allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

未来は今(1994)

THE HUDSUCKER PROXY

メディア映画
上映時間111分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(シネセゾン=アスミック)
初公開年月1995/01/14
ジャンルコメディ
未来は今 [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 973
amazon.co.jpへ

【解説】
 会社買収を狙う役員たちの陰謀によって新社長に担ぎ出された新入社員。株価が急落する中、新社長のアイデア商品が思いがけないヒットとなる……。プレストン・スタージェスやハワード・ホークスの一連の作品や、フランク・キャプラの諸作を思わせるが、コーエン兄弟が何の工夫もなく過去の作品の焼き直しを図る訳も無く、“悪夢のスクリューボール・コメディ”とでもいうべき作品に仕上がっている。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
14102 7.29
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-28 03:22:46
ポール・ニューマンが良い演技してる。時間を止めるアイデアは少し反則?
投稿者:なちら投稿日:2010-11-25 23:17:25
JJリーがB・キャンベルとガガガーっと喋りながらタイプをバキバキ打って仕事を仕上げてしまったり、
何をやっても減給される一方的な入社のオリエンテーションとかの、ああいうノリは好きだな。

今回はコーエン兄弟でなくS・ライミが目的で見たんだけど、あまり影響を感じなかった。
監督じゃないしね。

オフィスの名前を張り替えるオッサンの、まさかのアクションに驚き。
ぎこちなさにハラハラしたよ。
投稿者:mototencho投稿日:2010-05-09 19:53:20
ビッグ・バジェット(大予算)の作品もマイ・ペースでこなしてしまうコーエン兄弟。彼らとティム・ロビンスが組んだ珍品。彼は定番の“ウドの大木”を間抜けに演じて大成功なのですが、そこにポール・ニューマンを巻き込んで笑いを加速させていますhttp://mototencho.web.fc2.com/2007/secretli.html#hudsuckerproxy
投稿者:こじか投稿日:2010-04-16 01:18:26
子どもと観れるコーエン。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-22 16:15:03
ティム・ロビンス
投稿者:クリモフ投稿日:2008-09-07 15:37:28
この映画、コーエン兄弟の中ではあまり良くない、みたいな評価ですが、これは面白いでしょう!なんでなんだろう?いつものコーエンコメディといっしょでぶっ飛んでいてたまらなくハッピーです。会社の最下層にいる憎めないアホが社長になるっていうすっとぼけた話ですが、楽しい映像とあいまって、飽きることがない。それでいてちゃんと巧みな脚本。うーん、まさにコーエン!
ティム・ロビンスのアホッぷりも最高ですが、悪玉のポール・ニューマンがめっちゃかっこいい。ジェニファー・ジェイソン・リーもしゃべるしゃべる。
ファンタジーですなぁ。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-04-25 17:50:25
この映画はだいぶ前に借りて見た。その頃、近くのビデオ屋のオープンセールか何かでレンタル・ビデオが一本10円で借りられてた時だった。借りた理由はただ一つ。スティーヴ・ブシェミが見たかったから!でも一瞬は言い過ぎかもだが本当に出番が少なかった。何かバーテンダーの役だったと思う。ストーリー的にはあまり好きではなかったし、ティム・ロビンスやポール・ニューマン、ジェニファー・ジェイソン・リーなどの豪華なキャストの割にはイマイチな出来だと思う。(まさに10円で十分な映画だ)
投稿者:william投稿日:2007-03-06 11:40:54
行き詰まったらとりあえず飛んでおけ。
投稿者:ASH投稿日:2006-08-13 20:31:19
 優等生的っていうか、要するにキャプラ作品のリテールなんでしょ?
投稿者:bond投稿日:2005-11-07 13:11:08
やっぱり、時計台にいた黒人のおっさんは神かなんか?でも時間止めてロビンスの落下は止まっても、雪は止まらないのか。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-05 22:23:47
コーエン兄弟だと、なんか深読みしてしまいます。
投稿者:jyunn投稿日:2005-02-10 20:46:53
【ネタバレ注意】

ティム・ロビンスはやっぱりうまいなと思います。
ポール・ニューマンもいまだに格好よい。
○のアイディアは面白いと感じました。

投稿者:シガテラ投稿日:2005-01-18 03:25:19
それにしてもシドとハッドサッカーはどういう女の趣味してのかね。
投稿者:フリクリ投稿日:2004-09-24 01:02:12
この映画ほど笑ったものは無いよ。
投稿者:O投稿日:2004-06-19 16:09:32
「ショーシャンクの空に」、「ザ・プレイヤー」、そしてこの作品と、まるっきり違うタイプの役を(しかも、とても近い時期に)演じて、いずれも成功しているティム・ロビンスというのは、すごい役者ですね。この作品では、彼の童顔も大いに味方して、「こいつ本当にバカなの? いや、どこかに光るものがありそう…。ああ、やっぱりバカだった…」と、作中人物とともに振り回されてしまうほどの名演技だと思います。
ジェニファー・ジェイソン・リーも、この役にぴったりですね。この役そのものが、いわゆる「おいしい役」といえるのかもしれません。彼女が好演している作品をもっと観たくなりました。「リー」の綴りがヴィヴィアン・リーと同じですが、何か関係あるのでしょうか。
元社長のシーンも、時計係の人のシーンも最高です。
スティーブ・ブシェーミは、せっかく出てきたんですから、もっと何かやらかしてほしかった。もったいない。
ところで、○と○を考案したのは本当に同じ人で、その人物がこの主人公のモデルなのでしょうか? だとしても、まさかこのストーリーは伝記的な事実とは関係ないと思うんですが、そのあたりはどうなっているのでしょう。
それにしても、よくできたコメディですね。お買い得価格のDVDを出してくれたら、すぐに買うんですけど…。

投稿者:パタママ投稿日:2004-02-01 20:11:52
ティム・ロビンスが問題かも。映画全体がモッサリしててもう一つピリッと来ない。演技力というより姿かたちのせいかも。もうちょっと芸達者なコメディアンがやればなぁ。
ポール・ニューマンは上手い。
しかし、子供と一緒に見るなら、いい作品です。ハイ。
投稿者:きのこきのこ投稿日:2003-11-21 16:48:07
昔から思うんですが、チャールズ・ダーニングって
社長、州知事とか大統領とか、何でそういう役どころが多いんでしょうね?貫禄かな?

この人の得意とする、どこか噛み合っていない不思議オヤジキャラが、たまらなく好きだったりします。
悪役顔なのにホンワカな雰囲気、年を追うごとに膨れ上がって行く体型・・・元々は、ダンスインストラクターだったという経歴を含めて
何となく、微笑ましい俳優さんだと思いながら見ています。
コーエン兄弟の得意とする、こういう毒の効いたファンタジーテイストの作品には
実は欠かせないキャラなのかもしれません。
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2003-08-07 18:08:47
「幸福」に選ばれる人の定義に付いて
コーエン君の講演を聞いてみたくなった。。。
投稿者:トレマー図投稿日:2003-03-22 15:05:00
これのモトネタって“素晴らしき哉、人生!”だよなあ。たぶん
投稿者:トリガー投稿日:2003-02-26 19:12:23
コーエン・ブラザースことジョエル・コーエン&イーサン・コーエンが長年温めてきたという企画がジョエル・シルバーにより遂に実現したという純粋なコメディ。コメディ作品だけではなく、現代ノワールも撮り続けている彼らからは想像も出来ないほど雰囲気の明るい。いや、明るすぎる作品だ。「ファーゴ」「バーバー」などブラックユーモアをふんだんに混ぜ込んだ彼らのサスペンス作品から、ブラックユーモアに溢れたコメディを連想すると間違いなく肩透かしを喰らう。織り交ぜようとしているのは分かるのだが、ティム・ロビンスやポール・ニューマンなど毒気の微塵も感じられない俳優が「明」と「暗」を中和してしまっているのが問題。(ブシェミの出番が少ないのも問題だ!)つまり真面目なイメージにブラックな笑いがどうも似合わず、上手く笑ってやれないのである。設定、展開はエキセントリックでとても面白いのに。エキセントリックなれど、伝えようとしているメッセージはハッキリと確立している。十分に楽しめるけれども、何か物足りない。どうも満足いかない作品でした・・・。コーエン兄弟には「ビッグ・リボウスキ」に期待。
投稿者:とし投稿日:2002-08-29 18:05:52
コーエン兄弟の他の作品の毒のきつさがあまり好きでない私にとってはこれはいいです。つらいことや悲しいことがあると「GO EAGLE!」と心の中で叫んで自分を元気付けます。(このフレーズの意味分からない方は映画観てね)
投稿者:mioumiou投稿日:2002-07-04 23:20:14
コーエン兄弟の中では一番好きかも
なんといっても私の好きなT・ロビンス J・J・リー そして御大 P・ニューマンまでもが出てるしね
先日 フラフープとフリスビーの考案者の訃報が新聞に載ってました
T・ロビンス演じる あの男性はちゃんとモデルがいたんですね
それをファンタジック&ノスタルジックに描いたコーエンはやっぱすごいです
ますます この映画が好きになりました
またビデオ 借りてこよ(^^)
投稿者:seiji投稿日:2001-08-05 16:51:19
かのジョエル・シルヴァーでさえ、
コーエンをハリウッド風味に改造することは出来なかった。
といいつつも、ちょっとだけハリウッド的だったかな。
ニューマンのドスのきいた声にビックリ。http://www5b.biglobe.ne.jp/~movie
投稿者:華猫投稿日:2001-07-15 02:55:12
ベストofコーエン兄弟な一作です〜。
コメディとファンタジーと毒の割合が、ちょうど、私のツボなんです。
ハヤイハナシがアメリカンドリームでサクセスストーリーのメルヒェンなんだけど、(あまりヨクナイ意味の)ハリウッド風リアリズムに固執しないで、あっさりとファンタジーにしてるとこが、ウマイというか、身が軽いというか。
「ルール違反だけど、仕方ないだろ?」ってセリフには痺れましたね〜〜(笑)

キャラもイイです。要所要所に、インパクトのあるヒトが配置されてて。
童顔のティム・ロビンスは今回はホントに純朴な青年(イカニモ、メルヒェンの主人公みたいな)ってカンジだし、
オーガニックバーの連中も賢者モドキでオカシイし、ハッドサッカー社長は一体ナニ考えてんだかだし、
時計台で決闘する二人は、それまでストーリーにほとんど参加してないのに、すごい存在感あるし、
でもなんといっても、悪役に徹してるポール・ニューマンが、メチャ、カッコイイ(笑)

で、そういうメルヒェンを、あっさりと納得させちゃうテクニックがすごくウマイと思いました。
ズボンの縫い目のシーンとか、輪を追っかけて子供達が走ってくシーンとか、短い時間にドラマを凝縮して。
一つ一つのシーンをあんまり深く考えさせない。「考える」より「感じる」、「思う」映画なんだなーと。

。。でもふと気がつくと、この劇中では、たった1ヶ月しか、経過してないんですね──!
投稿者:kn2投稿日:2000-09-13 00:23:56
 確かに、コーエン兄弟の作品で、コーエン兄弟の映像で、コーエン兄弟のひ
ねりようなんだけれど、どうも弱い。ティム・ロビンス演じるノービルがずっ
と「まぬけな顔」といわれるところは、『ファーゴ』でブシェミが「変な顔」
と言われつづける場面を思い起こさせるし、地下の郵便室の映像なんかは、
『バートン・フィンク』のあの暗澹さに似通っている。
 でも、それだけなんですよ。筋だって大体予想がつくし、映像の工夫だって、
「ふーん」とは思うけど、驚くほどではない。くすりとするけど、爆笑するわ
けでも、始終ニタニタしてしまうわけでもない。たとえば、最初の社長が飛び
降りるシーンなんて、かなり面白いのだけれど、それはただ単にあの場面が面
白いというだけで、作品全体の面白さにはつながってこない。
 どうしたんだろう、コーエン兄弟。おそらくこの映画を評価する人もかなり
いると思いますが、私はちょっと納得いかない。いや、面白いんですよ。面白
いんですけど、「もっとできるよコーエン兄弟」と言いたい気分にさせます。
 やはり、見たのが2回目だったからでしょうか? 1回目見た時はもっと楽
しめたような気がします。でも、本当にいい映画は何度見ても楽しめないとな…
「ビッグ・リボウスキ」は2回目でもぜんぜん面白かったし。http://cinema-today.hoops.ne.jp/
投稿者:KAZOO投稿日:2000-07-12 13:31:41
『ファーゴ』の印象がすごくってそのあとコーエン兄弟の作品を
いくつか見たんだけど、『ファーゴ』が最高!って感じ?

「ふぅ〜ん。だから?」という印象しか残らない映画だけれど
そういう映画をみたい時ってあるよね。そういう時にオススメな映画。

結構クールな役が多いと思われるティム・ロビンスが
3枚目を演じている、というのが唯一の特典かな?http://www5a.biglobe.ne.jp/~kazoo/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ パルム・ドールジョエル・コーエン 
■ 美術賞デニス・ガスナー 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION