allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

淋しいのはお前だけじゃない(1982)

メディアTV
放映局TBS
製作国日本
ジャンルドラマ
淋しいのはお前だけじゃない [DVD]
参考価格:¥ 23,760
USED価格:¥ 22,000
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:気まぐれ飛行船投稿日:2007-04-03 05:50:04
【ネタバレ注意】

このドラマで西田敏行はいきなり団地の中に軽トラで乗り付けて、「○○さ〜ん、貸した金は返してちょうだいよォ〜!」みたいな事を拡声器で叫んで廻る、エゲツない取立て屋だ。だが内実は、サラ金業者の下請けみたいなもんで、虎の威を借りて横暴に振舞ってるだけだというのが次第にわかる。

そのサラ金のボスの愛人が、旅芝居一座の座長と駆け落ちしたというので、お前行って慰謝料ふんだくって来い、と使いに出されるんだが、取立てに失敗し、ボスから連帯保証人にさせられてしまう。なりゆき上、旅芝居一座とドサ回りしながら、借金を払っていかざるを得なくなるというわけ。

このドラマは、単なる取立て先としてしか見なかった旅芝居一座と、その芝居の面白さに、だんだん思い入れていく、西田敏行の心情の変化が軸になっている。
バート・レイノルズの74年の映画に『デキシー・ダンスキングス』というのがあって、バート扮する強盗が、警官に追われた先で偶然出会ったC&Wバンドに「オレはマネージャーだから」と紛れこんで、ナッシュビルまで旅をするという、そのプロットを思わせる展開だ。
毎回ボスが寄こす冷血な使いを尾藤イサオが演じてるんだが、表情ひとつ変えず、なんか黒のメッシュのタンクトップかなんか着てて、これが不気味!

ドラマの後半でいよいよ取り立てが苛烈となり、座員に危害が加えられそうになった時、西田敏行がうなりとも叫びともつかない声を上げ、尾藤イサオに掴みかかっていく場面がある。それまでボスたちの前では萎縮するだけの、実は小心な男が、ついに自分の立ち位置に対してハラをくくる。男として底意地を見せるのだ。
ここは大袈裟じゃなく、観てて身体が震えるほど興奮した。ドラマ観ててあんなことはそうない。

この頃の西田敏行には凶暴さと人情味がカオスのように渦巻いていて、とにかくスリリングだった。僕はソン・ガンホを観る度、この頃の西田敏行を重ねてしまう。
クドカンは西田敏行も出ている『タイガー&ドラゴン』のホンを書く時、このドラマを参考に観たそうだ。

【サウンド】
『淋しいのはお前だけじゃない』(主題歌)
作曲 :小室等
歌 :西田敏行
作詞 :小室等
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】淋しいのはお前だけじゃない2002/03/27\22,000amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION