allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

殺し屋1(2001)

ICHI THE KILLER[米]

メディア映画
上映時間128分
製作国日本/香港/韓国
公開情報劇場公開(プレノン・アッシュ)
初公開年月2001/12/22
ジャンルアクション/犯罪
映倫R-18
愛は、かなりイタイ。
殺し屋1 特別プレミアム版 [DVD]
参考価格:¥ 3,990
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:三池崇史
エグゼクティブプ
ロデューサー:
横濱豊行
三宅澄二
プロデューサー:宮崎大
舩津晶子
原作:山本英夫
(週刊ヤングサンデー)
脚本:佐藤佐吉
撮影:山本英夫
衣裳:北村道子
照明:小野晃
出演:浅野忠信垣原雅雄
大森南朋城石一
エイリアン・サンカレン
SABU金子
塚本晋也ジジイ
KEE
松尾スズキ三郎/二郎
國村隼船鬼
寺島進鈴木
菅田俊
手塚とおる
有薗芳記
新妻聡
【解説】
 『週刊ヤングサンデー』で連載された人気コミックを「DEAD OR ALIVE」「オーディション」の三池崇監督が映画化したバイオレンス・アクション。新宿歌舞伎町を舞台に、気弱で泣き虫な刺客と、残忍で究極のマゾヒストである安生組の若頭・垣原との抗争を徹底して殺戮シーンにこだわって描く。R-18指定映画。
 少年時代からいじめられ、武術を磨くも、いまだ気弱な性格は直らず、いつもおどおどしながら暮らしているイチ。しかし、ひとたび特製スーツに身を包むと殺人マシーンと化す。相手にドヤされ、怖さから泣きながらも必殺のカカト落としで敵の身体を切り刻んでいく。そんなイチは正体不明のおやじ、ジジイの巧みな心理操作で殺戮を繰り返す。一方“ピアスのマー坊”の異名をとる安生組の若頭、垣原。その名の通り全身にピアスを開ける究極のマゾ男。垣原は、失踪した組長がジジイに消されたとの情報からイチの存在に行き着く。イチの残虐さに垣原のマゾの血は騒ぎ、イチとの対決に胸躍らせる……。
<allcinema>
【関連作品】
殺し屋1 THE ANIMATION(2002)
1 イチ(2002)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1065 6.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2016-01-06 13:23:24
少年時代に虐められ子だった1が、ジジイの指示により新宿を根城にする安生組の組長垣原を殺害する事にするが・・・。

あのヤンサンで連載され大人気を呼んでいた漫画が原作。
映画は原作をコンパクトにまとめているが気楽に見るには重い。
原作同様スプラッター度が凄まじく、見ていて痛い映像も撮影されているのは流石、三池監督。
キャストについての評判が悪いが、極悪非道の垣原を長い原作で2時間強のランタイムで描くには少し無理がある。
DVDでの鑑賞だがdtsは其れなりの効果でバックサラウンドが効いているのが特徴なのと画質が甘めなのが気になった。

原作「殺し屋1」(山本英夫・小学館・評価4)は新装版5巻からなり、15年以上前に連載されていた大ヒット作。
今、読んでも古臭くなく衝撃的!
投稿者:ピースケ投稿日:2014-10-13 01:44:46
寺島進の拷問シーンなぜか笑ってしまった、ごめん。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-07-08 05:36:18
観る前は緊張してたが、あり得ない暴力描写の連続で逆に笑ってしまった。一番笑えたのはジジイが服脱ぐとボディビルダーだった所。ただ題材はハイテンションなのにテンポが遅いという三池作品の欠点は本作でも露呈しており、ラストもあまりに意味不明なのが不満だった。

追記 10-7-10
ポストに投函する前にもう一度観賞。休憩を挟んで半分だけ観るつもりが結局一気に観てしまった。
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 09:47:34
浅野忠信
投稿者:QUNIO投稿日:2009-10-18 19:05:34
批判コメントが多いようだが僕の中では日本ヤクザ映画の最高峰だと思ってる。

何故なら三池の演出が奇を衒い過ぎず、普通の文脈でこのエログロ世界を冷淡に描けているからなのだ。役者も全員演技が上手い。特に大森南朗は情けない風貌とひ弱な肉体が原作以上にハマっている。浅野忠信は演技らしい演技をしてないにも関わらず凄いオーラが漂う。撮影も狭いマンションを多面的角度から捉えていて秀逸な映像に仕上がっている。ラストの破綻が物凄いが映画のコンセプト上問題は無い(笑)。

やはり一番の見所は塚本晋也のスペルマから題名が浮かび上がるシーン。筋肉のCGも安っぽさが災い(幸い?)して爆笑を誘う。
投稿者:fulcrum投稿日:2009-07-02 20:39:58
 原作はすごい好きで何度も通読した(マンガ喫茶で)。
 日本映画にはあまり興味がなかったのでいままで見る機会に恵まれなかったけど、昨日TSUTAYAが割引だったので借りてみた。
 いや、がっかりした。
 けっこう忠実に原作の筋をなぞっているので、映画制作者たちの興味は原作の意図に近いところにあったのだと思うけど、肝心なところがいつも肩すかしだったり、ボタンの掛け違えだったりする。
 原作から入った人はみな思うだろうけど、浅野忠信の垣原はひどい。映画独自の造型が、垣原のあるべき姿のつねに反対に向いている。金髪、赤いロングコート、ネルシャツなど、いずれも垣原のセンスとは正反対なのだ。本来の垣原はそういった自己顕示系ファッションとは無縁で、やくざの制服であるダークスーツを適当に着て、おっさん臭い薄い黒ソックスなんて平気で履く人だ。外見なんかよりも精神性に重きを置くやくざ、のはずだろう。誰の解釈かしらないけど、それが真逆になってるんだよねえ。
 リズムも悪いし、見ていて退屈だった。長いし。
投稿者:エディ投稿日:2008-04-26 19:04:28
 エログロをここまで極めた映画は初めてで、ほとんど無意味な暴力とグチャグチャとした血や舌の切断といったものをこれでもかと盛り込み作品の半分がグチャグチャっとした、グロシーンの連続でそれをお笑いものにしている映画は、映画として作る意味があるのかと疑いたくなる。これまで見てきたどの映画よりも残酷で、何でこんなもんを作ったのか分からない。驚くことにこの作品をかなり評価している人が多いが、何でこんなものが評価されてるのかすら分からなかった。
投稿者:nightwing投稿日:2006-12-03 12:23:49
原作は結構好きだったので愛読してましたが、この作品は酷い。
ふざけてやってるのか?
何言ってるかさっぱりわからない浅野なんたらって俳優も稚拙な演技で観ていて情けなくなる。
観て損した。
投稿者:poppoppop投稿日:2006-07-08 02:24:34
どーだ、スゴいバイオレンスだろう?ってな、いつものニホン映画の「顕示型こけおどしバイオレンス」。映画のこと何にも知らないヒトがつくった、「過剰であれば映画である型映画」。
ふざけんな、馬鹿野郎。
カントクの「さんいけ」って何で映画監督なんかやってられんの?
お終いだね、このクニも。
投稿者:古狐投稿日:2006-06-17 23:17:58
映画というメーッセージ性の強い文化に、殺人虐待が主体で、狂人、バカ、煮え切らない脇役、一体何を言いたいのか、サドマゾ好みの裏ビデオ並の下らない物 馬鹿じゃないの、低俗
同じ様な映画で、北野武のバトルロワイヤルでは、子を見捨てる親、お前なんかと親に言わせる子供、と言うのがきついメーッセージだと思う、だから普通の親が見れば、頭がおかしいんじゃないかと思うだろうけれど、馬鹿なガキはこれを見て恐怖しろとメッセージ性が強い 社会風刺の局地だと思う
しかし、この映画は、ベロ切ったり、乳首切ったり、殺人虐待のお勧めですか、何をやっても、言ってもいい自由はあるけれど 馬鹿に映画を作らせる映画会社も馬鹿だと思うし、俳優ももっと選んで映画に出られたらと思いますが
投稿者:きも投稿日:2006-04-14 16:24:13
原作を知らないからか?なかなか面白かったです。
三池監督の残酷+人情+ふざけてるのバランスがイイ。
音楽と映像も美しくて良かったと思います。
良くある任侠モノの舞台となる新宿は「夜」が多いと思いますが
この作品では「昼間」や「黄昏時」を撮っていて
新宿が好きな自分にはとても心地の良い映像でした。
投稿者:藤本周平。投稿日:2005-09-26 18:13:47
文句なく、日本映画の中ではおもしろい映画。
殺戮シーンはぐちょぐちょだけどCGってとこ
ろがすぐわかる場面があるのがちょっとしら
けたかな?
投稿者:Longisland投稿日:2005-04-11 01:29:36
気弱なひきこもりの殺し屋ってのが良いね。原作漫画はまったく知らないけど、映画として完成度高い。すべてのキャラが変だけどなんかリアリティーを感じさせる。 浅野忠信の何を考えてるかわからん演技(芸風?)が生かされてる。 脇の松尾スズキ・SUBU・塚本晋也他が凄く良い! 
文句無い傑作!海外で評価される理由が理解できました。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-07 19:39:00
これを見て原作を読んだら、さらに面白かった。でも映画も好きです。
投稿者:seven star 15mg投稿日:2005-02-25 23:42:46
浅野忠信の拙劣な演技では、原作の垣原の圧倒的存在感を表すにはあまりに力不足(何を言っているのか殆ど聞き取れない)。また原作の張り詰めた緊張感などを一切表す事ができておらず、ただストーリーのみを追っただけの学生レベルの作品。
原作の大ファアンとしては失望の極みを味合わされただけ。
投稿者:マイケル投稿日:2005-01-02 15:00:47
何か好き嫌い別れるみたいですけど私はけっこう好きです。
R-18指定とか何も知らんまま、ただ浅野さんが好きってだけで借りてきたので、だいぶ衝撃でかくて直視できないシーン沢山ありました;でも時々プッと笑える場面があって、安心しましたwこれ、私が見た浅野さんの映画の中で一番浅野さんかっこいいですwもっ回借りて、今度はちゃんと見ようと思います♪
投稿者:堕落者投稿日:2004-12-28 22:24:30
ハッキリ言って原作も本作も俺はつまらんかったね。どっちともセンスが悪いという点では共通してる。暴力描写も大した事ないよ。監督は海外で評価の高い三池崇史だって?知るかそんなもん。才能皆無さ。笑
投稿者:さち投稿日:2004-06-16 03:54:49
さすが北村さん
投稿者:エリツィン投稿日:2003-09-20 03:44:58
別れる映画ですが、私はいいと思いますよ。原作読んでないんで、くらべる事はできませんが。確かに原作読んでないとストーリーわかりずらかったです。でも、映画としての演出の完成度は高いとおもうし(やりすぎなとこが三池作品ってかんじ。)、なんといってもキャスティングが最高!これ以上のキャスティングはないとおもいますよ〜。演技と思えないほどの演技。特にイチ役の大森南朋は最高っ・・・  塚本晋也もいい感じでした。セミヌードには大爆笑!あ、ありえん!
投稿者:メタルヘッド投稿日:2002-12-17 03:29:25
映画よりも漫画の方が良く出来てます。映画の方は原作を読んでいないとよくわかんないんじゃないでしょうか。
でも塚本晋也のジジイは好き。特に服脱いだ時のあの体、ふ、不自然すぎる。
投稿者:グルミット投稿日:2002-09-14 06:20:57
底の浅い、どうしようもない映画。
いや、映画ですらない。
こんなものはTVドラマかVシネマでやるべき。
劇場にかけないでほしい。うっかり見ちゃうから。
投稿者:DIO様投稿日:2002-07-17 03:33:03
漫画が原作の映画だが、原作を完全に越えてしまった感がある。原作を読んだ、あるいは好きなかたなら、鳥肌がたつのではないか。一切の説明を省いた、シャープな演出。すばらしい。文句のつけようがない紛れもない傑作。
投稿者:Lee投稿日:2002-04-01 18:17:33
三池監督は「暴力を馬鹿にした映画」と語っているそうだが、ぼくは「痛みこそ至上」というマゾヒストの世界観を映像化したものとみた。
奇妙なことだが、「絶望してーよ」という望みが切実に伝わってくる(ような気がする)。
原作はどうなっているのか知らないが、イチではなく垣原を主役に据えたことが、成功の要因だろう。いじめられっこの復讐物語じゃ、ありきたりすぎて面白くも何ともないもんね。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 作品賞 
 ■ 監督賞三池崇史 「ビジターQ」、「天国から来た男たち」に対しても
 ■ ベスト10第1位
【レンタル】
 【DVD】殺し屋1 特別プレミアム版レンタル有り
 【VIDEO】殺し屋1レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION