allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

すべての美しい馬(2000)

ALL THE PRETTY HORSES

メディア映画
上映時間116分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(SPE)
初公開年月2001/06/30
ジャンルドラマ/青春/西部劇

【解説】
 コーマック・マッカーシーの同名ベストセラー小説を「リプリー」のマット・デイモンと「オール・アバウト・マイ・マザー」のペネロペ・クルス主演でひとりの青年の成長を描いたドラマ。監督は「スリング・ブレイド」のビリー・ボブ・ソーントン。1949年、テキサス州。父の牧場を継ぐことを望んでいたジョンだったが、父の死後、母は土地を売り払ってしまう。カウボーイの夢を諦めきれないジョンは、友人のレイシーとともに、新たな土地を求めてメキシコへ向けて旅に出るのだったが……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
739 5.57
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:McQueeeeeN投稿日:2017-05-13 21:29:21
公開されたときから、なんだよこのタイトルってずっと思ってたよ。
公開劇場としては、売り処がないというか、アピールポイントが明確じゃなくて、案の定あまりお客さんは入りませんでした。
投稿者:ローランド投稿日:2017-02-18 12:48:40
  広大な景観の中を気心の知れた二人が馬で行くロードムービーみたいで、あの名作『モーターサイクル・ダイアリーズ』を思い浮べたのだが、それと比べるには内容も半端で出来栄えもいまひとつ良くなく、ビリー・ボブ・ソーントン監督はミュージシャンとして活動していたこともあってか音楽担当に3人もの名前があり物語を抜きにして観賞したらそこそこ楽しめるのかもしれないけど、脚本に『羊たちの沈黙』を手掛けているテッド・タリーが参加していて期待値が高かったせいもあって不満足感が残ってしまいました。   

  ビリー・ボブ・ソーントンは監督としてはこれが最後の作品だったところから周囲も本人にも不本意な出来上がりだったってことなんでしょうが、強い縦糸のない織物のようになってしまったのは決められた時間内に無理して編集したためかな?って気がするくらいに細部には見どころがあり、視覚聴覚を満足させ物語性をちぐはぐにしないで一定の時間内に収めなければならない映画作りってのはなかなか大変みたいです。  と言いながら字数に無神経な投稿をしているが、長くしようとの意思はないのでご勘弁を ・・・笑。   

  能力的に不利な馬でも精いっぱい依頼主に喜んでもらおうと考えそれなりの結果を出す藤田菜七子ジョッキーに、あの華奢な体躯でよく大きな馬を操れるものだと感心しているのだけど、ここでも後先考えないで恋を貫こうとする役どころがはまっている細身のペネロペ・クルスが大きな馬を乗りこなしていて、こういうのは絵になるし見ていて楽しいですね。      星の数は6個以上7個未満です。
投稿者:wakaremitispecialist投稿日:2010-05-23 12:41:57
馬に乗って旅を続けているマットデイモンが、途中働き口で知り合ったぺネロぺクルスに手をつけた途端、囚人扱いされて刑務所に入れられ、刑務所ではナイフで刺し殺されそうになるという、タイトルからは想像もつかない過激な展開ぶりにびっくらコキまくった。
投稿者:irony投稿日:2008-10-01 13:44:26
サクサクと話しが展開する 確かに運がいいのが目についた
投稿者:投稿日:2008-04-24 10:00:46
コーエン兄弟の映画『ノーカントリー』の原作者コーマック・マッカーシーの代表作「すべての美しい馬」の映画化。
第2次大戦後のメキシコ国境近くの西部が舞台、自分たちの生きる場所を求める2人のカウボーイ。マット・デイモンとヘンリー・トーマス、アメリカ大陸の荒涼など雰囲気は良いが、原作の豊穣は描き切れていない。ダイジェスト版または長いトレーラーをみているような錯覚が起こり、しかるにテンポのみ良い。6時間程度のミニ・シリーズ化したほうが、説話的ともいえる原作の詩、思索、時間の重みがよく伝えられたのではないだろうか。また、肝心の馬のありようが曖昧。先日みた『フィクサー』で、短いシークエンスだったがジョージ・クルーニーが見入る馬たちのほうが美しかった、ようだ。
投稿者:なちら投稿日:2007-02-20 13:56:52
困難を共に乗り越える堅い友情がいい。
ラストの再会は感動的だった。
投稿者:JJ投稿日:2003-04-03 15:18:15
馬・馬・馬・・・・・。
「で、結局、だから、なんなの?」と言いたくなるようなお話。
ラブストーリーも、いかにもとってつけたようで、ものすごく陳腐に見えた。
投稿者:mikan投稿日:2002-08-19 21:09:08
★★★★★☆☆☆/ペネロペ・クルスが出てくる意味がわからなかった。ムリヤリ恋愛なんてもってこなくてもいいのに。男同士の友情と馬泥棒事件に重点をおけば、もっと硬派な話になったのになぁ。ちょっと惜しいね。国境越えの時に出会った少年のバカっぽさが痛々しいんだけれど、なにもあんなひどい仕打ちをしなくてもいいのに。その部分の後味の悪さが、ちょっといただけない。
投稿者:sonic投稿日:2002-08-09 01:32:14
色々と話しが展開していくので退屈はせずに観られる。主人公の成長などは感じられず、後に残るものはたいしてなし。
【レンタル】
 【DVD】すべての美しい馬レンタル有り
 【VIDEO】すべての美しい馬 <吹替版>レンタル有り
 【VIDEO】すべての美しい馬レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION