allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

コラテラル・ダメージ(2001)

COLLATERAL DAMAGE

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2002/04/20
ジャンルアクション/サスペンス
コラテラル・ダメージ/イレイザー ワーナー・スペシャル・パック(2枚組)初回限定生産 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,592
価格:¥ 1,970
USED価格:¥ 1,280
amazon.co.jpへ

 Photos
コラテラル・ダメージ

【解説】
 テロリストによって愛する妻と子どもの命を奪われたひとりの消防士が、国家的利益のために犯人を捕まえようとしない政府に成り代わり、単身で強大な敵に立ち向かうアクション・スペクタクル。シュワルツェネッガーが決して無敵のヒーローではない等身大の人間として必死の闘いを繰り広げる。監督は「逃亡者」(93)のアンドリュー・デイヴィス。なお、本作はもともと2001年秋公開の予定だったが、あの“9.11”が直前に起ったため、テロリストを扱った内容が刺激的過ぎるという理由で日米ともに公開が控えられていた。
 ロサンゼルス消防庁の消防隊長を務めるゴーディーは、ダウンタウンの高層ビルの1階にあるカフェで妻と幼い息子を待たせていた。時間に遅れたゴーディーが駆け付けたとき、突然爆発が起き、彼の目の前で最愛の妻と子どもが死んでしまう。ゴーディーは爆発直前に犯人を目撃、その情報を当局に知らせる。だが、やがてゴーディーは政府に犯人を捕らえる意志がないことを知る。そこには、国家の目的のために多少の犠牲はやむを得ないという“コラテラル・ダメージ”の考えが働いていた。国家に裏切られたゴーディーは、ついに自らの手で犯人への裁きを下す決意をする。
<allcinema>
【吹き替え】

水曜シアター9
※このデータは放送当時の情報です。
玄田哲章アーノルド・シュワルツェネッガーゴーディー・ブルーアー
深見梨加フランチェスカ・ネリセリーナ
金尾哲夫イライアス・コティーズブラント
咲野俊介クリフ・カーティスクラウディオ(ウルフ)
放送2009/11/25 テレビ東京 水曜シアター9
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1267 5.58
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:流氷一滴投稿日:2013-09-20 22:30:19
【ネタバレ注意】

どうも途中で、「敵」が「味方」になってきた。
そんな甘い話はないだろうと思っていたら、最後に思わぬどんでん返し。
しかしねえ、見せ場を作るためとはいえ、無理が多すぎる。
本物の「爆弾」は協力者がいないとしかけられない。ところで誰が協力者なの?

「味方」になったと思った「敵」がやはり「敵」だったというおち。
シュワルツェネッガーの「不死身の大活躍」はお約束か。
もっとも、「敵」も主人公に劣らぬ「不死身」だった。
なんだか、怪獣の闘いを見た気分だ。

投稿者:jb投稿日:2013-01-18 19:11:33
スーパー消防士。
投稿者:namurisu投稿日:2011-11-23 13:13:50
描き込み7点。毎回毎回、敵探すのに大変だな。80年代からやってるぞ。ゴリラレベルの脳ミソで。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-01-18 03:25:08
9.11以降、公開が延期された事で話題になった作品です。

コロンビアのテロリストvs一消防士というどう見ても負け戦としか思えない復讐劇(爆)
犯人のアジトをつかむまでの過程はそれほど無理なく鑑賞できましたが、その後の戦いにはやはり無理があるかと・・・。
いくら力を振り絞って戦うと言っても一消防士なわけですから(笑)
ここは、敵をテロリストなんて大げさなモノにしないほうが良かったでしょうね。
消防士という設定にした事で火の扱いに慣れているという面白みはあったので、元軍人の消防士って事にしておくと多少道理にかなったカナ・・・。

シュワちゃんはいつも通り活力に満ち溢れる力強さがありましたし、加齢によるくたびれ具合で男っぷりも上がっています。
父親としてのシュワちゃんも等身大な雰囲気が出ていて魅力的でした。
テロリスト役のクリフ・カーティスもイイ味出してましたが、ジョン・タトゥーロやジョン・レグイザモもチョイ役で出ているので楽しめました。

アクションに関しては、爆撃シーンには迫力がありましたし、、火を使った戦いには工夫が見えて見応えがありました。
潜入シーンなどスリリング感があるとさらに良かったでしょう。
全体的にメリハリが無かったのも緊張感を出せなかった原因カナ・・・?

題材やテンポは良かったので、設定や脚本をもう少し練ってくれると良質な作品になったかもしれませんね。
まぁ、シュワちゃんの映画って事で細かい事を気にせずメッセージ性なども求めず鑑賞すれば、、スッキリ爽快とはいきませんが娯楽映画として無難に楽しめると思います。
シュワちゃんの思い通りに事が運ぶのがシュワちゃん映画ですから(爆)
投稿者:william投稿日:2009-12-10 12:19:28
確かに、9.11の影響で公開延期になる程大した映画ではない。
裸一貫でテロリスト集団に突っ込んで行く程、無謀な事が出来るのはシュワちゃんだけ。
投稿者:ララルー投稿日:2009-09-20 19:39:41
とりあえずレグイザモが死んじゃった時点で、DVD止めちゃったんで
最後どうなったかわかりません。
投稿者:kinenchyu投稿日:2008-10-28 22:41:56
ちょっとストーリーがぶっとんでいますが、アクション物としてはなかなか良くできた作品だと思いました。ラストではどんでん返しもあり、最後まで十分楽しめました。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-06-21 10:16:37
9.11テロで公開延期になったことは凄く記憶に残っています。
まぁ確かに本作はあの時期に見たくはない作品ですが、映画の出来は結構いいと思います。
シュワちゃんが演じた男には共感できたし、知らぬ間に物語に引き込まれていきます。アクション・シーンも見応えあったので、まさにシュワちゃん映画を見てる!って感じでした。
それにラストのどんでん返しは驚くしハラハラもします。なのでアクション・サスペンス映画としては、なかなかの出来だと思います。
後、脇役にジョン・タトゥーロとジョン・レグイザモが登場したのも嬉しかったです!
投稿者:藤本周平。投稿日:2005-12-26 13:09:57
普通。
投稿者:terramycin投稿日:2005-11-01 21:12:54
【ネタバレ注意】

一人の民間人がコロンビアまで行ってゲリラと戦うのは突飛過ぎてありえんし、つまらんと思うのだが、シュワちゃんだとなぜか「彼ならばそういうことをやるだろう」と妙に納得してこの作品を見始めた。

しかし、敵から沢山鉄砲を打たれてもまったく被弾しないし、あの豪快な滝つぼに落ちてまったく問題にならなかったのはやりすぎだとおもった。

そして、物語が中盤以降になるとさらにこの作品の欠点が目立ってくる。
・シュワちゃんは敵のアジトで爆弾を器用に作成するが、消防士の彼がどのようにして爆弾の知識を手に入れたのか説明されていない。

終盤ではセリーナも実のところウルフの共犯ということになるがそうすると、どこまでが素でどこまでが芝居だったのか分からない。
・中盤でシュワがウルフとその仲間に殺されそうになるのをセリーナが「人殺しは良くない!」といってやめさせたのはどういう理由からだ?共犯ならその場で危険因子を消すのは常識であるのにも拘らず。
「息子を助けてもらったから」ということをいっていたようだが終盤の息子をあっさり見捨てる事とのつじつまが合わなくなる。

セリーナを犯人にしてから話の整合性が取れなくなり、さらに心証を悪くしてしまった。

中高生ならそれなりに楽しめると思うが、映画を比較的見る人には不満足な作品だと思う。

投稿者:SoH投稿日:2005-07-03 16:55:17
別に今更観たくはなかったが…。まあ、いかにも90年代後半からのシュワ映画。「気楽にのんびり観ればいいんじゃない?まあ、一回観れば充分だけどさ」といった類の作品に仕上がっておりますわ。

爆発多発したり、映像は派手でも、シュワ自身は銃を使っていないのが斬新。消防士ということを活かしたアクションはなかなかいい線いってるね(もちろん、「このくらいやっとけば消防士らしくね?」程度のものでしかないけど)。しっかし、これ、とんでもない設定だな。さすがに「無敵」が売りなシュワがでも、「無茶苦茶だろ…」と思えてしまう。いくら家族の復讐のためとはいえ、一般人が徒歩で密入国までして、ゲリラ殺そうとするか?かなり設定がぶっ飛んでるんだから、いっそのこと「ゲリラVS無敵の一般人シュワ」に的を絞ってくれた方が楽しめた気がする。所々で政府の視点が入り、事態が妙に重々しく感じさせるのが残念。こんな題材を重くしてどうするんだか。リアリティゼロなんだから、もっと80年代のシュワ映画みたいに、大雑把に、かつノー天気に物語を作ってほしかったよ。

終盤の「ワシントン爆破!?」の展開からは、国家間規模の仰々しい展開を匂わせながらも、結局はミクロな物語で終わっちゃう。「シュワが国を救う!」という物語は別にいいけれど、あそこまで仰々しく、しかも真面目に「国家間の政治」を匂わせてしまうと、「おいおい。さすがにバカらしいぞ」と逆に冷めちゃうんだな。大体、「個人の復讐」は終わったとしても、「これからアメリカとコロンビアの関係はどうなるんだよ!」と観終わった後で気になったり。

役者ではジョン・タトゥーロ、ジョン・レグイザモといった、そこそこのキャリアを持つ方を使っておきながら、彼らを実に大したことのない役に配してて意外だった。

監督は「孤立無援アクション」を得意とするアンドリュー・ディビス。そこらのボンクラより腕してる監督さん。本作でもコロンビア政府VSゲリラの空中戦などで、それなりに迫力ある演出を施していました。が、やっぱり「そこそこ」程度のものか。

シュワといえば、玄田哲生さんということで、吹き替えで拝見。玄田さんは相変わらずでしたが、他の声優があまりよくなかったのが残念。
投稿者:オメガ投稿日:2004-05-20 12:53:14
シュワちゃん作品はこんなもの。十分楽しめる出来。役柄が消防士なので、
格闘や撃ちまくりを避け、消防士の知識を生かした戦略や戦いに好感。
後半のどんでん返し?!にはやられた・・
投稿者:Longisland投稿日:2002-11-21 20:47:19
なんぞ、9.11テロで上映が延期された云々が先行した作品だけど、テロする側・主人公の心理・大国の利害等描き方が通俗的で薄い感じ、色々議論するような作品でもないでしょ(議論してないか 笑)。
可もなく不可もない普通の娯楽映画で、公開延期は結果的に話題づくりになっただけかな。

とはいえ、(政治家転向なら別だが)シュワちゃんボチボチちゃんとした映画に出ないとまずいんじゃない、いつまでも体力勝負てわけにもいかんしね、本作品のアクションちょびっと無理が入ってた感じがしました。
投稿者:rupan投稿日:2002-10-20 15:42:31
ストーリーも面白く、爆発シーンも満載、どんでん返しもあって本当に面白かった。でも意外だったのは、シュワちゃんが劇中、1発も銃を撃たないこと。これにはほんと驚いた。
投稿者:sonic投稿日:2002-09-27 23:53:15
この作品は出来上がった時の思惑と、公開された時点の受け取られ方は大きく異なっただろう。単純な勧善懲悪ではないにしても、テロについて深く描かれているとも思えない。結局ラストも暴力を暴力によって解決している。まあ、個人的には単なる娯楽作として観たんで、それなりに楽しめた。
投稿者:shou投稿日:2002-09-26 00:56:51
前2作はダメだったけど
これは、今のシュワちゃんにはいいんじゃないかな
というか、そこそこの演技力あると思うから
アクション無しのコメディ映画なんかでお父さん役なんかを
これから増やしたらどうだろうかというのが私的意見だけども
投稿者:ポッパー見習い投稿日:2002-09-09 01:14:17
シュワルツェネッガー主演の映画なので結構期待してましたけど、なんか大した事なかったです。フツーのサスペンスアクションって感じ。面白いとは思いませんでした。
でもシュワルツェネッガーがあの年になってもこんなハードアクションに出て頑張っているのは恐れ入ります。次回作の「ターミネーター3」に、超期待です!
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-06-10 21:03:33
例の事件で上映延期になっただけに、もっと「アメリカ万歳!」という姿勢を前面に出しているかと思ったが、意外にテロリストの側の事情も描いていたのには拍子抜け。もっとも、作品の見所はシュワちゃん演じる消防士の民間人の域を超越した暴れっぷりなので、結局テロリスト=悪者という公式で収まってしまうけれどね・・・。
ストーリーよりも気になったのが、シュワちゃん以外の出演者。地味ながら味のある人間を揃えながら、その力量を生かす役になっていない。ジョン・レグイザモの使い方など勿体ないの一言。彼等を生かすようなストーリーを作っていれば、この作品の味わいも変わっていただろうに。
投稿者:PEKO投稿日:2002-05-03 13:20:57
【ネタバレ注意】

テロ作品という事で公開延期というのが、逆に売りになった作品だけど本当にあの時期に公開してたら問題でしたでしょうね。これを機にテロvsアメリカっていう映画の図式を考え直したらいかがでしょうか?

アクション的にはこれといって目新しい所が見当たらなくて物足りなかったです。
ところでセリーナさんとあの子の関係ってかなり薄すぎではないでしょうか?ずっと育ててきたわりには最後あっさり爆弾がある所に置き去りにするし、あの子もあの子で今まで育ててくれた事も忘れたようにシュワちゃんに異常になつくし、もう少し絆を深めるシーンがあったら納得するのに。子供って恐いわ、女もね。
ジョン・タトゥーロ様とジョン・レグイザモの出番が少ないのもがっかり、ジョン・レグイザモは別な人でもよかったのでは?ってぐらいひどい扱いでなんだかなぁ。

シュワちゃんの次回作は「ターミネーター3」と「トゥルー・ライズ2」らしいんですけど、両作とも私の好きなシリーズの続編なんで期待する反面、駄作だったら、シュワちゃんお願いだから引退して!思ってしまうでよ。あー公開が楽しみ。

投稿者:ヘう投稿日:2002-04-25 01:52:26
【ネタバレ注意】

やっぱりというべきか、やっぱり最後には
シュワちゃんがテロリストをやっつけて終わっちゃいましたね。

でも、今回の映画では、
シュワちゃんは子供を連れて現場を立ち去った後、
大統領からの勲章やら感謝状授与に対して
沈黙を守っている…というラストでしたね。
今までの彼の映画だったら、トロフィーか勲章をもらって、
大統領のそっくりさんみたいのとTVに映っちゃう、みたいな
イメージだったように思いますが。
だから今回の映画は、ストーリィ的には「いつもの」だったけど、
作った側にはちょっと違う思惑があったかもしれません。

結局主人公は、テロリストをやっつける(=殺人)という形でしか
復讐をとげられなかったことに、何かしらの疑問や後悔、
自己嫌悪をいだいていたのではないでしょうか。
あの唐突で投げやりな終わり方が、
やるせなさを倍増させていたように思います。

公開は延期されたけど、
中止にならなくてよかったと思っています。

投稿者:桃太郎投稿日:2002-04-22 19:31:34
【ネタバレ注意】

 公開延期にせざるおえなかっただろう。テロの場面は実際にあのような事件が起こった直後では生々しすぎる。
 これはアクション映画であるので、細かいことに文句をつけるつもりはないのだが、↓の方でも言ってる方がいますが。目には目をという考え方は全く変わっていないアメリカの映画だなということを改めて感じた。途中話しの展開が力に対して寛容的な態度で解決をはかるような感じになったので、アメリカ映画も変わってきたかなと思ったが、最後はやっぱり力でねじ伏せていた。こういったことはいたちごっこだしこれではいつまでたってもテロはなくならないよな〜と感じてしまった。
 でも、映画としては可もなく不可もなくそこそこまとまっていた。シュワちゃんはこの年になってもやっぱりアクションスターとしての存在感があることに妙に感心してしまった。

投稿者:トリガー投稿日:2002-04-21 17:51:07
まあ、凡作極まりないというのが正直な感想だな。
敵地に一人で潜入するってのはよくある設定だけど
シュワルツェネッガーの映画にしちゃ
敵との戦いに少なからず「苦戦」する様子を描いてるのは珍しい。
最後のほうはちょっと粗いところが目立つけど
何故かヘリからの爆撃シーンはとんでもなく、よかった。
でもな、やっぱシュワルツェネッガーは
セガールのような「圧勝映画」が一番だ。「T2」とか抜いて。
投稿者:KOU投稿日:2002-04-20 23:24:58
【ネタバレ注意】

皆さんが書いていらっしゃるように、途中にちょっとした驚きの展開もあるし、ここ最近のシュワちゃん映画の中では良作の部類だと思う。
 復讐鬼となったシュワちゃんと、憎きテロリストが対峙する場面は見ごたえがあった。残虐非道なテロ行為は断じて許されるものではない。しかし、その報復ならば大量殺人も許されるのか? 報復は結局、また別の悲しみを生むだけではないのか? このジレンマは、まさに現代の全世界が直面している社会問題。ここをもっと膨らませれば、スゴい映画になったかもしれない。
 ところが、ラストはやっぱりシュワちゃん式ヒーロー映画として締め括っちゃうんだよね。どうなんだろうなぁ。テロをテーマに選んでいる以上、純粋なエンターテイメントとして楽しめと言う方に無理があるのでは。http://face.ruru.ne.jp/harekura/

投稿者:shanazo投稿日:2002-03-03 21:34:42
すみません、さきほど間違って違う映画の投稿してしまいました。削除をよろしくお願いします。
このシュワちゃんの映画も最近見たので、コメントします。いや、面白かったですよ。ラストはびっくりさせられました。でも、なんとなく物足りなさが・・・なんででしょう? 今時のCG満載のど派手な映画に慣れきってしまったのかもしれません。 アクション映画としては合格!だと思います。ちょっとシュワちゃんも年かな・・という気もしなくもないです。
投稿者:にゃンにゃン投稿日:2002-02-19 17:02:52
こりゃ、公開延期だわ…。が一番最もな感想?相変らず、消防士でもシュワちゃん強いわ!だって川に落とされて小さい滝に落ちて更にえ〜?!ってゆうような滝にのまれてやっぱり這い上がってくるんだもの。でも、最後のオチは少しだけ驚いた!やっぱり全体的に典型的アクションだった。もう、最近じゃぁ、このテのものは皆さん見飽きてるハズ。もう、いいよ!的な映画だった…。期待はしてなかったけど、う〜ん、残念!
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】コラテラル・ダメージ/イレイザー ワーナー・スペシャル・パック <初回限定生産>2015/12/02\2,400amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】コラテラル・ダメージ/イレイザー <お得な2作品パック/初回限定生産>2014/11/19\2,400amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】コラテラル・ダメージ2010/04/21\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】コラテラル・ダメージ2009/06/10\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】コラテラル・ダメージ/イレイザー <お得な2作品パック/初回限定生産>2014/11/19\1,600amazon.co.jpへ
 【DVD】コラテラル・ダメージ 特別版2011/06/15\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】コラテラル・ダメージ 特別版 <期間限定生産>2009/11/18\933amazon.co.jpへ
 【DVD】コラテラル・ダメージ 特別版 <期間限定生産>2009/04/22\933amazon.co.jpへ
 【DVD】コラテラル・ダメージ 特別版 <期間限定生産>2008/07/09\933amazon.co.jpへ
 【DVD】コラテラル・ダメージ 特別版 <期間限定生産>2007/12/07\933amazon.co.jpへ
 【DVD】コラテラル・ダメージ 特別版 <期間限定生産>2006/08/04\933amazon.co.jpへ
 【DVD】コラテラル・ダメージ 特別版 <期間限定生産>2005/11/18\933amazon.co.jpへ
 【DVD】コラテラル・ダメージ 特別版 <期間限定生産>2005/09/30\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】コラテラル・ダメージ 特別版 <期間限定生産>2005/04/22\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】コラテラル・ダメージ 特別版 <WHV101タイトル第2弾/期間限定生産>2004/06/18\1,500amazon.co.jpへ
 【DVD】コラテラル・ダメージ 特別版 <期間限定生産>2003/08/22\1,500amazon.co.jpへ
 【DVD】コラテラル・ダメージ 特別版2002/09/06\2,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】コラテラル・ダメージレンタル有り
 【DVD】コラテラル・ダメージ 特別版レンタル有り
 【VIDEO】コラテラル・ダメージ <吹替版>レンタル有り
 【VIDEO】コラテラル・ダメージレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION