allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

名探偵登場(1976)

MURDER BY DEATH

メディア映画
上映時間94分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COL)
初公開年月1976/09/23
ジャンルミステリー
世界の5大名探偵とともに華麗な晩餐会と殺人にご招待します!?
名探偵登場 [DVD]
参考価格:¥ 1,523
価格:¥ 1,523
USED価格:¥ 1,483
amazon.co.jpへ

【解説】
 豪華キャストで描いた、探偵コメディ映画。億万長者ライオネル・トウェインから招待状を受け取った、ミロ・ペリエ、サム・ダイヤモンド、ジェシー・マーブル、シドニー・ワン、ディック・チャールストンら5人の探偵一行は、北カルフォルニアにある、霧の立ちこめる彼のビクトリア調の豪邸に続々と到着した。だが広間に通された彼らのテーブルには何も用意されていない。と、その時、突然辺りが暗闇になり、再び明かりがついたと思ったら、いつの間にかホストのトウェインが席に着いていた。“時計の針が真夜中の零時を告げる時、このダイニング・ルームで誰かが殺されるだろう。この殺人事件を解いた者には世界一の名探偵の名誉が与えられる”と告げると、再び部屋は暗転し、彼は忽然と消えてしまう。邸の出入口と窓には全てロックがされ、閉じ込められてしまった彼ら。一体犯人は……? この映画の面白さの魅力は大きく分けて2つある。先ず、よく練られた見事な脚本! 二転三転するストーリー、随所に謎解きの要素を散りばめながらなおかつそこに笑いを挟む巧みさ、あっと驚く結末等、流石ブロードウェイ喜劇の名脚本家、ニール・サイモン書き下ろしなだけはある。そしてそれぞれの探偵を演じる役者の素晴らしさ! D・ニーヴンをはじめ、P・セラーズ、P・フォーク、M・スミス、A・ギネスと、個性的な彼ら各々の妙演が映画の面白さを何倍にも膨らませている。まさに見どころ満載といった、コメディ映画の快作。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
533 6.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:炙り明太子投稿日:2015-09-08 19:26:28
当時の典型的中国人イメージのじゃべり方&声のトーンが最高!
「博士の異常な愛情」同等の迷演技と思います。

ピーターフォークは肉声より小池朝雄の吹き替えの方がやはりしっくりくる。

投稿者:黒美君彦投稿日:2015-09-03 15:44:50
【ネタバレ注意】

もっと探偵小説やその手の映画に詳しかったら、そして英語の細かな言い回しまで聴き取ることが出来たらきっと100倍とはいかなくても30倍は楽しめただろうに…と思ってしまう。
ハンフリー・ボガードが演じた『マルタの鷹』(1941年)のサム・スペードをパロったサム・ダイヤモンド(ピーター・フォーク)。『影なき男』(1934年)のニック・チャールズと妻・ノラをパロったディック・チャールストン(デヴィッド・ニーヴン)とマギースミス。『支那の鸚鵡』(1927年)のチャーリー・チャン警部はシドニー・ワン(ピーターセラーズ)。エリキュール・ポワロはモロ・ペリエ(ジェームズ・ココ)で、ミス・マープルはジェシカ・マープルズ(エルザ・ランチェスター)。
盲目の執事を演じたアレック・ギネスも怪演だが、何といっても謎の人物ライオネル・トウェインを演じたのがあのトルーマン・カポーティだというのが驚き。
公開当時、何もわからずに観て訳がわからなかった記憶があるが、改めて観ると諸手を挙げて面白い!とは言えないものの、くだらない中にも名優たちが楽しそうに演じるのが楽しくて、ついつい最後まで観てしまう。
推理小説もほぼネタが尽きたと意識され始めた頃の奇妙なパロディ。
きっともっと小ネタが散りばめられているのだろうに、詳しくないのがうらめしい、と思ってしまいました。

投稿者:bond投稿日:2007-04-29 16:33:01
旬の名役者揃えてのコメディ。確かに最後でのミステリーへの批判は一理あるかも。ゆったりと観れる。
投稿者:irony投稿日:2007-03-24 17:35:32
 真犯人が果たして誰なのか?さぁ一体誰なのか?それは見てのお楽しみ。コックと執事のやりとりはもう可笑しくて可笑しくてツボにハマりました。フィリップ・シーモア・ホフマンがカポーティにそっくりと言うのもこの作品を見て納得しましたね。地味ながらジェームズ・クロムウェルのちょっと若かりし映像も見れて…あんまり変わってないかぁ?
投稿者:シネマA投稿日:2006-04-17 10:35:22
 名脚本家ニール・サイモンがお遊びに徹して書きあげた喜劇。
 ある意味、マニア向けの作品かもね。クラシック映画や探偵小説の予備知識があればあるほど愉しめるから。
 ツボにハマったひとには至福のひとときが待っています。
 私は知ってるから笑えるぞ、なあんて、観客の自尊心をくすぐる嫌味さもちょっぴりあるかなあ。

 とにかく、配役が豪華です。主役級の喜劇俳優がぞろぞろ登場。5人の名探偵。招かれた屋敷の使用人たち。ことごとく変人ぞろい。そして殺人予告が……。
 そうそう、作家のトルーマン・カポーティが俳優として出演しているのをはじめて見ました。
 音楽担当はデーヴ・グルーシンだったんですね。当時、フュージョンで一世を風靡した作曲家兼キーボード奏者。

 最後。怒涛のどんでん返しの馬鹿馬鹿しさ。しっかり笑わせてもらいました。
 ミステリの結末なんてなんとでもなるものさ、っていう、ものすごい皮肉でもありますね。ニヒリズムすら感じてしまう。
 まったくナンセンスきわまりない娯楽映画なので、けっして腹を立てたりしないでください。
 私は嫌いじゃないです、これ。
投稿者:nicky投稿日:2006-03-23 00:36:10
“豪華なディナーと殺人への招待状”が、5人の有名な探偵に送られてくる。

脚本:ニール・サイモンのとにかく会話が絶妙!
最初っから最後までフェイントの連続で、目が離せまっせん!!http://ameblo.jp/nicky/entry-10010473640.html
投稿者:Ikeda投稿日:2004-10-16 19:03:43
有名な名探偵として、クリスティのポワロとミス・マープル、中国人探偵のチャリー・チャン、ハードボイルド時代のサム・スペード、「影なき男」のニック&ノラが一堂に会する楽しい映画です。但しチャリー・チャンと言っても1930年代にアメリカで流行ったワーナー・オーランド主演のもので、戦後の香港のものとは違います。
謎解きとしては、さほどではありませんが、奇抜なストーリーが良いです。推理の進行としてはクリスティの小説に似ていますが、ラストが面白く、「最後の5頁で初めて犯人登場とは汚いぞ」というよう台詞が愉快でした。
俳優ではポワロに扮するジェームズ・ココとスペードのピーター・フォークが本物らしさを出しています。「チャーリー・チャン」や「影なき男」は見ていませんが、ピーター・セラーズの中国人も名演ですし、デヴィッド・ニーヴンとマギー・スミスの二人もウィリアム・パウエルとマーナ・ロイの雰囲気が出ているのではないかと思います。それにしてもマープル役のエルザ・ランチェスターも映画出演の最後に近いですが、若いのに驚きました。
投稿者:ゆき投稿日:2004-03-12 14:38:49
 タイトルからして面白そうと思いビデオを借りました。アレック・ギネスの名前もあったしね。名優ぞろいの映画なんでしょうが、あまり詳しくない私にはいまいち?のところもありまして。マスクを剥ぐシーンはこんな時代から行われていたことに少し感動。ピーター・フォークの白のタキシード姿は最高!!
投稿者:島岡投稿日:2004-02-21 00:03:16
ピーター・セラーズとリチャード・ナリタの親子が特に気に入った。マギー・スミスとディビッド・ニーヴンのチャールズトン夫婦もいいしとにかく楽しい作品ですね。
投稿者:tomason投稿日:2003-04-28 13:30:49
何と言っても、ホスト役のトルーマン・カポーティとアレックス・ギネスに10点です。ギネスは何かのインタビューで見たのだが、この映画に出演しながら「スター・ウォーズ」って映画に誘われているんだと言っていたような...知らない人が見たら、絶対に同一人物とは思えないでしょう。本当に名優ですね。しかし...トルーマン・カポーティのはじけ具合はもっと凄い。「冷血」原作で知られる氏の唯一の映画出演作。なみいる名探偵たちへの最後の氏の台詞には本当に溜飲が下がる。もう亡くなっていたと思うが、もっと"俳優"カポーティーを観たかった。観るたびに少しづつ古くなって行くけれど、他の豪華俳優陣たちの演技とともに、わたしにとって大事な映画です。出来れば12チャンネル辺りでやったら、吹き替え版でご覧になることをお勧めします。
投稿者:sleuth投稿日:2002-10-29 10:56:14
コメディーとは知らずに見てびっくり。あの俳優がこんな役で、、。豪華スター共演。あまりにもミステリーっぽい音楽と映像の中で繰り広げられるよく考えられたギャグの数々。何回見ても飽きません。
投稿者:パタパタママ投稿日:2001-08-17 10:42:59
随分前に見たけど、とっても面白かったです。
知った顔がそこ、ここに・・
キャラ満載の探偵たち、謎解き、どんでん返し、と飽きさせません。
個性的なキャストによる競演の醍醐味を充分味わえます。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】名探偵登場2015/11/04\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】名探偵登場2007/04/04\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】名探偵登場 <期間限定生産>2005/06/22\1,905amazon.co.jpへ
 【DVD】名探偵登場 <初回限定生産>2005/03/25\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】名探偵登場2002/06/28\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】名探偵登場レンタル有り
 【VIDEO】名探偵登場レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION