allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハリー・ポッターと賢者の石(2001)

HARRY POTTER AND THE SORCERER'S STONE
HARRY POTTER AND THE PHILOSOPHER'S STONE

メディア映画
上映時間152分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2001/12/01
ジャンルファンタジー/アドベンチャー
ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット (8枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 12,960
価格:¥ 8,980
USED価格:¥ 8,130
amazon.co.jpへ

 Photos
ハリー・ポッターと賢者の石

【クレジット】
監督:クリス・コロンバス
製作総指揮:マイケル・バーナサン
原作:J・K・ローリング
脚本:スティーヴン・クローヴス
撮影:ジョン・シール
プロダクションデ
ザイン:
スチュアート・クレイグ
音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演:ダニエル・ラドクリフハリー・ポッター
ルパート・グリントロン・ウィーズリー
エマ・ワトソンハーマイオニー・グレンジャー
リチャード・ハリスアルバス・ダンブルドア
マギー・スミスミネルバ・マクゴナガル
アラン・リックマンセブルス・スネイプ
イアン・ハートクィレル
ロビー・コルトレーンルビウス・ハグリッド
リチャード・グリフィスヴァーノン・ダーズリー
フィオナ・ショウペチュニア・ダーズリー
ジョン・クリーズニック
トム・フェルトンドラコ・マルフォイ
ハリー・メリングダドリー・ダーズリー
ワーウィック・デイヴィスフリットウィック
ジョン・ハートミスター・オリヴァンダー
マシュー・ルイスネヴィル・ロングボトム
ジュリー・ウォルターズウィーズリー夫人
ボニー・ライトジニー・ウィーズリー
デヴィッド・ブラッドリーミスター・フィルチ
アルフィー・イーノックディーン・トーマス
【解説】
 日本を含め世界中で驚異的なセールスを記録した児童文学『ハリー・ポッター』シリーズ待望の映画化第1弾。魔法学校で魔法使いになるための勉強をする少年少女たちが繰り広げる夢と冒険のファンタジー。監督は「ホーム・アローン」「ミセス・ダウト」のクリス・コロンバス。主演はダニエル・ラドクリフ。
 両親の死後、親戚の家に預けられたハリー・ポッター少年。そこでは階段下の物置部屋をあてがわれ、何かとこき使われる毎日。そんなある日、ハリーの11歳の誕生日に一通の手紙が届いた。中身はなんと、魔法魔術学校の入学許可証だった。実は、ハリーの両親は優秀な魔法使いだったのだ。手紙に導かれるままホグワーツ魔法魔術学校にたどり着いたハリーは、さっそく魔法使いになるための勉強を始める。ロンとハーマイオニーという友達もでき、楽しい毎日を送るハリーだったが、やがて学校に隠された驚くべき秘密に気づくのだった……。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aハリー・ポッターと秘密の部屋 (2002)
[002]Aハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (2004)
[003]Aバイオハザード (2002)
[004]Aグラディエーター (2000)
[005]Aバック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (1989)
[006]A少林サッカー (2001)
[007]A羊たちの沈黙 (1990)
[008]Aグリーンマイル (1999)
[009]Aプライベート・ライアン (1998)
[010]Aロード・オブ・ザ・リング (2001)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
65407 6.26
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2015-02-24 18:15:40
原作が出版された頃読みましたが、
あまり夢中にはなれず
映画の方も同様でした。
子どもの頃に出会いたかった。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-10-05 01:10:10
劇場まで観に行ったけど、たいしてワクワク感はなく・・・。
続編は観ていない。 なんでこんなに人気なのかナゾ。
投稿者:akiakiakikochan投稿日:2011-04-06 01:38:12
ストーリーはもちろん映像も楽しめました。
投稿者:こじか投稿日:2010-12-30 15:57:48
単純に楽しかったです。残念ながらこのシリーズに入れ込むことはありませんでしたけど、原作が大人気といえ80年代風のファンタジー映画それも監督クリス・コロンバスの手で演出されたモノが現代で大流行りするなんて嬉しいじゃありませんか。でもこれが現代的感覚として許されるってコトは、グーニーズとかミクロキッズ、インディジョーンズあたりの頃の超エンタメ作品って現代(いま)のオーディエンスにとってどう目に映るんでしょう?単純にそれへも興味が湧くなぁ。
投稿者:あぼん投稿日:2009-07-13 10:01:33
ハリー・ポッター全てのシリーズに総じて述べる事は個々の作品に対して失礼なので1作目に表記します。どこが見所か理解不能!面白くないし長いしたるいし、温い!!!!小学生の2年生から見始めたうちの子供は歳を重ね現在中学生になるがが、1の時から見てもつまらないという意見があったが全く大人としても同意見である!子供に対して、此れ位の作品を見せていれば可も不可もないだろうと思っていた大人のエゴであり、子供に対して私は拷問の様な鑑賞時間を味合わせていたという事を心から懺悔せざる負えない。
投稿者:uptail投稿日:2009-06-22 11:49:13
ジョン・ウィリアムズ
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-03 06:26:17
子供向けのファンタジー映画としてはかなりの傑作と言えるんじゃない!?
原作は読まずに鑑賞したが、ストーリーに付いていけない事もなかった。
あとハーマイオニーの小生意気なキャラが可愛い(^◇^)
投稿者:白猫 球子投稿日:2007-09-21 20:45:00
原作は読んだことないが、それでもこの映画がエピソード詰め込みすぎなのは分かる。
多分、原作では名場面なんだろうな〜と思うシーンもおそらく映画ではサラッとしか触れてないんだろう。故にちっとも心に残らないし、話の展開に説得力がない。
まあ、画は派手だし、分かりやすい話なので子供は観て楽しめるかもしれんがね。
大人が満足できるファンタジーではないと思う。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-05-15 21:17:24
前半の30分で期待が持てたんだけど、子供向けに作られたが故の刺激の少ない描写の連続に段々と飽きて来て、終わってみると「長い」の一言。箒を使ったラグビー?は楽しめるが。
クライマックスで箒や解りやすい鍵の鳥を用意してたのはクィレルなのか? なら何故やつはチェスをやらない? イギリスの名だたる名優が出演してるのは「子供が喜ぶから」という理由で、決して嫌々じゃなかったろうな。
投稿者:なちら投稿日:2007-02-22 23:15:08
小さい子にはいいと思う。
投稿者:vv投稿日:2007-01-13 22:24:39
原作は読んでいないが、こんな幼稚なストーリーと展開じゃね。
それから、この後何度も登場することになるこのスポーツ…
昔々よく聞いた「糞ゲー」という言葉を思い出しましたとさ。
まぁ日頃ファンタジーやS.F.をまったく見ない人達には刺激になったのかも
投稿者:アイス投稿日:2006-04-25 00:46:07
日米の小説と映画をそれぞれ観たので違いが良く分かった。
小説を読んだ人でないと謎解き部分がスラスラと流れて考える暇もない印象。原作を読んだ人が頭の中のイメージを映像化したいという意味ではいいつくりだと思う。キャラも原作のイメージをうまく伝えるキャスティングかと思いきや、メインの3人は作者の構想とかけ離れすぎ。ま、ある程度ビジュアルを重視しないとファンも離れていくし仕方が無い。世界的ベストセラーの原作があるだけに、映画化は原作を忠実にコピーしたこれが正解でしょ。
物語の展開が速すぎるけど、次回以降の伏線になる部分が多いので省略はこれが限界かと。映画としては6点。監督の仕事としては9点。
投稿者:アリー☆投稿日:2006-04-06 16:56:14
限られた時間のなかであれだけ表現できればいいでしょう。ファンのひんしゅくを買うかもしれないが、あれ以上は求められないとおもう。指輪より長くなっちゃうよ。
大切な3人の人選にも問題なし。
世界観の再現も、十分。
しかしJ.K.ローリングはいつまでやるきだろう?・・・というか、ラスト書いておいてあとで過程をかくなんて、よくばりすぎでは?
さすがに8部作は長い。
投稿者:とろりん投稿日:2005-12-17 18:19:46
【ネタバレ注意】

私は映画を見て原作を読みました。
小説は細部の描写や登場人物の心情がよくわかり、
映画を二回目に見た時はより一層面白く感じました。
見所は友情、家族愛ですね。
また映画と小説では人物像が若干違って感じました。
とくにロンが原作ではもっと男らしく描かれてます。
またウィーズリー一家の家族構成が詳しくわかったり
ロンの双子のお兄さんとチャーリーやビルについての
人物像も面白く書かれていました。
小説、映画両方でいろんな発見があって楽しめました。
音楽もジョンウィリアムズで映像と音楽でハリーポッターの世界観
をうまく表現しているなと感じました。
今、炎のゴブレット公開中でまだ見に行っていませんが
小説を読んでから映画を見にいきたいと思っています。

投稿者:ブルマ大帝投稿日:2005-12-12 13:50:13
原作本付の映画化ではまあイイほうでは?最低限は一応押さえてあるし。何よりも、登場人物のキャスティングが素晴らしくピッタリでスゴイ。スネイプのリックマンなぞ特に。ワーウィックがメイクで誰だか分からんのがカワイそうなだけで。コロンバスの、子役の光らせ方、テンポの良さ等での、抜群の手腕が見事に発揮されている秀作。ホントに彼が監督だからこその成功だ。上手い。
投稿者:bond投稿日:2005-11-28 12:54:09
楽しめるいい映画だが、ちょっと長くない?
投稿者:藤本周平。投稿日:2005-11-14 21:57:54
指輪よりも楽しめた感じ。
投稿者:J.M投稿日:2005-07-01 05:52:59
ホグワーツに行く汽車に乗る辺りまでは映像の綺麗さもありドキドキ期待してみてました。それ以降はなんだか眠い展開…ただ子供向けファンタジー映画としてはかなりの秀作ではないでしょうか?自分も小学生の時、あんなにつまらないネバーエンディングストーリーでドキドキしてたんだから…
投稿者:KOTOBA投稿日:2005-04-18 19:09:00
いまにしておもえば、どうしてこのえいがをみようとおもったのかがわからない。そうおもったじぶんもふしぎなほどにふしぎ。
いったいいつまでやるんだろう。もういいじゃない。
投稿者:STC投稿日:2005-03-12 01:12:36
正直詰めすぎ映画ではなく
小説のダイジェストですね
投稿者:william投稿日:2005-02-17 19:50:57
前半30分で強烈な睡魔に襲われそのまま意識不明。これもハリポタマジックか?
投稿者:Megamouth投稿日:2004-12-24 18:28:42
【ネタバレ注意】

原作の強烈なファンなので期待した一作だったが、期待は裏切られてしまった。人物描写が少なすぎる。中盤の大胆なストーリーのカットがむかついた。金をかけただけあってセットはなかなか良いのに残念だ。吹き替えもダメだ。

投稿者:PECO投稿日:2004-11-07 12:00:31
この物語をこの時間で表現するには少し無理があるのでは? だいぶんはしょりすぎてるし、最後もあっさりおわったような・・・。でも娯楽性は十分! 全体的には楽しめたところも多かった。
投稿者:JES投稿日:2004-10-27 20:40:54
 映画を観てから原作を読んでみた。原作は文句なく面白いし、それぞれのシーンが映画ではこんな風になってたなーなどと思い起こしながら読んでると、この映画、以外にも忠実で、よくできた作品なのだと改めて思ってしまった。映画と原作、セットでひとつの作品として楽しみたい。しかし吹き替え版の棒読みには辟易。
 次は『ライラの冒険』に挑戦しよっと。
投稿者:黒美君彦投稿日:2004-10-20 08:51:15
ハリウッド版ファンタジー映画の典型ともいえるが、それなりに楽しめた。
エピソードを詰め込みすぎ、というのは確かにいえるが、子供たちはそれなりにワクワクできるかも。魔法学校からの入学許可証が、日本の我が家にも来ないかなー、なんて夢見る子供は確かにいるのだから。
見えないものを見せてくれるのが映画のひとつの魅力だとすると、ファンタジーはまさに映画の独壇場。ハリー・ポッターの世界は深いとはいえないが、子供向けのファンタジー映画としてはそれなりの水準に達していると思う。
投稿者:かっこう投稿日:2004-08-16 20:07:02
あまりにもわかりやすい設定も子供向きと言われてしまう所以なのだろう。
悪い奴は悪い奴、いい奴はいい奴。
子供の悪役なんてのは、案外いい所もあるってな設定が好きですが。
だけど、魔法世界の世界観はすごい楽しめました。時間も全然長くは感じませんでした。
投稿者:ナツ投稿日:2004-06-30 14:02:12
私は原作を読みましたが、ハリーが優遇され特別扱いされている、
ということについては原作を読めば納得できると思います。
私はその点、重視してません。
自分の頭の中でイメージしていたものが見事に映像化されているという
点では、驚くしとても評価できると思います。
ただ、映画としてはいま一つ。
まるで、ページをめくっているかのように淡々と進むストーリーは
途中で飽きてしまい、眠ってしまいました。
忠実にするあまり、あのような作り方になったのかなと残念。
大人には満足できないかと思います。子供はどうかな?
投稿者:nr-akiko投稿日:2004-06-22 01:30:49
原作は絶対面白いに違いないだろうな〜とは思いました。でも、読んでいない私にとっては、ストーリーもよくわからないし・・原作が超おもしろいものは映画化が難しいですね。「ジュラシック・パーク」も原作をばっちり読んでめちゃくちゃ期待して行ったら「え〜〜〜〜!!」って感じでしたしね。
ハリーが学校に着くまでは、「お〜いい感じ」って思えましたが、そのあとは「これって面白いの?」と頭の上に疑問符の嵐。
投稿者:篭瀬山投稿日:2004-06-18 02:36:40
 感情は大人にも子供にもあるものだから、映画を見て「面白い」「つまらない」と感じるのに年齢は関係ない。大人と子供の違いは、感情をどこまで言語化して説明できるかだから、「大人には楽しめない作品だ」と感じるのは自由だが、なぜそう感じるのかの説明がないと、結局子供じみた文面に見えてしまう。

 昨日の朝刊でもやっていたが、「親が子供に見せたい(TV)番組」と「子供が見たがる番組」は違って当然である。この作品は、子供向けに作られていると私も思うが、作り手が何を子供たちに伝えようとしているかを考えながら見れば、大人でも楽しめる(もちろん、感性の瑞々しい人なら、「童心に帰って」楽しむこともできよう)。

 この映画は変わった構造を持っている。主人公ハリーは、自分でも記憶していない幼い頃の出来事により、魔法界においては圧倒的に英雄視されチヤホヤされる。だが人間界では悲惨な境遇に置かれており、また魔法界でも彼を敵視する勢力が確実にあることから、まだ取扱いのバランスが取れている。

 ところが彼の所属する寮、グリフィンドールに対する一方的な厚遇には、最後まで見ても(というか、見るほどに)確固たる根拠が見出せない。かつ、物語の展開がかなり行き当たりばったりに見えるため、次作以降で根拠が提示されるとも思えない。したがって、この映画は「えこ贔屓」を善として描いている、とまでは言わないまでも、正当な地位を与えているように見えるのだ。

 正直言って、子供がこれをどう見るのかもはや分からない。だが少なくとも作り手は、J・K・ロウリングの原作に、それ以上の何かを見出しているのだろうとは分かる。ダイアゴン・アレイの魔法杖屋でハリーが杖を買うシーンで(実際は「杖が買い主を選ぶ」のだそうだが)、杖屋の店主・オリバンダーがこう言う。「例のあのお方も偉大なことをした――恐ろしいが…、偉大なことをじゃ」ボルデモート卿がしでかしたという「恐ろしいが偉大なこと」は、結局この作品中では描かれない。だからこの一作目を見る限りでは、このエピソードはまったく不要に思える。我々がこのシーンを重要だろうと思うのは、オリバンダーを演じる役者が、イギリス映画界きっての名優、ジョン・ハートだと知るからだ。しかし、子供でも感のいい子なら、この辺のニュアンスは敏感に感じ取るのではないか?

 その意味でこの映画は、大人が楽しめるよう配慮がなされているとは言える。私に関して言うと、なかなか魅力を感じた。だが、名作にはなり損ねた。自分の体験と照らしても、原作の購読へ導く秀逸な手引映画であると言えるが、こんな評価じゃ映画からすれば不服かもしれない。7
投稿者:さち投稿日:2004-06-13 11:02:50
現代映画の集結
投稿者:ちゃき投稿日:2004-05-17 03:20:17
完成度の高い映画。これは改めて見るとその完成度の高さに驚かされます。人間の世界からホグワーツに行くことになるストーリー。ハリーがホグワーツ初だというのが自然に観客への解説になっている点。子供のころに本を読んで想った魔法の世界へのワクワク感・あこがれがそのまま形になった感じ。

子供向けなストーリー展開だけれど、これは童心に返って純粋に驚いて、心配して、悲しんで、応援して、というのが一番楽しいと思います。子供は夢の世界を楽しみ、大人な昔想像して止まなかった世界の再現に感嘆できるといいと思います。

これに比べたらやっぱり2はまだまだだと思う。マトリックスと同じで、新たな世界への衝撃的なデビューが1のいいところだから、その世界観に慣れてしまうと続編は1ほどのインパクトはない。でもこの夏の続編と、それ以降の話にも期待したいです。
(05/15/2004)http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1980/
投稿者:右心室投稿日:2004-04-14 13:45:47
原作の雰囲気をしっかり残してる。
特にハリー役のダニエル君が、ぴったし。

ストーリーは駆け足感が否めないけど、
映像、音楽、俳優陣、全て一定以上のレベルに保たれてると思う。
投稿者:バック投稿日:2003-11-29 12:39:24
子供にはいいかな。大人が見て楽しめることはないと思います。すごいヒットしたみたいだけど感覚がちょっとわかりません。映像が素晴らしいと言うけど(確かに)映画の本質はそういうことではないでしょ。原作はいいみたいだけど
投稿者:ASH投稿日:2003-11-04 21:46:53
いや、恥かしいんだけど結構楽しんじゃった。子供ががんばる映画って決して嫌いじゃないんで…。
投稿者:ワンダフルピヨひこ投稿日:2003-08-20 17:10:06
結局、本が売れたおかげなわけで。映画としては屁でもねぇ作品なわけで。寝た。
投稿者:まもる投稿日:2003-07-20 17:51:42
原作の奥が深すぎて、映画にはうまくまとめられなかったんだろうなあと思います。
二時間半は私には物足りなかった。
原作をもっと魅力的にするための副物という感じがした映画でした。
ただ、監督の狙い自体がそうだったんじゃないかな、とも思います。
その意味で、映像や音楽に重点を置いてみれば十分に素晴らしい映画だと思います。

ただ、子役の演技力のなさにはげんなりした。
三人のうち、一番上手だったのはロン役のルパート・グリントだと思う。表情の作り方が巧いし、役作りをちゃんとしたんだなぁと思った。
役作りの点ではエマ・ワトソンもなかなかしっかりしていたと思う。
一番下手だったのはダニエル・ラドクリフ。彼はあんまり巧くないというより下手でした。全然キャラクターにはまっていなかった。演技力もまだまだという感じ。CG使ってるシーンでこりゃ合成だって分かっちゃう演技してちゃだめでしょう。
反対に、チェスシーンで手に汗を握ったのは、やはりルパート君の演技力の賜物だと感じたかな。
だから私はルパート君が好きなんだけど、みんな顔で選ぶからなぁ。雑誌とかで明らかにルパート君が小さい扱いされてるの見ると腹が立つ。もう。
まぁ三人とも第二作では多少成長していたので、今後に期待大かなぁ。

最後に、監督の努力にお疲れ様でしたと言いたいです。
投稿者:D投稿日:2003-06-09 17:22:06
もともと原作がかなり奥が浅いうすうすのうすっぺらい出来(子供向け)なので映画の方も実に薄い出来になっていましたが、場面場面での情景描写やカメラ技術はさすが一流物だったと思います。音楽は1年もかけた割には何か「うーん・・・」て感じでした。いい音楽とは思いましたがいまいちパッとこないですね。スターウォーズのようなパッとした感じが・・・
だから場面場面で少しずつの感動が与えられるってかんじでしたね。
投稿者:quadrant投稿日:2003-05-06 20:25:10
・・だけど、まんま「RPG」ですな。
映像はとても綺麗だし、安心してみていられるけど、「やっぱりこれじゃなきゃ!」の特別?な気持ちは感じないなぁ。
この手の映画、他にもなかったっけ?
アラン・リックマンさまのベシャリに免じて6点。あの悪代官面、やっぱり最高!
投稿者:なかベ投稿日:2003-05-05 00:49:41
それなりに楽しめるが、血筋や家柄で人を判断するとこがムカツク。特に、組の分け方とハリーへのえこひいき。希望を持って入学したのにスリザリン寮に入れられたら、それだけでグレるぞ! こういうとこって、階級制度を認めてるイギリスっぽい。子どもに観せるのに教育上悪くないか?
投稿者:とさき投稿日:2003-02-09 23:05:21
脚色が良くないよ。原作読んでなきゃ話が全然わかんない。原作に忠実にっていうのもわかるけど話詰め過ぎでしょ。すげー長く感じた。特殊効果もなんだかなあ・・って感じだったし、ハリー役の子の演技もまだまだ。細部まで凝った美術や衣装だけが魅力って程度。う〜ん残念!
投稿者:バナナミルク投稿日:2002-12-22 10:32:42
 原作を読めば、「自分」がハリーになれるが、この映画を観ればハリーは「他人」でしかない。とりあえずオープニング・シーンは後に持ってきて、主人公のアップから始めるべきだと思った。つまり、主人公に感情移入させるには原作とは別のやり方が必要なのだ。ハリーの目から見た映像も少ないように思う。
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2002-12-06 18:37:31
これは、つまらん。。。
原作が持つ「面白さ」がこれでは全く分からん。ただ
原作が持つ「良さ」は、「万人に分かり易く」伝えるのには、
何と無く成功しているのではないやろか? だから大ヒットしたのかなと。
同じ一発目で「指輪物語」が原作が持つ「面白さ」や「良さ」よりも
「映像」だけで押し切ったのとは、可也違う感じ。
投稿者:myappe投稿日:2002-11-29 18:25:32
駄作ですね。はっきり言って。なんであんなにヒットしたか分からないって
言いたくなるくらい。まぁ、それは人の好みであって、原作のファンだから
観たとか、色々だと思いますが。1回目は、あまりにもつまらなくて、始まって約10分で寝てしまいました。2回目は、友達と一緒に観てて、起きていましたが早く終われ。早く終われ。とずっとおもっていました。私が思うには、
観た人全員を満足させることって無理に近いのかもしれませんが、この作品
には、もっと作る側ががんばってほしかったなぁ、出演者も、演技をもっと
極めてほしかったなぁ。とおもいます。まぁ、メインの3人はまだキャリア
がすくないんですがね。そのかわり、その3人のこれからを期待したいとは思います。まだまだ可能性はありますからね。たいせつなのは、これからどうやって成長していくか。これからどれだけ努力していくか。ってことだと思うんで。
投稿者:peco投稿日:2002-11-17 00:33:47
【ネタバレ注意】

これは説明するまでもないものすごく有名ですよね。見たほとんどが原作を読んだことのある人だったのではないかとおもいます。だからその分期待が大き過ぎたのかもしれません。映像的にはすごくいいのですがやはりあの内容を短時間にまとめるシナリオを書くのは難しかったとおもいます。途中ノーバートというドラゴンがでてくる話はなくてもよかったのではないか?とおもう部分のひとつです。原作を読んでない人をただ混乱させるだけだったのではないでしょうか。ハリーがドラコから玉を取り返した時の周りの反応なども不自然に騒ぎすぎていたとおもいます。
でもまあ、あくまでもこれはファンタジーなのでそういう細かいところは関係なく単純に見るのがいいのかもしれません。子供達にしてみれば本がそのまま映像になってでてきたという喜びなどが一番なんでしょう。
でもこれは本当に子供向きの映画ですね。大人が見てもそんなに楽しめるとは私はおもえませんでした。原作だけのおもしろさだけでも十分だったのでは?ともおもえます。

投稿者:映子投稿日:2002-11-07 20:39:46
全体的に可愛かったけど、画面が暗くて見えにくいところが多かったような気がするのと、中盤ちょっと退屈な部分あり。
個人的に見終わってスネイプ先生が大好きになりました。
「秘密の部屋」が楽しみ。
投稿者:城森投稿日:2002-10-14 03:23:23
 思っていたより酷くはありませんでした(笑)
 でも、ロード・オブ・ザ・リングに比べると(比べるのはちょっとオカシイ気も
するけど)明らかに見劣りしますね。原作でも映画でも。

 軽薄に(笑)いろいろな出来事が起きるのは欠点でもあり、長所でもあると思う
ので、それはまぁ置いとくとして……

 この作品でたびたび「採点」する場面ってありますよね。
 クィデッチとか、寮対抗の競争とか。
 あの得点が、すごくいい加減で……
 クィデッチなんて、小さな玉を捕まえることができたら、後は何やっても
無意味でしょ。一生懸命やる意味がない。主人公の行動以外は全て無意味で、
その他大勢のやることなんて無視無視というのはどうなんでしょう。
 寮単位の競争にしても、点数がすごくいい加減。
 クイズ番組なんかで最後に一発逆転の問題を出すのは当然としても、
「その点数だけで全てが決まる」のだとしたら、やる意味ないでしょ。
 原作者はそういうゲームにおける得点の厳密性やシステムというのに興味が
ない人なんでしょうね。

 この作品が(興行という意味では別として)何か革命的な意味があったとは
思えないし、そんな良作でもないと思います。
 しかしブームを作った功績や、子供へ楽しく華やいだ、想像力のある世界を
提供できたという意味では素直に評価します。

 でも、自分に子供がいて、何か本を読ませたり与えることがあるとしたら、
これよりは指輪物語の方にするでしょうね。
 そこはもう、悩む余地などありません。
投稿者:ジェシー投稿日:2002-10-12 11:41:47
 子供心をくすぶる様なネタがたくさん。どちらかといえば、普段の世界から
 魔法学校へ行くまでの期間が見所。私的には、上級生役のヤングな青年
 に注目したい。なんて目がハートになってしまう。
 別に2時間半でも良かった。欠点といえば
 主人公がパッとしないのと、鼻くそ味のグミ?かなりすべっている。


投稿者:常秋投稿日:2002-10-07 10:38:20
1つは主人公の存在感の無さ、透明になるマントで消えなくても十分視界から消えてました。
主人公の周りを囲むキャストは濃い顔ぶれ(特にスネイプ先生を演じたのは「ダイ・ハード」の悪役で有名なアラン・リックマンってのはすごい)なのに・・それが仇となったのでしょうか?
2つめはエピソードの未消化です、
まあ見た人のは原作を読んでる人が多かったのかもしれませんが、
もうちょっと掘り下げてもよかった気もします、特に前半。
なんかクリス・コロンバスの作品はどうも自分と合わないようです、彼のどの映画も見終わった後の心境が煮え切らない状態だったので。
監督も主役の子も変わる予定の「炎のゴブレット」でもう一回だけ評価をしようと思います。
投稿者:フゥ投稿日:2002-09-28 11:26:46
まるでディズニーランドに来たような、わくわくする気持ちが
味わえた。ちっとも長さを感じない!
ちょっと原作に忠実すぎ?という気がしないでもないけど、
ここにプラスαでも付け加えようものならきっと世界中のポッタリアンの
反感を食らってたことだろう。
もうちょっと登場人物の心情を、原作レベルでいいから描写できれば
よかったんじゃないかな。
投稿者:MAYUMAYU投稿日:2002-08-20 09:05:29
原作を読んだ人は判ると思いますが、人物描写や、ちょっとしたエピソードが
ずいぶんと簡略化されていて、その分面白みもかなり欠けていたと思います。
映画ならではの迫力を期待できなかったのが残念でした。
投稿者:どんちゃん投稿日:2002-08-17 13:33:46
原作を読んだ人は「ただストーリーを追いかけただけの映画」、原作を読んでない人は「さっぱり意味のわからん映画」、だと感じたのですが、みなさんの評を読んでるとそうでもなさそうですね。
おいらは原作読みましたが、まず登場人物の名前で苦しみました。ダンブルドアとかスネイプとかマクゴナガルとか、校長なんだか女なんだか化け物なんだか子どもなんだかさっぱりで、何度も前のページをめくり返したりして…。映画だと巻き戻しできないから、みなさんの記憶力には感服します。

てな訳で映画はあんまり楽しめませんでした。
でもハーマイオニー役の子、かわいかったー!
投稿者:Ki-Adi-Mundi投稿日:2002-07-28 18:58:02
なんの期待もせず見たけど、それでもやっぱりダメダメでした。

魔法学校、空飛ぶホウキ、魔法の杖、駒が動くチェス、トロール、ゴブリン、ユニコーン、ケンタウロス、ドラゴン、賢者の石・・・。
だれでも知ってるファンタジー系のアイテムを寄せ集めただけのうすっっっぺらな物語。魔法のない世界との関係はどうなっているかとか、そのへんの世界観構築はいっさいなし。現実逃避の箱庭世界。登場人物の内面描写もいっさいなし。だから主人公も悩んだりしない、よって成長もない。
悪は悪、正義は正義。理由はともかく悪は滅び、正義は正しい。可愛い子は無条件に優遇し、憎たらしい奴は貶める。
とってもお手軽なファンタジー風味のB級映画。

「すべては、階段下の物置き部屋で不遇な生活を強いられているハリーの悲しい空想でした」という落ちがつかないのが不思議なくらいだ。

こんな作品がなぜうけるんだ?  謎だ。

子供向けだからこれでいい? そんなことはない。
子供向けだから質は問わないなんて、今どきそんなこと言うなよ。

「ドラえもん のび太の魔界大冒険」(1984)を見てない人は見比べてみるべきだ。これも魔法学校を舞台にしている。こちらは90分程度の長さでみごとな物語構成になっている。ファンタジーの面白さ、作家の想像力とはなにかを思い知るがいい!
子供に見せるなら、80年代の映画版長篇ドラえもんにするべきだ。
ハリー・ポッターの続編を待つ必要はない。



モンスターやチェスの駒の動きは良かった。

投稿者:gensan23投稿日:2002-07-22 13:35:22
DVDで見ました。すっごい期待して見たけど、正直げんなり。150分我慢してこれじゃなあ。何か、シリーズものの総集編を見てるようで、緩急無いというか、どのエピソードも消化不良。登場人物も半分以下で良かったんじゃないの?テレビシリーズとかだったら良かったかも。
投稿者:いっちーこ投稿日:2002-06-21 01:35:09
あら、思ったよりおもしろかったわよ?
ハリーポッターが優遇されすぎという書き込みが結構あったようだけど
アメリカはこういうのすきなのよ!
グットウィルハンティングにしろ、リトルマンテイトにしろ、
あら、ほかにはちょっと今浮かばないけど天才というのに弱いのよ、ハリウッドは。
まぁその中でもハリーは親が殺されてるんだから優遇は許してあげてという気がするわ。

それから、あの変なゲームだけど、みんなでちっこい金のボールおっかけたほうが
効率いいんじゃないかしら。ちまちま10点なんて入れてられないわ。
緑の寮のチームの外見があからさまに不細工で、赤いチームがハンサムばかりなのをみると本当に偏見が大きいわ。
他の場面でも必要以上に緑の寮を迫害した描き方もちょっとね。
最期の加点も納得いかないけど、友だちを止めて加点、は気に入ったわ。
それから、ハリーって意外に活躍してないのよね。トロール倒したのも友達だし
チェスもカギみつけたのも、草もそうだし。。。
魔法の種類が少なかったのも残念ね。それからDVDは必要以上に映像の黒が
黒すぎる気がしたわ。暗くてみずらいわ。
それでも、2時間30分、全然退屈せずに観れたので楽しかったわ。
十分満足よ。ホホホホホ。http://www2.tky.3web.ne.jp/~bruce/newpage2.htm
投稿者:akiaki投稿日:2002-06-06 00:24:56
レンタルでやっと見ました。
細かいストーリーで、何で?というところは多々ありましたが、娯楽映画としての価値は十分だと思います。
魔法が使えたら・・と思ったことって、子供の時から誰でもあるものでしょ?
CGとかもすごくて、早送りしないで見ました。
早く次が見たい!


投稿者:ハル投稿日:2002-06-04 21:08:40
【ネタバレ注意】

かなりのがっかりでした。
物語が淡々と進み、いつかきっとすごい盛り上がりがあるのだろうと思っていたら終わってしまった。
ハリーがとにかく特別扱いされすぎにかなりイラついてしまいました。
伝説的な有名人(?)ハリー・ポッターというだけでいつのまに先生達とアイコンタクトを行うような仲になったのか?
プレゼントのほうきにも疑問。かなりえこひいきじゃないか。
そんな最新の早いほうきで飛びゃーそりゃスター選手にもなれらぁな。

話の端々に矛盾が感じられ、「まぁ、子供向けですから・・・」で納得していた。
あの石が金庫に入って大事にされてた割にはいつのまにかハリーの手元にあるのはなぜ?
ナイトの駒はあるのにロンがわざわざその馬にのっかる必要はあるわけ?
あのマントがあるのにわざわざ夜中に忍び込む必要はあるのか?
ま、物語の中の子供がやることだから、しょうがないか・・・
と、原作を知らない私的にはがっかりだけで終了でした。

投稿者:しろがねゆっき投稿日:2002-05-19 02:47:45
とにかく気の毒なくらいにハリーのキャラが立っておらずに可愛そうだった。ホントに高年齢OLから主婦層が勝手におもちゃにしてる作品特有のにほいが、む〜んと漂っている。それに子供向けにしちゃ長いよ。出来ればBSあたりでまったりと何話かに分けてTVドラマ放映して欲しい気がした。ただお金をかけているせいもあり、中途半端な見所が満載。小説も読んだが、原作者が結局ミーハーなので逆に安心してしまった。浜崎あゆみのように歌唱力はないのに周りの努力で人気は出るのね。
投稿者:wapi投稿日:2002-05-18 12:33:31
冬に映画館で見てきました(吹き替え版)。原作を読んでいませんが、子供向けのファンタジーとして楽しめました。大人向けにも「水戸黄門」なんてのがあるように、難しいこと抜きのドラマが好きな人にはいいんじゃないでしょうか。
『ハリーポッタをDVDで見た子供が、「字幕と吹替えで意味が違いすぎる」と怒っていた。吹替えの方が原作に忠実だったと評価してた。』という投書を読んで、私も思うところあり、こちらに書き込みさせて頂いてます。皆さん、最近ネットや雑誌等で「字幕批判」が話題になっていることをご存知でしょうか。『ロードオブザリング』ではシナリオの改ざんととられるような字幕が付けられていました。「字幕には文字数制限があるから」なんていう理由以前の問題です。ネット上で字幕を改善してくれるよう映画会社に要求する著名運動もあり、あるサイトでは著名が千通を越えています。『ロードオブザリング』をもし字幕版でご覧になられた方、吹き替え版を見てください。「え〜こんな話だったの?そうだっけ?」と気づくと思います。ちなみに私は字幕も吹き替えも両方見ましたが、吹き替え版のほうが良かったですよ。『ロードオブザリング』の感想は字幕版見ただけではちょっと語れないと思います。
投稿者:arisu投稿日:2002-05-16 13:33:04
劇場公開と同時に家族で観にいき(吹き替え版)今回ビデオ(字幕スーパー)を買って観ましたが、娘はハリーたちの本物の声?を聞けて喜んでました。やっぱり吹き替えと字幕では全然感じが違いました。この映画って賛否両論ありますが、人それぞれ感じ方や観方も違うので色んな意見があるのは当然ですが、私は楽しんで観れました。どなたかも言ってましたが、「指輪物語」よりおすすめかも・・。
(両方観ましたが、好みもありますね。)
細かい粗が気になったり、専門的な観方をする方からすればハリポタって「所詮子供向き」映画かもしれませんが、でも子供が観て面白くって、ついでに付き添いの親がみても充分楽しめる作品て意外と少ないかなぁって思うんですけど・・。
ハリポタは家族で観るにはほんと、お勧めの映画です。
投稿者:虹の父投稿日:2002-03-16 01:05:38
【ネタバレ注意】

あ?面白かった。不満な点もあるも、おおかたOK!
「up!」と声をかけて、箒を手に取り、空を飛びたくなりました。(^_^)b

投稿者:キャロ投稿日:2002-03-13 12:45:03
この映画は原作を先に読んだかどうかでかなり評価が左右されるのではないだろうか。まず他の方が書いているように、話がうますぎる。いじめられっこの少年が実は天才的な魔法使いで、ホグワーツでは周囲の注目を浴びつつ、とんとん拍子で事がうまく進む。なんかハリーだけが特別扱いを受けているような印象はどうしてももってしまう。
まあ、現実の小学校でも憎めない人格で明らかに特別扱いされている子供はいるけど。実際、知り合いの小学校教師もかわいくて特別扱いしちゃうような子は必ずいると言っていたし。
個人的なことだが、私なんかは子供の頃は逆の意味で特別扱いされてた。今思っても他の子がいけないのに、無茶苦茶な理由で自分だけ先生に何度もひっぱたかれたし、自分だけはなぜか呼び捨てで呼ばれていた。ハリーの友人たちのように理解ある友人も少なかった気がする。当時の私にも原因はあったのだろうが、こういった経験をもつ大人がこの映画を見てどう思うだろうか?ファンタジーだからと割り切れるだろうか?
ハリーの優遇度をどう感じるかで、まずこの映画の評価が分かれる。
最近になって原作を読んだけど、ああなるほどなと感じるところはあった。原作を読んでから映画を見た人は面白く感じたのではないだろうか。

この映画を絶賛する映画批評家たちは具体的にどういったところが良かったのだろうか?映像はファンタジーしていてすばらしかった。原作に沿って映画化されていた。音楽も原作をよく反映していた。しかし他には?やったねハリーと言うのだろうか?
この映画はあらゆる面でファンタジー。理解ある先生と友人たち。いつも暗闇にいた子供が一躍スーパーヒーローになるという、毎日宝くじで一等を当てるくらいの強運をもつ少年の冒険を語るファンタジーである。
子供や普通の子供時代をすごした大人にはとても面白い映画なのだろう。
はらはらどきどきの冒険とあきさせないと感じる人には面白いのだろう。
でも主観的にはあまりいい子供時代をすごしたとは思っていない私には
ファンタジーにしても話がうますぎると感じてしまうのであった。
投稿者:とも投稿日:2002-03-03 22:07:09
結構楽しめた。
指輪物語より物語のテンポ、リズムはよかった。
どっちを見ようか迷ってる人はハリーを選ぶべき。

投稿者:アインシュタインの舌投稿日:2002-02-28 14:16:41
はっきり言ってこの手の映画は大したことないんだろうなということで、見るのを止めてたんだけど、オゴリで見ることになった時に正直これから映画史に残る映画を見るのか〜ってワクワクしてたんですよ。結果から言うと・・・がっかりです。
原作を読まずに映画見たんですが、ハリーをヒーローにしすぎの設定にげんなり。子供向けだからしょうがないのかも知れないけど、悪者には悪者なりの正義というか、自分の信念というか、そういうものの描写が全くない。ハリーはと言うと顔を見せるだけでチヤホヤされて、悪い事をしてもそれが全て肯定されてしまう。こんな主人公いりません。
魔法の学校の雰囲気についての描写は原作通りされているが、原作を含めて肝心の魔法が全く出てこない。最後の仕掛けにしてもあんな犬が音楽で大人しくなるんなら意味ないし、植物も一年生が習うようなものだから、誰でも対処法は知ってるはずだし、カギの鳥が何百羽もとんでるのにはたしてそんなにすぐ見つけられるのかとか、子供が勝てるようなチェスなんて意味ないし、(どうせロンが死なないんだろうなーって思ってたし)その後のクイズ(これは映画版ではなかったかも)も子供が解けるなんて・・・。とにかくここまでは少し力のある魔法使いならなんなく来れるじゃん!ってのがさみしい。そして最後こそ魔法の決闘かと思いきや、くっ首絞め?!なんで?!魔法で倒せばいいじゃん!そしてハリーがさわって終わりなんて・・・。なんて薄っぺらい決闘!!
原作からしてちょっとそりゃないだろうってこともあるけど、映画は最悪極まりないよね。それでも原作は主観的に書いてあるから、ハリーになりきって冒険って感じが楽しめるけど、映画は全て客観的にしか見れてなかった。だから見た後になにも残らなかった。
投稿者:よしお投稿日:2002-02-27 16:47:46
【ネタバレ注意】

不思議ワールドを堪能できました。この世界観は好きです。もうちょっと対象年齢をあげたつくりにしてくれたら、というのは無茶な注文か・・・。
でも確かにダイジェスト版という気がする。おいしい仕掛けが山ほどあるのに皆サラッと過ぎてしまってもったいなかった。(あの巨大チェスは面白い!もっと見たかった)トントン進みすぎて感情移入するヒマもないし。原作ではハリーのふびんな子ども時代がムカツクほど描かれていて(読むのをやめたくなった)入学した時はホントうれしそうだったし、鏡の中に両親を見た時も思わずクラッとときたんだけど。なかなか難しい映画化だったと思います。
原作を読んでいた時も思ったんだけど、この学校のポイント制はあまり好きじゃない。イギリスではよくやってるのかな? なんか乱暴な気がします。最後は無理矢理ポイントをあげてハッピーエンドにしたようでちょっとガッカリした。

投稿者:J-4投稿日:2002-02-26 14:19:44
 映像は良かった、本は半分ぐらい読んだんだけど手紙のシーンなんかはよくできてるなあなんて思いましたが、二時間半は長くて途中眠くなりました。下の方でキナキナさんという方が薄っぺらいと書いてありますがその通りって感じです。  
 ハりー・ポッターが始まる前の予告(モンスターズ・インク、ロードオブザリング、E.T、STARWARS2)のがおもしろかった。
投稿者:ホリー・ポッター投稿日:2002-02-10 16:30:32
ハリー・ポッター最高だ〜っ!
もうハマリすぎてどうしようって感じです!!
早く次の、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」が見たいですっ!!
いつか絶対、ハリーがかけてるメガネが流行ると思う・・・!!
それと、早く「ハリー・ポッターと炎のゴブレッド」が出ないかなぁ〜。(本)
投稿者:桑畑四十郎投稿日:2002-02-05 01:02:29
映画の出来としては、どうでしょう。
原作を読んでいる人は、伏線なども楽しめると
思うけど、知らない者には、こんなもんかという
程度の作品でした。
投稿者:野村佑香ファン投稿日:2002-01-30 15:56:48
ハリー、最初からVIP扱いで、ひいきされすぎ。
こんなの教育上、よくないんじゃないの?
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-01-28 23:02:07
原作が原作だけに、ストーリー的にも映像的にも原作のイメージを壊さないように作らざるをえなかったのだろう。単純に原作に書いてあることを素直に映像にし、中に書いてあるエピソードをそのまま羅列しているのは、他の作品ならば監督の腕の悪さ(脚本家のセンスの無さも含めて)を責めるべきなのだろうが、本作に限っては何か原作の世界を壊さないように四苦八苦する監督の姿が目に浮かぶようで・・・。う〜ん、評価が難しいね。

まあ、それなりに楽しいファンタジーではあったが、もうちょっとエピソードを絞ってもよかったのでは?2時間半はさすがに長い。
投稿者:MsT投稿日:2002-01-28 00:30:52
原作は読んでませんが、上映時間の長さにお尻が痛くなりました(笑)
あと、ストーリーの展開の遅さにも眠気が・・・。
騒がれるほどの映画ではないような気がします。
ま、夢のある話なんですけどね。
投稿者:もっちぃー投稿日:2002-01-26 23:31:24
おもしろかったのではないかと。
(ちなみに、原作は読んでいません)
しかし、なんであんなに混んでいたのだろうか?
投稿者:キナキナ投稿日:2002-01-25 16:16:20
ホットミルクにはった膜のような映画。映像はよかったけど、薄っぺらいんだよね。一緒に観た子供たちはよろこんでたけど。
原作をあれもこれもと盛り込みすぎで中途半端になってる感じ。
こどもたちは「パート2も絶対見に行く!」って言ってるけど…やだな
投稿者:酒尽尽投稿日:2002-01-19 08:39:31
映画を見てから、原書を4巻全部読み、各種HPで勉強し、それからもう1回映画を見ました。
本当に原作に忠実に作ってくださり、ご苦労さまでした。
大変すばらしい作品で、なおかつ興行的にも大成功で、今後をさらに期待しています。
あまり演技が上手ではないのですが、Hermione役のEma Watsonちゃんがかわいくて、かわいくて。有名な子役が大人になるに従い、ダメになっていった例をたくさん知っているだけに、彼女の今後が心配です。
投稿者:wayu投稿日:2002-01-13 18:02:22
映画としてはB級でした。
子供がみるなら楽しめるかも。
投稿者:ぽたー投稿日:2002-01-12 17:46:33
はまりにはまっておととし4巻まで読み、ずっと5巻の出版を
待ち望んでいて、ハリー・ポッターは強い思い入れのある作品。
自分の中にすっかりハリーの世界ができあがってしまったので
映画も期待を裏切られそうな気がして気が進みませんでしたが、
でも観ました。。
NYタイムズの記事か何かで読んだとおり、「原作に忠実すぎ」
という感じでした。大きく期待を裏切られたこともなかったの
で、この手の本の映画化にしてはそれだけでもいい出来なのかも
しれませんが、同じような想像はすでに頭の中にあるので、わざ
わざ映画で観なくてもよかったかもしれません。
原作のダイジェスト版という印象です。
投稿者:Lee投稿日:2002-01-11 16:56:38
 公開から40日以上たって、やっと見た。感じたのは、ものの見事に監督の個性がなくなっている作品だ、ということ。もともとコロンバス監督が作家性の強い人なのか、そうでないのかは、彼の作品に興味のないぼくには、はっきり分からないんだが。
 彼は監督オーディションを勝ち抜き、本作のメガホンをとる権利を得たとか。しかし、おそらくこの映画は誰が撮ってもこんな感じになるんではないかい? それだけ原作の影響力が強いということだろう(これも読んでいないんだが、だいたい想像はつく)。
 あまりにも破綻なく纏まっているため、映画としては逆にものたりない。もっとも、原作どおりカッチリ映像化する方が、撮りたいように撮るよりもはるかに難しいに違いないのだが。
 コ監督の地道な熱意に座布団2枚。
投稿者:カトウスタール投稿日:2001-11-13 23:53:06
 まず,大作の試写会のマナーの悪さってなんとかならないものでしょうか。ずーっとしゃべってる二人組がいて,しかもどうやら映画関係者らしいんだよなあ。あんたたちほんとは映画好きじゃないんでしょ? とまあ,それはさておき……。

 私は原作を読んでいませんが,たぶん読んでからの方がずーっと面白かったでしょうね。いろんなアイテムが次から次へと出てきて,それぞれとてもファンタジックで素敵ではあるのだけど,単に出てくるだけで消化しきれていない感が否めなかったので。この手の映画にしては2時間半とやや長いですが,それだけの長尺でも描き切れないほどの広い広ーい世界なんですね。ただ,読んでなくても充分楽しめたし,逆に原作を読んでみたいと思ったんだから映画化は大成功ですよ。

 不思議な語感のカタカナ語や,こなれていない和訳の固有名詞の数々(「ホグワーツ魔法学校」「マクゴナガル先生」「ほとんど首なしニック」)も懐かしかった。思えば子供の頃に読んでいた外国のお話というのは終始こんな感じで,その言葉の数々にワクワクしながら読んでいたような気がします。これならば吹替版も楽しそうです。
 けっしてアドベンチャーをメインに据えない,純粋なファンタジーだった,ということもまた良かったです。ファンタジー・アドベンチャーなら映画にもゲームにもあふれているのに,ただひたすらその世界観を楽しめる映画というのはなかなか珍しいし,それだけにやっぱり楽しい。私にとっては『ダーククリスタル』以来と言ってもよいほどでした。
 
 ともあれ,子供の頃のワクワクな気持ちを思い出しますよ,いやほんとに。
投稿者:もえ投稿日:2001-08-24 16:15:51
ハリー・ポッターシリーズは全巻揃えて持っているので、とても楽しみにしています。ただ、本が映画になった場合、キャラクターのイメージが違いすぎる可能性があるのでそれが心配です。見たらまた感想書きます。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作曲賞ジョン・ウィリアムズ 
 □ 美術賞スチュアート・クレイグ美術
  Stephanie McMillan舞台
 □ 衣装デザイン賞ジュディアナ・マコフスキー 
□ 助演男優賞ロビー・コルトレーン 
 □ プロダクションデザイン賞 
 □ 衣装デザイン賞 
 □ メイクアップ&ヘアー賞 
 □ 音響賞 
 □ 特殊視覚効果賞 
 □ 英国作品賞(アレキサンダー・コルダ賞) 
□ 若手俳優賞ダニエル・ラドクリフ 
 ■ ファミリー映画賞(実写) 
□ ブレイクスルー演技賞(男優)ダニエル・ラドクリフ 
□ 外国作品賞 
【ニュース】
全米興行成績、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が大ヒット・スタート2016/11/21
全米興行成績、ベネディクト・カンバーバッチ主演アクション「ドクター・ストレンジ」がV22016/11/14
全米興行成績、マーベル原作ヒーロー・アクション「アントマン」がV22015/07/27
ジョー・ヒル原作×アレクサンドル・アジャ監督ホラー「Horns」、最新予告編2014/08/28
ジョー・ヒル原作×アレクサンドル・アジャ監督ホラー「Horns」、予告編2014/07/28
ジョー・ヒル原作×アレクサンドル・アジャ監督ホラー「Horns」、特報2014/07/15
ワーナー、『ジャングル・ブック』実写映画化で「バベル」監督を起用か2013/12/05
アラン・リックマン主演音楽伝記ドラマ「CBGB」、予告編2013/08/08
ソフィア・コッポラ監督×エマ・ワトソン主演ドラマ「The Bling Ring」、予告編2013/04/24
ソフィア・コッポラ監督×エマ・ワトソン主演ドラマ「The Bling Ring」、特報2013/03/11
ルパート・グリント出演サバイバル・ドラマ「Into the White」、最新予告編2013/01/30
ダニエル・ラドクリフ、A・アジャ監督×ジョー・ヒル原作ホラー「Horns」に主演へ2012/07/17
ローガン・ラーマン&エマ・ワトソン共演青春ドラマ「The Perks of Being a Wallflower」、予告編2012/06/04
デニス・ウィルソン伝記映画にクロエ・モレッツとルパート・グリントが参加か2012/03/15
ルパート・グリント出演サバイバル・ドラマ「Into the White」、予告編2011/12/01
全米興行成績、「カウボーイ&エイリアン」と「スマーフ」が暫定で同率首位に並ぶ2011/08/01
「ハリー・ポッター」シリーズ最終章「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」、予告編第2弾2010/09/24
「ハリー・ポッター」シリーズ最終章「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」、予告編2010/06/29
ダニエル・ラドクリフ、「西部戦線異状なし」のリメイクに主演へ2010/06/23
エマ・ワトソンとローガン・ラーマンがベストセラー原作青春映画に主演か2010/05/21
全米興行成績、豪華キャスト総出演「バレンタインデー」が大ヒット・スタート2010/02/15
シリーズ最新作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」、ティーザー・トレーラー2008/07/30
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」、ティーザー・トレーラー2006/11/21
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」、最新画像2006/09/26
全米興行成績、「デッドマンズ・チェスト」の快進撃続く2006/07/24
全米興行成績、「キング・コング」が2週連続首位2005/12/27
全米興行成績、「炎のゴブレット」がV3達成2005/12/05
全米興行成績、「炎のゴブレット」の快進撃続く2005/11/28
全米興行成績、「アズカバン」が首位を死守2004/06/14
スター・アワード2004、受賞作決定!2004/02/04
全米興行成績、「スパイキッズ」最新作が首位2003/07/28
全米興行成績、「マトリックス」続編ついに公開2003/05/19
全米興行成績、「X−MEN2」が好スタート!2003/05/05
『世にも不幸なできごと』映画化に暗雲?2002/12/13
全米興行成績 「ハリポタ2」記録更新はならず2002/11/18
訃報、リチャード・ハリス2002/10/26
全米興行成績 2強の快進撃続く2002/05/28
全米興行成績 「エピソード2」が貫禄の1位2002/05/20
「スパイダーマン」が全米で記録更新スタート!2002/05/06
洋画の日本語吹替版続々登場!2002/04/26
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット2016/11/25\12,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター コンプリート 8-Film BOX2016/11/02\30,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと賢者の石 コレクターズ・エディション (3枚組)2016/03/23\3,990amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター コンプリート セット <特典ディスク付/初回生産限定>2014/12/17\11,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと賢者の石2014/07/16\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット <初回生産限定>2013/10/18\8,571amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター ウィザード・コレクション <1000セット限定生産>2012/12/05\47,429amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット <初回生産限定>2012/12/05\8,571amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター 第1章〜7章 PART2 コンプリートBOX ブルーレイ <初回数量限定生産>2011/11/16\15,048amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと賢者の石2010/04/21\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと賢者の石 アルティメット・コレクターズ・エディション <数量限定生産>2009/12/23\5,695amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター 第1章〜第5章 お買い得パック <初回限定生産>2008/12/17\18,952amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと賢者の石2008/06/11\4,743amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと賢者の石2007/12/19\3,790amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター 8-Film DVDセット2016/11/25\10,000amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石 コレクターズ・エディション (4枚組)2016/03/23\2,990amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター コンプリート セット <特典ディスク付/初回生産限定>2014/12/17\11,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石2014/07/16\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター DVD コンプリートセット <初回生産限定>2013/10/18\8,571amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石 特別版 <初回限定生産>2013/07/17\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター DVD コンプリートセット <初回生産限定>2012/12/05\8,571amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター 第1章〜7章 PART2 コンプリートBOX DVD <初回数量限定生産>2011/11/16\14,095amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石2010/08/06\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石 アルティメット・コレクターズ・エディション <数量限定生産>2009/12/23\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石 <期間限定生産>2009/06/24\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石 <期間限定生産>2008/11/19\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター 第1章〜第5章 プレミアム・ボックス <初回限定生産>2007/11/21\12,286amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター 第1章〜第4章 お買い得パック <初回限定生産>2007/11/21\2,838amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石 <期間限定生産>2007/06/29\933amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石 <期間限定生産>2006/04/14\933amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石 特別版 <期間限定生産>2005/10/28\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石 特別版 <期間限定生産>2004/12/03\1,500amazon.co.jpへ
 【DVD】Harry Potter DVD TWIN PACK <期間限定生産>2003/11/29\3,500amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石 特別版 <WHV101タイトル/期間限定生産>2003/11/29\1,500amazon.co.jpへ
 【DVD】Harry Potter DVD TWIN PACK <限定生産>2003/04/25\4,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石 DVDスペシャルBOX 金のスニッチバージョン2002/05/15\9,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石 DVDスペシャルBOX ニンバス2000バージョン2002/05/15\9,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石 特別版2002/05/15\2,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターの秘密 まるごと大辞典2002/05/15\1,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと驚異の世界2002/04/19\3,800amazon.co.jpへ
 【UMD】ハリー・ポッターと賢者の石2006/07/21\933amazon.co.jpへ
 【UMD】ハリー・ポッターと賢者の石2005/11/25\2,838amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと賢者の石レンタル有り
 【DVD】ハリー・ポッターと賢者の石レンタル有り
 【DVD】ハリー・ポッターと驚異の世界レンタル有り
 【DVD】ハリー・ポッターの秘密 まるごと大辞典レンタル有り
 【VIDEO】ハリー・ポッターと賢者の石レンタル有り
 【VIDEO】ハリー・ポッターと賢者の石 <吹替版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION