allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

燃えつきるまで(1984)

MRS. SOFFEL

メディア映画
上映時間113分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM/UA=UIP)
初公開年月1986/11/29
ジャンルロマンス/ドラマ/サスペンス

 Photos
燃えつきるまで

【解説】
 ある殺人事件の濡れ衣をきせられ、無実を主張しながらも弟(モディーン)と共に刑務所に入れられ死刑を待つばかりとなった主人公(ギブソン)が、そこの所長の妻で囚人たちに聖書の教えを説いている女(キートン)と恋に落ち、彼女の協力の下、脱獄。三人の逃避行が始まる……。オーストラリアの女流監督アームストロングが実話を基に描いたラブ・ロマンスで、極限状態の中、燃え上がる愛の模様を女性ならではの視点で切実に描いている。役者たちの演技もなかなかでよく出来た良作と言えるだろう。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
327 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ジーナ投稿日:2009-03-14 17:07:57
本当に殺人犯だったのかどうか・・・冒頭の病気は何だったのか・・・など気になるトコロ。

囚人に惹かれる所長の妻を描いた序盤の展開は、何とも言えない緊張や不安があって良かったですが、、後半になるにつれ非現実になってしまいイマイチ共感できませんでした。
繊細な演出も前半では生かされていたけど、後半はあまり効果的ではなかったような気がします。
あんなにも熱心に聖書を読み、子供たちを想っていた母親が取る行動としてどうにも違和感がありましたね。
無謀な行動に出るまでの状況から、これほど真剣に惚れていたのか・・・というのが伝わって来なかったからと言うのもあるかもしれません。
妻として母親としての日々の生活に対する空しさや不満を丁寧に描いていれば、また違った印象を受けたハズ。

ヒロインを演じていたダイアン・キートンですが良妻賢母こそ似合っても、後半のようなスリルに満ちた人生を選ぶような女性像は似合いません。
正直、彼女のどこに惹かれたたのか分からないほど退屈な女性を演じています(爆)
メル・ギブソンとマシュー・モディーンに関しては、善人にも悪人にも見えない微妙な雰囲気が役柄とよく合っていたと思います。
特にメル・ギブソンの悲しげな瞳と見事にカールしたまつ毛は、直視するのが恥ずかしいほどメロドラマ的な雰囲気を醸し出していました(笑)
ただ、メル・ギブソン×ダイアン・キートンという組み合わせはどうかと思います。

逃避行をもっとドラマチックに描いていたら盛り上がりになっただろうけど、意外と淡々としていたので拍子抜けしました。

モノトーンの色合いはピッツバーグらしい薄暗さがよく表現できていたと思いますし、時代を反映した衣装やセットなど映像から感じるモノに関しては素晴らしいと思います。

何だかんだと不満はありますが、実話とは思えないような出会いと結末にはとにかく驚かされました。
投稿者:bond投稿日:2009-03-14 14:34:05
夫への欲求不満からか短絡的に恋に落ちてしまうため、観てる方はいまいち感情追いつかない。実話らしいけど、数日の恋で捕まったら殺してってまで言うか?
投稿者:irony投稿日:2009-03-14 01:36:43
ストーリーも展開も退屈でしたね 何ゆえダイアン・キートンがメル・ギブソンに惹かれて一緒に逃げていったのかもよく解らなかったです。
投稿者:映画元気投稿日:2008-12-31 11:45:01
<元気コメント>
 異性との出会い、そして愛は、いつ、どこで、どんな時に、生まれるのか。
 この先どのような出会いが待っているのだろう。http://eigadegenki.cocolog-nifty.com/1/2008/10/post-2b2f.html
投稿者:chimu投稿日:1999-08-28 01:51:34
こんなにカッコイイ彼は見た事がないくらい、
かなりキレイです<ギブソン。
写真を見て観に行ったのですが、ストーリーもよかった!
実話ベースらしいですし。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 女優賞(ドラマ)ダイアン・キートン 
【レンタル】
 【DVD】燃えつきるまでレンタル有り
 【VIDEO】燃えつきるまでレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION