allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

魅惑(1949)

ENCHANTMENT

メディア映画
上映時間101分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(大映洋画部)
初公開年月1952/08/15

【解説】
 原作はルーマー・ゴッデンで、『嵐ヶ丘』的でもある、語りようによっては面白くなりそうな話だが、何か上っ面をなぜただけの演出で、中盤以降、完全に失速するI・ライス監督作。最も撮影監督トーランドが実質的な監督だったとする説が有力で、ライスはその尻拭いに登板しただけかも知れない。いきなり、舞台となる“館”の独白で始まる物語は、そこの現在の当主である退役将軍ロロ・デイン(ニーヴン)の回想と、彼を訪ねた兄の孫娘、米軍婦人部隊のブリゼル(E・キース)の現在の若人の恋愛が交互に描かれる。ロロは館で兄妹同様にして育ったラーク(ライト)を愛するようになったが、彼女を憎んでいた姉の介入で仲を引き裂かれ、彼女はイタリアの侯爵家に嫁ぎ、ロロは生涯を独身で通した。だから、ラークの甥の負傷兵パックス(グレンジャー)と恋に落ちたブリゼルが、戦争を理由に彼と別れようとしているのを知ると、自分の二の舞はなるな--と、彼女を叱咤するのである。果して、どちらの恋愛の描かれ方もいたって底が浅く、トーランドの技巧も場面転換の処理に、ちょっとニヤリとさせられるだけ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【レンタル】
 【VIDEO】魅惑レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION