allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブロウ(2001)

BLOW

メディア映画
上映時間124分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月2001/09/15
ジャンルドラマ/犯罪/伝記
夢を使い果たして、男はアメリカを手に入れた。
ブロウ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,391
USED価格:¥ 1,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 1970年代に若くして伝説のドラッグ・ディーラーとなった男ジョージ・ユングの波瀾の半生を家族や恋人との愛と葛藤を織り込み描いたドラマ。主演はジョニー・デップ、共演に「すべての美しい馬」のペネロペ・クルス。1950年代、マサチューセッツに生まれたジョージ・ユングは幼い頃、父の会社が倒産、貧乏暮らしを強いられた。やがて、ヒッピー文化が花開いた60年代、ジョージはマリファナの小売りに手を染め、すぐさまその商売の才能を開花させるのだった……。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aパイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (2003)
[002]Aフロム・ヘル (2001)
[003]Aレッド・ドラゴン (2002)
[004]Aフェイク (1997)
[005]Aギルバート・グレイプ (1993)
[006]Aエド・ウッド (1994)
[007]Aシンデレラマン (2005)
[008]Aネバーランド (2004)
[009]Aショコラ (2000)
[010]Aドンファン (1995)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
39309 7.92
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-04 01:32:18
ペネロペ・クルスが出てきた所から一気につまらなくなる。
投稿者:ピースケ投稿日:2013-08-05 22:02:41
観てる間ずっと、退屈だったという記憶しかない。
投稿者:ノブ投稿日:2010-10-10 11:47:23
【ネタバレ注意】

「ブロウ」(監督:デッド・デミ。主演:ジョニー・デップとペネロペ・クルス 124分)
話の内容は根はマジメなコカインディーラーの一生。
オープニングの子供達も手伝うコカイン栽培・精製がちょっと良かった。
コカインで儲けるには、コロンビアなどの生産地をおさえる(現地の麻薬王に気に入られる)・輸送手段を上手く考える(小型セスナの免許は当たり前)・売りさばく売人をおさえるというこの三つの事が重要という事が分かった。
マリファナ・コカインには大金と美女がついてくるのも分った。
ジョニー・デップがイケイケの格好で良かった。ペネロペ・クルスが美人さんだった(パツキンも似合っていた)。
主人公が子供の頃父親に言っていた事を娘に言われるという演出がちょっと面白かった(因果は巡るという感じ)。
ラストの娘さん役の女優が可愛かった。
オチも説教臭く、とても長く退屈な映画だった。
全般的に
パッケージのジョニー・デップのイケイケのカッコを観て、ヤクを売りさばいて大金と美女を手に入れてハチャメチャな豪遊ぶりを楽しく撮る映画かと思っていたが、豪遊シーン・演出で面白かったりムチャをしていたりするシーン・演出は皆無で、しかも最後は説教臭く(マジメが一番)、シラケテしまった。ジョニー・デップの格好からもっとキレていて反省とか家族愛とかお構い無しの破天荒な人生を送った人物の話を期待していたのでとてもとてもとても残念だった。
ヤク絡みの暴力・アクションシーン・演出も面白い物がなく、124分がとても退屈でとても長く感じた作品。
http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:ジーナ投稿日:2009-10-13 01:06:13
実在する麻薬の売人ジョージ・ユングの半生を綴ったヒューマンドラマです。
衣装やヘアメイクなど時代感もありましたし、音楽も良かったですね。

もちろん法を犯しているので主人公に同情の余地もないハズですが、感情移入しやすい作りなのかジョニー・デップの表情に魅了されたためか、、終盤の展開は胸が締め付けられるような悲しみに包まれました。
自業自得だ!!!と言い切れない作風にしてあるのは、取材を重ねた製作者たちの影響なのかな・・・?

ジョニー・デップ自体はこの麻薬ディーラーを演じるのに適した俳優さんですが、主人公が成り上がっていく過程にジョージ・ユング自身の魅力や商売のセンスがあるのを感じられない脚本だったので彼自身が持っているはずのカリスマ性が伝わってこなかったです。

歳を重ねていくジョニー・デップの姿も自然なのですんなりドラマに入っていけましたし、目で演じられるジョニデだからこそ伝わる心情に溢れていたと思います。
ペネロペ・クルスのギスギスした感じはヒステリックでジャンキーな役柄にピッタリでした。
フランカ・ポテンテはとってもキレイでしたね♪

シリアスなだけではなく出産シーンなど笑えるトコロもあって飽きる事はなかったけど、もう少し短くても良かったカナ・・・。
麻薬を扱った作品ですが、テーマは家族愛なので社会派の重厚さやマフィアがらみのスリリングな展開を期待しないほうが良いでしょう。
・・・ドラマに重点を置いているとは言え、恋愛模様や夫婦愛や友達などは希薄なので見応えがあるとは言えません。
正直ラストの切なさが無かったら評価半減の箇条書きドラマでした(爆)
なんだろ・・・なにかノッペリした深みの無さを感じるんですよね。
多分3回目ぐらいの鑑賞なのですが、初めて観たような感覚になれるほど印象も記憶も残らないんだなぁ〜

スピンオフとしてレイ・リオッタとその妻のドラマのほうが観てみたい。
アメリカにドラッグを定着させた男の親のドラマにとても興味が持てました。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-10-09 06:29:48
後半の方がいいと思うのはこちらが少し年を取ったからか(独身だけど)。作りは雑なので、これで泣いてた井筒監督が単純に思えてしまう。人の事言えないけど。
投稿者:scissors投稿日:2009-09-05 18:48:24
J・デップ信奉者やドラッグ肯定派とお涙頂戴が好きな人には高評価なのかもしれんが・・・
投稿者:あくび★投稿日:2009-07-03 23:03:19
こう言ってしまうと身も蓋もないけどどう綺麗事いっても犯罪なんだよね。犯罪者の話。
だけど、心底悪い人間になったわけじゃなく、人としての感情が
残ってるからかえって厄介なのかも。この人の場合。
お金は必要。だけど、犯罪を犯し、その世界で生きていくには、
こういう人生になることも想像つくはず。
ちょっと悲しくなった。

ジョージの娘役、エマ・ロバーツはジュリア・ロバーツの姪だけどこんなちっちゃい時からやってたのね。不勉強でした(´・ω・`;)でも可愛いのね〜〜やっぱり。
最後年老いたジョージのパパ、レイ・リオッタ。
個人的にはとても苦手な顔立ちですが、
いい芝居をしててもらい泣きしそうだった。
投稿者:vegirama投稿日:2008-02-12 18:12:17
面白い マフィアもんだし面白い
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-12-09 19:09:08
【ネタバレ注意】

人生、甘くないかも知れないが、彼には才能があったと思う。
信用に足る、度胸が有る…何よりブツを捌くルートを持つ。
足りなかったのは、人をぶっ殺しても邪魔なものを排除する〜そしてのし上がってゆく冷酷さ…だが、この世界では致命的な欠点かもです。
あの父親の影響でしょうね〜故にラストの現状になったとも、それでもまだ生きているともいえるね。

まぁ一時は西海岸の麻薬大元締め的だったかもだが、「麻薬王」の半生じゃないよね…これは。
いや、裏切りや不幸に遭って、でも最終的に娘と妻(彼の母親化してる…それが女子?)の生活が有れば、と足を洗っても…戻ってきたら銀行が(予測不能)…いや、殆ど刑務所の中なんじゃないか?彼は。
まぁ元の相棒が言う様に、彼に足りない部分は誰かが(欲の為…では有るが)補ってきた…ペネロペの件でも殺されなかったしね。いや銃で撃たれても、袋叩きになっても…裏切られても〜全て許す性格は、こんな世界でなくても問題ありかと。

結局、最後は大きなツケが回ってきて…って哀愁の結末。実話(ラストが難しい)だけどクリスティナを絡ませる演出でビシッと締めてます。〜ラストが本当だったら少しは救われるものを…って「蜘蛛女」じゃないんだが。

投稿者:雀鬼野郎投稿日:2007-10-12 23:08:27
【ネタバレ注意】

何度かこの作品を見たが、最後の仲間に裏切られるシーンが切なすぎる、、
でもそこで裏切られずうまくいってしまっても人生をなめているが。
俺的には、あそこで真面目に働いてほしかった、、
そして、娘と妻と仲良く暮らしましたできれいに終わってほしかった。





投稿者:kath投稿日:2007-03-27 14:13:56
最後にジョージユング本人が出てくるのを観て初めてジョニーデップの後半のひどい髪型の理由がわかった。ジョニーデップってやはり演技が天才的に上手なのね。最後のお腹が出てるのは多少違和感あったが。。。ペネロペクルスもラジー賞が取れるくらい迫真の悪妻ぶりでその豹変振りはすばらしい。ジョージの父親役にレイリオッタは年齢的にどうだろうと思ったが、常に息子の側に立ち続ける姿は感動的だった。
投稿者:なちら投稿日:2007-02-22 22:28:15
娘に会えない悲しみがひしひしと伝わってきた。
娘の幻を見て遠くを見つめる姿がせつない。。。
投稿者:ets投稿日:2007-01-29 03:19:33
ジョニーのイっちゃってる演技すごい!!
うつろな目がヤク中ってカンジでした。
(実際のヤク中、見たことないので分かりませんが。)

実話なので人生そこそこの詳細部までやるないと伝わらないので
長くなるのはしょうがないと思いますが。。。

それでも長いな〜〜
投稿者:織田秀吉投稿日:2007-01-26 15:22:57
この映画を観て思ったのは、とにかくジョニーデップがかっこよかった! ジョージユングの栄光と挫折を見事演じきってた! でも、アメリカではペネロペクルスの「演技は最低」と言われてたけど、オレはそうとはあまり思わなかったな………後、父親役のレイリオッタが息子がどんなに悪事を働いても、決して息子を見捨てない姿にとても感動した………。
投稿者:BLADE投稿日:2006-04-25 00:58:59
人間ドラマ的に描いていて良かった。ジョニー・デップもあいかわらず
良かったが、ペネロペ・クルスのラジー賞候補には納得。
今ではすっかり落ちぶれた人でも、昔はすごかった時期もあったんだろう
な。ラストは本当にジーンとくる。確かに自業自得といえばそれまでだ
けど、それ以上に主人公の主人公なりの愛が感じられた。娘はよほどの
ことがない限り、会いにこないだろうなと思う。それほど彼女にとって
幼い頃にうけたショックは大きかったと思う。
投稿者:ふじこ投稿日:2004-08-10 15:57:08
ジョニー・デップがジョージ・ユングを実に見事に演じてましてさすがだと思ったし、どんな服もかっこよく着こなしててさすがだと思った。(ちょっとお腹の出っ張り具合は私も違和感あったが・・)
息子がどんなことをしようと、いつでも息子のことを認めてあげようとする父親の愛に泣けた。レイ・リオッタが良かった。テープに吹き込むシーンは同じくホロッときました。
実に刺激的な人生だなぁと、しみじみ思って観てしまった。
投稿者:さち投稿日:2004-07-15 10:29:33
よかっt
投稿者:hanoka投稿日:2004-04-29 19:15:14
【ネタバレ注意】

最初のほうはかーなり好きで、
最初の彼女が死ぬシーンでもうホロリときてしまった。
で、中盤は予想通り失速するけど伝記ものはたいていそうなので
予想の範囲内ということで、まぁOK。
そしてジョージが落ちぶれていくところからまたぐぐぐっと良くなってきて、
娘が一人ジョージを待つシーンで涙。
ジョージが父親へのメッセージを吹き込むシーンで号泣。
ここまではかなりイイ感じだったんだけど・・・最後がダメでした。
なんかやりすぎちゃった感じで、さぁこの映画の重みを感じてください!!
みたいな押し付けがましさが最後の最後で出てしまった。
惜しかったです。

ジョニー・デップは素晴らしかったです。
ペネロペは、訛りはひどいけどアメリカ人の役ではないし、
ラジー賞ってほど酷い演技はしてなかったと思います。

前編通して曲がかなりツボでした。

投稿者:さゆぽん投稿日:2004-04-25 06:28:24
この作品のジョニーが一番かっこいいと友達が言っていたので観ましたが、
そんなにかっこよくなかったです。実話ものは苦手。
1回でいいって感じです。
投稿者:Johnny投稿日:2004-01-25 06:03:23
こういった実在する人物がいて自伝的なテーマを扱った作品は、
観た後に非常に心に残り、考えさせられる。
この映画も例外なく深い物だと思う。一人の男の人生を
多少脚色されても、間違いなく歩んだ人生であり事実なのだから。
面白いとか面白くないとかの評価は出来る訳
がなくどう思ったかぐらいで、人それぞれだと思います。
物語以外で言うと、J・デッフ゜も皆さんが言うように素晴らしいし、
ペネロペもキュートだし、麻薬王役の人もJ・ユング自身が
「そっくりだ!」って言うくらいだから似てるのだろう。
他の役者達も存在感があって良かったです。
撮り方もハンディー使ったりカットの入り方も
こだわってたみたいです。語りで進行するのも好きなので◎
投稿者:カフカ投稿日:2003-12-24 16:10:15
ペネロペ・クルスが出てきたら急にジョニ−・デップがかっこよくなった・・気がする。
最後の人ってもしや本物!?
投稿者:でし坊!投稿日:2003-12-13 04:46:45
ジョニーはカッコ良かったし映画も良かった。
ジョニーの衣装もカッコ良かった。
投稿者:baby10投稿日:2003-10-24 21:34:40
なんか、期待したほどよくないって思いました。
投稿者:ミャミ投稿日:2003-09-01 10:24:52
期待以上におもしろかった!ジョニー・デップの演技も素晴らしい!
ある意味デップの七変化が見れる感じ。
こんな人生を送った人が実在するんだーとしみじみ...
ラストの彼の言葉はズッシリくるものがありました...
投稿者:えび投稿日:2003-07-02 05:36:40
麻薬をアメリカ中に広めた男という、いわば悪の権化を、一人の人間としてていねいに描いていて味わい深かったです。
どんなに浮いても沈んでもユングという人間は確固たるものとして存在してるんですよね。
人生に流されてないというか、身を任せずに自分で生きてるんです。
ユングの人間としての一面は常に孤独なもので、だからこそ涙を誘われたんじゃないかと思います。
そしてそこをジョニー・デップがうまく演技してました。
ジョニー・デップは「映画スター」である前に「役者」なんですよねー。http://www11.ocn.ne.jp/~sheryl/
投稿者:トレマー図投稿日:2003-03-22 06:03:04
親父がいい。
投稿者:John投稿日:2002-11-17 00:36:04
J・デップ最高にかっちょええ。ジョニー出演の作品の中でこの作品が一番いい男。長髪金髪がいいね。もちろん黒髪もいいけどさ。
これ観終わって、実在した人物とか実話の映画って好きなんだな、俺は。って確信。もしくは、これまでたまたまいい作品に出会ってるだけかな!?
話の展開良し。ただ、あのお腹はちょっとな・・・

投稿者:sonic投稿日:2002-10-26 00:35:05
下に書かれているのを拝見すると皆さん好評のようですね、意外でした。自分としては伝記モノにありがちで起伏に乏しく表面的な印象が強かった。娯楽性を求めて観たからかな。
投稿者:ジェシー投稿日:2002-10-18 02:18:46
【ネタバレ注意】

 見ごたえはある、テンポが良いし2時間が短く感じられます。べネロペの演技も上々、決して踏み込んでは何かを失っては戻れない、世界なんですね。カッコイイとか抜かしてるやつは入って2時間内でくたばっちゃえー2015年に娘との再会ヲ祈る。★★★☆☆

投稿者:すなかけ投稿日:2002-10-10 18:06:10
ユング本人がしゃべっているのを見て、タバコをひっきりなしに吸う仕草や話の間の取り方が劇中のジョージそっくりだった。すごいことだ。J・ディップにとても感心した。
娘は1978年生まれだから現在23〜4歳。司法取引により、実際はもうすでに出所しているがお年頃だし…会っていないのでは?画面上で見るジョージはとっても機知があり、チャーミングなのになぁ。親子関係って複雑。
年代ごとにフィルムの仕上がりも替えてあるからその時代っぽさを演出するわざとらしさも軽減されててよかった。この監督の映画もっと見たかったなぁー。
投稿者:ゆーき投稿日:2002-10-03 10:21:03
★★★ 波乱万丈な人生。映像のテンポも良くって、単純に楽しめた映画。娘と妻もこの映画を見て面会に来ればいいのに・・・実際はこんな綺麗な世界では無いと思うけど・・勢いがあるから、一気に見れる映画。
投稿者:ノリオ投稿日:2002-08-30 14:24:22
麻薬王の盛衰を通して70年代のドラッグカルチャーを描くというより、破綻していく家族関係を描いた物語。両親の夫婦関係を嫌悪していた息子が、より悲惨な形でそれをなぞってしまう。まるで往年のATG映画を思い出させる(「サード」とか「青春の殺人者」とか)湿っぽさで井筒監督絶賛も納得(笑)ジョニーデップの演技は絶賛に値する。
投稿者:沢村駿投稿日:2002-08-24 04:14:58
な仕上がりの1本。
徒手空拳でのし上がってゆく前半部分、家族愛に目覚める中盤、そして切ない気持ちにさせられる後半〜ラストと、よく出来た伝記作品だと思う。
後半、父親を画面の中心に据えるシーンがあるが(息子からの手紙を「聞く」シーンね)、あのシーンを描いたのは監督・脚本家の才能以外の何者でもない。
あのシーンにより、この作品の完成度はぐんと跳ね上がっていると個人的には感じた。
ペネロペは珍しくビッチ風に描かれていたが、彼女にも「正義」はあったはず。(愛娘を細腕一つで守り通し、育て上げなければならなかったという点において)
そのあたりも彼女の立場から描かれていれば同様の理由によりさらに良かったかも、と思う。
ともあれ、よく出来た秀作。
残念ながら監督はこの作品が遺作になってしまったようなのが本当に惜しまれる。心から冥福を祈りたい。
投稿者:JJ投稿日:2002-07-16 14:23:43
【ネタバレ注意】

麻薬王というので、もっとバイオレンス系なのかなーと思って警戒していたのだけれど、人間ドラマや家族愛にテーマが置かれていて、なかなか好みのテイストの映画だった。ドキュメンタリー的な映画だが、テンポも良かったし、飽きさせない。青年時代から、晩年までを一人でこなしたジョニー・デップのファッションや髪型(坊ちゃん刈りから「かまやつ」頭まで)の七変化ぶりも含め、演技派としてのデップも観れて大満足。決してコテコテの感動ドラマではないのに、ジョージと父親との関係、ジョージと娘との関係がうまく交錯していて、その親子愛には心動かされた。大事な人を喜ばせるためにしたことが、結果的に、大事な人を最も悲しませ失う結果となってしまったという主人公の人間的な愚かさと、結果と直面した後の切なさが、ジワジワと伝わってくる。ラストに、突然現われる、ジョージ・ユングの顔写真も複雑な余韻を残し衝撃的なエンディングだった。
DVDの特典映像にでてくるジョージ・ユング本人のインタビューを見てジョニー・デップが、彼の特徴をものすごく掴んでいることに驚いた。やはり、デップの演技力はすごい。でも、晩年のいかにもウソくさいニセモノのお腹はちょっとイタダケナイ・・・・・・。もともとの顔や線が細いから、お腹だけデップリしても違和感が・・・・。

投稿者:naoyuki投稿日:2002-06-30 05:14:17
【ネタバレ注意】

娘は、この映画見たのかな?面会に行ったのかな?

投稿者:桃太郎投稿日:2001-10-04 22:42:58
ドラッグを扱った実話に基づく映画。ドラッグ物というと暴力的だったり、社会的な側面から描いた作品が多いが、この映画はジョージ・ユングという一人の男を人間的に描くことによって、本当に大切な人間の愛を描いている。
 前半はともかく明るく何をやっても成功するが、後半は一転して全てを失う。特に家族の愛を失ってただ日々を生きる彼の姿には悲哀を感じた。デップはフェイクでも実在の人物を演じていたが、今回も本人になりきっている。
 観る前はもっとバイオレンス中心の作品かと思っていたので、いい意味で裏切られた。人間ドラマとして見ごたえある作品だった。
投稿者:もも投稿日:2001-10-02 17:40:44
久しぶりに見た映画がこれでした。アクションやSFと違って大盛り上がりとか迫力があるわけではなく、でも淡々と進んでいく物語は決して飽きさせることなく、ずっと引き込まれてました。父と子、そしてまた娘へと3世代に渡って家族の絆っていうのが描かれていて、お父さんに手紙を吹き込むシーンはほろりときました。
投稿者:本因坊投稿日:2001-10-02 14:25:34
ストーリーがサクサク進んで面白かった。
あれだけ青春時代を太く生きてこれたんだから
ああいう生き方もステキと思った。
ただジョージ・ユングって悪人なんだよねぇ(笑)

個人的にはペネロペ・クルスが後半しかでなかったので
残念だったけど。
ただペネロペ・クルスのブロンズヘアーってあんまり似合ってないね。
やっぱり黒髪が最高だと思った。
投稿者:じゅんこ☆投稿日:2001-10-01 22:07:10
 なかなか、面白いと、思った! 麻薬王(悪い奴)やのに、映画の主人公やと、ついX◆善援してしまう! でも、最後は〜むなしくて… 悪いことして〜お金は、稼ぐなってことやね!

 最近、見た映画で〜「コレリ大尉のマンドリン」&「ブリジット・ジューンズの日記」より、この映画「ブロウ」&「スコア」の方が、面白かった! 好みの問題やけど… 
投稿者:CC投稿日:2001-09-30 00:19:28
一番大切な人の笑顔のためにしたことが、結局その人を泣かせてしまったなんて哀しい。
投稿者:ひでと投稿日:2001-09-12 00:32:01
試写に行ってきた。ジョナサン・デミの甥、ラウンダーズの監督
ということで僅かな期待を胸に拝見したんだけれど、これがなかなか
見所に溢れてる。J・デップが実在する麻薬密売人の役を見事に演じてる。
他の役者も曲者揃いでおもしろい。人間の黒い部分、成功とは何か?
を深く考えさせられる。最近のAIや猿の惑星なんかよりよっぽどいい作品。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト主演女優賞ペネロペ・クルス 「コレリ大尉のマンドリン」、「バニラ・スカイ」に対しても
□ ブレイクスルー演技賞(女優)ペネロペ・クルス 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ブロウ2016/02/03\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】ブロウ2016/02/03\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ブロウ2009/12/18\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】ジョニー・デップ ツインパック <初回限定生産> 2006/02/03\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】ブロウ デラックス版2002/05/24\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ブロウ デラックス版2002/05/24\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ブロウ デラックス版レンタル有り
 【VIDEO】ブロウレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION