allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

フィデリテ<未>(2000)

LA FIDELITE

女写真家ソフィー(ビデオ題)

メディア映画
上映時間98分
製作国フランス
公開情報劇場未公開ビデオ発売
ジャンルドラマ
価格:¥ 5,184
USED価格:¥ 5,781
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
311 3.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-07-08 22:20:55
【ネタバレ注意】

ソフィーの気を強引に惹いて屋敷に連れ込んでイタした男が、まぁ直後に自分にたいした魅力がない、という…その癖、花屋に通う未練たらしさ。
が、結構な遊び人っぽいソフィーが、この男と結婚して忠誠を誓うのだな。インテリで優しげなのは間違いないのだけれど(母性本能に訴えかけるのか?)。
そこに男前でレーサー、行動力のある(ヤバい橋を渡って悪を暴く)写真家が現れて、これまた強引に彼女を口説く。似たもの同士というか…まぁ彼女も彼に惹かれているので、頑なに恋愛関係になろうとしないのだが、まぁ傍から見たら彼のペースに巻き込まれている間は恋人同士にしか思えません。

転倒するバイクに駆け寄り、襲われている彼の為に引き返し、一緒に殺戮行為までやってしまう…まぁ夫たる男が、もう自分に心はないと勝手に思い込み、彼の元へ行け、と言ったかと思うと、身辺調査をしたり、自暴自棄になったり…って感情のすれ違いドラマに、周りの人々の、雇われた会社と社員達の、そしてヤバい暗殺者と保護した女性、写真家たる彼女等のドラマが交錯し…周りの人々も殺されたり、死んだり…思うに彼女も病気で余り長くなさそう…結局、なんかスピリチュアルで哀しげな終局を迎えます。

母親の思う「過ち」が時代を超えて繰り返される…どころではない不幸な展開。いや彼女も一線を越えるどころか、何度も離れようとするのだが、まぁそこまで彼女の気持ちを解ったとしても夫としては逆に情けないものでもあるような。(プライドはズタズタ?)
写真が重要なファクターである事もあってムービー自体、かなりアートなのではないかと。まぁなんにせよソフィー・マルソーは魅力的。

投稿者:ファルド投稿日:2002-02-23 21:17:53
ソフィー・マルソーを目当てに観たが、男の立場からするとなんとも苛立つストーリーで、夫クレーヴのプライドはズタズタと云う感じでしたね。結婚しても愛する心は他の男に有りなんて最悪ですね。まだ司教の不倫相手がとった行動の方が余程マシだと思います。それと、この作品、ボカシなしで男のちんちんブラブラが何本も出てくるけど、そんなもん観たくなかったなあ。ちちプルンプルンなら好きだけど(笑)。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】女写真家ソフィー <無修正版>2001/10/26\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】女写真家ソフィー 無修正版レンタル有り
 【VIDEO】女写真家ソフィー 無修正版 <吹替版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION