allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

モ’・ベター・ブルース(1990)

MO' BETTER BLUES

メディア映画
上映時間129分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=UIP)
初公開年月1991/02/15
ジャンルドラマ/音楽
もっと切ない ブルースを…
モ'・ベター・ブルース [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 800
USED価格:¥ 6,500
amazon.co.jpへ

【解説】
 ブリーク・ギリアムは、人気上昇中のジャズ・トランペッター。彼は幼いころから教育熱心な母親にトランペットを与えられ、辛い練習の末にいつしかプロのトランペッターに成長していた。しかし、彼は才能には恵まれているが、音楽に熱中しすぎる余り、いつも自己中心的な考え方しかできず、音楽以外のものをすべて二の次にしてしまうような人間であった。本作では、「ドゥ・ザ・ライト・シング」や「ジャングル・フィーバー」といった一連のリー作品に観られるような、パワフルな映像と音楽で強烈に感じさせる“問題意識”は作中余りなく、ガラリと様相を変えて、主役であるトランペッターの人生に焦点をあて、また彼の周辺の人間模様を静かに描いている。これは、スパイク自身のジャズへの傾倒をストレートに前面に出したためであるが、ゆえにそういったものに興味がある人にはそれなりに感慨深いものがあるが、それ以外の人にはちょっと感傷的と感じてしまう作品作りになっている。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
321 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:jordandas投稿日:2008-01-13 19:11:58
唇を大事にするあまりキスにも気を使っていたり、練習時間を邪魔されるとキレルあたりは好きだ。「トランペット命」でプロ根性あるなと、思えるシーンである。友人としては相当うざいジャイアントのせいでトランペットを吹くことを断念させられるが、吹けなくなったことも、ジャイアントさえも変わらず受け入れるブリークには頭が下がる。トランペットしか愛せない自分本位な男だと思っていたが、けっこういい奴。この人の生き方がジャズそのものに見える。

演奏している時のみんなは、すごくステキだった。女性二人も知的で、美人で、ブリークを愛することをやめないパワフルな人たちだ。
投稿者:ASH投稿日:2006-08-13 20:22:12
 スパイク・リー好きを自負しておきながら、長いこと本作は認めていなかった。それが擦り切れ寸前のビデオを観て再確認した。やっぱこれは傑作。
投稿者:うっち投稿日:2002-11-17 21:03:33
UAがライヴ・アルバムでこの作品の挿入歌を歌っていたので観ました。『マルコムX』ではビッグバンド・ジャズに合わせて華麗に踊るシーンが印象的でしたが、こちらはモダン・ジャズ。
怪我をするエピソードはチェット・ベイカーを連想させたし、主人公のモデルは特定の誰かというより、モダン・ジャズマン像なのではないかと思います。
投稿者:えいさく投稿日:2002-09-04 10:19:05
昨日テレビで観たんですが、監督のマイルスやコルトレーンに対する深い思い入れが伝わって来ました。始め、マイルスの伝記かなと思って観出したのですが、ラストでここからが伝記かと勘違い、でもマイルスが生まれる前にコルトレーンが?トンでも映画かと思い、今日調べてやっと映画の意味が分かりました。結婚申し込みのときのカット割は少し理解できませんが。
投稿者:sniper7投稿日:2001-09-18 23:32:25
なんで、こんな映画を作ってしまったのか、監督は。
ジャズファンならと、思うかもしれませんが、それはジャズファンに対して失礼なのではないかな。
tpでブルースを奏でる、中途のブルーなシーンは最高なのですが、ラストシーンがヒドイ、そこへコルトレーンの至上の愛を流すなんて、これは評価以前の出来。
スパイクリーにとってジャズってなんなのだろう?コルトレーンへの愛情は全編にわたって感じますが、これじゃコルトレーンが浮かばれないと思いました。
もっとも、これは東洋の一人のジャズファンの想いであって、アメリカで混沌たる人生を送ってきたであろうブラックの根源的な視点とは相容れないというのも、わかります。
【レンタル】
 【DVD】モ’・ベター・ブルースレンタル有り
 【VIDEO】モ’・ベター・ブルースレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION