allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ドリフト(2000)

順流逆流
TIME AND TIDE
SEUNLAU NGAKLAU

メディア映画
上映時間112分
製作国香港
公開情報劇場公開(SPE)
初公開年月2001/06/02
ジャンルアクション/犯罪
殺し屋に憧れた男。殺し屋をやめた男。
ドリフト [DVD]
価格:¥ 839
USED価格:¥ 770
amazon.co.jpへ

【解説】
 「ダブルチーム」のツイ・ハーク監督が、「わすれな草」のニコラス・ツェー主演で描くバイオレンス・アクション。タイラーは香港のバーで働く21歳の青年。ナンパした若い女性ウォンが妊娠したことに責任を感じた彼は、手っ取り早く大金を稼ぐため、闇組織のボディガードとなる。一方、35歳のジャックは元傭兵で、妻ジョーと幸せな日々を送っているが、彼女の父である香港金融市場の大物ホンは、それを歓迎していなかった。そんなホンを護衛するタイラーだったが……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
424 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HongKongMovieFun投稿日:2005-10-23 04:16:47
ツイ・ハークはアクション有りの芸術的作品に仕上げようとしたのだろう。
ウォン・カーウァイ意識したのかな。
見方に寄っちゃ悪くいないけどさ。

4.5点
投稿者:キャメロンディアス投稿日:2003-11-13 20:49:48
超難解なストーリーと香港特有のSFXなしワイヤーアクションが見事に
融合したバイオレンスエンターテイメント作品。宣伝コピーのように
『ハリウッドを越えた・・・』とは言えないが理解難解なミステリックな
内容とインパクトの効いたアクションは凄いとは思う。ただストーリーを
アメリカへの挑戦状にするためにアメリカ的なストーリーを香港で使って
しまったのでアクションがかなりパンチが効いてるのに勿体無い・・・・。
香港的なストーリーで挑めば良かったのに。
投稿者:彬 翔投稿日:2003-08-17 13:06:58
まともにストーリーを考えながら観ていたら、だんだん腹が立ってきます。
香港映画界が世界に誇るワイヤーアクションとガンアクションだけを楽しむつもりで観ることですね。
投稿者:オハニーニャ投稿日:2002-12-08 09:40:55
このストーリーそうとう無理があると思うな。
うん。
投稿者:沢村駿投稿日:2002-09-19 00:54:53
この作品、ハッキリ言ってカメラワーク&画のスタイリッシュ度ではそーとーすごい(と思う)。
ただ、あまりにもストーリーが意味不明なのが難。監督が自己満足でつないだ映像を延々と見せ付けられているような気分になってしまう。
おかげで、僕はこの作品はアクションシーンしか楽しめなかった。(それだけでも魅せられてしまうんだけど)

もっと「平易に叙す」ということを学べよ、ツイ・ハーグ!作品はあくまで「観られるもの」であって、「見せてやっている物」ではないんだからな!
個人的にはもう1回観たい作品でもあるのだが、多分もう1回観てもやはりストーリーはチンプンカンプンだろうと思う(理解力全然無いもので)。
でも画だけで何だか楽しめる。
尽きるところ、そういった不思議な作品なのかもしれない。
投稿者:ブツブツ投稿日:2002-01-13 21:16:57
主役の方よりウー・バイの映画でしょ。これ。
あの身軽さと渋い表情。
両足広げてドアを開け銃を構える。
相手が誘いに乗ってこないと見るや体をひねり
壁を蹴り上げ移動。恰好よすぎる。
投稿者:タケキチ投稿日:2001-06-02 20:46:31
正直な所、僕はそれほど熱狂的な香港映画ファンでもないし、
ツイ・ハークの監督作も数えるほどしか観ていないので、
この人の個性やら力量やらは良く知らないんですが。

でも・・・はっきり言って、こりゃ酷いや。
ストーリーは過去と現在、複数のエピソードが
ごちゃごちゃに入り乱れて、何が本筋なのか訳分からんし
(しかも、どのエピソードも見事なまでに陳腐)
一番の見せ場、と言うか、この映画を観に来た
唯一の目的である、アクションシーンの迫力も、
何だか意味不明に細かく切り刻まれたカッティングと
登場人物の位置関係を全然計算してない
いい加減な演出のせいで
(本当、観てても「何で、この人達ここにいるの?」って
基本事実がサッパリ把握出来んのよ)
ただ、ひたすらに退屈。
全然興奮も緊張も味わえんのですよ、見事なまでに。

オープニングの陳腐なモノローグを聞いた瞬間から
思ったんですが、この映画ってもしかして
ウォン・カーウァイの作風を狙ってる?
カーウァイ風青春映画と、典型的B級アクション映画の
組み合わせ。
いずれにしても、これは凄い食い合わせの悪さだよ。
何か、古今東西のあらゆる美味い食材を組み合わせたら、
今まで食べた事も無いような、不味い料理が出来ました、って感じ。
本当、おかげで当分香港映画はたくさん、って思いました。
間違いなく、現時点での僕のワースト1。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ドリフト2009/12/02\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ドリフト <期間限定生産>2007/08/29\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ドリフト <期間限定生産>2005/06/22\1,905amazon.co.jpへ
 【DVD】ドリフト <初回限定生産>2005/03/25\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】ドリフト2001/12/07\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ドリフトレンタル有り
 【VIDEO】ドリフトレンタル有り
 【VIDEO】ドリフト <吹替版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION