allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

召使(1963)

THE SERVANT

メディア映画
上映時間115分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(東和=ATG)
初公開年月1968/03/09
ジャンルドラマ/サスペンス
召使 [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 950
USED価格:¥ 3,160
amazon.co.jpへ

 Photos
召使

【解説】
 結婚するために南米から帰った貴族トニーが、バレットという召使いを雇った。完璧な執事ぶりを示すバレットに、トニーは次第にすべてを任すようになる。やがて、二人の間には肉体関係さえ結ばれていった……。一人の召使いのために破滅していく貴族の斜陽を描いたサスペンス・ドラマ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:イエガー投稿日:2016-05-16 00:15:57
最近観た映画は、マドモアゼル、ローズマリーの赤ちゃん、そしてこれ。人間の中にある悪魔性に共通点かな。ダーク・ボガートに参った! 英国音楽好きとしては、デイヴィ・グレアムが出てきたのには感動!
投稿者:クリモフ投稿日:2012-05-29 01:42:06
確かに英国に色濃く残る階級社会への皮肉ってのもあるんでしょうが、良い感じ見えた主従関係になにか不穏さがある雰囲気がなかなか良く、徐々にタガが外れていく緊張感は素晴らしいです。
特にベラ(サラ・マイルズ)が登場してからは、絶対に良からぬ方向へ行く感が丸出しで、彼女の見事な小悪魔っぷりも手伝って非常にスリリング。そりゃ、手を出してしまうわなぁ。
さらにその後は、完全に予測不可能な展開で、貴族と召使いの妙な関係から、すさんだ不気味なラストまで変に怖いです。
演出とカメラもキレがあり、緊張感を高めています。電話ボックスのシーンやバーでの会話が入り乱れるところは感心しました。
好きな作品ではないですが、非常に質の高い一編。役者も良いし、ストーリーも良いしテクニックも冴える、ちと地味なのは英国映画の味の一つでしょう。
投稿者:Ikeda投稿日:2012-03-05 11:11:38
この時代になっても、まだ階級意識が残っているイギリス社会への痛烈な皮肉を込めた作品だと思います。それに主人(ジェームズ・フォックス)と召使(ダーク・ボガード)がそれぞれスーザン(ウェンディ・クレイグ)とベラ(サラ・マイルズ)との関係を絡ませて、かなり面白い映画でした。
ただ、バーで会った召使を再雇用するあたりから後は、どうも不自然で乱雑な演出で、これがジョセフ・ロージーなのかも知れませんが、私にはあまり良いとは思えませんでした。
投稿者:uptail投稿日:2011-10-16 17:09:02
サラ・マイルズ
投稿者:あふるー投稿日:2011-09-11 18:15:01
【ネタバレ注意】

上流階級に生まれ、支配する側なのに精神的に支配される事になんら抵抗も見せず、それを喜んでいるマゾのように見えるトニーが見せる二面性。従順な召使いバレットが言葉巧みにトニーを操り、心理的上位に立って相手を服従させ楽しむサディスティックな二面性。階級社会で真逆に作用してしまう心理がそこに描かれています。

精神的に弱ったトニーが、まるで雪崩の様に一気に崩されて立場が逆転して行く行程は、今まで人生で転んだ事の無い人の脆さの様で、彼の恵まれた境遇の弱点でもあります。そして彼の脆弱性をついて一気に攻め込む召使いは、雑草のように散々踏まれて来た下々の者の強さを見せて、狡猾で図々しくて容赦がありません。

トニーが持っていたのは与えられた境遇であって、自分で築き上げたものではない。階級に対する皮肉が彼の脆弱さに現れていて、崩れたトニーを下品な笑い方で蔑んだ様に見て、「支配階級なんてこんなものさ」とでも言いたげな召使い。彼なりに社会に一矢報いてやったとでも言いたそうなその態度に薄気味悪さを感じます。

投稿者:4531731投稿日:2001-07-23 01:56:21
 身分に見合う生活を送るべく召使を雇う青年のお話。
 ストーリーとしては彼が召使に何もかも奪われ破滅してしまうのだが実際は何も奪われてはいない、何故なら彼の物は初めから何一つ無かったのだから。
 雇う側と雇われた者の立場が雇い主の無能さ故に逆転していく様子をピンターは悪意と嘲笑をもって描いてる、ボガード扮する召使とその妹のおちょくり方が気に入ってる、ワルイやつらだ(笑)。
 貴族という名前はあってもただそれだけ青年は何も知らないし何も出来ない、自分の力で手に入れた物は何一つ無いだから自分の家ででさえ居場所を失ってしまう、召使の2人が自分の部屋を使っているのを見つけて「出て行け」なんて言うが、所詮弱い弱い、この時彼は初めて自分が無力で何の権限も無いのを悟る。
 ボガード扮する召使は悪者とは言えない彼は青年と違って見せ掛けがどれほどバカらしいか知ってるだけ青年と違って自分の力で生きようとしてるだけ、ピンターの脚本には毎回考えさせられるなぁアルトマンの「ベースメント」とかも同じ様な笑いを追及してるけど、彼の監督デビュー作「BUTLEY」が見たい...
投稿者:longisland投稿日:2001-06-23 02:00:04
↓の方のコメントから、たぶん凄い映画だと想像してましたが・・・・
凄い!!暗い、暗澹たる映画、不条理、でも引き込まれる。
J・ロージー監督って、ブレヒトと交流があったとか、解るな〜〜
しかし、ジェームズ・フォックスの若くてかっこいい貴族役が秀逸。
私も自分のサスペンス映画の10傑にいれます。
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-01-11 22:08:06
 ロージーのロージーたる冷たく暗い演出。それは見事なのだが、どうしてこうも
救いがないのか。実はこういう救いの無さ、この暗さが大好きなのだが。
 個人的にはサスペンス映画の10傑に入る出来映え。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 脚本賞ハロルド・ピンター 
□ 作品賞(総合) 
 □ 作品賞(国内) 
 ■ 男優賞(国内)ダーク・ボガード 
 □ 女優賞(国内)サラ・マイルズ 
 ■ 撮影賞(モノクロ)ダグラス・スローカム 
 ■ 新人賞ジェームズ・フォックス 
  ウェンディ・クレイグ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】召使2014/08/22\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】召使2012/12/21\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ジョセフ・ロージー BOX J・ロージー×D・ボガード×中田秀夫 <初回生産限定>2011/08/26\14,800amazon.co.jpへ
 【DVD】召使2011/08/26\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】召使2000/03/10\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】召使レンタル有り
 【VIDEO】召使レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION