

メディア映画
上映時間109分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1984/06/
ジャンルサスペンス
密殺集団 [DVD]
参考価格:¥ 1,490
USED価格:¥ 900
amazon.co.jpへ

 Photos
密殺集団

【解説】
 法的証拠が無いというだけで野放しにされている犯罪者。その現状に憤りを感じる若き判事は、私設裁判を開き自らが制裁も行う“影の法廷”の存在を知る……。法の盲点にスポットを当て社会派メッセージを盛り込んでいるが、P・ハイアムズは娯楽色の強いスリラーに仕上げている。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
322 7.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:塚原新投稿日:2012-10-10 22:01:21
よくあるテーマなんだけど、判事という立場が非常に面白い。
刑事だと「なぜ悪党を野放しにするんだ!」というストレートな怒りだが、判事の「自分が悪党を野放しにしている」という自責からくる怒りは、見る者に別種の深い共感を与えている。
M・ダグラスもこういった役にはピッタリで、生き生きとして存在感が強い。
ただ、後半の作りは映画的な展開や見せ場を重視するあまりに、無理が生じている感じ。
特に“影の法廷”のメンバーがあっさり無実の者を見捨てるあたりは、ご都合主義展開と感じる。主人公を無理にヒーローの立場にするために、悪と位置づけたのだろうが、テーマからズレている印象だった。
投稿者:uptail投稿日:2011-12-27 09:23:11
シャロン・グレス
投稿者:Tom投稿日:2004-10-23 14:04:27
『パラックス・ビュー』じゃなく、普通に考えるとイタリア映画『黒い警察』とかじゃないかな。ハイアムズは社会派ではなく、元ネタからオリジナリティある作品をつくる事ができた才人だった。
投稿者:wao投稿日:2004-05-01 01:18:33
ピーター・ハイアムズは「カプリコン・1」からのお気に入りで,「ハノーバー・ストリート」「アウトランド」と今ひとつの作品が続いた後の本作の出来栄えに,公開当時はひたすら感激していました。しかし,この作品はアラン・J・パクラ監督作品の「パララックス・ビュー」を妙に意識して作られているように思います。同作を見ればもう一目瞭然です。ストーリーこそ全く違いますが,マイケル・スモールの醸し出す音楽や作品全体のトーンはほぼ同質のものです。だからいけない,というつもりはありません。作品自体は,皆さんの言うとおり,ハイアムズ流にアクション仕立てになっていて,パクラ作品より幾分スタイリッシュで小気味いいです。ハイアムズは,「カプリコン」でもパクラの「大統領の陰謀」を意識していたことを公言しているだけに,当時はパクラ,パクラなのでしょう。アイディアに関して言えば,まるで作品のテイストは違うものの,本作の10年以上前に違法収拾証拠の証拠能力のあり方に一石を投じた「ダーティ・ハリー」という傑作があるわけで,正義感が暴走し警察権の濫用に発展する「ダーティ・ハリー2」ともダブリますね(この作品や「カプリコン・1」でもハル・ホルブルックが悪役を演じていた。この人が出てくるだけで,ああもう黒幕だな,と勘付いてしまうだけに,キャスティングには一捻り欲しかった。「大統領の陰謀」は良かったけどね)。ちなみに,ドン・シーゲル監督,チャールズ・ブロンソン主演の「テレフォン」では,ハイアムズは脚本参加しています。でも,ハイアムズはあくまでハイアムズに徹してほしいです。この人が再びこのジャンル(陰謀アクションスリラーとでもいいましょうか)に返り咲いてくれないか,と期待しているのは私だけでしょうか?ところで,この映画,数年前にwowowでノートリミング版が放映されているのですが,今のところ本国でもDVD化される見通しがなく,ファンとしては残念でなりません(仕方なく放映時に収録したDVDで我慢しています)。日本の配給会社から圧力かけてもらえないもんかなぁ。スナイパーでも送り込んで…な〜んて言ってたら,ついに本国で発売されちゃいましたねぇ。誰かが実行してくれたのかな…。ついでに日本版も催促してほしいと言うのは虫が良すぎ?
投稿者:まめちゃん投稿日:2003-08-07 15:10:38
社会派メッセージという点ではとてもいい題材を扱ったと思うのですが、証拠品が正当に見つけられたものでないからという理由で、被告人が次々に釈放されていくのは話が作られすぎかなという気がしました。マイケル・ダグラスの演技はいつもとてもいいと思っています。今回も。ただ、わざわざ殺されかけることわかっていても、悪いやつらを助けようとするばか正直なキャラクターには???
投稿者:ロスマク投稿日:2001-11-07 00:47:11
ハイアムズと言えば、疾走感のある追跡シーン。この映画でも、刑事と犯人のカッコいい追いかけっこが見られます。そんなハイアムズも、最新作の『ヤング・ブラッド』では流行りのワイヤーアクションに挑戦したとか。止めときゃいいのに・・・。
投稿者:dadada投稿日:2001-04-07 08:07:39
社会派ミステリーっぽく展開して、結局のところ最後は爆破シーンだ、ダストシュートを転がり落ちる追っかけシーンだ...と、やっぱり、ハイアムズは力技。
劇場公開時は「バイオレント・サタデー」の併映作。
確かパンフも売っていなかったような気がするが、こちらの方が圧倒的にわかりやすいサスペンスで面白かった。
マイケル・ダグラスも、現在のような脂っこさがなく、すんなりと正義に燃える熱血漢を演じている。
投稿者:うらら投稿日:2000-12-26 11:24:17
まだ若い、颯爽としたマイケルダグラス主演。正義感の強い判事を演じております。いやらしさは微塵もありません。
ストーリーは、裁判、法律の矛盾といったシリアスもので、結構ハラハラです。
意外にも(失礼)面白かった。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】密殺集団2009/07/03\1,419amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】密殺集団レンタル有り
 【VIDEO】密殺集団レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION