allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

誘拐犯(2000)

THE WAY OF THE GUN

メディア映画
上映時間119分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アスミック)
初公開年月2001/06/09
ジャンルサスペンス/犯罪

【解説】
 「ユージュアル・サスペクツ」の脚本で世界中を震撼させたクリストファー・マッカリーが初監督を務めた、大富豪夫妻の子を身ごもった代理母を巡って繰り広げられるクライム・サスペンス。出演は「トラフィック」で一躍スターの仲間入りを果たしたベニチオ・デル・トロ、「クルーエル・インテンションズ」のライアン・フィリップ、「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のジュリエット・ルイス。しがない二人のアウトロー、ロングボーとパーカーはふとしたことから大富豪チダックの子を宿した代理母ロビンの存在を知る。さっそく二人はロビンを誘拐するが、チダックが実は裏組織と通じていたことから二人は殺し屋にも追われることに……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1384 6.46
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:シネラマン投稿日:2014-05-19 18:34:57
始末屋の役は…ジェームズ・カーンのために用意したみたいに感じる。というのも、「ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー」を見た人ならフランクが暗黒街で生きてたらこんな風な親父になってるよねと思わせる設定だもの。
銃の構え方なんてまんまフランクじゃないかって、思わずにやり。
こんなオマージュはうれしいよね。
投稿者:gapper投稿日:2010-02-22 22:22:51
【ネタバレ注意】

 同性愛者らしきチンピラ的コンビが裏の大物の代理母の中にいる子供を誘拐する話。

 クールな行動やアクションが売りであろうが、パーカー(ライアン・フィリップ)とロンバーグ(ベニチオ・デル・トロ )のコンビが強すぎるのがアンバランスで違和感を感じる。
 裏社会のエリートとも言える2人の護衛を出し抜きたいよう以上にやりぬくというのは、出だしのアホさ加減と相容れない。
 ジョー(ジェームズ・カーン)も電話で話したばかりの場所に現れるという予知能力がある位なのに、部下をやられたりと苦戦するといったおかしな部分が無ければすばらしかった。
 ラストも金の無い二人が防弾ベストも着ているなの特殊部隊ばりの強さというのは納得しがたい。

 カーンは闇世界を生き抜いてきて暇で一人ロシアンルーレットをするくらいの人物としては、迫力が足りなかった。

投稿者:きらきら投稿日:2010-02-10 20:27:46
この作品、単なる失敗作と片づけるのはちと惜しいような気がします。

大抵の映画作品は謎をばらまいて、その回答を順次提示することで受け手の関心を惹いています。登場人物の過去というのはその謎の常套的な素材としてよく使われることは周知のことと思います。
ところがこの「誘拐犯」そうした「謎―回答」という図式に対して、冷ややかな態度でいます。

主人公ふたりはなぜつるんでいるのか?
医者の過去の失敗と現在とはどう結びついているのか?
ヒロインの女は金以外になにを望んで代理母になったのか?
老いた殺し屋はなぜ自殺をしようとしたのか?

冷静に考えればこうした疑問が浮かんでくるのですが、そうした謎を謎にさせないまま物語を進めていきます。
ちょっとヘミングウェイっぽいストーリーテリング法です。

俳優などの演出に関しての弱さが、たぶんこの作品を成功作から遠ざけさせているのかもしれませんが、それでもチャレンジした作品として買ってもいい。
そんな気がした一本でした。
投稿者:bond投稿日:2008-08-21 10:43:20
出だし好調で脇役も渋く固めてるのに、チグハグな行動なため、いまいち入り込めない、脚本のせい?ラストの銃撃戦はザ・メキシカンのパクリ?
投稿者:ジーナ投稿日:2008-08-07 01:57:47
要となっている心理戦の部分が分かりづらかったのが残念。
そこがしっかり伝わってくれば、かけひきや葛藤・苦悩を交えて楽しむことが出来たのですがソレが希薄なため銃撃戦のイメージしか残らないという結果に・・・。
無駄に思えるシーンもあるなど監督の意図が分からないトコロも(汗)
内容に厚みがないのであればシリアス調ではなく、スタイリッシュでクールでユーモアのある作品に仕上げた方が面白くなったかも。
たまに笑えるくだりはあるんだけどね・・・。

代理母に着眼点を置いたのは新鮮で良かったです。

ストーリーは同じままで他の監督さんバージョンを観てみたくなる作品でした←やんわり監督批判?(笑)

ベニチオ・デル・トロはやっぱりイイ味出してます。
寡黙なので心情は掴みにくいですが、迫力もあって渋みもあって時々可愛くて
、、正直120分観れたのは彼の次の表情が見たかったからかもしれません。
ジュリエット・ルイスのテンパり具合もハマってました。
ライアン・フィリップの血の気の多さも意外性があって良かったですし、余裕綽々のジェームズ・カーンも素晴らしいアクセントになってました。

・・・って事で、私の評価の大半は役者陣によるものです(笑)
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-02-23 13:49:19
【ネタバレ注意】

 自分は最近鑑賞したのですが、観る前にガン・アクションのシーンが凄いという噂を聞いていた為、どうもそういうアクション・シーンばかりに思わず目が行ってしまいました。
 
 冒頭の誘拐シーンで最初のガン・アクションが始まるのですが、直接には見せずに建物の外で起きている激しい銃声のみしか聞こえてこない。その銃声が、パッン、パッンと乾いた音。自分は最初、外で爆竹の弾ける中国の祭りが始まったのかと思いましたよ。今までたくさんのアクション映画を観てきたけど、こんな迫力の無い銃声のアクション映画は初めて。これだけで、この監督は何かこだわりのある奴じゃないかなと思いました。

 皆さん仰る通り、ストーリー展開が致命的。なんかよくわからないので、スッキリしない。登場人物の行動がいまひとつ判らない。妊婦がどうしてエレベーターを降りて外へと向かって歩いていったのか? かつて医療ミスしてそのことがトラウマになっている男が何故産婦人科医を今も続けているのか?

 でも、いろいろと印象に残るシーンが一杯ありました。ジェフリー・ルイスの絶命シーンは最高。代理母の胎児写真を見てニヤリとする女の顔。ラストのセリフ。

 そして、最後のガン・アクションはぶったまげました!!

投稿者:メカゴジラ投稿日:2006-08-28 15:59:04
【ネタバレ注意】


なかなか面白いと思うんだけど、サスペンスとアクションの両方を
欲張りすぎて中途半端になっちゃったのが残念。どちらもいまいち
盛り上がらないのよ。
ただクライマックスの銃撃戦は凄いね。大口径のアサルトライフルで
壁をボカスカ撃ち抜いて応戦するとか、マイケル・マン級にマニアック
&ハードな描写。これだけでも見る価値はあり。
ラスト、ゴミみたいに置いていかれる主人公二人の姿が印象的。
爽快感ゼロ。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-03-26 10:07:22
別にレールを引いたって事はない筈なのだが、何か乗っかっちゃった若者2人が、運悪く貧乏くじ(相手は最悪)を引いて華々しく…って感じ。
ジュリエット・ルイスの雄たけびは凄い(マジやばい)。熱演。(故にドロドロになっちまうのだが)胎盤を剥離し、帝王切開を受け、…ドアに穴まで空ける。
初めは金欲しさ、が人間って気持ちが変化する生き物だ。ボスの息子、ボディーガード、ボスの妻、ボスの戦友(?)、そして妙に銃撃がうまい犯人達。
壁を貫通する銃撃は凄まじく、ラストも良く出来ているが…まぁ面白いっちゃー面白い映画なのかもだ。(人間ドラマ的な寄り道etc.が楽しめなかったら…2時間は長いかも…僕もケツを叩くところは好きだな)
投稿者:シオカラ投稿日:2006-01-25 13:27:01
この映画はラストの銃撃戦の為の映画だと思うw確かにラストは面白い!
ガバメントや拳銃のリロードシーンが良い、シューティングゲームのような緊迫感が有るのでガンマニアは見るべし。
しかし何故ここまで評価が悪いのか…。ラストだけで250円ぐらいの価値は十分あると思う、自分は白けなかった
投稿者:マイカル投稿日:2006-01-10 18:26:53
あの銃撃戦には白けた。
投稿者:william投稿日:2005-03-23 22:35:46
全体的に安っぽいB級映画のような雰囲気が漂っているけど、ストーリーは悪くないと思う。もうちょっと登場人物の設定を濃くしたら、もう少し深い作品になったと思うのだけど。
ラストがちょっと「明日に向かって撃て!」みたいな感じだった。
投稿者:COLT投稿日:2004-05-04 10:21:52
この映画でデルトロを知り、ファンになりました。話しは単純で誘拐で金儲けしようというものですが、役者の演技、雰囲気[特にデルトロ]ははまっていてよかった。拳銃好きの私としては彼等の銃さばきは玄人っぽく映り、ラスト10分の銃撃戦はCQBの戦術を習ったかのような、リアルで気持ちのいいアクションでした。只、妊婦を誘拐するというのは、抵抗を感じました。2作めも作られるのであれば、期待したいし観てみたい。何が言いたい映画かと言えば、人間粋がると足下すくわれるということでは?
投稿者:nehane215投稿日:2004-04-26 03:41:00
ぜーーーーーんぶ。
しかも粗雑なつくり。あぁー。
銃撃戦も大したことありません(トラップ?だけ感心した)。
投稿者:Johnny投稿日:2004-01-30 20:03:05
『ユージュアル・サスペクツ』の脚本家が仕掛けた新たな罠ー
って言う触れ込みだったので楽しみにして、
観たが残念な結果に終わった…。

映像はチープでどこか古くさい感じで好きでした。
ベニチオ・デル・トロとライアン・フィリップのコンビも良かった。
これまでの定義を覆したカーチェイス?も案外イケてた。
ラストの銃撃戦も迫力があって楽しめました。

結論は、ストーリー抜きで考えれば、まあまあ好きな映画!
投稿者:Carol Sakeski投稿日:2003-12-05 11:14:31
もともとそれほど好きじゃないけど、ベニチオさん。
目の下のくまがものすごい彩が濃くて、そこに
ばーっかり目が行ってしまいました。
つまり、ストーリーは全然おもしろくなかった…。
銃撃戦という点ではまあまあかとは思うけど、
ただ撃たれるだけという映画も加えるとしたら、
“俺たちに明日はない”のラストには遠く
及ばないな。もちろん、私の中で、の話ですが。http://www010.upp.so-net.ne.jp/Carol_s/
投稿者:ロスター投稿日:2003-09-21 18:18:25
結構コメディタッチかと思っていたら、モロシリアス。誘拐犯の
2人だけではなく、富豪夫婦周辺の人間までもがストーリーに深く
関わってくるのは良い。ちょっと唐突なシーンが多く冷める事も。
ラストの銃撃戦は一見の価値あり。
投稿者:座間投稿日:2003-07-11 15:10:07
ちょっと呆れます.一体全体犯人はどこに弾丸を持っているのか?湯水の如く
拳銃を撃ちまくりますが,とても弾薬を携行しているとも思えぬ軽装の犯人が
撃つ事,撃つ事….途中から開いた口がふさがらなくなります.
話の筋もまったく成り行き任せで,ガンアクション以外の演出もないに等しい
トンデモ映画です.観ていてツマラナイだけでなく何となく憤りが残る後味も
ワースで,私の観たワースト10に入る作品です.
投稿者:wayu投稿日:2003-03-02 01:29:26
全員、身勝手すぎるよ。
投稿者:トリガー投稿日:2002-06-29 03:36:46
だらだら調子の雰囲気は最悪。
しかし後半に近づくにつれてだんだんとハードになってゆく
銃撃戦アクションはみもの。というか凄い。
ラスト10分の銃撃戦は映画史上最高の銃撃戦なのでは?
どうせなら、全編アクションで一貫させてくれよ。
胎児に身代金がかけられるってアイデアは面白いんだから。
投稿者:dadada投稿日:2002-05-19 20:16:20
サディスティックで、悪趣味...だけど、だから、最後まで何だか観てしまう映画。腹に響く銃撃戦の迫力は見もの。結局、とっ散らかって、だらだらしていて、よくわからん映画なんだけれど、お行儀の悪さだけが魅力かなぁ...。
投稿者:JJ投稿日:2002-05-13 12:17:53
結局、何を描きたかったの?いったい、誰をどうしたかったの???さっぱりわからず、不快極まりなかった。臨月の妊婦を誘拐するという非常識さ、無意味な銃撃戦、ただ痛々しいばかりで、なんだか見ていてとっても気分の悪い映画だった。
ジュリエット・ルイスの妊婦姿もとっても不自然(大げさ?)で、違和感を感じた。
投稿者:JJ投稿日:2002-05-13 12:17:54
【ネタバレ注意】

結局、何を描きたかったの?いったい、誰をどうしたかったの???さっぱりわからず、不快極まりなかった。臨月の妊婦を誘拐するという非常識さ、無意味な銃撃戦、ただ痛々しいばかりで、なんだか見ていてとっても気分の悪い映画だった。
ジュリエット・ルイスの妊婦姿もとっても不自然(大げさ?)で、違和感を感じた。

投稿者:さだじ投稿日:2002-04-21 21:31:01
 ストーリーは「ユージュアル・サスペクツ」みたいなもの期待するとアウトっす。小ぢんまりとした上に、大して広がりを見せません。テンポも悪く、少なくとも2時間もかけて作るような映画じゃないでしょう。主人公二人の出番も意外と少ないです。ラストも「だから?」で終わります。

 しかし、劇中にある銃撃戦は最近の「マトリックス」やらに代表される「見た目重視のかっこよさ」ではなく、役者の銃の持ち方だとか、しっかりと作り上げているのがいいっすね。監督さんもかなりのガンマニアなのでしょう(第一、原題は「THE WAY OF THE GUN」ですよ?)。あとジェームズ・カーンがちょっと渋くておいしい役だったので、ファンの俺はそこに満足したりしました。

 音楽は音楽でよかったんですが、大作向けの音楽でしたね。

 ↓師匠のHP(新作ビデオ、DVD情報アリ)http://www.cinemanc.com/
投稿者:S&H投稿日:2002-03-29 00:32:26
個々の役者の演技もひかっていて、キャスティングも成功している。ラストもいい。ただ展開にテンポがないためダラダラとしてしまっているのが残念。
投稿者:やす投稿日:2002-01-13 22:22:58
この映画は、プロの仕事を淡々とリアルに描きすぎた、、、
映画としては、、うーん、嫌いじゃないんだけどね、
ストーリーに盛り上がりが欠けるかなー。
投稿者:ハラ軍曹投稿日:2001-11-10 04:33:30
微妙です。
この「わざと洗練されてない感」から来る渋めの味付けはなかなか好きなんですけど、あまりにも洗練されてなさ過ぎてただの意味不明映画になってるっぽいです。どうでもいいとこまでつぶさに映すタイプの作品なんですけど、途中から本当にどうでも良くなって見る気がなくなってきましたわ。
狙いすぎて微妙にも程がありです。
デルトロ目当てだったんですが、当然彼は良いんですけど、初めて見たライアン・フィリップも良かった。かっこいい。ジュリエット・ルイスも凄い熱演で。俳優的には微妙じゃなくすんなり良いです。
投稿者:キラ投稿日:2001-10-29 01:46:50
音楽よい!それに尽きる。
おじい達がどれがどれか途中から分からんようになった...
分からん事がいっぱい残るまま終って、なんか消化不良なかんじで気持ち悪い。もっかい観たら整理できるんかな〜。でもビデオ返しちゃったよ.....
投稿者:やすりん投稿日:2001-07-07 00:35:20
デルトロは口元がセクシー。タバコを吸うしぐさも、下唇を指でなぞるしぐさもほんとーにセクシーでかっこいい。スペイン語のしゃべり方も色っぽいっす。トラフィックで口元にやられ、こっちの作品もみちゃいました。口元ばっかりみてたから、映画の感想はあまり重要ではなくなってしまいました。古谷イッコウそっくりなのに・・・・
投稿者:敦煌投稿日:2001-07-04 00:11:04
 ふ〜む、てっきり「ロック・ストック」みたいに、
「小悪党がひょんなことから巨悪を敵に回すことにな
り・・」というストーリーだと思っていたら、違うの
ね。主人公の二人も、銃器の扱いといい、統制の取れ
た行動といい、プロのギャングじゃないですか。
 主人公vs敵側という単純な二項対立にしない脚本が、
良い緊張感を生んでいました。同じ立場に立つはずの
敵側で、ボディガード・コンビとジェームズ・カーン
一派が対立し、代理母と産科医もそれぞれに思惑や秘
密を抱えている。その複層的な構造が、先へ先へと観
る者の興味をつなぎます。
ちなみにやっぱり、主人公の二人は恋人同士なんで
ございましょうかねえ?
投稿者:しまりん投稿日:2001-06-22 10:22:55
なんでそんな不評なの?そりゃ話は複雑だけど、SWAT仕込みのデル・トロとR・フィリップの動きのかっこよさ、男のロマンじゃないですか。これは西部劇ですよ。銃撃戦で巻き込まれた通行人が死ぬんだけど、見てる者には「ひどい」かもしれないが、それは単に通行人の運が悪かっただけのことと2人が罪の意識にさいなまれないのがリアル。もちょっと深い作品ですよ、これは!
投稿者:あきぷり投稿日:2001-06-22 03:06:26
なんだかなー。
おじいたちが誰が誰やら良くわからなくなってから、逆におもしろくなったけど・・・。ほんま、人が死に過ぎ!
ジュリエット・ルイスの熱すぎる演技をみてたら、子供産めそうなくらい気持ち悪くなってきた。富田靖子が頭をよぎった。
投稿者:ゆうじ投稿日:2001-06-21 08:01:00
某新聞の映画紹介欄でハマってしまえば面白いと紹介されていたけど、どうやったらハマれるのかわからないまま終わってしまった。音楽は心地よかったけど、これは個人の好みだしな・・・。「ユージュアル・サスペクツ」を凌ぐ心理戦なんて宣伝がされていたから、多少は見所があるかとは思っていたのだが。

間延びしたストーリー展開、弾が飛ぶだけの銃撃戦、冴えない役者陣(ルイス父娘はまあまあだけど)・・・う〜ん、この映画の魅力ってどこなのだろう。誰か教えてくださいませ。

投稿者:もっちぃー投稿日:2001-06-19 16:29:18
ジュリエット・ルイスのガニ股歩きがすーごい気になった!
まぁ妊婦さんの役だからしょうがないって言うか当然なんだろうけど。
話は何だかよくわかんなかったです、私には。
「落ち」さえもよくわかんなかったと言う・・・。
私がばかなだけ!?
後ろのおっさんが、いびきをかいてごーごー寝ていてうるさかった。むかついた。
個人的には、ハズレの作品。
投稿者:Syco投稿日:2001-05-22 00:31:32
銃で殺しまくるのも恐いけど、もっと恐いのは、出産だと思いませんか?
人殺しの平気な男達も、出産シーンにはまいってたではありませんか。
「人を殺すこと」と「人を生むこと」が同時進行する、変った映画でした。
デルトロはまたまた良い味出してます。
メキシコ女の、けつをペシっとすれ違いざまに叩くところなど、たまらないですね。http://www.popkmart.ne.jp/syco
投稿者:Michella投稿日:2001-05-16 02:49:45
人殺しまくりでしたね、気分悪くなっちゃった。
でもそれぞれに思惑があって、見え隠れする。
ラストが近づくにつれ、見てるこっちまで追い詰められるような気がして、映画に入れる作品でした。
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】誘拐犯 DTSスペシャル・エディションレンタル有り
 【VIDEO】誘拐犯レンタル有り
 【VIDEO】誘拐犯 <吹替版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION