allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

サベイランス -監視-(2001)

ANTITRUST

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月2001/11/17
ジャンルサスペンス/SF
あなたは いつも 監視されている
サベイランス/監視 (特別編) [DVD]
USED価格:¥ 100
amazon.co.jpへ

【解説】
 激しいプログラムの開発競争が繰り広げられているコンピュータ業界を舞台に、一人の若き天才プログラマーが巨大企業の陰謀に巻き込まれていく様を描いたハイテク・サスペンス・スリラー。主演は「誘拐犯」のライアン・フィリップ。共演はレイチェル・リー・クック、ティム・ロビンス。
 青年マイロは天才的なプログラマー。親友で同じく天才プログラマーのテディらとともにベンチャー企業との契約が目前となっていた。その頃、コンピュータ業界に君臨する巨大企業ナーヴ社社長ゲーリーは新システム“シナプス”の発表を行っていた。それが完成すれば、動画や音声情報を瞬時に全世界に発信できるという画期的なもの。ナーヴ社ではシステムのソースを非公開にし独占を目論んでいた。そんなある日、マイロのもとにゲーリー本人からシナプス開発チームへの勧誘がある。悩んだ末にオファーを受けたマイロだったが……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
966 7.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2015-08-20 11:07:09
演出:6
演技:6
脚本:6
音響:6
投稿者:bond投稿日:2015-02-06 08:36:18
親友以外はほとんど監視人。まあまあ面白い。レイチェル・リー・クックがキュート。
投稿者:irony投稿日:2005-07-12 22:55:30
【ネタバレ注意】

 レイチェルの裏切りにはやられた。

投稿者:william投稿日:2005-03-26 20:07:56
全然期待していなかったけど、かなり面白かった。テンポよくストーリーが進み、ラストのどんでん返しも意外な感じで飽きずに見ることができた。
昨今になってパソコンが一般家庭に普及したから誰でも楽しめるストーリーになった、といった感じですね。
投稿者:☆ななこ☆投稿日:2003-06-12 14:47:32
ライアンの演技、良かったですねー。
内容も先が見えないハラハラ感で、約2時間と言う時間の中で見る側にハラハラ感を与えさせる映画最近ないですからね。
先が読めてしまう映画はつまらないです。
その点サベイランスはリサ役のレイチェルも実は、ゲーリー側だったと言う当たりから先が見えなく面白かったです。
レイチェルかわいいですね。
投稿者:ぱちょり投稿日:2003-02-26 10:37:00
一説にビル・ゲイツは毎日1億円使っても150万年分の資産があると言われてるけど、そんなに儲かってるならもうソースを公開してもいいんじゃないの。しかも現在に到るまでには本当にこの映画の中のようなことをしてたんじゃないかと思えるからコワい。そもそも共同開発の、というよりむしろ共同研究者の製作を独り占めしたのでは、と思わせるゲイツの成り上がりぶりについては「ジョブスとゲイツ(バトルオブシリコンバレー)」(TVM)に詳しく描かれているので、興味のある方はそちらをどうぞ。
この「サベイランス」自体は面白かったですよー。ライアン・フィリップ、ハンサムだし、ティム・ロビンスもさすがに上手です。
投稿者:JH投稿日:2002-08-31 19:15:08
プログラマーの話ですね。今はこの手の映画が出だしましたね〜〜。
頭のいい役に挑戦したレイチャルとライアンの組み合わせはミスマッチだったけど、相変わらずティムロビンスは最高でした。
ラストもはらはらしたので、見終わった後はスカッとしました
投稿者:きくゑ投稿日:2002-08-16 13:05:07
ティム・ロビンスが出ていたので観ました。
なかなか面白かったです。
投稿者:ZERO投稿日:2002-07-06 16:38:06
クレアフォラーニ目当てで見たんですが、意外に楽しめました。
ライアンフィリップもティムロビンスもそれなりに良いと思うし。
裏切りなんかもてんこ盛でなかなか良く出来たサスペンスではないかな?
投稿者:すなかけ投稿日:2002-05-01 03:28:31
「これってビル・ゲイツのハロウィーン文書の話みたい」と
一緒に見ていた、その業界で働いている主人が一言。

この映画って架空の話だけど勿論それを揶揄しているんでしょうね。
揶揄というより批判やけど。
原題の「Antitrust(独占禁止)」だと正にそれやもんね。

これは実際の話じゃあないよーと言いながら
題名を「Antitrust(独占禁止)」と付けて公開してしまうのもすごい。
A・パチーノの「インサイダー」などは「実話+ちょっと脚色です」って
前もってことわり書きがあったからそういう目で見れたけど、
この映画そんなに前情報なく見たもんでちょっとびっくりしました。

邦題が原題の「Antitrust(独占禁止)」ではなく、
「サベイランス(監視)」としたのはそういう意図をぼかす為だったのかしら?
それとも内容を見て忠実に付けたのかしら?
邦題の付け方ひとつで映画のニュアンスが変わるから難しいですねぇ。
投稿者:敦煌投稿日:2001-11-08 23:36:43
 善玉ライアン・フィリップと悪玉ティム・ロビンスを両端に、良
い人と悪い人を配していますが、良さそうな人が実は、とか、悪そ
うな人が意外に、といった仕掛けをしつこく入れて、飽きさせない
作りになっています。
「悪漢」ティム・ロビンスの役柄はビル・ゲイツがモデル。昨今、
トマス・エジソンは、ちびまるこちゃんが思っているほど偉い人で
はなく、他人の発明を金で我がものにしてしまう人だったとの
指摘が出ていますが、ゲイツはまだ存命(どころが現役バリバ
リ)の人。こんな悪人に仕立ててしまって失礼ではないのかな
あ。公正取引委員会相手の訴訟で手一杯で、名誉毀損訴訟を起
こされる気づかいはないと踏んだか(笑)。これも有名税の
うちですかね。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION