allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ウエスト・サイド物語(1961)

WEST SIDE STORY

メディア映画
上映時間152分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1961/12/23
リバイバル→-72.8→-73.6→-74.11→-75.6→シネカノン-2002.12.28
ジャンルミュージカル/青春
映倫G
ニューヨークから世界中に熱狂と興奮をまきちらしたダイナミックな迫力!最高・最大のミュージカル!

(2002年リバイバル時)
ダンス、音楽、永遠の青春――すべてのエンターテインメントの原点がここに!
ウエスト・サイド物語 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,057
価格:¥ 1,000
USED価格:¥ 983
amazon.co.jpへ

 Photos
ウエスト・サイド物語ウエスト・サイド物語

【解説】
 ニューヨークの下町を舞台に、イタリア系のジェット団とプエルトリコ系のシャーク団の無益な抗争と、その中で芽生える愛と悲劇を描いたミュージカル大作。『ロミオとジュリエット』の構図をウエストサイドのスラム街で展開させたストーリーはシンプルだが、とにもかくにも唄と踊りのダイナミズムに圧倒される(振り付けは共同監督でもあるロビンス)。『クール』『トゥナイト』『アメリカ』など数々の名曲も素晴らしく、アカデミーでは作品・監督・助演男優(G・チャキリス)・助演女優(R・モレノ)・撮影・美術・音響・編集・衣装デザインの他、当然ながらミュージカル映画音楽賞を受賞した。そして何より、マンハッタンを見下ろした俯瞰図の導入部を始めとした、70mmの大画面を活かしきった画面構成が光っている。ソウル・バスによるタイトル・デザインも秀逸だ。2002年に<ニュープリント・デジタルリマスターバージョン>としてリバイバル上映された。
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aサウンド・オブ・ミュージック (1965)
[002]Aマイ・フェア・レディ (1964)
[003]A雨に唄えば (1952)
[004]A風と共に去りぬ (1939)
[005]Aベン・ハー (1959)
[006]Bタイタニック (1997)
[007]Bスティング (1973)
[008]Bオズの魔法使 (1939)
[009]B怒りの葡萄 (1940)
[010]B西部戦線異状なし (1930)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
43370 8.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:カール犬投稿日:2016-09-23 03:48:33
マーニ・ニクソンの吹き替えが絶妙。
きれいなお顔を崩さない程度に歌う口元に合わせてこの音域を出す?
という匠の技。

ナタリー・ウッド濃い目のドーランくらいじゃラテン系移民には見えない。
恋に浮かれたダンスも無邪気なアイドルレベル。

相手役のトニーはちょっとハンサムな家具か壁紙のよう。←空気。

なのでどーしてもジョージ・チャキリスやリタ・モレノらとの
ミュージカルやダンスの力量の差がはっきりしすぎていて
悲恋メインとしたらどうも圧されているというかぼやけてもいる。

かといって底辺移民同士の抗争や社会へのフラストレーションという
モチーフにもどうも食指が動かないんだけどね。

ただそれまでのお花畑ミュージカル映画の歴史に引導を渡すというか
即死でぶった斬るようなこの切れ味には
当時の世相とか戦後スタイルの変化とか、
アメリカのエンターテイメントの転換期みたいなものはなんか感じる。。

楽曲の完成度は高くサントラが売れに売れたというのもなんだかわかる。
(確かうちの田舎の親戚も持ってたしね)

ダンスの振り付けは若さ爆発アクロバティック。

パイオニアは評されて然るべきだし、
問答無用の名作。ビバ青春の思い出映画。という層も確実にいるだろう。

でもどんな映画もそうだろうけど年代によって評価は違ってはくるだろうな。

自分はまさかこの山場でマイケル・ジャクソンが脳裏をよぎるのか〜
困るな〜という世代だった。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-05-31 23:32:32
指鳴らしながら中腰でせまっていったり、
パッとV字に足あげるダンスがどうにもダセェ。
投稿者:ローランド投稿日:2013-09-15 21:14:40
  かの昔に映画館で、その後LDでと何度も観賞していながら、最近になっても中古DVDを見かけると思わず手を出しそうになるのを、いや、まてまて、そのうちに映画館の大画面で観賞できる時があるはずと待ちましたが、ついにその時がやってきました。 午前10時の映画祭という企画は誰が考えたか知らないけど、とてもありがたいことと感謝しております。  

  街を流していた不良どもがやおら格好をつけ揃って踊りだす、この不自然さがたまらなく良いのに、古くからのミュージカルファンの中には気に入らなかった人もいたみたいで、この映画がミュージカルをだめにした、脚を長く見せるため地面を掘り下げてカメラを仰角に構えたのがけしからぬとかのコメントを目にしたことがありますが、映画なんだから、ミュージカルなんだから、カメラの細工も歌声の吹き替えも物語のご都合も、結果良ければすべて良しということではないかと。  

  いがみあい対立しているグループも官憲の前では一致団結をしたり、地面にお絵かきをしている女の子を迂回して心優しさ見せたりと、観る者がこの不良団に対して共感を持つようにしてありますが、でも物語そのものよりも、監督と振り付け担当の手柄かダンスシーンはもとより踊っていない時でもリズムを感じさせる流れのよさと、重厚でありながらダイナミックにはじけ躍動し時には叙情性あふれ心にしみる旋律のレナード・バーンスタインの音楽、このコラボレーションが主役と言っていいほどで、この時代にもうこのようなサウンドとダンス振り付けをやっていたのだなぁって感慨もあり、体育館でのダンスの辺りでもう目を潤ませてしまい、トゥナイトが歌われる辺りでは目を潤ませたものが頬を流れ落ちてしまいました。  

  その音楽の力は決闘に向かうシークエンスで最大に発揮され、まずはジェット団に歌わせて次にはシャーク団、つぎにその恋人に歌わせそして主役の二人にと、歌詞の内容を分からせるようにしておき、やがてそれらが一緒の異曲四重唱となって感動のクライマックスに至りますが、これがもし、異なる台詞を四者が同時に喋ったとしたら騒々しいだけなんであって、オペラやミュージカルならではの優れた表現手段ではないでしょうか。  

  猜刃造念造蕕な束縛の無い居場所がどこかで私達を待っている瓩伐里錣譟▲┘鵐疋レジットにもそのメロディーが流れる哀切が極まって美しさに昇華したようなこの曲は、「風の谷のナウシカ」のエンディング近くにも使われていますね。    

  映画公開当時に、まねして足を振り上げコケてしまい、若気の至り愚の骨頂と笑われた記憶が甦ります(笑)。 でも、若気の至りはやっておくもので、おかげで今も足を頭上まで振り上げる柔軟性を維持しております。
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2013-05-30 00:48:16
テンポの良いストーリー運び、印象的な音楽、華麗なダンス、スタイリッシュな映像、個性的な役者たち。どれを取ってもこれ以上ないほど素晴らしい。
『ロミオとジュリエット』を下敷きにしたと云われながら、『ロミオとジュリエット』とは違うところも注目だ。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-419.html
投稿者:グレコ投稿日:2013-05-12 13:36:08
音楽、ダンス、映像はすばらしい。
ただストーリーが恋に浮かれた子どもの話にしか見えないのが残念。
投稿者:Kircheis投稿日:2010-08-23 07:12:30
【ネタバレ注意】

正直に言うとミュージカルの有名どころでは唯一あまり好きではない映画。

基本ミュージカルってジャンルは大好きだし、この映画も『トゥナイト』をはじめ良い曲沢山あるし、ダンス含めて完成度は高いと思うんだが、決闘でリフとベルナルド死んでからの展開が個人的に性に合わないらしく、ラストのトニーの死でイライラ度がMAXになってしまうのだ。

初めて観たのは小学校の時だが、その時はめちゃ好きだったんだけどなぁ…

とか言いながら、この度4度目の鑑賞してしまいました。

いつ観てもナタリー・ウッド可愛いよ♪

投稿者:こじか投稿日:2010-04-11 16:43:52
名作中の名作!どんなに役者が動こうとも、
一時停止した瞬間に一枚の写真として成り立つほどの画で構成されている。
雨に唄えばとはまた違う、ミュージカル映画の金字塔でしょう。
投稿者:cagney投稿日:2007-02-28 11:25:34
 私にとっては生涯オールタイムベスト1の大好きな作品です。青春のイライラや爆発、恋のドキドキ、ワクワクを歌や踊りで表現し、映画ならではのカット割で心の底まで訴えてきます。
 劇団四季の舞台も見ましたが、頭の中で勝手にカット割してました。
 LDでもDVDでも持っていますが、やはり久々に大画面のスクリーンで見たいです。本作をつくった時、舞台の演出家、映画の監督、作曲家といった作者たちに、まさに創造の神が宿ったのではないかと思えます。それほど好きな映画です。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-04-10 01:01:22
【ネタバレ注意】

でもレイプのシーンまでミュージカル仕立てにしなくてもいいのに。

投稿者:forgive投稿日:2005-04-19 01:03:29
オープニングの俯瞰シーンはさすがロバートワイズですね。
マーニー・ニクソンの歌もこれまたさすが。

ちなみに一番の見応えは、ラス・タンブリンのアクロバットでした。
投稿者:さち投稿日:2004-08-10 05:21:48
良かった
投稿者:Ikeda投稿日:2004-04-19 14:13:27
ミュージカルとしては完成した映画だと思います。歌も良いですが、ジョージ・チャキリスの得意そうな振り付けを中心とした踊りも良いと思います。ストーリーの上では、ミュージカルに向かないという感じがしますが、人種偏見を含めてアメリカの合衆国としての問題を提起している所に興味を持ちました。「ロミオとジュリエット」という話もありますが、こじつけ的な筋立てに無理があり、ロマンチシズムに欠けているので、そのような雰囲気は感じられませんでした。主役のナタリー・ウッドは「三十四丁目の奇蹟」の子役以来で懐かしいところですが、普通の演技で特に感じた所はありませんでした。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2004-03-28 11:36:19
 開幕の俯瞰から、エンドロールの落書き演出まで、こだわりを随所に感じられる作品。 小さな世界を写すことで、大きな世界の縮図を描いてみせる豪快さや、普遍的なテーマを明快に単純に描ける良さが昔のハリウッド映画にはあったのだなぁと思える作品。
 憎しみの感情は何も生まず、相互の寛容や尊厳のない世界が、悲劇しかない現実世界は今でもずっと続いている。
 前に「ロミオとジュリエット」、後に「アウトサイダー」かな。
投稿者:MG投稿日:2004-01-04 22:09:29
ミュージカル映画は好きで何本もみているが、
この作品も非常に優秀です。
ミュージカル映画というと、たいていはダンス中心になりがちだが
これは本当にストーリーを前面にしたミュージカル。
だから歌がとっても活きてくるんでしょうね。
といっても映像、脚本も素晴しい。
投稿者:スキャット投稿日:2003-11-06 16:29:43
自称、映画大ファンでありながら、この作品は今まで映画館で観る機会がありませんでした。しかし先般、リバイバル公開された折、イソイソ!ワクワク!と映画館に足を運びました。でもって久々に映画を観て「感動」を味わった次第であります。もぅ理由はことさら書かない事にします。さらに、ここで観た「KYU」さんのコメントを拝見!一層の「感動」を覚えました。それ程、素晴らしい内容でした。あなた程、この作品の良さを理解している方は珍しいと思います。どうも有難う☆
投稿者:ゆうじ投稿日:2003-01-27 21:06:47
舞台を思わせるような斬新でスピーディーな映像に、見事としか言いようのない音楽。やや強引な展開のストーリーを除けば、自分の中では満点に近い作品。初見時はストーリーばかり追っていたので、物語の底の浅さが気になって仕方がなかったが、音楽、映像に重点を置いて見るようになってから楽しめるようになった。
俳優では、ジョージ・チャキリス、リタ・モレノ両名が光る。まさに一世一代の演技(というか踊り)だろう。反面、主役の二人(特にリチャード・ベイマー)は、ちょっと影が薄い。歌はうまいのだけど・・・と思ったら、歌は吹き替えでした。
投稿者:ポクスンア投稿日:2003-01-27 15:08:46
たくさんの才能が結集して絵空事にすぎないこのストーリーに
重みを与えているからすごい。
カメラワーク、ダンスももちろんだけど、このストーリーを引き締めているのは
何と言ってもバーンスタインの音楽。
あまりに美しい音楽がありがたくて手を合わせたくなっちゃったし、
舞台に勝るとも劣らない臨場感にナンバーが終わると拍手したくなっちゃったよ。
投稿者:shinjuan投稿日:2002-12-29 02:16:07
今の自分にこの作品がどこまで迫ってくれるか、その期待で観にいきました。結果はぜ〜んぜんOK!ここまで造る気、やる気が画面の隅々にまで感じられる映画って今の時代には不可能でしょう。究極まで完成された音楽、静のエネルギー、動のエネルギーが渾然一体となった動き。この映画にストーリー云々なんて感じる暇なんてありませんでした。空撮の冒頭から胸が高まりっぱなし。最高のお気に入りのCOOLのシーンまで涙がほとばしりました。ワイズがまだ健在だとは知りませんでしたが、東洋の片隅で再び上映される日が来るなんて、幸せな人生ですね...。
投稿者:映子投稿日:2002-07-25 16:44:35
踊りのシーンのみまた見たいと思う。ストーリー的には正直言って、もう全然魅力を感じなくなってしまった映画。
投稿者:空三郎投稿日:2001-10-24 21:07:51
私も↓の"さくら"さんと同じでミュージカル映画は苦手ですが、この映画だけは劇場で何度も見ました。
それまでにない革命的な映画で、動きが速く、出演者全員が輝いて見えました。
特に、ジョージ・チャキリス、リタ・モレノのエネルギッシュなこと。
ダンスシーンは、スクリーンからはみ出でそうなくらい勢いがありました。
この映画以降、ミュージカル映画はガラリと変わりましたが、これを超る作品はなかなか出てきません。
劇場公開当時は「何度見ましたか」が合言葉になったとのことです。
それにしても、シェークスピアは永遠に生きていますね。

投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-08-22 17:40:05
小さい時にテレビで家族揃って観た時、私以外は
全員寝てたような。
その後、何回かみましたがまあまあおもしろいで
す。でも、ミュージカルNo1はサウンドオブミュ
ージック!
投稿者:もつある投稿日:2001-02-07 01:41:32
見終わったあと涙を垂れ流しながら「これってロミオとジュリエットじゃん」とつぶやいたが、それこそ製作者達の意図であったと後から知るおそまつ。それまでのミュージカル映画を斬新に変えたであろう映像、ダンス、音楽。当時NYのタクシーの運ちゃんまでもが鼻歌に歌ったというのもまんざら嘘ではあるまい。最後の決闘シーンに向かう若者達が歌う、一見バラバラで玉石混交ながらもその音楽全体が「トゥナイト」の曲にのってまとめられていくあのアンサンブルの妙は、思い出すだけで身震いがする。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 作品賞 
 ■ 助演男優賞ジョージ・チャキリス 
 ■ 助演女優賞リタ・モレノ 
 ■ 監督賞ジェローム・ロビンス 
  ロバート・ワイズ 
 □ 脚色賞アーネスト・レーマン 
 ■ 撮影賞(カラー)ダニエル・L・ファップ 
 ■ ミュージカル映画音楽賞シド・ラミン 
  アーウィン・コスタル 
  ジョン・グリーン 
  ソウル・チャップリン 
 ■ 美術監督・装置賞(カラー)Victor A.Gangelin装置
  Boris Leven美術
 ■ 衣装デザイン賞(カラー)Irene Sharaff 
 ■ 音響賞Gordon E.Sawyer Samuel Goldwyn Studio Sound Department
  Fred Hynes Todd-AO Sound Department
 ■ 編集賞Thomas Stanford 
■ 作品賞 
■ 作品賞(ミュージカル) 
 ■ 助演男優賞ジョージ・チャキリス 
 ■ 助演女優賞リタ・モレノ 
□ 作品賞(総合) 
■ 新規登録作品 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ウエスト・サイド物語2014/08/02\1,905amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ウエスト・サイド物語2012/06/22\4,700amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ウエスト・サイド物語 製作50周年記念版ブルーレイ・コレクターズBOX <5000セット数量限定生産>2011/12/16\6,648amazon.co.jpへ
 【DVD】「ウェスト・サイド・ストーリー」メイキング・オブ・レコーディング <期間限定生産>2018/07/04\2,700amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語 <スペシャル・エディション仕様>2012/09/05\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】「ウェスト・サイド・ストーリー」メイキング・オブ・レコーディング <期間限定生産>2010/09/22\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語2010/08/04\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語2008/11/19\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語 <期間限定生産>2008/08/02\1,714amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語 コレクターズ・エディション2008/04/18\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】「ウェスト・サイド・ストーリー」メイキング・オブ・レコーディング <初回&期間限定生産>2007/11/21\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語2007/10/24\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語 <期間限定生産>2007/01/26\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語2007/01/26\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語 <ベスト・ヒット・プレミアム 2枚組/期間限定出荷>2006/10/27\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語 <期間限定生産>2006/10/27\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語 デラックス・コレクターズ・エディション <期間限定生産>2006/07/26\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語 <期間限定生産>2006/02/01\1,905amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語2005/12/09\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】バーンスタイン/ウェスト・サイド・ストーリー メイキング・オブ・レコーディング2005/09/21\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語2005/07/07\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】MGMミュージカルBOX <初回限定生産>2005/06/03\12,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語 スペシャル・エディション <初回限定生産>2005/04/22\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語2004/11/24\1,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語 <初回限定生産>2004/11/19\1,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語 <期間限定生産>2004/02/20\1,980amazon.co.jpへ
 【DVD】「ウェスト・サイド・ストーリー」メイキング・オブ・レコーディング <期間限定生産>2003/11/21\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語 <1枚買ったら1枚タダ!キャンペーン 第3弾商品>2003/08/29\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語 コレクターズ・エディション <15000セット数量限定生産>2003/07/18\5,700amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語 <期間限定価格>2003/03/07\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】ウエスト・サイド物語 <期間限定生産>2002/06/28\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】「ウェスト・サイド・ストーリー」メイキング・オブ・レコーディング2002/06/26\3,200amazon.co.jpへ
 【DVD】「ウェスト・サイド・ストーリー」メイキング・オブ・レコーディング1999/12/22\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ウエスト・サイド物語レンタル有り
 【VIDEO】ウエスト・サイド物語レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION