allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

赤い橋の下のぬるい水(2001)

メディア映画
上映時間119分
製作国日本
公開情報劇場公開(日活)
初公開年月2001/11/03
ジャンルドラマ/ファンタジー
映倫R-15
いけない秘密ほど、いとおしい。
赤い橋の下のぬるい水 [DVD]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 3,926
USED価格:¥ 2,280
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:今村昌平
製作:豊忠雄
伊藤梅男
石川冨康
企画:猿川直人
製作総指揮:中村雅哉
プロデューサー:飯野久
原作:辺見庸
文藝春秋刊『赤い橋の下のぬるい水』、角川書店刊「くずきり」(『ゆで卵』所収)
脚本:冨川元文
天願大介
今村昌平
撮影:小松原茂
美術:稲垣尚夫
編集:岡安肇
音楽:池辺晋一郎
照明:山川英明
録音:紅谷愃一
出演:役所広司笹野陽介
清水美砂逢沢サエコ
中村嘉葎雄黒眼鏡・釣りの老人
ミッキー・カーチスヒゲ・釣りの老人
矢野宣ハゲ・釣りの老人
坂本スミ子山田昌子
北村有起哉魚見新太郎
小島聖田上美樹
ガダルカナル・タカ立花泰造
夏八木勲魚見正之
不破万作ゲン
北村和夫タロウ
倍賞美津子逢沢ミツ
【解説】
 巨匠・今村昌平監督が“水”をキーワードに、男と女の奇妙な愛の姿を描くファンタジー。第54回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールにノミネートされ、観客からの絶賛を受けた。主演は今村作品「うなぎ」でも共演した役所広司と清水美砂。倍賞美津子、中村嘉葎雄、ミッキー・カーチスらが脇を固める。
 ホームレスの集落を訪れた失業中の中年男・陽介は、そこで人生の師と仰ぐ老人・タロウの死に直面する。生前、タロウから「盗んだ金の仏像を、能登半島の日本海に面した赤い橋のたもとの家に隠した」と聞いていた陽介は、富山湾沿いの赤い橋のある土地を訪れた。そこで陽介は、たもとの家に住むサエコと出会うが、彼女の体には不思議な現象が起きていた。体内に水がたまると悪いことがしたくなり、快感と共に水を放出するというのだ。それ以来、陽介はサエコから水がたまったと知らせが入ると、赤い橋の家に駆けつけるのだが……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
956 6.22
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:seisakuiinkai投稿日:2012-10-25 05:15:12
掃除のシーン見てて「こんなに?」と思った。www.seisakuiinkai.com
投稿者:こじか投稿日:2010-04-24 18:12:15
もうプロットを知った段階でやられた。
とても惹かれてしまう作品。
確かに昔の重厚感はなく、
現代人にもとっつきやすい雰囲気なのだが
これはイマヘイの新技と捉えれば肯定的に嬉しい。
ラストはもはや伝説。
投稿者:4531731投稿日:2008-12-14 02:27:55
失業して東京で職探しを続ける男、笹野はホームレスのじいさんの夢と化す。
どういうことかといえば、一般社会人の認識だと失業者は実在しない、夢のような存在でしかないのだ。
おまけに彼は妻と子供と別居中であり、持ち家も売却済みである。
職も家族も家も無い男は存在しないも同然なのだ。
そんな笹野は富山県氷見市に流れ、そこでも地元の人々のファンタジーと化す。
笹野は、生前のタロウじいさんの「赤い橋のそばにある家にお宝がある」という言葉通り赤い橋の傍にある家を見つける。
そこには逢沢サエコというなぞの女がいて、笹野は彼女と唐突にねんごろになる。
開店休業中のまんじゅう屋であるその古い家は老人の肉体のようであり、その古い家屋の中での2人の熱い戯れは、
老人の体内にみなぎる性的妄想、空想のようである。

町の人々も、みな夢を見ているのが興味深い。まんじゅう屋のそばで毎日釣りをするじいさんたちは
まんじゅう屋のそばに座っているおばあさん、逢沢ミツの若かりし日に想いを馳せるし、
アフリカからマラソン留学している黒人には街の活性化という願望が反映されているのだ。
夢破れた笹野は、愛する人と暮らすことが出来なかった夢破れたミツとタロウじいさんの思い出を演じ、
他の老人たちはミツの若かりし日を想い、その思い出に身を焦がす。
「考えなくなったらそいつは人間じゃねえぜ」さすが今村昌平。
夢には二面性があるが、今村はその良い面を肯定する。「夢しか見れないならそれでいいだろ」という人間賛歌。
http://blogs.yahoo.co.jp/kristiancirkusjoe
投稿者:ウメ投稿日:2003-11-03 21:47:24
【ネタバレ注意】

大方のコメントを読んでからこうやって書くのもなんですが、私、泣けました。もし私が噴水女だったら、これほどまで切ないことはありません。やってやってはやく!以外なんて言えましょう?映画はおしなべてすべてファンタジーと思っています。監督のリアリティと私のリアリティがシンクロしたとき、映画を見るという喜びにはまるのです。難しい批評はわかりませんが、楽しんだ映画でした。最後のレインボウ、監督のハッピーメッセージを受け取りました。ただまっしぐらにやるのみ、アホであり、アホでなく。

投稿者:yanco投稿日:2003-01-20 16:41:52
円熟か、気力の衰えか。役所広司、清水美砂という配役を選択すること自体、過去のイマヘイから大きく隔たっている。確かにもう役者がいないかもしれない。
投稿者:ジュンスカイ投稿日:2003-01-18 02:59:25
随所に水の描写があるが、それは塩分を若干含んだしょっぱい水に違いない。オーバーな潮吹き女は羊水の象徴。母=海を表しているのだろう。7点
投稿者:dadada投稿日:2002-10-29 20:54:50
今村昌平監督の映画は、「復讐するは我にあり」以降の今村ブランドが確立されてからの映画しか知らない。どの映画も一貫して生や性への執着をネッチリ描いていて、監督の自作におけるこだわりぶりが明確にうかがいとれる。
この映画も相変わらずのお元気ぶり。大げさな噴水描写は、にっかつ時代の金子修介映画を彷彿とさせるブッ飛びぶり。
ラストの海岸で主人公二人が交わす学生演劇みたいなやりとりや、唐突なニュートリノのお話には???...だけれども、元気のイイ映画であることは間違いなく、良かった、良かった。
こういうのを観てしまうと、今村監督の昔の映画を観たくもなる。もっと、アクが強かったのだろか?...ちょっと怖いなぁ。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2002-10-13 14:33:16
不遇といったら今更申し訳無いが、つまらん。最近は本当に不発。寓話でもファンタジーでもなんでも良いのだが、映画に入り込んでいけるだけのノリがない。少なくとも私には・・・。自己満足の匂いすらする。
 スムーズに進行して行く物語も悪くはないが、緩急もなく平坦な感じしか受けない。ねっとりとした、毒々しい作風はもう無理なのだろうか・・・
投稿者:映子投稿日:2002-10-13 12:47:37
邦画のファンタジーってやっぱり暗いね。艶笑コメディーと何かの解説にあったけど全然笑えなかった。本当に好きな人に出会って情熱を噴出したということなのかな。よくわかりません。
投稿者:theoria投稿日:2002-07-03 20:32:34
いくら好き者の潮吹き女でも「程度」というものがある。何でも行き過ぎは宜しくない。「中庸」が一番である。映画とはいえ、あんな勢いで噴出されたら男は身体ごと吹き飛ばされるだろうに。それとも清水美砂のナニはそんなにガ○ガ○なのだろうか?「出して出して・・」「もうダメお願い・・」、バカバカしい。まさに愚の骨頂。そんなに放出させたければ、いっそのコトもっとアメリカンにネバネバした液体にして「卑猥感」を際立たせるか、前述のように吹き飛ばされて障子にでも頭を突っ込ませておいた方が失敗作なりに愉快でいい。最後の最後まで噴水ゴッコをしているので、子供が見たら何と言うだろう。その反応にこそ興味がある。しかし「うなぎ」「カンゾー」とやらも、つまらなかった。今村昌平では「豚と軍艦」「にっぽん昆虫記」以外となれば「楢山節考」が一番面白く観ることが出来た。諸賢が言われるが如くに「土臭さを極めれば普遍性を獲得する」。この揺ぎのない真実を追究する今村昌平の姿勢を今一度観てみたいものだ。悲しい哉!まぁ無理であろうか・・・。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ パルム・ドール今村昌平 
□ 主演男優賞役所広司 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】赤い橋の下のぬるい水2002/05/02\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】赤い橋の下のぬるい水レンタル有り
 【VIDEO】赤い橋の下のぬるい水レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION