allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002)

メディア映画 Anime
上映時間95分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2002/04/20
ジャンルコメディ/ファミリー/時代劇
歴史を変える おバカ参上!

しんちゃんが戦国時代で人助け?
恋に戦に大奮闘! 歴史的おバカ騒動記。
映画 クレヨンしんちゃん DVD-BOX 1993-2016
参考価格:¥ 36,000
価格:¥ 26,897
USED価格:¥ 25,556
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:原恵一
演出:水島努
絵コンテ:原恵一
水島努
チーフプロデュー
サー:
茂木仁史
太田賢司
生田英隆
プロデューサー:山川順一
和田泰
福吉健
(テレビ朝日)
原作:臼井儀人
(らくだ社)
脚本:原恵一
キャラクターデザ
イン:
末吉裕一郎
作画監督:原勝徳
大森孝敏
間々田益男
動画チェック:小原健二
美術監督:古賀徹
清水としゆき
色彩設定:野中幸子
撮影監督:梅田俊之
編集:岡安肇
小島俊彦
音響効果:松田照彦
原田敦
(フィズ・サウンド・クリエーション)
音楽:荒川敏行
浜口史郎
ねんどアニメ:石田卓也
録音監督:大熊昭
声の出演:矢島晶子しんのすけ
ならはしみきみさえ
藤原啓治ひろし
こおろぎさとみひまわり
真柴摩利シロ/風間くん
林玉緒ネネちゃん
佐藤智恵ボーちゃん
一龍斎貞友マサオくん
屋良有作井尻又兵衛
小林愛廉姫
羽佐間道夫春日和泉守康綱
緒方賢一仁右衛門
山路和弘大蔵井高虎
玄田哲章隼人佐
大塚周夫兵庫助
納谷六朗新八郎
山本圭子吉乃
上村典子お里
永島由子侍女
菅原淳一鉄砲頭
江川央生春日家武将
布目貞雄門番
立木文彦太郎左衛門
島香裕侍大将
宇垣秀成佐久間権兵衛
柳沢栄治大蔵井家重臣
高瀬右光狙撃兵
ダンス☆マン鉄砲足軽
宮迫博之足軽の彦蔵
(雨上がり決死隊)
蛍原徹足軽の儀助
(雨上がり決死隊)
【解説】
 前作では子ども以上に一緒に来た大人たちを涙させた傑作「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」を世に送り出した“クレヨンしんちゃん”の劇場公開版第10作目はなんと本格時代劇。しんのすけが戦国時代を舞台に大暴れ!春日部に居を構える野原家のルーツにも迫る一大歴史巨編(?)を“おバカ”なアクションとギャグ満載で描く。
 しんのすけは家の庭で妙な古い手紙を見つける。しかも、その手紙を書いたのは他ならぬしんのすけ本人。しかし、しんのすけにはそんな手紙を書いた記憶がない。内容を読んでもちんぷんかんぷん……。そして、しんのすけは知らぬ間に戦国時代へとタイムスリップしてしまう。そこで、しんのすけは、ひょんなことから偶然出会ったかっこいい侍、井尻又兵衛由俊を助けてしまう。城に招かれ陽気な家来たちと騒いだり、お姫様の廉姫に一目ぼれしたりするのんきなしんのすけだったが……。
<allcinema>
評価
【関連作品】
BALLAD 名もなき恋のうた(2009)リメイク
クレヨンしんちゃん(1992〜)TVシリーズ
映画クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王(1993)劇場版第1作
映画クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝(1994)劇場版第2作
映画クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望(1995)劇場版第3作
映画クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険(1996)劇場版第4作
映画クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡(1997)劇場版第5作
映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦(1998)劇場版第6作
映画クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦(1999)劇場版第7作
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル(2000)劇場版第8作
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001)劇場版第9作
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002)劇場版第10作
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード(2003)劇場版第11作
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ(2004)劇場版第12作
映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ ブリブリ 3分ポッキリ大進撃(2005)劇場版第13作
映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!(2006)劇場版第14作
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!(2007)劇場版第15作
映画クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛(キンポコ)の勇者(2008)劇場版第16作
映画クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国(2009)劇場版第17作
映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁(2010)劇場版第18作
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦(2011)劇場版第19作
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス(2012)劇場版第20作
映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!(2013)劇場版第21作
映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014)劇場版第22作
映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 〜サボテン大襲撃〜(2015)劇場版第23作
映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃(2016)劇場版第24作
映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ(2017)劇場版第25作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
23211 9.17
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Kircheis投稿日:2011-04-30 06:39:56
【ネタバレ注意】

この度クレヨンしんちゃん劇場版を観に行く事になり、その勉強の為と「BALLAD」の元になったという本作をとりあえずレンタルしてみた。

泣けるという噂だったので身構えて観たところ、そこそこは面白いのだが期待以上の物はなかったな…

特にラストは個人的には微妙というか月並みに感じる。笑い&泣かせのツボなんかもいくつかあったんだけどやはりしんちゃんを初めて観た俺に取ってはついていけない設定もあって大絶賛とはいかず。

そんな中で一番グッと来たシーンはしんちゃんがいなくなって、家族が天正2年にタイムスリップを決意した場面。

お父さんのセリフ

『しんのすけの居ない世界に未練なんか無い!』

に目頭ウルウル(涙)

投稿者:陸将投稿日:2011-03-08 21:41:15
【ネタバレ注意】

前作の「オトナ帝国の逆襲」もそうだったが、原恵一は過去・現在・未来といった時代間の取り扱いかたが非常に上手い。
本作も過去と現在という2つの世界の人間が、地縁というつながりによって互いに交流していく様を描く。

まず、“過去”である戦国時代の描写が素晴らしい。
時代考証的にもリアリティを追求しているのだが、その時代に生きる人々の精神世界までその追求が行き届いているのが見事だ。

そこで描かれているのは、現在の日本人がほとんど失いかけてしまっている豊かな心である。
それは仁義であり、尊敬の念であり、忠誠心である。
そんな昔の日本人の心に触れる、現在の人間の代表である野原一家。

ここで重要なのは、両者が反発せずに、寛容な心を持って、互いの文化や精神の尊重や調和が図られる点である。
いきなり未来から来たしんのすけが、当時の人々にすんなりと受け入れられるのには多少の違和感があるかもしれないが、だからこそ、生きる時代は違えど、同じ土地に息づく人々が持つ同郷意識や仲間意識のような“目に見えない絆”が効いてくるのだ。

そこでしんのすけが体験するのは、身分の差による決して叶わない恋であり、日本男児が本来持っていた心であり、大切な人の死であり、そして書き換えられない歴史=運命である。

様々な体験を経て、無事に現在に帰ってきたしんのすけ。
空を見上げると、青空に白い雲が浮かんでいる。
今も昔も変わらない、青い空に白い雲。
そんな日常の光景がしんのすけの目には、以前と違って見えているに違いない。

投稿者:onioiforty投稿日:2009-09-18 11:15:56
クレヨンしんちゃんということで周りの評判のよさを聞いてもどうも見る気が起きなかったが、一見してみて印象ががらりと変わった。ギャグも結構ツボにはまったし時代劇というのも特に違和感は感じなかった。ただ皆さんが号泣したというラストを観てあれ?という思いがした。あれはパクリでしょうそれも世界の黒澤の有名作「乱」をパクルとは!せっかくそこまでの展開がまあまあ良かったのにもったいないと思ったなぁ。どうせパクルならあまり知られてない時代劇にすれば良かったのに。しかしおもしろいのは「乱」を観たファンからは号泣したというのは聞いたことはないのにこの作品ではみんな号泣したという事実。まあこの手の作品で感動してる客層が黒澤作品を好んで観るわけもないがこれを機会にもっと深い意義のある作品を観てはいかがでしょうか?ともあれ子供向けマンガとしてはまあ楽しめる作品でした。
投稿者:フラーティ投稿日:2009-09-05 22:57:50
【ネタバレ注意】

しんちゃんがタイムスリップして戦国時代で大活躍……とだけ聞くと、明るく楽しいだけのドタバタ喜劇のようだが、実は身分違いの恋、愛する者のために戦う勇気、戦争の虚しさなど、子供向け映画とは思えない深遠なテーマを内包した骨太な作品(つーか、幼児に理解できるのか? 確かに原作漫画は大人向けだが・・・)。

井尻又兵衛・廉姫と野原一家という、異なる時代の異なる価値観の世界に生まれた人間同士が互いの価値観に触れることで、互いに人間的に成長を遂げる感動的な話でもある。戦争の帰結、そして意外な結末には不覚にも涙が出てきた。「エライ大人」の狡さを糾弾し、命の尊さを説き、「おじさん」の死に涙する終盤のしんちゃんは、もはや無邪気で生意気なだけの「子供」ではない。


戦国時代ものと言っても「しんちゃん」なので、おバカなギャグが各所に挟み込まれ、一滴の血も流れない。にもかかわらず本格的な時代劇になっているところが凄い。時代考証がしっかりしていて、合戦シーンがリアルなのである。少なくとも、僅か数人で春日山城本丸を占拠してしまう大河ドラマ『天地人』より余程、実際の戦国合戦に近いと思う。敵の大将、大蔵井高虎に対する処置も絶妙。血生臭さを排しつつ絵空事にしないための見事な落とし所だと思う。

投稿者:メカゴジラ投稿日:2009-07-27 11:18:56
 
評判は聞いていたが未見だったので、友人のすすめに従ってDVDを借りてみました。
結果としてはみっともないぐらいの号泣(笑)。

単に戦国時代を舞台としただけでなく、又兵衛、廉姫、他のキャラクターともきちんと「戦国時代の日本人」の慎みと矜持と覚悟を持った人物として描写されているのが素晴らしいです。最後に男気を見せるひろし、母親の強さを見せるみさえさんにもハマりまくりの感情移入しまくり。
こんなに面白かったとは。

劇場用アニメーション映画としても非常に上質だと思います。戦国時代の合戦のディティールなど、時代考証もきちんとされているようで見入ってしまいました。

正面切っての「子供向けアニメ」ではありませんが、自分が子供の頃を思い出すに、子供だって面白いものは面白いと理解するもんです。むしろ子供にこそ見せたい、良い映画だと思います。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-03-29 08:42:01
オトナ帝国の時のように、こちらも映画ファンの評価の高さから観る気になった作品。まさか「しんちゃん」で本格時代劇が観れるとは思わなかった。旺盛なサービス精神が好印象。途中まであの二人がみさえ達の先祖になるんだなと勘ぐっていたが、二人とも別の県出身というの忘れてた(笑)。
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2006-10-25 20:01:13
確かによく出来てる。目玉の合戦シーンにおけるディテールの細かさは感動物であろう。
だが、そのシリアス性に何か異物感を感じるのも確かだ。しんちゃんの真面目な大人じみたキャラ設定には、ちょっとビックリ。
声優陣。小林のミステリアスな魅力と山路のワイルドさがいい。
投稿者:DJazuma投稿日:2006-06-30 18:28:14
いいじゃないの。あれ、これいいじゃないの。

完璧です。アニメーションが稚拙と言う方もいますが、この作品は稚拙じゃないと、ダメに思います。

時代考証もすごい・・・。功名が辻はこれを見習え(ちょっと大げさだが)。

最後の最後であの展開は泣けた。とにかく泣けた。

今思えば「あれが幼児に理解できんのかよ」とはちょっと思うが、よりにもよって『クレヨンしんちゃん』で、しかもあれだけ迫力のある展開を見せておいてあの展開とは、憎すぎる演出だ。


もう『隠れた』名作などとはいえない。すばらしい一品である。
投稿者:jean投稿日:2005-10-03 19:58:48
【ネタバレ注意】

悔しいけど泣かされました。これはもう子供向けじゃないですよ。大河ドラマも顔色無しの時代考証。原恵一監督の「きちんと時代劇をやりたかった」という言葉通り、姫と家臣の身分違いの恋を切なく描く。笑わせるところは笑わせ、最後の最後では泣かせる憎い演出。いつもおちゃらけてたしんちゃんがお又のおじさんの死を目の当たりにし、泣くシーンは彼の成長も垣間見られる。(「パタリロ」のFLY ME TO THE MOON という回で“その日パタリロは初めて泣きました”というシーンにも匹敵する。知らない人、スミマセン)
とにかく、宮崎アニメがオスカー獲るなら、個人的にこの作品にオスカー100個あげたいくらいに素晴らしい作品。みんな絶賛するけど、私だってするぞ!

投稿者:どれみふぁ息子投稿日:2005-07-02 20:38:21
オオクライの刀をはっしと受け止めてしんのすけを助けるシーン、水晶の砕けるような音楽の挿入といいすばらしい出来でした。
この映画は日本に固有の「時代劇」をリファインしてクレしん映画に仕立てあげた名作だと思います。
外人の人に見てほしい、日本の時代劇というのはこういうつくりなのです。
投稿者:ゆうま投稿日:2004-05-02 22:36:08
個人的には前作「オトナ帝国」の方が泣けたんだけど、今作は前作にほんの0.ちょっと足りなかった『完成度』が上乗せされて、完璧、な作りだと思います。ラストはしんちゃん映画らしからぬ幕切れで、ちょっとひきょうな気もしましたが、やはり号泣させられました。おすすめですね。
投稿者:メイジ投稿日:2004-04-28 15:59:37
私も確かに、これは宮崎作品とかよりも感動した。悪いけど千と千尋つまんないし(まあ比べる対象が間違ってるって言われりゃそうなんだけど。)最後の又兵衛さんのセリフとか私弱いです。
私はしんちゃん大好きだけど、まさかこんなに泣かされるとは思わんかったし。
「ブタのヒズメ」(過去のクレしん劇場作品)とかに比べるとギャグ要素は少なめだけど
それでもちゃんと「しんちゃん」してるしこれもこれでいいんだよね。

しんちゃん見て育った私が言うんだから(?)、絶対いいです!
ティッシュの用意をお忘れなく!
投稿者:さゆぽん投稿日:2004-04-21 04:48:47
泣ける映画として話題だったので、騙されたと思って観てみました。
それが最後にはボロボロ泣いてました(笑)
こんなに切ないなんて・・・。
それに笑いのつぼもしっかり押さえていて、かなり楽しめました☆
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2003-04-26 17:44:49
橋本しん也が、対小川直也に使った言葉「いくさ」の意味が
このしんちゃんを観てやっと俺にも理解出来た。。。
「宮崎(監督だよ)・少女の神隠し」対する「少年の神隠し」
それもまた「いくさ」なのか?
投稿者:映画を観る者投稿日:2003-04-26 01:07:07
「デッドマン・ウォーキング」を観て「何か明るい映画を!」てゆー感じで観たらかなりよかった。結局あまり明るい気分にはなれなかった(笑)。
投稿者:Longisland投稿日:2003-03-31 03:06:47
宮崎アニメがアカデミー賞受賞と世間では話題ですが、本作品は日本人のドメな魂を揺さぶる作品。誤解をおそれず言わせてもらえば宮崎作品より感動的。 クレヨンしんちゃんなんて と思っている貴方、だまされたと思って観てみましょう。
投稿者:ハベル投稿日:2002-05-14 22:33:15
【ネタバレ注意】

東宝番線では終了しましたが、あちこちのシネコンではまだまだ上映中です。未観の方、騙されたと思ってぜひ観て下さい。こうまで言わないと観てくれないんですよね、徹底したおバカイメージが張り付いてるから。でも、私も半信半疑で行って大ハマリの口。劇中のキーワードに「金打(きんちょうと読みます)」があります。固い約束を交わす時の合図として、金属のものをたたく-すなわち刀の鍔をカチンと鳴らす(女性の場合は手鏡とか)。この作品の感動は正に、しんのすけの心意気と観客が「金打」するかのごとくです。

投稿者:カイルブロフロスキー投稿日:2002-05-06 18:00:15
もうすぐ上映終了!

感想を一言で言うなら

今年の映画のベスト1候補!!

日本人が忘れていた武士魂を学び取れ!

謹聴・・・・
投稿者:glamfreak投稿日:2002-05-06 12:22:00
これ、子供や親父には、いたく評判いいみたいですね。我が家の男どもも大感動して、劇場でも泣いてた人が多かったらしい。お姫様物語だから「ママも好きだと思うよ」というコメントが世間じゃ目立ってるようですが、実際、どうなんでしょうか。私は「大人帝国」の方が、はるかに感動したんだけど。。。
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-05-03 00:07:02
シンちゃんの世界を使って本格時代恋愛劇を作ってしまうとは恐れ入った。ストーリーの軸はしっかりしているし、合戦のシーン等も大河ドラマなんかより迫力があるくらい。舞台が戦国時代のせいか、前作のように古い物に対するノスタルジーが鼻につくこともない。
しかし、本格時代劇に仕上げたため、笑いよりもちょっとしんみり考えさせられる要素の方が強くなっている。もちろん、面白いシーンも多々あるのだが、すべてストーリーの流れを壊さないように控え目である。多少、バタバタしたところが目立つ方がシンちゃんらしいと思うのは僕だけ?
毎シリーズ、ゲスト声優(?)をうまく使っているが、本作の雨あがり決死隊は普通の役を普通にこなしている。もうちょっと、彼らの特徴(ってあるのかわからないが)を前面に出していればね・・・。もったいない。
投稿者:まっけん投稿日:2002-04-29 17:03:22
クレヨンしんちゃんもだいぶ凄いことになってきた。新宿でみたのだが、客席に子供が一人もいない。カップル、サラリーマン、そして、初老のカップルまで!上映中にようやく親子づれがきたけど。
今回は全くの時代劇。「歴史は、野原一家になにをさせようとしているのか!」という、おお、これは、角川映画「戦国自衛隊」だ。あれより、おもしろい。さらに、しんちゃんがタイムワープするシーンは、永遠の名作「ある日、どこかで」を彷彿とさせる。「想い」が人を呼び、しかも、そこに歴史の皮肉が!(「最後の銃弾」のくだりなど、小学生にわかるのかね)

確かに、「タマタマ」のギャグははいるのだが、(こどもはそこだけ反応していた)あとは、まるっきりの本格純愛時代劇だ!
【サウンド】
『二中のファンタジー〜体育を休む女の子編〜』(ED)
歌 :ダンス☆マン
作詞 :ダンス☆マン
作曲 :ダンス☆マン
【レンタル】
 【DVD】映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦レンタル有り
 【VIDEO】映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦レンタル有り
【書籍】
■原著
【コミック】 クレヨンしんちゃんスペシャル(アニメコミック (アクションコミックス アニメコミックス)
新品:
5中古品¥ 55より 

【コミック】 クレヨンしんちゃん(50) (アクションコミックス)
新品:
1新品:¥ 576より   54中古品¥ 1より 

【文庫】 クレヨンしんちゃん(23) (双葉文庫名作シリーズ)
新品:
7中古品¥ 1より 

【文庫】 クレヨンしんちゃん(25) (双葉文庫名作シリーズ)
新品:
1新品:¥ 596より   5中古品¥ 288より 

【文庫】 クレヨンしんちゃん(24) (双葉文庫名作シリーズ)
新品:
1新品:¥ 3,990より   6中古品¥ 420より 

【文庫】 クレヨンしんちゃん(22)(双葉文庫名作シリーズ) (双葉文庫 う 4-22 名作シリーズ)
新品:
1新品:¥ 2,737より   17中古品¥ 1より 

【コミック】 クレヨンしんちゃん 恋の季節編 (アクションコミックス)
新品:
31中古品¥ 1より 

【コミック】 クレヨンしんちゃん 恋の季節編 (アクションコミックス 3Coinsアクションオリジナル)
新品:
8中古品¥ 1より 

【コミック】 クレヨンしんちゃん 幼稚園編 (アクションコミックス)
新品:
1新品:¥ 2,356より   29中古品¥ 1より 

【コミック】 クレヨンしんちゃん 幼稚園編―3COINS (アクションコミックス 3Coinsアクションオリジナル)
新品:
7中古品¥ 1より 

■映像関連書籍
【コミック】 オールカラークレヨンしんちゃんアニメ映画版 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 (アクションコミックス 4Coinsアクションオリジナル)
新品:
8中古品¥ 245より 

Amazonで「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を更に検索する
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION