allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

DENGEKI 電撃(2001)

EXIT WOUNDS

メディア映画
上映時間101分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2001/08/11
ジャンルアクション/ドラマ
DENGEKI 電撃 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 952
USED価格:¥ 1,147
amazon.co.jpへ

【解説】
 アクション・スター、スティーヴン・セガールが「マトリックス」の製作者ジョエル・シルヴァーと組んでつくったエンターテインメント・アクション・ムービー。デトロイト警察のボイド刑事(セガール)は強引で手荒な捜査が災いし、護衛中の副大統領を川へ投げ込んだり、潜入捜査中の警官を取り押さえてしまったりと不手際続き。すっかりダメ刑事の烙印を押されてしまったボイドだったが、黒人警官クラークを新たな相棒に、警察保管庫からのヘロイン強奪事件の捜査にあたる。やがて、警察内部の関与という疑惑が浮かび上がってくる……。
<allcinema>
【吹き替え】

金曜ロードショー(翻訳:松崎広幸/演出:伊達康将/効果:サウンドボックス/調整:阿部直子/スタジオ:オムニバス・ジャパン/担当:稲毛弘之(東北新社))
※このデータは放送当時の情報です。
大塚明夫スティーヴン・セガールオーリン・ボイド
寺杣昌紀DMXラトレル・ウォーカー
藤原啓治イザイア・ワシントンジョージ・クラーク
塩屋浩三アンソニー・アンダーソンT.K
立木文彦マイケル・ジェイ・ホワイトストラット
内海賢二ビル・デュークヒンジス
山像かおりジル・ヘネシーマルケイヒー
江原正士トム・アーノルドヘンリー・ウェイン
池田勝ブルース・マッギルダニエルズ
内田直哉デヴィッド・ヴァディムモンティーニ
斎藤理恵エヴァ・メンデストリシュ
佐々木誠二マシュー・G・テイラーユーセルディンガー
小林優子
牛山茂
田原アルノ
宝亀克寿
大川透
中博史
桐本琢也
古田信幸
長嶝高士
鈴木正和
出口佳代
竹田雅則
中嶋将平
田村聖子
大久保利洋
放送2004/10/15 日本テレビ 金曜ロードショー
放送2011/11/27 テレビ朝日 日曜洋画劇場
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
841 5.12
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:scissors投稿日:2012-11-29 16:06:10
なにもかもが中途半端。
セガールらしくない要素をいくつか取り込んでいるようだけど浮いてるし。
投稿者:こじか投稿日:2012-08-04 12:43:44
なぜか観ました。
投稿者:irony投稿日:2006-04-18 20:25:54
 DENGEKI>ICHIGEKI。及第点ですがな。
投稿者:the hysteric green投稿日:2005-07-09 15:52:49
ジョエル・シルバーのおかげでもう一度男になれたセガール。
最初にハデなアクション、その後ずっとドラマ。そんで後半2回くらいアクションシーンが来て終わる構成は最近の映画によくある。

HIPHOPとかムダにうるせえけど、イマまでないセガールが観れたりしても面白かった。
脇役陣が魅力的でセガールの存在感が薄めだったのは、セガールヤバイぞ!
投稿者:bond投稿日:2005-06-19 23:30:30
デビュー時のきれはなく、ダレまくり。話も凡庸。
投稿者:william投稿日:2005-02-24 20:11:02
ラストの下ネタトークは必聴(たぶんセガールの素の部分なので)。
投稿者:エアマリン投稿日:2005-02-01 02:08:44
セガールのアクションが少し鈍い感じがしました。さほどキレがあるわけで
もないし、肉体バトルよりほとんど銃を撃つシーンが多い。もう少しセガー
ルのアクションを見たかったです。それでもこれまでのセガール作品にはほ
とんどなかったコミカル要素が結構多かったので、新鮮な感覚で楽しめました。
アンソニーも「ロミオ〜」の時とは違い、DMX演じるラトレルが率いる、
警察の不正を暴く組織(?)の一人をコミカルに演じています。この作品
で、アンソニーには悪役は似合わないということを知りました。それに結構
最新の銃器が使われているのも見どころ。セガール作品の中ではやや微妙な
感じでしたが、それでも面白かったです。 [7点]
投稿者:しげまる投稿日:2004-10-30 05:45:24
 相変わらずセガールの技は痛そう。バッシーンとかゴキッて感じ。今回もセガールが相手を痛めつけるたびに思わず「うわっ」と声を上げてしまうあてでおます(^_^;。そんなセガールがワイヤーアクションを行うんやけど、重そう…そない無茶せんでも…。

 相変わらずセガール以外の出演者があんまし目に入んない。女署長が女優としては好きなタイプなので期待したんやけど、パッとせえへんかった。出来ればビッグスターと競演して欲しおますなぁ。ドルフ・ラングレンと重量級対決とか、ジャッキー・チェンと手を組んでセガールがジャッキーをブン投げてジャッキーが敵にダメージ与えるとか(そんなんしたらジャッキーも痛そう…)。

 集団カウンセリングのシーンは結構笑えました。セガールのでかさを使ったお決まりギャグがうまくはまってた(ほんまにはまってた)。
http://sigemaru.mydns.jp/cgi-bin/index.cgi
投稿者:huming投稿日:2004-10-16 15:54:24
セガール先生よりカッコ良くて目立ってたDMX。後で楽屋に呼び出され、セガール拳でボコボコにされてないかちょっと心配・・・。
投稿者:FAT★MAN投稿日:2004-01-15 01:54:26
警察腐敗というシリアスなネタを能天気にハチャメチャに仕上げる監督の力技に手腕を感じた。
という訳で強引なストーリー展開であるが、アクションが見ごたえあるし、ところどころの会話などは笑える部分もあるので、暇つぶしには十分なる、と思う。
エンドロール時の漫才は同監督作品の「ブラック・ダイヤモンド」のほうが面白い(演者は同じ)。映画としてもこちらの方がおすすめ。
投稿者:バック投稿日:2003-11-12 14:10:48
セガールの作品はほとんど見てきましたが、これは途中で見るのをやめてしまいました。ラップという音楽と今時のラッパーファッションが嫌いなので・・・ラップ好きの方ごめんなさい
投稿者:ジュンスカイ投稿日:2003-01-19 01:21:28
途中まで全く面白みも何にもない映画だったが、正義と悪の逆転劇にやや興味をそそられた。でもそこまで。結局セガールのアクションムービーの域を出ることなく、もうこの手の映画は食傷気味。4点。
投稿者:トリガー投稿日:2002-12-19 14:55:06
どの「沈黙の〜」シリーズと比べても(「暴走特急」を除く)
格段に面白い。最後に殺陣を披露し、敵を一網打尽にする
”圧勝”アクションよりセガールは少しギャグを取り入れたほうが
よろしいのでは?本作のユーモアたっぷりのセガールのほうが好感持てる。

んで、そろそろ「沈黙の〜」シリーズ打ち切りにしてよ。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2002-11-29 11:05:18
 セガール作品が年々複雑になってきた。歳でもはや一人の超人的活躍じゃ90分もたないからなんだろうけど、色々工夫している。だけど今作も全くの不調。人物多くして、あえて混沌の入り組んだ世界を狙ったんだろうけど・・・
 格闘場面もアップが多くなってるし、引いて見せれないってのは、それだけ技のキレがなくなったってことだでしょう。だから変なスローとかCGみたいな空中戦で目先を変えてくる。だけど、せめて署長ぐらいは頑固で人情深い味方を一人ぐらいつけて欲しかった。そうすりゃまだ、少しは物語に深みもでたろうに。
投稿者:PEKO投稿日:2002-11-28 00:42:32
中途半端な登場人物がたくさんすぎて、それらを全員まとめようとしたのがかなり強引でした。相棒にはもっと特徴をつけてもいいのでは?アクションは少し派手気味になっていて楽しめました。
銃でヘリを爆破するのは無茶しすぎなのでは?
中途半端な人物達の中で一番のお前なんだった賞をあげたいのは、やはり女署長でしょう。車にエアバックぐらい装備されていないのか?
2002.11.27観賞 5点
投稿者:rupan投稿日:2002-10-12 15:37:33
まぁ「沈黙のテロリスト」よりははるかにいいね。
投稿者:どら投稿日:2002-07-27 17:52:43
セガールもっとがんばれよ。
合気道でボキボキのバキバキが少ない気がしたぞ。
投稿者:shou投稿日:2002-07-06 23:06:41
セガールの映画で一番の成績ってのは分かる出来
でも、そこまでではないけどもね
合気道+ワイヤーアクションというのは、新しい組み合わせでいいし
マンネリを打ち破って新スタイルに挑んだのは正解だったね
セガールよりも、DMXがいい味出してるね
DMXが歌ってる曲いいですね
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2002-06-24 16:36:24
いつもは大男が合気道(本物)で相手をねじ伏せる。だが今回は
いわゆるワイヤーカンフー(普通の女優でもやる時代)。五十を越えた大男の
新しいチャレンジ精神かもしれないがそれが成功しているとは思えない。
お話も・麻薬・汚職・銃の乱射・人殺し・この内容を
コメディー調でやってもらっても今の俺は笑えねー。
むしろ最後のおバカ下ネタトークの方が笑える。。。
投稿者:といっち投稿日:2002-05-20 04:04:50
いつ見てもセガール!悪と戦うセガール!
カーチェイスシーンはなかなかおもしろかった。
毎回“セガール作品はもういーや”って思うのに
何故かしらまた見てしまう。
要するに結局彼の事嫌いじゃないのだ!
本音を言うと・・・・まだまだ頑張って欲しいと思う。
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-03-18 21:57:18
このところもう一つアクションに冴えのないセガールの主演作としては、まあまあの出来。久々に、殴る蹴るを基本にしたセガールアクションを見せてくれる。まだまだ銃に頼っている部分も多いが、町のチンピラ達を早業でのしてしまうところから始まって、いたるところで得意のマーシャルアーツを見せてくれる。セガールのアクションと言えばどうしても鈍いイメージがあるが、本作では幾分キレがよくなったようだ。ただし、対する相手が弱いのは相変わらずで、彼に素手で対抗できるような強大な奴がいない。おかげで、セガール一人大暴れしてチャンチャンというパターンはいつもと一緒。

ストーリーは、典型的なはみ出し警官物。まあ、取りたて欠陥も見当たらない代わりに、これと言った特徴に欠ける。汚職警官達の黒幕についても意外性を出そうと工夫しているが、伏線がきっちり張られていない為、うまく裏をかかれたという感じはしない。また、謎の男の存在も格好よさだけを狙ったようで、ストーリーの流れから浮いてしまっている。全体にストーリー構成に工夫が足りない。

結局、普通のアクション映画というレベルである。セガール主演作としては迫力あるアクションが楽しめるが、他のアクション作品と比較すると何とも平凡な出来。彼以外の俳優の内で、敵でも味方でもせめて一人位セガールを食ってしまうくらいの存在感を示す人がいれば、作品の雰囲気も変わっただろうけど…。

ラストはセガールとは関係なく、トム・アーノルド達の下ネタ対談が延々続く。アメリカ人はそれなりに楽しめるのかもしれないが、ちょっと日本人にとってはしつこい感じだ。せっかくメデタシメデタシで終わった内容に水を注した
投稿者:leon3454投稿日:2002-03-16 00:40:43
ビデオで観賞しました。
私はセガール独特の殺陣(合気道ですよね)が好きなのですが
今回はそれがあまり感じられなかったような気がします。
他の方もコメントされていましたが登場人物も多かったですね。
投稿者:ユキイオ投稿日:2002-02-11 10:48:25
この前に「沈黙のテロリスト(ティッカー)」を観ていたので、この作品が数倍面白く見えた・・・ような気がする。いつもながら、歩くたびにトラブルに巻き込まれるセガールといい、暴力描写炸裂しまくりと言い、やっぱりセガールは、こうでなくちゃ・・・ね。どんでん返しが極端過ぎるのと、周りが悪者だらけというのは物語的にどうかと思うが、セガール主演なら仕方がない。「沈黙の・・・」の題名は、セガール的にこの作品にこそふさわしいと思います。最後の二人の下品なおまけトークは、日本語版で観た方が笑えますよ。
投稿者:桃太郎投稿日:2001-08-30 14:45:53
 沈黙のテロリストではまんまと騙されたのでこの映画はどうなんだと半信半疑で観にいったらちゃんとセガールが主演をやっていたのでひとまず安心。アクションもまずまずでいいのだが話がややこしい。セガールの映画のよさはその単純さとアクションの小気味よさなのだからもう少し単純に善玉、悪玉に分けてやってくれたらもっと良かった。まあ、でも楽しめました。
投稿者:Jeeper投稿日:2001-08-22 00:30:04
 ここのところ、あまりパッとしなかったセガール映画(おそらく本人の紆余曲折がかなりあったのだと思う)だが、久々にセガールらしい映画になった。やっぱりセガールファンはあの胸のすくようなアクションが観たいのだ。セガール自身はキャラクターに深みを与えようと、ここのところ様々な試みをしていたと思うのだが、アクションを期待して裏切られたファンも少なくないことだろう。
 今回は文句なし。
 堪能しました。
投稿者:Sikkan投稿日:2001-08-14 11:59:25
アクション映画のクセにいきなり主人公のプロフィールで始まる初主演作「刑事ニコ」以来、七年間昏睡したり、登場人物皆知り合いだったり、何故かコックなのに無敵だったり、ろくった活躍しないまま空中で吹っ飛んだりと、いつもどこかヘンなセガール映画。主人公集団カウンセリングに行かされるし、最後は延々とTVのトーク番組が流れるし、と今回もちゃんと"ヘン"です。でも今回はそのヘンさが必ずしも面白さに繋がっていないんだよなぁ〜。おまけにストーリーにしても登場人物多すぎで捌ききれていないし、語り口にもうまさがない。これらが足を引っ張って折角のアクションも盛り上りを妨げられているような…。残念でした。セガールは彼の"ヘン"さを面白さに転化できるだけの腕を持ってて、ストーリーもちゃんと語れる腕の良い監督と組むべきだと思うな。
投稿者:スー投稿日:2001-06-04 10:28:07
今回はセガール映画の中で久々のヒットだと思います。
今までの映画と雰囲気はガラッと変わってしまいましたが、
セガールファンでなくても楽しく見られる作品になってるんじゃないかと思います。
アクションの見せ方がとても良くなっていると思います。
やはり「マトリックス」の制作者のおかげでしょうか?
非現実的すぎるところが気になりますが、
アクションはこのくらいでもいいかな、と。
ただ、あまりに変わりすぎてセガールの味が消えてしまっている感じもあって、
セガールファンにはちょっと物足りないところもあるかな?
投稿者:竹盆投稿日:2001-06-02 12:03:56
どうも今までのセガール作品とはちょっと感じが違う気がしました。セガールの浮き具合が気になってしまったなぁ...。こんな込み入ったストーリーには向いてないぞ!それに、あの女署長はなんやってん!って突っ込みもチラホラ聞こえてきそう...。

ラストエンドロール時の下品な会話は聞くに耐えないかも...。http://takebon.oheya.to
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ブレイクスルー演技賞(男優)DMX 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION