allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ピケット・フェンス ブロック捜査メモ (第1シーズン)(1992〜1993)

PICKET FENCES

メディアTV
放映局毎日放送/BSジャパン
製作国アメリカ
ジャンルドラマ

【解説】
 「L.A. LAW/7人の弁護士」で脚本家としての地位を確立したデイビッド・E・ケリーが独立し、製作総指揮を務めた作品。元警官のジミー・ブロックは大都会からウィスコンシンの田舎町ローマに女医の妻ジルと三人の子供とともに移り住んでくる。人望を集めた彼は警察署長となりローマの平和を維持するために躍起となるのだが、次々と起こるのは、“ブリキ男変死事件”“サーカスの象盗難事件”“連続入浴魔事件”など奇妙な事件ばかり。やがて町の住民たちの隠された裏の顔も見え始め、ブロックは思い描いた理想郷ではなかったローマの実態に困惑する…。ケリーお得意のブラックユーモアに満ちた視点で描いた犯罪、医療、法廷、家庭と様々な要素がぎっしりと詰まった人間ドラマ。出演はトム・スケリット(「エイリアン」)、キャシー・ベイカー(「サイダーハウス・ルール」)、ホリー・マリー・コムズ(「チャームド〜魔女3姉妹」)、ローレン・ホリー(「乱気流/タービュランス」)コスタス・マンディロア(「モブスターズ/青春の群像」)。2年連続エミー賞作品賞受賞。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:eiji_in_uk投稿日:2004-03-11 22:42:00
深夜放送されてたのでビデオで録画して見てたんだけど、イギリスに引っ越してしまったので最後まで見れなかった。
昨今はDVDのおかげでいろんなTVドラマがソフト化してるのでこれもぜひ。
投稿者:JES投稿日:2003-07-15 16:56:14
 小さな町に住む保安官一家と、その近所の人々のこぢんまりとしたドラマ。デヴィド・E・ケリー作品にしてはややマイナー志向な作品。どことなく「ツイン・ピークス」を彷彿とさせるような、ダークさやブラックユーモアが漂っている。

 とにかく批評家受けがよく、エミー賞では4シーズン中2回も作品賞を受賞しているが、逆に視聴率が伸びず、ケリー作品の中では今ひとつ存在感が薄い。

 主人公の夫婦役のトム・スケリットとキャシー・ベイカーは健全で、正義感の強い役どころを演じるが、弁護士役のファイヴッシュ・フィンケルの人を食った存在感の前に、皆かすんでしまっている。

 熱狂的ファンはいても、万人向けの作品ではなかった。

 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION