allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

モンスター・ア・ゴー・ゴー<未>(1965)

MONSTER A GO-GO

メディア映画
上映時間70分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルホラー

【解説】
 ルイス監督が、地球に帰還した宇宙飛行士が奇形の巨人に変身してしまうという内容の、未完成のC級SFを買い上げ、でっちあげた超Z級フィルム。たぶん、彼の付け足した部分は“ゴーゴー”の場面ぐらいじゃないか(本筋とは全く関係ないが、一番見栄えのするシーン)。放射能に汚染された宇宙飛行士をめぐる科学者たちのやりとりがまた凄く、警備員の詰所みたいな“研究所”で実に出鱈目な会話で筋をなんとか運ぼうとする。シカゴ市民500万人が放射能汚染の危機にさらされる? 群衆シーン一つないのによくそんなこと言うな。怪物と化した宇宙飛行士が夜の闇の中登場する箇所は全て真っ暗で、何も見えないのが確かに怖い! 天文学的に狂ったラストの“言い訳”に納得できる人は天使か、脳を放射能でやられてるかのどっちかでしょう。究極のボッタクリ映画だ。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2012-12-22 10:23:24
周囲に致死量に相当する放射能を撒き散らすモンスターが現れるのだが、パニック描写は殆どなく、ナレーションを入れながら淡々と進むだけでインパクトがなかった。人知を超えた神秘と謎が宇宙には存在すると締めくくって強引に終了という感じで、投げやり気味の終わり方だった。
【レンタル】
 【VIDEO】モンスター・ア・ゴー・ゴーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION