allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

修羅雪姫(2001)

メディア映画
上映時間92分
製作国日本
公開情報劇場公開(東京テアトル=ザナドゥー)
初公開年月2001/12/15
ジャンルアクション/SF
映倫PG-12
流れよ、涙。

【クレジット】
監督:佐藤信介
アクション監督:ドニー・イェン
製作:豊忠雄
熊澤芳紀
松下晴彦
阪尾好将
製作補:永江信昭
辻畑秀生
榎本憲男
平井健一郎
プロデューサー:一瀬隆重
アソシエイトプロ
デューサー:
梶研吾
原作:小池一夫
上村一夫
脚本:佐藤信介
国井桂
美術:丸尾知行
撮影監督:河津太郎
編集:阿部浩英
音楽:川井憲次
音楽プロデューサ
ー:
慶田次徳
サウンドエフェク
ト:
柴崎憲治
スタントコーディ
ネーター:
谷垣健治
下村勇二
照明:中川大輔
製作担当:黛威久
特技監督:樋口真嗣
録音:柿澤潔
助監督:李相國
ナレーション:鈴木英一郎
出演:釈由美子
伊藤英明
佐野史郎城所
真木よう子
長曾我部蓉子双磨
六平直政
松重豊蓮去
園岡新太郎安嘉
塚本高史
雅子亞空
城戸裕次松尾
渕野俊太ターゲットの男
博通哲平運転手
沼田曜一空暇
嶋田久作白雷
【解説】
 天然不思議美少女アイドル釈由美子が意外にも凛々しい女刺客を演じるSFアクション。小池一夫、上村一夫原作の同名コミックの2度目の映画化で、以前は藤田敏八監督、梶芽衣子主演で2作がつくられている。共演は伊藤英明。監督は「LOVE SONG」の佐藤信介。香港のアクション・スター、ドニー・イェンがアクション監督を務める。
 500年もの鎖国政策が現在も続くとある国。隣国で近衛兵としてミカドに使えていた建御雷(たけみかづち)家は帝政の崩壊とともに国を追われ、この国で反政府組織の鎮圧組織として雇われるが、今では単なる暗殺集団と化していた。建御雷家の若く美しい娘・雪もまた冷徹に人を殺す刺客として育てられた。しかし、自分の母を殺した男が建御雷家の首領・白雷であることを知った雪は白雷を襲うが返り討ちに遭い傷を負う。何とか逃げ延び、偶然居合わせた反政府組織の活動家・隆に助けられる。しかし、隆の隠れ家にも建御雷家の追っ手が迫っていた……。
<allcinema>
【関連作品】
修羅雪姫(1973)梶芽衣子版
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1160 5.45
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-12-13 06:47:40
【ネタバレ注意】

時代設定が遠い未来になってるのが低予算の言い訳なのは「VERSUS」と同じだけど、まだあっちの方がマシだった。中盤はダレるしアクション物なのに畳み掛ける展開も無いし、肝心のアクションも釈の敵の倒し方にかなり無理があるし、釈と伊藤と真木の演技もダメ。最後にしても釈が佐野を斬るシーンが無かったので観る側はカタルシスすら得られない。

投稿者:花男投稿日:2008-02-13 18:53:32
公開当時としては、こんなに上手くワイヤーアクションとCGが使われた邦画をはじめて見ました。始めは釈由美子がアクション映画の主役?大丈夫なの?と誰もが思うでしょうが、もちろん吹き替えも多いだろうけど、釈由美子のアクションには合格点。かなりかっこいいです。

ストーリーはアダルトビデオよろしく付け足しみたいなもので、これはこれで全然OKなんですが、もうちょと主人公に共感できる部分が多かったら敵をやっつけるときに観ている方のカタルシスが深くなりますね。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-09-08 15:25:35
【ネタバレ注意】

何かの幼虫(余りでかくない奴)を試しに食う…
あの電話で話す伊藤英明のバックで意味なく映ってるのも良いね。

いきなり無国籍な雰囲気…ってか中華風?2本の刀を振り回す殺陣のポーズすらカンフー的だが。
感情が無いかの如し(こういう役は得意かね?)のアイドル釈由美子が、伊藤英明に癒されて笑い合い、恐らく生涯初めてな慟哭を…号泣!

ラストは続編を作りたいってより、前編において語るエピソードの限界…って事ではないかと〜まぁ原作&オリジナルは知らんのだが、つまり建御雷集団の終焉っーか。
ヒロインは何とか生き延びるのだが、結構な満身創痍…痛めつけられる姿が凄まじいです。逆にどの時点で殺されていてもおかしくないのだが。

…で、ラストは力の限り頑張って、女の子的に、彼に癒されに戻った筈なのにね。
まぁ佐野史郎の非人間的キャラは、填り役かもだが許せないね。
修羅は彼女に染み付いたもので、別にこのまま国外逃亡しても良いのだが、城所がぶった斬られない限り、この物語は終わらないぞ!〜今度は連邦政府が敵だ!

投稿者:かっこう投稿日:2005-11-21 02:19:40
でだしがえらく急な感じがしたが、まあまあ面白かったか。
釈由美子はどうもイメージがあわず違和感があった。
アクションシーンはかっこよかった。
投稿者:maldoror投稿日:2005-09-23 21:17:47
照明や色合いにこだわった画作り、それにドニー・イエンの殺陣(実際のアクションシーンに迫力あるかどうかは別)の二点は評価できます。

釈ちゃんの表情が感情を失った無口な殺し屋という役に合っていたと思うので、稚拙な内容の長台詞を喋らせて欲しくなかった。
雪姫の修羅の道を描くためのプロットや登場人物の味付け具合は決して悪くなかったと思いますが、それに比べて物語の進行を徐々に盛り上げていくための演出がどうにも極薄味なところが残念。
終始スクリーンの向こうの世界が遠く感じました。
投稿者:本読み投稿日:2005-08-28 00:36:25
なんで、原作ありということにしたのかさっぱり判らない。オタクと釈ファン以外、評価しない映画だろう。まだ見ていない旧作ファンは見ない方がよいです。
投稿者:キャメロンディアス投稿日:2003-12-17 19:01:57
釈由美子主演の超ハイパーSFアクション。感動です。まだ邦画にここまで
威力があったとは演技はちょっと『微妙〜』と思うところもあるけど、さすが
指導がドニーイェンであるためアクションは邦画の中では最高峰だとおもう。
香港のワイヤーワーク×日本最先端のVFXの融合は恐るべし。邦画ファンは
絶対見るべき。
投稿者:ゴーストバスター投稿日:2003-08-05 18:47:11
「これって邦画?」と思うほど素晴らしい作品。冒頭のマトリックス並みの
VFXは圧巻。その後の展開やアクションも抜群にいいと思う。釈ちゃんも
こんな役なのに可愛いのは何故だろう?とにかくネット上では賛否両論の
作品だけど僕は大好き。昔の修羅雪姫はかなりつまらなかったけどこっちは
とても面白い。感動もあるし。邦画のSFとしてリターナー以上に良いです。
投稿者:だんだん投稿日:2002-12-06 13:18:56
釈の演技力の無さが目立った。
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2002-11-23 18:40:43
ただ主人公は「ヒロイン」でなく「子供」て感じ。
投稿者:yusei投稿日:2002-08-24 20:08:35
結構楽しめました。笑わない釈ちゃんもよかったです。
でもエンディングがあまりに尻切れトンボ。
続編を作りますという意図が見え見えでちょっとがっかりしました。
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-01-22 08:25:41
アイドル釈由美子の初主演作であることばかり話題になっているが、香港テイストのスピード感溢れるアクションが見物。もっとも本人の演じている部分はかなりのへなちょこさでスタント部分との差が激しい。シビアなアクション映画ファンには不評だろうけど、ここは可愛い女の子が健気にチャンバラに取り組む姿を評価してあげましょう。

ストーリーも細かいところは無視と言いたいところだが、主人公「雪」が題名どおりに修羅の道を歩まないところは何とかならなかったものか。尻切れとんぼな感じのするエンディングも気になる。
【レンタル】
 【DVD】修羅雪姫レンタル有り
 【VIDEO】修羅雪姫レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION