allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

STACY ステーシー(2001)

メディア映画
上映時間80分
製作国日本
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月2001/08/18
ジャンルホラー/ロマンス
映倫PG-12

【クレジット】
監督:友松直之
製作:馬上伸一
企画:板谷健一
プロデューサー:鈴木裕光
伊藤直克
原作:大槻ケンヂ
角川ホラー文庫刊
脚本:大河原ちさと
音楽:大槻ケンヂ
特撮
出演:加藤夏希詠子
尾美としのり渋川
内田春菊須永隊長
林知花のぞみ
土平ドンペイ春日副隊長
田中要次録山
山崎勝之有田
坂本真松井
螢雪次朗藤原
筒井康隆犬神博士
特別出演:佐伯日菜子CMガール
大槻ケンヂゲストタレント
【解説】
 ミュージシャン大槻ケンヂ原作の同名小説を「EKOEKO AZARAK/エコエコアザラク」の加藤夏希主演で描く新感覚ゾンビ・ホラー。21世紀初頭。突如、15〜17歳の少女たちは謎の変死を遂げ、次々とゾンビ化していった。彼女たちは“ステーシー”と呼ばれ、165以上に切り刻んで初めて“再殺”される。その再殺権は親族か恋人に限られ、愛する者を手にかけられない人々は国際機関である“ロメロ再殺部隊”に依頼するしかかかった。そんな中、美少女・詠子にもステーシー化の症状が表れ始めていた……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2006-03-31 23:04:32
原作は大槻ケンヂの「ステーシー少女ゾンビ再殺談」(角川ホラー文庫・5段階評価の1・5)。
スプラッター度、メイクもなかなかだが、いかんせん物語が弱い。
救いは加藤夏希で、ホラーというよりも恋愛映画である。なお、原作との違いはステーシーを殺すスケールの差か・・・。
あ、それとDVDは5.1chと明記してあるがステレオなので注意。
投稿者:プリズム5投稿日:2002-11-16 05:37:56
下の方々のお書きの通りです。めくるめく繰り広げられる再殺シーンぐらいしか見るべき物はありません。特にラストのくだりは物語をくどくさせていて要らない気がしました(けどこの映画そんなに嫌いというわけでもない)。
投稿者:紅竜投稿日:2002-10-03 23:06:48
 10年以上前ですか、8ミリの自主映画製作がブームになった時代がありまして、私も上映会に行ったり、製作に参加したりしました.
この映画は当時の自主制作映画の雰囲気に近いですね.
やたら少女をモチーフにしたり、ひとりよがりのセリフを連発したり、
この映画も観ていて当時を思いだして懐かしいやら恥ずかしいやらでした.
原作の大槻ケンジ氏も映画の制作スタッフも私と同世代なんでしょうか.
ただ、これは8ミリ映画ではなくきちんと金を取って客に見せる商業映画を
前提として企画された作品です.
その点からすればこの映画は出来損ないの駄作です.
下の方も書かれておられる通りヒロインの加藤夏希のみが救いでした.
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-01-26 00:15:35
少女達がゾンビ化するシーンも結構エグいが、なんと言っても彼女達を再殺する犬神博士の実験室のシーンが凄い。血は散り肉は飛ぶまさに地獄絵。しかも、インディー系の作品としては、格段に画面が鮮明。ご飯時に見る映画じゃない(そんな奴いないか・・・)。これを見た後、しばらくユッケは食えません。

ストーリー的には、何じゃこりゃ?の一言。いろいろな要素がごちゃ混ぜで難解なうえ、原作者(大槻ケンヂ)の変な拘りみたいなものが鼻につく。美少女加藤夏希の屈託の無い笑顔だけが救い。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】STACY ステイシー2001/10/03\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】STACY ステイシーレンタル有り
 【VIDEO】STACY ステイシー<レンタル>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION